【スワンステークス2017】予想と枠順確定・最終見解

Pocket

今回はスワンステークス2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

結局、今週末も雨模様ですね。

またまた、予想が難しくなってしまいました。

先週のドロドロ馬場から土曜日も朝から雨模様という事で、メインのスワンステークスの時には、どの馬も内を避けて外に殺到する競馬になりそうです。

差し馬場になるのかな?

そういう決め打ちで予想していこうかなと思っています。

 

先週の菊花賞優勝馬:キセキがジャパンカップを目標に調整することが発表されました。

あの超不良馬場の消耗度の高いレースかつ、夏場から休みなく走っているので疲労度は高いと思うんですけどね。

ただでさえ菊花賞⇒JCのローテーションはあまり成績良くない中ですし、その後バッタリというパターンも少なくありません。

非常に良い内容で勝ち切りましたし、まだ成長力もありそうという事で、個人的には年内休養で来春から始動でも良いと思うのですが...

まぁこればっかりは馬主さんの意向なのでこちらが口出しすることではないですがww

とにかく無事にいってほしいと願っております。

それでは話を戻してスワンステークス2017の予想と最終見解をしていきます。

 

【スワンステークス2017】予想と枠順確定・最終見解

 

それでは確定した枠順を見ていきましょう。

スワンステークス 枠順

1-1  ビップライブリー  (牡4、松若風馬・清水久詞)
1-2  レッツゴードンキ  (牝5、岩田康誠・梅田智之)
2-3  サングレーザー   (牡3、C.デムーロ・浅見秀一)
2-4  ヒルノデイバロー  (牡6、四位洋文・昆貢)
3-5  ティーハーフ    (牡7、国分優作・西浦勝一)
3-6  ジューヌエコール  (牝3、北村友一・安田隆行)
4-7  キャンベルジュニア (牡5、A.シュタルケ・堀宣行)
4-8  ラヴァーズポイント (牝7、川須栄彦・高橋康之)
5-9  トーキングドラム  (牡7、藤岡康太・斎藤誠)
5-10  トーセンデューク  (牡6、浜中俊・藤原英昭)
6-11  セイウンコウセイ  (牡4、幸英明・上原博之)
6-12  フミノムーン    (牡5、和田竜二・西浦勝一)
7-13  トウショウピスト  (牡5、古川吉洋・角田晃一)
7-14  ベステンダンク   (牡5、池添謙一・安達昭夫)
7-15  ダノンメジャー   (牡5、武豊・橋口慎介)
8-16  ムーンクレスト   (牡5、荻野極・本田優)
8-17  ミスエルテ     (牝3、川田将雅・池江泰寿)
8-18  カラクレナイ    (牝3、M.デムーロ・松下武士)

 

先週に引き続き、馬場が再度悪くなるという事で、内より外目重視、前より差し馬重視で予想していこうと思います。

 

  人気ブログランキングへ

本命と対抗はランキングに載せておきます。

追い切り内容も抜群でしたし、枠も馬場が悪くなるなら最高の枠でしょう。

距離短縮ですんなり追走出来るかというとこだけが心配ですが、能力はここでも上位でしょう。

そしてなにより騎手の信頼感ですかね。

 

  人気ブログランキングへ

本命と対抗はランキングに載せておきます。

追い切り内容だけを見ればこの馬が一番の内容でした。

スピード能力はここに入っても通用するでしょう。

内枠に入ったことで2番手評価としましたが、この馬も能力発揮できれば十分通用するでしょう。

道悪での勝鞍もありますし、馬場状態の心配はないでしょう。

 

▲ フミノムーン

穴目で一撃あるとしたらこの馬でしょうか。

外枠の差し馬という事で。

とにかく溜めて、差しが届く馬場なら突き抜けても不思議ではないですね。

高速馬場よりは時計がかかる馬場の方が得意でしょうし、ここは好走条件が揃った気がしますね。

 

 レッツゴードンキ

このメンバーでは実績はセイウンコウセイと並んでNo.1ですかね。

54kgで出走できるのもなんだか反則のような気がします。

内枠の分だけ評価を下げましたが、安定感もありますし、馬券圏内というところでは固そうな気がします。

引っかかるのは追い切り内容があまり良くないですし、臨戦過程も使えるから使っておこう!みたいな精神だと思うので。

飛ぶ可能性も視野に入れつつ、買い方に注意したいですね。

セイウンコウセイとの比較は、こちらを上にとったという判断です。

 

△ ヒルノデイバロー

△ ティーハーフ

△ サングレーザー

内枠で評価を下げましたが、差し決着になれば突っ込んでくる可能性がある3頭です。

穴目のヒルノデイバローとティーハーフは荒れ馬場も得意ですし、内枠を苦にしない可能性もありますね。

 

× トウショウピスト

× ダノンメジャー

トウショウピストは追い切り内容が絶好であったので大穴で押さえます。

ダノンメジャーは週中評価していて、消して圏内にくればへこむので一応押さえます。

 

本線は◎本命と〇対抗の単勝ですね。

あとはこの2頭絡みで攻めていく感じです。

前残り馬場になればチーンもあり得ますが、これで勝負します!