【万葉ステークス2018】無料予想と1週前追い切り・調教分析/過去傾向・データ

Pocket

今回は万葉ステークス2018の無料予想と1週前追い切り・調教分析/過去傾向・データを中心とした記事を書いていきます。

京都芝外回り3000mで行われる本レース。

この条件で施行されるレースは、3歳牡馬クラシック最終戦の菊花賞とこの万葉ステークスの2レースしかありません。

そんな中どのような過去傾向やデータが出ているのかを確認しておきたいと思います。

 

また、このレースはハンデ戦で行われるレースであり、今回もトップハンデは57.0kgから下は48.0kgとかなりのハンデ差があります。

まぁざっと出走予定馬を見ると、言い方悪いですがクソみたいなメンツですよねww

軽斤量を活かして激走しそうな馬もちらほら。というか人気もなかなかよめないですねww

そんな中ですが、1週前追い切り・調教をみて状態の良さそうな馬をピックアップしていけたらと思っています。

それでは、万葉ステークス2018の無料予想と1週前追い切り・調教分析/過去傾向・データに入っていきましょう。

 

 

【万葉ステークス2018】無料予想と過去傾向・データ

 

まずは過去傾向とデータから見ていきましょう。

冒頭でも述べましたが、この条件で施行されるレースは菊花賞と本レースのみということで、この2レースの過去4年分のデータを抽出しています。

 

枠順傾向

1枠 【1-0-0-11】
2枠 【2-4-0- 6】
3枠 【1-0-2- 9】
4枠 【0-0-0-12】
5枠 【0-1-1-12】
6枠 【1-3-0-11】
7枠 【2-0-3-15】
8枠 【1-0-1-18】

長距離戦ですのでそこまで枠順は気にする必要はないのかなと。

あくまで参考程度にという感じですが、2枠が突出していますね。

気にする必要はないと言えど、外を回される可能性が高い外枠よりは内枠が良いという印象ですかね。

 

人気傾向

1人気 【3-0-1-4】
2人気 【1-2-1-4】
3人気 【2-0-1-5】
4人気 【0-1-2-5】
5人気 【1-1-0-6】
6人気以下 【1-4-3-70】

菊花賞成績も入っているのでこれをみただけでは分かりづらいですが、意外とこのレースは荒れていないんですよね。

『淀の長距離戦+ハンデ戦』といえばいかにも荒れそうな条件なんですけどね...

過去10年3連単での大万馬券は2012年に160万馬券が出たくらいで、あとは15万馬券以下。

3連単200倍以下が過去10年中6回とかなり固めの決着が続いています。

低レベルメンツが揃うことで、意外と人気馬がきっちり走ってくるという傾向が強いレースですね。

 

脚質傾向

逃げ馬 【0-1-1-10】
先行馬 【5-4-4-19】
差し馬 【3-2-3-36】
追込馬 【0-1-0-29】

当たり前ですが、位置取りが後ろすぎるとノーチャンス。

あとは逃げ馬が苦戦傾向です。

とは言いつつも、2012年の大荒れは逃げ馬が波乱を生み出しました

大荒れを狙って、ぶん回していくなら間違いなく狙いは前残り一択でしょう!!!

 

【万葉ステークス2018】無料予想と1週前追い切り・調教分析

 

先に予想オッズを確認しておきましょう。

まぁ、当日にならないと何ともいえないメンツですがww

万葉ステークス2018 予想オッズ

1 ジョルジュサンク  2.3
2 タマモベストプレイ 3.3
3 グランアルマダ   4.9
4 プロレタリアト   8.5
5 ラブラドライト   12.5
6 リッジマン     19.2

特にコメントなしww

北島康介よろしく『なんもいえねぇ』メンツですのでʅ(´-ω-`)ʃ

それでは一応の有力馬の1週前追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

ジョルジュサンク

助手 栗坂 良 55.9 40.1 26.2 13.5 馬なり

まぁ普通かなという印象。

日曜追いで坂路で一杯に追われており、こちらが本追い切りなのかな?

それでも時計は出ていませんし、可もなく不可もなくといった感じ。

 

中山金杯とのダブル登録でどちらに出走してくるか。

個人的にはこちらに出走してきて、人気吸って飛んでほしいというのが願望です。

相手が弱いので走ってしまうかもしれませんが、今さら距離延ばして良さがでるとも思えず。

まぁ、54.0kgで出られるので人気するんでしょうが、そもそもこの斤量とうことはハンデキャッパー的にも素質なしと見られたということでは?

