【ジャパンカップ2017】予想とキタサンブラック・レイデオロ評価

Pocket

今回はジャパンカップ2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

特に今回はキタサンブラックレイデオロについて特化した記事を書いていきます。

そして本日、シュヴァルグランの騎手がボウマン、サトノクラウンの騎手がMデムーロになることが発表されました。

出走馬分析で書いた記事の内容が変わりますね。

シュヴァルグランの人気がこれで落ち着くかもしれません。

しかし、逆に裏を返せばこれでキタサンブラックを逆転することはほぼないと考えられます。

どういう経緯でこうなったのかは ? な部分がありますが、現実的にミルコがシュヴァルグランよりもサトノクラウンを選んだという事実。

エリ女・マイルCSとことごとくミルコが2択で選んだ馬が好走しているということで、サトノクラウン>シュヴァルグランという構図も成り立ちますね。

あとは、サトノクラウンにミルコ人気が加わり、2強+1というようなオッズ構成になりそうです。

サトノクラウンは競馬新参者がミルコブームにあやかって人気に拍車をかけそうです。

逆に、玄人には適正バレしているので、玄人からは嫌からは嫌われそうな馬ですよね。

ここの取り捨ては予想家としては、腕の見せ所になってくるかもしれません。

それでは早速、ジャパンカップの予想、キタサンブラック・レイデオロ分析に入っていきましょう。

 

【ジャパンカップ2017】予想とキタサンブラック・レイデオロ評価

 

キタサンブラック

【 実 績

まずは誰もが知っていることでしょうが、この馬の実績について触れておきます。

GⅠ6勝馬であり、現在JRA歴代獲得賞金ランク2位につけております。

前走の天皇賞秋の勝利で史上5頭目の天皇賞春秋連覇を達成しました。

天皇賞春を連覇したのは史上4頭目、加えて今年の天皇賞春はあのディープインパクトの持つレコードを0.9秒更新しました。

ここを勝利すればいよいよ、歴代単独最多GⅠ8勝・獲得賞金世界最高・史上3頭目の秋古馬三冠が見えてくる一戦となります。

いやーこれだけの実績を持った馬で、かつ最高の名誉に王手のかかる一戦ということで、純粋に競馬ファンとして楽しみですね。

以前、ブログにも書いたのですが、ここまでに実績を持つ馬でも単勝1倍台に押されたのは2戦しかないのは本当に驚きです。

走って勝つたびに『恵まれた恵まれた』と騒がれ、ここに至るまで本当の実力が隠され続けたという意味では、本当に異色の名馬でしょう。

初めからその実力に気付き、本命に出来ていた人は素晴らしい相馬眼の持ち主で、おいしい馬券にありつけたことでしょう。

前走、天皇賞秋で相当強い競馬をしたことで改めてこの馬の強さに気付かされた人も多いでしょうが、今回はダービー馬レイデオロの参戦もあり、またも2倍前後のオッズに落ち着きそうです。

そう考えれば、この馬を本命にするのが一番リスクが低く、オッズ的にも実績を考えればおいしいと言えそうです。

 

【 陣 営 の 思 惑 】

※あくまで個人の予想・見解です(妄想も有りww)

まず、この秋3戦の最大目標は有馬記念というのは間違いないでしょう。

引退レース勝利で飾って、祭り熱唱からのそのまま引退式が一番キレイに拍手喝采で追われそうですし。

ということで出来に関して言えば、秋天80%⇒JC90%⇒有馬100%と持っていきたいのでは、と考えています。

特に前走秋天は、追い切り内容から見ても余裕残しは間違いなかったでしょう。

それでいてあの強さですからね。

ここで状態を上げてくるなら間違いなく勝ち負け...まぁ逆らう余地なしの勝ち濃厚と言えるでしょう。

 

【 馬 の 特 性 】

ここまで休み明けの叩き2戦目は、3歳秋~5歳春まで4戦4勝とパーフェクトの戦績です。

かてて加えてそれは全てGⅠ戦で、叩き2戦目がこの馬にとって一番のハイパフォーマンスを見せてくる場面であります。

また、2000mよりは2400mの方が良いタイプに思えます。

まぁ今さら、距離うんぬんでどうという馬でもないでしょうが。

去年のジャパンカップでは、豊さんの好騎乗で前有利の展開を作ったとはいえ、2着に2馬身半という決定的な着差を付けて勝った事実。

去年のメンバーとやれば余程のことがない限り逆転は難しい、勝負付けが済んだとみていいでしょう。

今回のメンバーで逆転があるのはやっぱりレイデオロのみと考えられ、2強オッズもやむなしといったところでしょうか。

 

