【ファイナルステークス2017】無料予想と最終追い切り・調教分析

Pocket

今回はファイナルステークス2017の無料予想と最終追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

阪神芝1400mで行われる本レース。

ファイナルという名前からも想像できるように正真正銘、年内ラストレース。

(地方は除いてですがww)

終わり良ければすべて良し!となるように今年最後のレース、なんとか的中させたいですね(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

いつも通り、最終追い切り・調教から予想していきたいと思いますので、よろしくどうぞお付き合いください(><)

それでは早速、ファイナルステークス2017の無料予想と最終追い切り・調教分析を行っていきましょう。

 

 

【ファイナルステークス2017】無料予想と最終追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置から見ていきましょう。

ファイナルステークス2017 枠順配置

1-1 ルグランパントル  セ5 57.0 浜中
2-2 マイネルパラディ  牡3 56.0 柴田大
2-3 グレイスミノル   牝5 55.0 和田
3-4 クリノハッチャン  牝6 55.0 川須
3-5 クライムメジャー  牡3 56.0 川田
4-6 レッドリーガル   牡5 57.0 藤岡佑
4-7 ペスカネラ     牝3 54.0 鮫島克
5-8 エントリーチケット 牝3 54.0 松若
5-9 ヴェネト      牡5 57.0 福永
6-10 ベルディーヴァ   牝5 55.0 岩田
6-11 スマートカルロス  牡5 57.0 松山
7-12 パーリオミノル   牝4 55.0 池添
7-13 ニシノラッシュ   牡5 57.0 幸
8-14 エリーティアラ   牝5 55.0 古川
8-15 スペシャルギフト  セ6 57.0 佐藤

枠順はさほど気にしなくていいでしょう。

枠順より脚質のほうが大事になってくるでしょう。

阪神開催ラストレースですので、差しも届く馬場になっているでしょうが、本質的にはやはり前目に付けれる馬が有利になるコースです。

続いて、予想オッズを見ていきましょう。

 

ファイナルステークス2017 予想オッズ

1 クライムメジャー  2.2
2 ヴェネト      4.8
3 スマートカルロス  6.5
4 エントリーチケット 6.6
5 マイネルパラディ  6.7
6 グレイスミノル   16.9

ここまでが上位に押されそうな馬たちです。

まぁ、条件戦ですし近走成績が良い馬に人気が集中しそうですね。

個人的には十分妙味有りなレースになると見ています。

それでは、有力馬の最終追い切り・調教分析に入っていきましょう。

時計面からの判断のみになります。

 

クライムメジャー

助手 栗坂 良 54.9 39.8 25.6 13.0 馬なり

最終は軽めにまとめてきた印象です。

1週前は長めに追われて、栗東CWで好時計を記録しています。

状態は万全とみていいでしょう。

 

前走の内容的にも、負けたのはGⅡでいきなり4着したモズアスコットですからね。

ここで人気になるのも納得です。

ひとつ気になるのはここ3戦馬体重の増減が激しいこと。

+12⇒-10⇒+12ときています。

プラス分は成長分とみていいでしょうし、今回は輸送もないですから前走より二桁減るなんてことはないでしょうが。

再度減っているようだと若干の心配はありますかね。

 

ヴェネト

助手 栗CW 良 71.2 54.1 39.7 12.5【8】馬なり

中間の追い切りはずっと軽め。

前走、休み明けを叩いて状態上がっているかと思いきや、意外と状態維持に努めているというような印象です。

この馬の場合、毎度毎度追い切りの時計は出ていましたからね。

軽めと言えど、時計が出ていないのは気になる材料です。

 

昇級後も2戦して3着2回ということで安定はしています。

しかし、戦績を見る限りは左回り・平坦コースに良績が偏っていますし、ここは危険な香りが...

個人的にはここは軽視して馬券を組む予定です。

 

スマートカルロス

助手 栗坂 良 59.2 42.6 27.1 12.7 馬なり

日曜追いは軽めに流すだけ。

木曜追いで、栗坂52.2-12.3と上々の時計を計時しています。

ここに向けては上々の出来にあるとみていいでしょう。

 

ちょい好走を繰り返していることで上位人気に押されてきそうです。

しかし、キンシャサノキセキ産駒は連勝中は強い競馬を繰り返しますが、一度低迷すると復活はなかなかしない。

シュウジを筆頭にモンドキャンノ・サフィロス他、オープンクラスから条件馬まで一度止まるとそのクラスも突破できないという成績になっています。

この馬の場合、1回目の1000万クラス突破までは割とトントン拍子でいき、その後降級した後、若干の頭打ちから何とかもう一度1000万クラスを突破。

年始に1000万クラス突破後、そのまま今に至る、という戦績。

この流れを考えると若干の買いづらさはありますね。

追い切りは上々ですから紐では拾いますが、本命にするにはリスキーな気がします。

 

エントリーチケット

助手 栗坂 良 54.4 39.5 25.5 12.3 一杯

一杯に追ったわりには時計が出ていないなという印象。

水曜追いの馬なり追いの方が時計が出ています。

最終の一追いは馬体の調整かも!?

というのもここ2戦馬体が増え続けています。

それも休み明けの一戦は+16kgでした。

そこからさらに前走は+4kg。

元々華奢なタイプで最低馬体重は414kg。

そこから約1年半で前走時は448kgとなりました。

これを成長分と捉えるか、冬場で絞り切れてないととるかで評価は変わりそう。

個人的には後者かなと。

というのも去年の冬場も二桁馬体増からのさらにプラス体重での出走が続いていました。

でぶっちょになって短距離戦のスピード勝負についていけるかはハテナですし、個人的には軽視の方向です。

 

マイネルパラディ

助手 栗坂 55.4 40.1 26.6 13.3 末強め

坂路調教はいつもこのくらいの時計。

水曜追いのポリトラック調教が本追い切りですね。

そのポリトラック調教は一杯に追われて上々の時計です。

まぁ、ポリトラックなんで時計は出て当たり前なんですが、前走・前々走と変わらない追い切り内容。

出来はキープできていそうです。

 

馬体重がここ3戦連続プラス10kgとなっているように、これも成長ともとれますし、と冬場で絞り切れていないともとれます。

ただ上記の馬たちと違うのは、増やしつつも好走を続けていることです。

前走は2ヶ月で30kg増やしたにも関わらず、上がり3ハロン最速33.7を記録して3着。

これは充実期・成長期とみても良さそうです。

そして今回の鞍上はラフィアンの主戦:柴田大知。

これは上位評価したい一頭ですね。

 

ファイナルステークス2017 まとめ

条件戦ですし、追い切りだけを見て判断するのはなかなか難しいですね。

今のところは連系の馬券で点数絞って勝負しようと思っています。

今年最後のレースですし、ドカンと当てたいですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

最終予想はTwitterにUPする予定です。

 

それでは最後に穴候補をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

穴候補について

助手 栗B 稍 80.9 64.0 48.7 35.6 11.4【5】稍一杯

ダートコース追いですので、時計は出て当たり前。

ですが、それにしても素晴らしい時計です。

ここまでのスピード能力があれば、このクラスは突破できるでしょう。

1週前には栗東CWで追われて上々の時計を出していますし、追い切りからの特注はこの馬で。

 

⇓⇓⇓ Twitterのフォローの方もよろしくお願いします ⇓⇓⇓