【中日新聞杯2017】無料予想と全馬最終追い切り・調教分析と最終見解

Pocket

今回は中日新聞杯2017の全馬最終追い切り・調教の無料予想を中心とした記事を書いていきます。

今週初めて中日新聞杯の記事を書いていくのですが、早いもので枠順も確定し、あとはレースを迎えるのみとなりました。

今週は脱線記事が多かったからですねww

 

中京2000mで行なわれるハンデ戦ということで、いかにも荒れそうな条件です。

しかし、過去の傾向上、大荒れというのは少なく、3連単10万前後の中荒れが多いようです。

今年も抜けた存在が不在ですので、十分中穴クラスの台頭の余地がありそうですし、それこそ大穴クラスの一撃があってもおかしくないでしょう。

中京適正・状態の良さを活かして好走できる馬を、最終追い切り・調教から判断していればと思っています。

最後には中日新聞杯2017の印付きの最終無料予想もしていきますので、お付き合いの程よろしくお願いします。

 

それでは、中日新聞杯2017の全馬最終追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

 

【中日新聞杯2017】無料予想と全馬最終追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順を見ていきましょう。

中日新聞杯2017 枠順

枠番 馬名 馬齢 騎手 厩舎
1-1 フルーキー     (牡7、吉田隼人・角居勝彦)
1-2 スズカデヴィアス  (牡6、藤岡康太・橋田満)
2-3 タイセイサミット  (牡4、丸田恭介・矢作芳人)
2-4 マウントロブソン  (牡4、石橋脩・堀宣行)
3-5 バンドワゴン    (牡6、浜中俊・石坂正)
3-6 フェルメッツァ   (牡6、北村友一・松永幹夫)
4-7 ヴォージュ     (牡4、国分恭介・西村真幸)
4-8 パドルウィール   (牡6、松山弘平・中尾秀正)
5-9 ストーンウェア   (牡5、丸山元気・吉田直弘)
5-10 ミッキーロケット  (牡4、和田竜二・音無秀孝)
6-11 マキシマムドパリ  (牝5、藤岡佑介・松元茂樹)
6-12 ロードヴァンドール (牡4、横山典弘・昆貢)
7-13 メートルダール   (牡4、C.デムーロ・戸田博文)
7-14 ケントオー     (牡5、菱田裕二・西橋豊治)
7-15 サラトガスピリット (牡5、川須栄彦・友道康夫)
8-16 クィーンチャーム  (牝5、中谷雄太・池江泰寿)
8-17 ショウナンバッハ  (牡6、木幡初也・上原博之)
8-18 レコンダイト    (牡7、松若風馬・音無秀孝)

枠順の有利不利は特に無いコースです。

馬キャラ的に内が良い・外が良いというのが無い限りは、枠での評価の上げ下げは気にする必要はないでしょう。

それでは最終追い切り・調教分析を行っていきましょう。

 

フルーキー

助手 栗坂 52.0 37.9 25.0 12.8 叩き一杯

ベストに近い時計を計時してきました。

陣営の復活に賭ける意気込みは伝わってくるような内容ではありますね。

 

いつからこんなに評価の低い馬に成り下がったんでしょうね。

少し前までは、GⅢなら毎度掲示板に載るような競馬はしていたんですが。

年齢による衰えが顕著なので、追い切りは良いですが、評価して3着候補といったところでしょう。

 

スズカデヴィアス

助手 栗坂 良 54.4 39.0 25.1 12.4 馬なり

1週前にCWで一杯に追って好時計を出していますし、最終はこれで十分と言えるないようでしょう。

 

今年1年の成績は、GⅠ大阪杯以外は6戦して全4着内ですし、6歳にして充実期に突入した感がありますね。

元々好走歴が冬場に固まっている中で、今年に関しては夏場も崩れず走れたことは評価に値するでしょう。

ハンデも手ごろですし、人気も落ち着きそうですし買い材料は多い気がします。

 

タイセイサミット

助手 栗坂 良 51.4 37.6 24.9 12.6 一杯

ベストタイ時計を計時してきました。

上々の内容でしょう。

 

リゲルステークスの方に出てきてくれれば本命候補だったんですがね。

距離延長が良いというタイプでもないでしょうし、ハンデも見込まれた気がしなくもない。

追い切りが良いのは間違いないので、人気はないので押さえておいても。

 

マウントロブソン

石橋脩 美南W 良 68.5 53.4 39.5 13.7【5】G前仕掛け

追い切りだけ見れば、買い要素には乏しいでしょう。

1週前・直前追い切りとも時計は良くない+併せた馬に遅れていますから。

 

とはいえ、天下の堀厩舎ですからね。

無難に好走してきそうな気もしますが。

まぁ、能力的にはこのハンデでもやれていいので押さえておいても。

 

バンドワゴン

助手 栗坂 良 51.9 37.9 25.7 13.4 一杯

全体時計は上々ですが、終い13秒かかっているのはいただけない。

可もなく不可も無くといった評価になるでしょうか。

 

いまいちこの馬の人気が読めないですが、ここでも人気するんですかね!?

