【チャンピオンズカップ2017】予想と最終追い切り・調教分析と枠順確定

Pocket

今回はチャンピオンズカップ2017の最終追い切り・調教分析の予想を中心とした記事を書いていきます。

GⅠ10勝のコパノリッキーを筆頭に統一GⅠ馬・海外GⅠ馬を含めてGⅠ馬7頭が揃った今年のチャンピオンズカップ。

その対抗勢力として一気に頭角を現してきたテイエムジンソク。

国内ダート頂上決戦を制するのはどの馬か、好メンバーが揃ったことも踏まえ、非常に楽しみなレースとなりそうです。

 

全馬最終追い切り・調教が終了し、枠順も確定しましたのであとはレース当日を迎えるのみですね。

最終追い切り・調教を確認して、各馬の状態を把握し、最終予想につなげていきたいと思います。

 

 

【チャンピオンズカップ2017】予想と最終追い切り・調教分析と枠順確定

 

まずは現時点での予想オッズを確認していきましょう。

チャンピオンズカップ2017 予想オッズ

1 テイエムジンソク  3.7
2 サウンドトゥルー  3.8
3 アウォーディー   6.0
4 ケイティブレイブ  8.4
5 ロンドンタウン   10.2
6 カフジテイク    11.6

これが上位人気に押されそうな馬たちです。

あとはRムーア騎乗のゴールドドリーム、GⅠ10勝のコパノリッキー辺りはここに割って入ってくるんではないでしょうか。

それにしても、テイエムジンソクが1人気予想とは驚きました。

本命候補だったんですがここまで被るなら少し考えないといけないですね。

 

そしてこの秋GⅠは外国人フィーバーですが、このチャンピオンズカップの予想オッズ1人気・2人気の鞍上はなんとなんと『古川・大野』ですよΣ(`゜Д゜´//)

ここ最近でこんなGⅠありましたか!?

いやいや、ないでしょう!

ここはベテラン・中堅の意地を見せてもらいたいという気持ちですね٩(`・ω・´)و

ただ馬券の購入は別ですが...ww

 

続いて確定した枠順配置を確認しましょう。

チャンピオンズカップ2017 枠順

【1枠】 1番 コパノリッキー   田辺
【1枠】 2番 ケイティブレイブ  福永
【2枠】 3番 ミツバ       松山
【2枠】 4番 ノンコノユメ    C・デムーロ
【3枠】 5番 メイショウスミトモ 吉田隼
【3枠】 6番 モルトベーネ    秋山
【4枠】 7番 ロンドンタウン   岩田
【4枠】 8番 グレンツェント   ボウマン
【5枠】 9番 ゴールドドリーム  ムーア
【5枠】 10番 キングズガード   藤岡康
【6枠】 11番 アウォーディー   武豊
【6枠】 12番 カフジテイク    ルメール
【7枠】 13番 テイエムジンソク  古川
【7枠】 14番 サウンドトゥルー  大野
【8枠】 15番 アポロケンタッキー 内田博
【8枠】 16番 ローズプリンスダム 戸崎圭

各馬まずまずの枠順配置に収まったんではないでしょうか。

一番嫌なのはコパノリッキーでしょうね。

被されてダメな馬が最内枠と最悪の枠順を引いてしまいました。

あとは、人気2頭テイエムジンソクとサウンドトゥルーが外目の隣通しに。

まぁ脚質が正反対なのでそこまで気にする必要は無いかもしれませんが、エリ女のように2頭とも圏外というのは想定しておいてもいいかもしれません。

それでは有力各馬の最終追い切り・調教を見ていきましょう。

 

最終追い切り・調教分析

テイエムジンソク

調教師 栗坂 54.5 39.1 24.9 12.5 末強め

1週前は6F時計ベスト・日曜もCWで6F追いを行なっているので、最終追いはこれくらいで十分かなという印象です。

先行した馬を追いかけて併入していますし、良い状態でレースを迎えられそうです。

 

先にも述べましたが、まさかまさかの1番人気。

こうなってくると買い時は間違いなく前走だったんでしょうね。

今回の単勝最終オッズがどうなるか分かりませんが、予想では3.6倍。前走は最終3.1倍。

いくら前走強い勝ち方をしたとはいえ、前走重賞勝ち馬6頭という相手関係で、今回はGⅠ馬7頭含む全馬重賞勝ち馬という状況。

それでいて、このオッズ差はありえないですよね。

個人的には8倍程度は付くと思っていたので...

