【京都金杯2018】無料予想と最終追い切り・調教分析/最終印付き予想

Pocket

今回は京都金杯2018の無料予想と最終追い切り・調教分析/最終印付き予想を中心とした記事を書いていきます。

早いもので、明日からJRA競馬が始まりますね。

年明け毎年恒例の両金杯のうち、京都金杯の予想をしていきたいと思います。

年明け最初の重賞ですし、何とか的中してください(っ•ω•)っ って感じですねww

 

今回の京都金杯は13頭立てと少し寂しいレースになります。

いつも頭数は揃うレースなんですが、今回は久しぶりに頭数が揃わなかったですね。

それでもなかなかクセのあるメンバーが揃いましたし、メンツ的には一波乱あってもというメンバー構成ですから馬券的にはおもしろそうなレースになりそうです。

それでは、京都金杯2018の無料予想と最終追い切り・調教分析/最終印付き予想を行っていきましょう。

 

 

中山金杯は下記リンクへ

『中山金杯2018無料予想と印付き最終予想/平場勝負レース』はこちら

 

【京都金杯2018】無料予想と最終追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を見ていきましょう。

京都金杯2018 枠順

 1- 1 マサハヤドリーム  54.0 岩崎翼
 2- 2 ラビットラン    54.0 藤岡康太
 3- 3 マイネルアウラート 57.0 丹内祐次
 4- 4 アメリカズカップ  56.0 松山弘平
 4- 5 カラクレナイ    54.0 池添謙一
 5- 6 ダノンメジャー   56.5 北村友一
 5- 7 レッドアンシェル  56.0 幸英明
 6- 8 ストーミーシー   54.0 大野拓弥
 6- 9 ブラックムーン   57.0 武豊
 7-10 スズカデヴィアス  56.5 藤岡佑介
 7-11 キョウヘイ     55.0 高倉稜
 8-12 ウインガニオン   57.5 津村明秀
 8-13 クルーガー     57.5 浜中俊

有力馬の中では1人気想定のレッドアンシェルが一番良い枠を引けたでしょう。

他の有力馬は内外はっきりと分かれました。

果たしてこれがどう結果に影響してくるか。

いつも通りの傾向でいくなら、年明け京都の馬場は内有利になるんですけどね。

それでは、最終追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

ラビットラン

藤岡康 栗CW 86.6 69.0 53.7 38.8 12.1【7】馬なり

追い切り内容は上々。

連戦の疲れはこの追い切りからは見受けられませんね。

良い状態で出走できそうです。

 

マイネルアウラート

助手 美南W 良 71.6 55.9 40.4 13.2【4】馬なり

最終追い切りは軽め。

1週前追い切りが抜群で、乗り込まれてからの最終追い軽めは現代の王道調教。

状態は完璧でしょう。

 

アメリカズカップ

松若 栗坂 良 52.2 38.1 25.3 12.9 末強め

状態は良さそう。

動きも悪くないですね。

京都1800mで2勝しているので、この京都1600mはこなせてもおかしくはないですが...

なんとなく個人的にここじゃない感が...ww

 

カラクレナイ

池添 栗CW 82.1 65.5 50.7 37.5 12.6【5】直強め

頭が高い走りは気になりますが、時計的には素晴らしい。

逆にこの走りでこの時計が出せるのは、レベル高い証拠とも言えそうです。

あとは追い込みがどこまで届くか。

 

レッドアンシェル

助手 栗CW 良 87.4 70.5 54.8 39.4 11.4【5】馬なり

ラスト11.4秒は文句なしに素晴らしいですね。

追い切り自体は軽めに終始しましたが、平行線で状態良好でしょう。

 

ブラックムーン

国分優 栗CW 良 83.2 66.6 51.8 38.3 11.9【6】叩き一杯

近走、好走はないですが追い切りではずっと良い動き・時計を出しています。

馬キャラ的に、展開次第な部分があるので馬柱は汚れていますが、いつ好走してもおかしくない。

良い状態はキープ出来ているでしょう。

 

キョウヘイ

高倉 栗坂 良 53.2 38.8 25.2 12.7 強め

まぁ、可もなく不可もなくといった感じ。

追い切りからは、推し!とも消し!ともいかないかなという印象です。

 

ウインガニオン

助手 栗坂 良 52.1 37.8 24.8 12.4 一杯

追い切りは1週前・最終と素晴らしい時計を出してきました。

夏馬というのはみんなが知るところ。

ただ本格化した感もある今年の夏から、初めての冬を迎えてどうか。

季節に関係なく好走できるようになってくると、次のステージが見えてきますしね。

ここは力の入る一戦ではないでしょうか。

 

クルーガー

浜中 栗坂 良 53.3 38.9 24.9 11.7 一杯

前走と変わらず順調でしょう。

この枠からだと大外ぶん回しになるでしょうからそこがどうなるか。

いつもの傾向通りの馬場なら一番厳しい枠に入ったと言わざるを得ないでしょう。

 

【京都金杯2018】無料予想と最終印付き予想

 

 人気ブログランキングへ

本命馬はランキングに載せておきます。

金杯で祝杯をあげるために攻めるならここからかなと!

週初めから初志貫徹です(; ・`д・´)

一つ気がかりというか、想定と違うのは騎手が柴田大知でないこと。

これをどうとるか...

ラフィアン2番手騎手の丹内なのでそこは目をつぶることとします。

〇 レッドアンシェル

▲ ウインガニオン

☆ ラビットラン

△ ダノンメジャー

△ クルーガー

△ キョウヘイ

△ カラクレナイ

 

中山金杯は下記リンクへ

『中山金杯2018無料予想と印付き最終予想/平場勝負レース』はこちら

 

⇓⇓⇓ Twitterのフォローの方もよろしくお願いします ⇓⇓⇓

スポンサードリンク