【ダイヤモンドステークス2018】無料予想と最終追い切り・調教分析

Pocket

今回はダイヤモンドステークス2018の無料予想と最終追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

東京芝3400mで行われるハンデ戦。

長距離特殊条件+ハンデ戦といかにも荒れそうな条件ですが、近5年は3連単が10万円以下とそこまでの大荒れはしないという結果になっています。

まぁその前の5年は、内4年で3連単10万円以上と荒れていたりもします。

 

絶滅危惧種の長距離馬にとっては、年末のステイヤーズステークス(中山3600m)に次いで重要なレースになるでしょうね。

天皇賞春を目標としている馬は阪神大賞典を使うでしょうし、格はGⅢレースですが能力的には一枚落ちのメンバー構成となることが多いです。

しかし今年は4歳馬として今後が楽しみな2頭がいますし、ここの勝ち方次第では春天でも!というレースになるかもしれませんね。

それでは、ダイヤモンドステークス2018の無料予想と最終追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

 

【ダイヤモンドステークス2018】無料予想と最終追い切り・調教分析

 

まずは予想オッズを確認しておきましょう。

ダイヤモンドステークス2018 予想オッズ

1 フェイムゲーム  2.1
2 ホウオウドリーム 5.1
3 プレストウィック 5.8
4 ソールインパクト 5.8
5 レジェンドセラー 6.3
6 リッジマン    17.8

5年連続出走の長距離重賞の常連、フェイムゲームが1人気想定。

重賞勝馬がこの馬しかいないことを考えても当然の人気か。

とは言ってもハンデ戦ですし、昔ほどの安定感もので、盤石とはいかないか。

しっかりと予想して逆転候補を探していきたいですね!

追い切り分析に入る前に軽く過去の傾向を見ておきましょうか。

 

枠順傾向

 1枠 【1-2-1-13】
 2枠 【1-0-1-15】
 3枠 【1-2-0-16】
 4枠 【0-2-2-15】
 5枠 【3-0-1-15】
 6枠 【0-0-1-19】
 7枠 【2-1-1-16】
 8枠 【2-3-3-12】

長距離戦ですので枠は特に関係ないと思いきや、外枠の成績が良好。

特に8枠の複勝率が40%と一番良い成績となっています。

意外な傾向ですね。

なぜなんでしょうか...揉まれない方が良いということでしょうか。

 

人気傾向

1人気 【6-1-0-3】
2人気 【2-3-2-3】
3人気 【0-0-1-9】
4人気 【1-2-0-7】
5人気 【0-1-0-9】
6~9人気 【0-2-5-33】
10人気以下 【1-1-2-57】

1人気・2人気の好走率が高い傾向となっております。

冒頭の通り意外と荒れないというのが、人気傾向からも読み取れます。

 

年齢傾向

4歳  【4-3-4-12】
5歳  【3-0-1-30】
6歳  【2-2-3-26】
7歳  【1-2-1-22】
8歳上 【0-3-1-31】

4歳馬が圧倒的な成績。

ここは要注目ですね。

 

・・・と傾向はこのような感じになっております。

それでは、本題の最終追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

フェイムゲーム

助手 美南W 良 55.8 40.8 13.4【8】一杯

追い切りからは特段評価できる材料はないかなと。

まぁこれでも好走してきた経緯があるので完消しとはいかないですが、やっぱり盤石とはいかないんではないでしょうか。

 

本レースは5年連続の出走となります。

着順は1着⇒1着⇒2着⇒6着となっており、年々着順を落としているのは気になるところ。

人気も1人気⇒1人気⇒2人気⇒3人気ときて、今年は8歳になるも1人気に押されそう。

トップハンデ58.5kgの8歳馬...ここだけを切り取れば確実に危険な人気馬ですよねww

年齢的に上積みはないでしょうし、今のところ積極的に買うこともないかな、という印象です。

 

