【京都記念2018】無料予想と1週前追い切り・調教分析/的中ラッシュ報告

Pocket

今回は京都記念2018無料予想と1週前追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

京都外回り芝2200mで行われるGⅡ戦。

時期も時期だけに頭数は揃いませんが、GⅠ馬4頭×GⅠ連対馬2頭×GⅡ馬1頭とハイレベル好メンバーが揃いました。

ドバイ or 大阪杯を目指す馬たちの熱いレースを期待したいですね!

 

特に今年の注目は昨年のダービー馬レイデオロさんですよね。

ここの内容次第でドバイを目指すということで、最低でも連対を見据えた一戦になるのは間違いないところでしょう。

そこに絡んでくるのはどの馬になるか!?予想していきたいと思います。

 

あとは的中ラッシュとなった先週の結果について報告していきます。

自慢も入りますが、最後までよろしくお付き合いお願いしますww

それでは、京都記念2018無料予想と1週前追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

 

先週土日の的中ラッシュ報告(*´▽`*)

 

いやー、自分で言うのもなかなか格好悪いですが誰も言ってくれないので自分で言いますww

神がかり的、的中ラッシュが続いておるんですよ(ノシ >ω<)ノシ

2週前:東海ステークス⇒1週前:平場大穴馬券⇒週中:川崎記念⇒先週:土日全勝というスーパー的中ラッシュ!!

しかも先週土日は全て頭馬券とノリにノッております(^^)v

それでは、先週土日の結果を振り返っていきますね。

 

土曜

京都10R エルフィンステークス

◎ レッドサクヤ 2人気1着

単勝370円 複勝150円

 

<勝負レース> 東京11R 節分ステークス

◎ ロジクライ 2人気1着

単勝500円 複勝200円

イレギュラーで勝負レースの変更をしました。

ちなみに最初に平場勝負レース指定した東京7Rミスターメロディも1人気1着と好走しました。

単勝130円でしたがww

 

日曜

<勝負レース> 京都6R ダート1200m

◎ ロマンチスト 6人気1着

単勝1,210円 複勝300円

 

京都11R きさらぎ賞

1着 サトノフェイバー  ◯
2着 グローリーヴェイズ ☆
3着 ラセット      △
ーーーー
5着 カツジ       ◎

◎カツジは圏外だったのですが、馬券は◎と◯の単勝を推奨していたので◯サトノフェイバーの単勝をゲットでした。

ここは買い方に救われた感じですね。

単勝690円 馬連1,440 馬単3,110 3連複3,750

 

そして、まぁこれはブログに最終予想をアップしていなかったのであんまり威張れるとこではないのですが、東京新聞杯も週中の本命で『頭に妙味』としていたリスグラシューが勝ち切ってくれました。

個人的には◎リスグラシュー⇒▲サトノアレス⇒◯ダイワキャグニーと大本線的中となりました。

これは的中馬券をTwitterにUPしています。

 

...という的中ラッシュの土日となりました。

そして先週は勝負レースの馬が頭にきてくれたこともあり、今年に入ってからの勝負レースの単勝回収率・複勝回収率ともに100%を超えてきました。

 

今年に入っての勝負レース成績

単勝回収率 209%(的中率33.3%)

複勝回収率 137%(的中率50%)

今のところほぼ完璧と言っていいんではないでしょうか。

まぁ欲を言えば、複勝的中率はもう少し上げたいなと思いますね。70%くらいを目標に。

今のところ良い結果が続いているので、このままの調子を維持できるよう、予想と向き合っていきたいと思います(≧ω≦)

それで、本題の京都記念の1週前追い切り・調教分析に入っていきますね。

 

【京都記念2018】無料予想と1週前追い切り・調教分析

 