【 不 安 】

ここまで良いところに目を向けていきましたが、不安がないわけではありません。

まず第一に、玄人が大いに不安に思っているのが、前走の反動でしょう。

あの超極悪馬場を激走した反動は少なからず間違いなくあるでしょう。

1週前追い切りを見る限りは、問題なさそうですが...こればっかりはやってみないとなんとも...ですね。

2つ目は、今年も主だった逃げ馬不在で、キタサンブラックがハナに立つ競馬になると予想されます。

が、出方がわからない外国馬が4頭出走してきます。

能力的には日本馬に劣る馬ばかりでしょうが、全て先行馬と言えそうで、この中から逃げる馬が出るかもしれません。

まぁそこはキタサンブラック自体番手につける競馬も容易に出来るので問題ないでしょうが、枠の並び・外国馬の出方次第でリズムを狂わされる可能性は否定できません

そしてなんといっても大敗を喫した宝塚記念のようなロングスパートの消耗戦になれば、馬群に沈むことも無いとはいえないでしょう。(宝塚記念の凡走は状態落ち・春天激走の反動ありきでしょうが)

粗を探せばこのくらいでしょうか。

しかし、歴史的名馬であればこれくらいの不安はクリアしてほしいところです。(期待を込めて上から目線でww)

 

レイデオロ

【 現 3 歳 世 代 評 価 】

春先は牝馬は最強世代の呼び声高く、牡馬の評価は低調でした。

むしろ最弱世代なんて呼ばれ方も...

しかし、ここにきて風向きが変わってきました。

なんと3歳牡馬が4週連続古馬重賞を制覇していることから、この世代レベルが意外と高いのでは!?となっているのです。

ただ個人的にはまだ半信半疑というか、その風潮には懐疑的です。

なぜなら...

日付 レース名 勝ち馬 鞍上

10/28 スワンS サングレーザー Cデムーロ

11/5 アルゼンチン共和国杯 スワーヴリチャード Mデムーロ

11/12 福島記念 ウインブライト 松岡正海

(11/12 エリザベス女王杯 モズカッチャン Mデムーロ)

11/19 マイルCS ペルシアンナイト Mデムーロ

もうお分かりでしょう!

そうです!デムーロ兄弟が爆発しているだけなんです。

ここもデムーロが乗るなら押し材料になったのですが、ルメールですからね。

個人的意見ですが、現状ミルコほどの信頼感は無いでしょう。

そして、4歳世代の不甲斐なさから3歳世代が相対的に浮上しているだけで、5歳6歳世代にはまだまだ及ばないのでは?と考えています。

4歳世代ダービー順位

1着 マカヒキ      燃え尽き症候群

2着 サトノダイヤモンド 凱旋門賞歯が立たず

3着 ディーマジェスティ 引退

4着 エアスピネル    孤軍奮闘

5着 リオンディーズ   引退

8着 レインボーライン  重馬場で奮闘

4歳上位世代でまともに稼働しているのはエアスピネルとランク落ちでレインボーラインのみですからね。

 

【 実 績 】

言わずもがな、第84代ダービー馬ですね。

ここまでの敗戦は、大事をとって前哨戦を使えずぶっつけになった皐月賞のみということで、馬柱もキレイです。

これも人気になる要因でしょう。

神戸新聞杯の内容も、出来が7割~8割と考えれば十分評価に値する内容であったと思います。

ダービーで負かしたスワーヴリチャードはアルゼンチン共和国杯を、神戸新聞杯で負かしたキセキは菊花賞を、非常に強い内容で圧勝したことにより、相対的にこの馬の評価もうなぎ上り状態にあります。

世代No.1としてここでどういう競馬をするか、競馬ファンとしては楽しみではあります。

 

【 臨 戦 過 程 】

早い段階から秋競馬は神戸新聞杯⇒ジャパンカップローテを決めていました。

そういう意味ではここが秋の最大目標であることに間違いないでしょう。

状態はMAXで出てくるでしょうし、好走できるか否かは対戦相手との力関係のみでしょう。

一つ好感が持てるのは、秋競馬で極悪馬場が3週続いた秋華賞週~菊花賞週~天皇賞秋週に出走が無かったこと。

これは、対戦相手比較で向こうに反動があれば、こちらにとって大幅に有利に働くことでしょう。

 

【 結 論 】

この馬にとってここが試金石になるのは間違いないでしょう。

過去、同一年のダービー⇒JC制覇は1頭のみ(ジャングルポケット)ということで、3歳でここを勝つのは難しいことに間違いありません。

ダービー馬がここに出走してくること自体が少ないこともありますが。

あとはスタート次第なところもあるでしょう。

ダービーまではゲートが出遅れるほどではないですがようなもっさりという感じで、結局後方から足を伸ばす競馬になっています。

前走、神戸新聞杯は打って変わって、二の足早く、前目に付けれました。

前走のような競馬が出来るなら成績は安定してくるでしょうが、ゲートが遅いのは即断で治るわけではないのでいつ出遅れ発動するか不安はつきまといます。

結論としては世代No.1は認めますが、まだ古馬との力関係がはっきりしていない中でGⅠ6勝馬と2強オッズになるのはやりすぎでは?という印象です。

 

 

ジャパンカップ2017の穴候補と1週前追い切りでの狙い馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

⇓⇓⇓ Twitterのフォローの方もよろしくお願いします ⇓⇓⇓