過去の栄光人気が続く限りは軽視で良いと思います。

人気落ちしたときに、前残り馬場かつ逃げが打てる相手構成の時に買うという感じでいいんではないでしょうか。

 

フェルメッツァ

助手 栗CW 良 81.9 66.6 52.6 39.7 12.5【8】一杯

追い切りは上々の内容ですね。

ここ最近の好調を維持できていそうです。

 

ここ4走は重賞を含め安定して走っています。

左回りも【2-1-2-3】と苦にしていませんし、ハンデも据え置き。

一叩きして状態も良さそうですし、意外と盲点になっているのかもと思えます。

 

ヴォージュ

助手 栗坂 良 54.2 39.3 25.5 13.2 末強め

追い切り内容としては平凡かのといった印象です。

前走よりは良化が見受けられますが。

 

オープンクラスに上がってのここ3走は、人気して凡走を続けてきました。

クラスの壁に当たったような感じですね。

ここで一気に人気が落ちそうですが、斤量が1kg軽くなりますし、ワンチャンあっても良いかもしれませんね。

人気に押されていたということは、元々期待されていたということでしょうし、全く通用の余地なしというほど弱くも無いでしょうから。

 

パドルウィール

助手 栗CW 良 83.7 67.8 52.8 39.1 12.0【5】馬なり

熱心に乗り込まれており、追い切り内容としては上々でしょう。

 

1000万下勝ち上がりは、当時の中京2000mレコード時計勝ち。

勢いそのままに1年前のGⅡ金鯱賞で2着した内容から、中京2000m専用機と言って差し支えないでしょう。

追い切り内容を見ても、ここを狙ってる感満載ですので、それがほぼ最低人気付近なら押さえておいて損はないはず。

 

ストーンウェア

助手 栗CW 95.1 80.8 66.3 52.2 38.9 12.8【6】強め

追い切り内容としては上々の内容です。

しっかりと負荷のかけられた追い切りとなっています。

 

状態は良さそうですので、あとは能力が足りるかどうかですね。

軽斤量を活かしてどこまでやれるか。

 

ミッキーロケット

助手 栗坂 良 52.8 38.3 25.2 12.7 末強め

追い切りは上々の内容でしょう。

1週前・直前ともしっかりと時計も出せていますし、負荷もかけられています。

 

実績的にはここでNo.1ですので、人気に押されるのも仕方がないかなと。

GⅠ・GⅡを主戦場にしてきたこの馬にとって、格下げ戦のここでは負けられないでしょう。

状態も良さそうですし、人気ですが逆らえない感じはします。

いつもスタートが良くないので、スタート次第のところはありますね。

 

マキシマムドパリ

藤岡佑 栗坂 良 54.1 38.7 24.4 11.8 馬なり

前走と同じような内容で、状態はキープ出来ていそうです。

 

前走はGⅠで4着と、牝馬同士ならGⅠでやれることを示しました。

牝馬重賞2勝しているように、牝馬同士なら能力上位でしょう。

ただ牡馬相手のここではどうでしょう。

個人的には厳しい気がしますが。

 

ロードヴァンドール

横山典 栗坂 良 54.8 38.5 24.6 12.3 馬なり

1週前にCWで一杯に追って好時計。

直前軽めという内容。

 

逃げてどこまでという競馬になるでしょう。

横典マジック発動するか!?

 

メートルダール

助手 美南W 良 68.2 53.2 39.8 13.2【7】強め

時計は平凡ですね。

1週前も同じような内容ですし、評価が難しいところです。

いつもと同じといえば同じような内容ですし。

 

前走の大敗により斤量55kgと恵まれた印象はありますね。

末脚型なので舞台設定も良さそうです。

元々堅実な馬ではありますが、左回りも【4-0-3-2】と安定して走っています。

GⅠを席巻中の外国人ジョッキーの騎乗もこの馬だけですので、それもプラス材料になりそうです。

 

ケントオー

助手 栗坂 良 52.3 38.4 25.5 12.8 一杯

可もなく不可も無くといった印象。

内枠でしか走らない馬ですし、ここでは厳しい感じはします。

 

サラトガスピリット

助手 栗CW 良 80.3 65.3 51.5 38.5 12.3【6】強め

相変わらず追い切りは素晴らしいですね。

 

前走アルゼンチン共和国杯時、追い切りから穴候補に推したんですが、その前走が案外な結果に。

要は、追い切りはいつも動くんですよね。

そういう意味では狙いどころが難しいですね。

距離はもう少しあったほうがいいイメージがありますし、ここでは狙いづらいかなと。

 

クイーンチャーム

助手 栗CW 86.9 69.9 54.5 39.5 12.1【8】稍一杯

1週前にベスト更新。

直前の動きは上々。

ただ能力的にどうかな?

個人的には足りないかと。

 

ショウナンバッハ

助手 美南坂 稍 54.3 39.8 26.2 12.9 一杯

追い切りからは平行線かなと。

 

前走福島記念で本命にしたように、この馬は小回り専用機。

外回り戦のまして外枠では、厳しいでしょう。

 

レコンダイト

助手 栗坂 良 52.4 38.4 25.2 12.8 一杯

追い切り内容は可もなく不可も無くといった感じ。

 

GⅡを主戦場としてきて、ちょい好走(掲示板辺り)⇒穴人気⇒凡走⇒ちょい好走を繰り返す馬ですね。

好走歴は内枠 or 内突きの時に固まっていますし、さすがに大外枠からでは厳しいんではないでしょうか。

 

【中日新聞杯2017】無料予想と最終見解

 

中日新聞杯2017 最終見解

 人気ブログランキングへ

本命馬はランキングに載せておきます。

〇 フェルメッツァ

▲ ミッキーロケット

☆ メートルダール

穴 パドルウィール

△ マウントロブソン

△ ヴォージュ

△ ロードヴァンドール

 

土曜日の平場戦・特別戦は自信度高めのものが無いので、『ケン』するレースが多いかなと。

もし思い付き勝負レースがあればTwitterにUPしますので、そちらもたまに覗きに来てもらえるとありがたいです(o〃_ _ )o

 

有馬記念のサイン馬券・時事ネタ予想もよろしくお願いします!

『有馬記念2017サイン馬券・時事ネタ・オカルト』はこちら

ファンディーナさんの始動戦

『リゲルステークスの追い切り・調教分析』はこちら

 

⇓⇓⇓ Twitterのフォローもよろしくお願いします ⇓⇓⇓