ホウオウドリーム

助手 栗坂 良 53.1 37.9 24.6 12.2 一杯

追い切り内容からは可もなく不可もなくといった感じ。

格上挑戦になりますが、血統的な魅力+52.0kgの軽斤量ということから人気になりそうな雰囲気。

人気無ければ面白い存在という風に見れますが、人気になって買いたいか?と聞かれるとうーんという感じですね。

 

プレストウィック

助手 美南W 良 83.5 68.3 53.9 40.3 13.4【7】強め

2週続けて長めを追われているのは好感が持てる内容です。

ただ、時計はあんまり良くないなーという感じ。

評価が分かれそうな追い切り内容ですが、他に追い切りが良い馬も少ないので相対的に見れば買いでいいかなという印象です。

 

完全に単純計算になりますが、前走のステイヤーズステークス3着時の2着フェイムゲームとの差について。

着差は0.3秒差。斤量はこの馬56kgに対し相手は57kgと斤量差1kgでした。

それが今回、この馬55.0kgに対して相手は58.5kgと斤量差3.5kgに広がる。

2.5kg広がって0.3秒差がどうなるか考えると...

どう考えてもこっちが上位に来る計算になりますよねww

今回はプレストウィック>フェイムゲームで良いと思います。

 

ソールインパクト

助手 美南W 良 66.8 51.8 38.5 13.2【6】強め

時計的のも動き的にも悪くはないですが...なんか引っかかるんですよね。

感覚的なものなんで表現しにくいんですが。

馬なりの格下馬相手に手こずったのもあんまりよろしくないように映ったのかな。

 

GⅡアルゼンチン共和国杯で2着というのはこの中に入れば実績上位という評価になるか。

ただそのレースに関しては棚ぼた2着感がありますし、能力的に抜けている感じはしないですよね。

人気薄なら買ってもいいですが、今のところ人気して買いたいとは思えないかな。

3着はあっても連対までは厳しいのでは!?という評価です。

 

レジェンドセラー

助手 美南W 良 82.4 68.1 52.8 38.5 12.9【3】強め

追い切り内容は上々の内容でしょう。

動きもほぼ文句ない内容です。

 

前走はしっかり重賞の壁に当たった感じ。

相手関係は軽くなりますし、クラス慣れという意味ではここが試金石になってきそうです。

ここで賞金加算を目論んでいるでしょうし、それなりに状態面も仕上げてきそうな雰囲気がありますね。

 

ダイヤモンドステークス2018 まとめ

予想オッズ上位人気馬の中には抜けてこの馬の追い切りが素晴らしい!という馬がいなかったですね。

ただ、ここまで追い切り分析を行って元も子もないことを言いますが...長距離戦って追い切り内容がレースに直結しないんですよねww

だからというわけではないですが、長距離戦は苦手です(;´Д`)

レース観戦代を払うくらいの軽い気持ちで、馬券は購入したいですね。

 

過去傾向を重視するなら、2人気想定+4歳馬のホウオウドリーム一択になりそうですね。

 

最終追い切りからの穴候補をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(リッジマン)

加藤祥 栗CW 50.6 36.9 11.9【6】強め

長距離戦を控えてCWで短めの追い切りは気になるところですが時計的には素晴らしいと言える内容。

1週前はしっかり長めを追われており、これも好時計を記録しています。

斤量も軽斤量ですし、この追い切りで状態が良いと見るなら一発合っても。

 

⇓⇓⇓ Twitterもよろしくです ⇓⇓⇓

 

―【PR】――――――――――――――
最先端の情報分析!本物の投資競馬!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

得意分野を追求した予想のプロ集団!

究極の情報を無料公開!!

 【フェブラリーステークス】

更に、只今ご登録頂くと、

土曜・日曜(各一鞍)厳選された
『3連単+3連複』情報を
毎週末・完全無料【¥0円】でご提供。

>>無料予想を受取る<<

 

▼ハイブリッド 無料登録はこちら▼