ネームバリュー的には55.0kgあっても不思議ないですからね。

買える要素は斤量くらい。ほかに推せる材料はなしというところですね。

 

タマモベストプレイ

助手 栗CW 良 83.2 65.9 50.8 37.0 12.4【8】一杯

1週前追い切りとしては抜群です。

ちょっとびっくりするぐらい良いです。

破格の時計を出してきました。

ここがメイチかww

 

舞台としてはベストの舞台設定ですし、相手関係もかなり楽。

敵は斤量になってくるのでしょうが、57.0kgなら許容範囲内。

頭までといわれると、軽斤量の馬にやられる可能性もなくはないので若干リスキーな気がしますが、馬券内という意味ではかなりの高確率で信頼して良いと思います。

とにかく追い切り抜群。とだけ付け加えておきます。

 

グランアルマダ

助手 栗坂 良 53.0 39.0 25.7 12.9 一杯

可もなく不可もなくといった感じ。

前走時から平行線でしょう。

 

オープン昇格後の前々走オールカマーは相手が強すぎた。

前走はステイヤーズSで着順は6着とまぁまぁですが、着差は大差負け。

相手関係が楽になるここで結果を出したいところでしょうが、今のところ買い要素に乏しいかなと。

前走ではプロレタリアトからも8~9馬身差で負けてるにも関わらず3人気になるようなら、ただただ買いたくないですよね。

 

プロレタリアト

調教師 美南W 良 55.4 41.1 13.7【9】一杯

時計的にはまったく良くないですが、熱心に乗り込まれているのは好材料です。

最終追いで時計を詰めてくるような追い切りが出来れば。

 

正直、牝馬で長距離戦という時点で買いづらさはありますよね。

なかなか一線級でないと混合戦では通用しない中にあってさらに長距離戦。

評価としては難しい位置にいます。

ただハンデ戦で51.0kgという斤量ででれることを考えれば、ワンチャンあってもといったところでしょうか。

前走のステイヤーズS分だけ走れば、圏内あっても。

 

ラブラドライト

助手 栗CW 良 84.9 69.0 54.1 39.7 13.4【7】馬なり

まぁまぁ悪くないんではないでしょうか。

長めを追われていますし、良いときとさほど変わらない追い切り内容だと思います。

 

逃げるのはこの馬になるのかな?

先に述べたように穴馬は逃げ馬となればこの馬か。

去年の今頃は、万葉S2着⇒ダイヤモンドS2着としたように最低限の能力はありそう。

去年より2kg増ですが、メンツは去年よりも格落ち感有り。

年齢で嫌われるなら妙味はでてきそうな一頭ですね。

 

万葉ステークス2018 まとめ

いやー、やっぱりメンツがやーばいですね(´-ω-`)

今の希望はジョルジュサンクにこっちにでてもらって、人気吸うだけ吸ってもらって飛ぶパターンですねww

そうなれば俄然、馬券的にはおもしろいレースになるんですけどね。

 

現時点の本命候補をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

とりあえずこの馬しかいないかなと。

この馬の人気が少しでも落ちるように、ジョルジュサンクにはこっちに出てもらいたいですね。

 

あともう一つとっておきのデータを。

2017年 4着
2016年 4着
2015年 1着
2014年 未騎乗
2013年 1着
2012年 7着
2011年 3着
2010年 3着
2009年 未騎乗
2008年 2着
2007年 未騎乗
2006年 未騎乗
2005年 2着
2004年 未騎乗
2003年 1着
2002年 1着
2001年 未騎乗
2000年 1着

という騎手がいます。

この騎手⇒ 人気ブログランキングへ

ここ2年は馬券外ですが4着と掲示板は確保。

この好走率はよほどこのコース設定が得意なんでしょう。

長距離戦は騎手の腕の差がでやすいといいますしね。

ここまで言っておいて残念ながら現状、騎乗予定はないんですが(;´・ω・)

この3日間開催は京都にいますのでもし乗ることがあれば、確実に押さえた方が良いですね!

 

⇓⇓⇓ Twitterのフォローの方もよろしくお願いします ⇓⇓⇓