【カーバンクルステークス2018】無料予想と全馬最終追い切り・調教分析

Pocket

今回はカーバンクルステークス2018の無料予想と全馬最終追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

3日間開催最終日の月曜日、シンザン記念の裏開催で行われる中山メインの1200m戦です。

10頭立てと小頭数のレースになりますが、個人的には馬券的妙味を感じるレースですので、今回カーバンクルステークスを取り上げます。

 

なんといっても注目はロードクエストさんの出走ですね。

2年前の今頃は、新潟2歳Sで見せた強烈な末脚からクラシック候補と騒がれていましたが、今となっては...

適距離と思われた1600m戦でさえ、1年以上見る影もなし。

果たして1200m戦で新境地を見せるのか!?

見どころたっぷりのレースとなりそうです。

それでは、カーバンクルステークス2018の無料予想と全馬最終追い切り・調教分析を行っていきましょう。

 

 

【カーバンクルステークス2018】無料予想と最終追い切り・調教分析

 

まずは予想オッズを確認しておきましょう。

カーバンクルステークス2018 予想オッズ

1 アドマイヤゴッド  2.0
2 ナックビーナス   2.5
3 ロードクエスト   6.6
4 イッテツ      7.3
5 ペイシャフェリシタ 23.6

4人気までが10倍以下のオッズとなりそうです。

意外とロードクエストの人気が落ち着きそうで、少しびっくりですね。

まぁ、とはいっても1年以上好走歴なく、初距離となればこんなもんですか。

相手に強敵になりそうな馬もいないですし、ここで復活あっても競馬のロマン的には面白いんですがね。

それでは、本題の全馬最終追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

アドマイヤゴッド

助手 栗坂 良 51.7 37.3 24.8 12.9 一杯

最終追い切りとしては上々の内容。

前走と変わりなく順調にきているでしょう。

 

この馬は個人的に前走、本命にしていました。

その際は3~5人気想定が、ミルコ騎乗も相まって1人気になり、結果6着でした。

その時の理由が追い切りが抜群であったから。

そこからの平行線ということで、追い切りとしては良いという判断でいいでしょう。

しかし、それでもコケたのが前走。

相手関係と状態から好走してもおかしくはないですが、今回は相手候補の一頭という評価が妥当かなと。

前走の内容があまりに不甲斐なく、オープン昇級後3戦しましたがまともにオープン級の走りはまだ見せていない。

にも関わらず、2倍台の1人気になるなら軸にするにはリスキーだと判断します。

 

イッテツ

助手 美南W 良 53.9 39.8 13.3【6】一杯

追い切りからは推せないですね。

併せた馬に遅れまくり。

1週前もがっつり遅れ。

追い切りからはダメダメだと思います。

 

ここ2戦の好走内容から4人気想定なのでしょうが...

ここ2戦が人気薄好走でイレギュラー感満載ですし、そもそも冬場は走らない馬。

追い切りも最悪ですし、現時点買える要素なしという評価です。

 

オウノミチ

助手 栗坂 良 55.2 39.9 25.6 12.4 一杯

良いときに比べると、良くはないですよね。

ここ最近の追い切りはずっとこんな感じで、状態上がってこないような状況が続いています。

逃げ残りの事故好走はあるかもしれませんが、普通に考えれば厳しいでしょう。

 

コスモドーム

助手 美南坂 良 53.2 39.0 25.7 12.7 強め

可もなく不可もなくといった感じ。

まぁ、平行線でしょう。

 

この馬の場合、外差しが届くか否か。

そして叩き良化型。

叩き4戦目かつ柴田大知騎乗のここは穴馬として狙いは立つかなと。

加えて小回り巧者の側面もあります。

あとは差しが届く馬場になっているかどうかだけ。

 

タマモブリリアン

助手 栗坂 良 52.3 38.0 24.9 12.4 末強め

最終追い切りとしては上々の内容です。

前走比較でも、追い切りは良化しています。

 

去年1年間使い続けて、ここも連戦になるので目に見えない疲れは気になりますが...

このメンツ相手なら十分、好勝負級ではあると思うんですがね。

ただ、やっぱり使い詰めは気になる材料です。

 

ナックビーナス

助手 美南P 良 61.3 47.3 34.8 11.8【7】直強め

ポリトラック追いではありますが、ベスト時計を更新してきました。

ポリトラックではありますが、ここまで時計が出せるのは速力あってのこと。

 

去年のレースでの凡走はダート戦とGⅠとGⅢ戦のみ。

オープン特別では力は上かなという印象です。

 

フルーシチー

助手 栗坂 良 51.9 37.5 24.5 12.2 一杯

追い切りは絶好ですね。

能力的には格落ち感ありますが、この追い切り内容なら大穴一考の余地有りでしょう。

 

ペイシャフェリシタ

助手 美南坂 良 54.2 39.0 25.0 12.1 一杯

可もなく不可もなくといった感じ。

どちらかと言えば、良いという感じはしないかな。

 

昇級初戦になりますし、能力的にどうか。

末脚は見どころのあるものを持っているので、展開嵌まれば一撃あってもといったところでしょうか。

 

レヴァンテライオン

中谷 栗坂 良 53.7 38.5 25.0 12.3 末強め

追い切り内容としては、可もなく不可もなく。

2歳時に函館2歳Sを勝利して以来、勝利どころか掲示板すらなし。

普通に考えればここでも厳しいでしょう。

 

ロードクエスト

三浦 美南W 良 68.9 52.9 39.3 13.5【8】直一杯

んー微妙なところですね。

いつも通りといえばいつも通りの追い切り内容です。

ただ個人的に気になるのは、切れ味タイプにも関わらず、直線追われて13秒は...好意的ではないですね。

まぁそれもいつものことなんですが。

 

初の1200m戦がどうなるか。

個人的にはここを使って、次回のバウンド延長で狙うのはおもしろいかなとは思っています。

まぁ押さえはしますが...

馬券とロマンは違うのでww

 

カーバンクルステークス2018 まとめ

冒頭でも述べた通り、意外と勝負になりそうなレースです。

小頭数かつ消せる馬もはっきりしているので。

そこに高めがくればラッキーくらいの気持ちでいけば、意外とおいしい馬券にもなりそうです。

個人的には人気どころではナックビーナス>アドマイヤゴッドで考えています。

むしろアドマイヤゴッドは飛んでもいいよという形の馬券を組みたいですね。

 

それでは現時点の穴本命候補をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

どう考えても穴で狙いが立つのはこの馬かなと。

今回は条件が好転要素しかないので。

あとは当日、極端な前残り馬場とかにならなければ。

差し馬場なら頭まで。

 

⇓⇓⇓ Twitterのフォローの方もよろしくお願いします ⇓⇓⇓