【ディセンバーステークス2017】予想と最終追い切り・調教分析

Pocket

今回はディセンバーステークス2017の最終追い切り・調教分析の予想を中心とした記事を書いていきます。

2歳GⅠ朝日杯の裏開催で行われる、日曜中山メインのディセンバーステークス。

このレースを取り上げる理由としては、注目ポイントが2点あるためです。

1つ目は休養挟んで今年春までに怒涛の5連勝でオープンに昇格してきたグレーターロンドンの出走。

2つ目は約2年ぶりの出走となるハートレーの出走。

今年からGⅠに格上げの、2年前GⅡホープフルSを勝利した際はクラシックでの活躍を期待された馬が、ケガでの休養を明けてようやく出走に漕ぎ付けました。

個人的にはウインフルブルームの復活にも期待しているんですけどね(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

各馬の状態を最終追い切り・調教から判断して最終予想につなげたいですね。

それではディセンバーステークス2017予想と最終追い切り・調教分析を行っていきましょう。

 

 

【ディセンバーステークス2017】予想と最終追い切り・調教分析

 

まずは予想オッズを確認しておきましょう。

ディセンバーステークス2017 予想オッズ

1人気 グレーターロンドン 1.7
2人気 ストロングタイタン 3.9
3人気 ウインフルブルーム 7.7
4人気 マイネルハニー   8.4
5人気 ハートレー     13.9
6人気 ベルキャニオン   17.0

ここまでが上位人気に押されそうな馬たちです。

オープン特別にしては、上位勢はまずまずのメンツが揃ったように思います。

グレーターロンドンは当日はもっと被ってきそうな気もしますね。

それでは各馬の最終追い切り・調教を見ていきましょう。

 

グレーターロンドン

田辺 美南W 良 53.9 38.7 12.9【5】馬なり

最終追い切りからはまずまずといった感じでしょうか。

1週前もそこまで特別良いというわけではなかったですし...

秋3走目でここが目標レースというわけでもないですから、惰性での出走が濃厚でしょう。

 

相手関係・この馬の能力からすれば、ここは負けれない戦いになるのは間違いないですね。

オープン特別のこの相手に負けているようでは、来春のGⅠどうこう言える立場ではなくなりますから。

 

ただ不安要素も多くあるのが素直に本命に推せない悩ませる理由です。

不安①:連続好走しているときは、追い切り時計もバンバン出ていた。

不安②:中山のこの舞台での追い込み脚質。中山で勝鞍があるとはいえ、心配ではありますよね。

不安③:秋天組の次走好走馬なし。ここが最大の悩みの種。

相手関係が軽くなるここは好走して当たり前感はありますが、極悪馬場でのダメージは気になるところ。

実際、秋天組で次走まともに走れたのは現役最強馬のキタサンブラックのみ。

次走GⅠ出走馬ばかりなのであまり参考にならないという意見もあるでしょうが、ダメージが無い訳はないでしょうから。

間隔あけてのオープン特別なので、杞憂に終わる公算も高いですが、頭の片隅に置いておく必要もあるのでは。

 

ストロングタイタン

Mデム 栗坂 52.5 38.5 25.4 12.7 馬なり

最終追い切りは上々の内容でまとめてきました。

叩き3走目で状態は良さそうです。

しかし、馬体重はこれ以上増えてほしくないですね。

 

大型馬ですし、冬場のこの時期に馬体を絞るのに苦労していそうな感じ。

戦績的にも冬場より夏場の方が得意としていそう。

これ以上馬体が増えてしまえば走れるものも走れなくなるのでは?

あとはトビの大きい馬ですので小回りコースは苦手としていそう。

ここ2走は連続好走していますが、東京・京都で得意コースと呼べる舞台でした。

小回りコースのここで好走するにはまず外枠が必須条件かなと。

騎手がミルコで無ければ危険な人気馬認定するんですが...ミルコなんで押さえないとダメでしょうねww

 

ウインフルブルーム

助手 栗坂 55.3 39.2 24.7 12.2 一杯

追い切りからは復調気配は読み取れないですね。

前走よりも緩い追い切りでは...

 

個人的には復活を期待しているんですけど...

好きな理由は、冒頭の画像見ていただければ分かるようにすげぇイケメンなんですよねww

ただそれだけですww

ワンアンドオンリー世代の皐月賞3着馬。

ただ近走の内容・追い切り内容から復活はまだ先かなと。

買える材料が少ないにも関わらず人気になるのであればちょっと買いづらいですね。

 

マイネルハニー

助手 美南W 良 68.2 52.9 38.9 12.7【6】馬なり

最終追い切りは上々の内容ですね。

前走よりは良化していることは見て取れます。

 

そろそろ走り頃ではありますね。

逃げ馬という特性上、人気でマークされると案外に終わり、一度凡走を挟んでの人気落ちで激走を繰り返すというタイプ。

小回りコースより外回りコースでの好走が多いのがこの馬の意外なところ。

騎手心理で、外回りで差し届くという思いから、道中甘やかされてそのまま残るというパターンですね。

今回は小回りコースですが、グレーターロンドンという強烈な差し馬がいるので、各馬そちらに気を取られている間に、あれよあれよのパターンは考慮しておくべきでしょうね。

 

ハートレー

嶋田 美南W 良 68.8 53.3 38.7 13.5【7】一杯

追い切りの動き自体は悪くないですね。というか良いくらい!?

あとは実践にいってどうか。

普通に考えれば約2年ぶりの出走ということで厳しいことは間違いないですが。

プラス去勢明け。

んーやっぱり厳しそう。

素質だけでいえば、クラシック級と言われただけあってここでも上位に位置するんでしょうが...

買うならめちゃめちゃ強かったパターンで、1着固定に妙味有りでしょうか。

しかし...さすがに陣営もとりあえず無事に回ってきてほしい気持ちの方が強いのでは!?

 

ディセンバーステークス2017 まとめ

最大の注目はグレーターロンドンがここでどういう勝ち方をするか。

圧勝するようであれば次にもつながるんですけどね。

ただ馬券的には別の馬から勝負します!

グレーターロンドンはコケてもらっておいしいパターンでww

感情と馬券は別ですねww

 

最後に現時点での本命候補をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

ハートレーさんについては今回は無事に回ってきてもらって、次走以降も無事に走れるように。

そして再度輝きを取り戻してもらいたいですね。

 

有馬記念の予想もよろしくお願いします(´ω`) 

『有馬記念2017予想と出走予定馬分析』はこちら

『有馬記念2017サイン馬券・時事ネタ・オカルト』はこちら

『有馬記念2017無料予想とデータ・過去傾向』はこちら

 

⇓⇓⇓ Twitterのフォローの方もよろしくお願いします ⇓⇓⇓