冒頭で述べた通り、ハイレベル好メンバーが揃いましたね。

個人的には、このレース3連覇を目指してサトノクラウンに出てきてもらいたかったです。

もし出走してくれていれば、メンバーレベル的にも重馬場適正での連覇という認識からも、人気落ち必至でしたでしょうから。

個人的にはたとえ良馬場でも全力買いでしたね。

今後のために軽く理由を触れておきますと、重馬場適正はもちろんあるんですが、それ以外にこの馬は非根幹距離でこそだと思っています。

根幹距離の秋天を好走しましたがあれこそ重馬場適正だけで走ったようなもので、京都記念の連覇と宝塚記念の勝利から非根幹距離適性が抜群の馬であると読んでいます。

...とまぁ出走しない馬のことをダラダラ書いても仕方ないので、出走馬の追い切り分析を行っていきますww

 

レイデオロ

ルメール 美南W 良 67.5 52.3 38.7 12.9【9】馬なり

休み明けの叩き台の一戦ということを考えれば上々の追い切りを消化できたとみます。

騎乗停止にも関わらず、追い切りにはルメールが跨るという熱の入りようにも好感がもてますね。

ルメールさんが暇だから?...というパターンはないよねww

普通に考えれば負けられない一戦にはなるでしょう。

死角があるとすれば急な乗り替わりだけか!?

 

モズカッチャン

助手 栗坂 良 54.1 39.6 25.7 12.3 一杯

追い切りが動く馬ではないので、まぁこんなもんかなという印象。

追い切りだけを見ていると買える要素はないように感じるですけどね。

これでもサクッと走ってきた経緯があるので、追い切りからはいつも通りという評価になるかな。

 

アルアイン

川田 栗CW 良 80.0 65.2 51.1 37.0 11.5【8】一杯追い

6Fベスト時計更新してきました。

1週前としては素晴らしい内容を消化できたんではないでしょうか。

というか6Fベストから終い11.5秒は超絶時計と言って良いかもしれません。

話は変わりますが、松山さんはもう乗らないんでしょうか?

特段、騎乗ミスをしたわけではないのに...あんまり好感が持てない乗り替わりですよね( ノД`)

 

ディアドラ

福永 栗CW 良 81.5 65.2 51.0 37.7 11.6【7】一杯追い

これも素晴らしい追い切り内容ですね。

時計面だけを見れば絶好の出来にあるとみていいでしょう。

ただCW追い仕上げは久方ぶりになるので、追い切り過程を変えてきた理由は考える必要がありそうですね。

 

クロコスミア

助手 栗坂 52.9 39.1 25.9 13.2 一杯

1週前追い切りとしては可もなく不可もなくといった印象です。

昨年の秋2戦は恵まれた部分があるとは言え、本格化を印象付けた内容。

ここは相手も強いですが、ここで好走するようならGⅠ獲りに向けて視界良好になりますね。

 

クリンチャー

藤岡佑 栗CW 84.7 68.7 53.8 39.1 12.0【9】強め

ベストには遠いですが、そこまで悪くない。

最終追い切りの1本でどう変わってくるか。

それ次第ですね。

 

ミッキーロケット

和田竜 栗坂 51.4 37.3 24.5 12.5 一杯

1週前追い切りは上々の内容。

使い詰めになっているのは気になる材料ですが、追い切りの時計としては詰めてきてるので状態は維持、もしくは上がっているかな、という印象。

きさらぎ賞でダノンマジェスティで乗りへぐった松若さんが騎乗という事で、ここでも無駄に力が入りすぎなければ。

 

京都記念2018 まとめ

やはりメンバーを見渡すと荒れる要素は少ないように感じますね。

いかに点数を絞ってビシッと当てれるか、というのが焦点になりそうです。

ただ、過去のレース傾向上は1人気がきっちり勝ち切るというレースではないので、そこに妙味が生まれるか。

ダービーはハテナとしてもJCの内容からレイデオロは確かに強い。

しかし、1着確実か!?と言われると個人的には2着も十分考えられる。

現時点ではレイデオロの2・3着という馬券に妙味を感じますね。

 

現時点での本命候補(頭候補)をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(アルアイン)

今週もやる(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

⇓⇓⇓ Twitterもよろしくです ⇓⇓⇓