今回は押さえ評価が妥当なところでしょう。

 

サウンドトゥルー

大野 美南坂 良 54.7 40.3 26.5 13.1 馬なり

いつも通りの追い切り内容でしょう。

特に良いとは感じないですが、悪くも無く。

高齢馬ですし、特に今からなにか変わることもないでしょうから、これで問題ないでしょう。

前走の状態はキープ出来ていそうです。

 

差し馬の割りに器用に競馬が出来ますので、今年も好勝負でしょう。

 

アウォーディー

武豊 栗CW 良 82.8 67.8 53.2 39.2 12.2【8】一杯

1週前が好時計でまとめていての最終なので、時計より動き重視で見たいですが、併せた馬を最後差せなかった内容は少し不満が残ります。

時計的にも、まぁまぁな内容で最終追い切りからは微妙な評価です。

 

混戦になったほうが持ち味を生かせますし、舞台設定も地方大井よりも中央のここのほうが良いと思います。

人気が落ち着きそうな今回は若干盲点になっている気がしますので、普通に押さえたほうが良いでしょう。

 

ケイティブレイブ

福永 栗坂 良 55.7 39.9 25.0 12.4 強め

時計は良くないですね。

1週前を強めに追っているわけでもなく、最終がこの内容だと...

追い切りからは推せないですね。

 

成績から安定して走っているように見えますが、ほぼ地方廻りをしているだけですからね。

なんとも評価が難しいです。

地方といえば実質5~7頭立てということで、ここまで揉まれるような厳しい競馬をしていないということですからね。

中央では今年5月の平安Sではグレイトパールにマークされて、結果、決して強いとは言えないクリソライトやマイネルバイカに差されていますから。

内に入れば揉まれる訳ですし、外に入れば外を回される訳ですし、どちらにしても厳しい競馬にはなるのでは?という評価です。

 

ロンドンタウン

助手 栗CW 良 83.6 66.8 51.4 37.6 11.9【8】一杯

最終追い切りも1週前に続き素晴らしいですね。

追い切りだけの評価で言えば間違いなくNo.1でしょう。

8分を通って51.4秒からのラスト11.9という素晴らしいキレを見せてきました。

4歳馬ということで成長期にあるのでしょう。

 

中京では3戦して全て着外ですが、本格化前なので気にする必要はないでしょう。

単純相手比較では、2走前に1人気想定のテイエムジンソクを撃破していますし、前走はケイティブレイブに先着したクリソライトを4馬身ちぎりました。

それでいてここまで人気が落ち着くなら素直にここから入っても。

一雨降れば尚この馬向きの馬場になるでしょう。

現状は晴れ予報なのでそこは関係なさそうですが...

 

カフジテイク

ルメール 栗坂 良 52.3 38.0 25.3 12.7 末強め

最終追い切りは上々でしょう。

1週前がかなり軽かったので最終はこれくらいの内容でこないとダメ判断してました。

 

ドバイ帰りから1年前の目の覚めるような末脚を使えていないのが気がかりですね。

確かにここ3走最後伸びてはいますが、ドバイ前の根岸S⇒フェブラリーS時の末脚はこんなもんじゃなかったですから。

ルメールへの乗り替わりで新味を期待したところで、この馬としてはやることは決まっていますし...

下手に中団に付けるような競馬をすればさらに末脚を失われることになると思うので。

ここではさすがに厳しいかなという印象です。

 

チャンピオンズカップ2017 まとめ

追い切り・調教だけを見て、良し悪しを決めるなら

良:テイエムジンソク・サウンドトゥルー・アウォーディー・ロンドンタウン

悪:ケイティブレイブ・カフジテイク

といった感じになるでしょうか。

個人的にはロンドンタウンが断然といった感じではありますが。

あとは能力が足りるかどうかの一点ですね。

 

最後に現時点での狙い馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

いやいや、まじでここまで人気落ちするなら。

単純能力で言えばダントツトップでしょう。

枠も最悪ですが、だからこそやることは1つ!

最終追い切りも上々ですし、最後の一撃期待しても良いのでは!?

 

有馬記念の1ヶ月前予想しましたww

『有馬記念2017予想と出走予定馬分析』はこちら

 

⇓⇓⇓ Twitterのフォローの方もよろしくお願いします ⇓⇓⇓