【大阪城ステークス2018】無料予想と最終追い切り・調教分析/過去傾向・データ

Pocket

今回は大阪城ステークス2018の無料予想と最終追い切り・調教分析/過去傾向・データを中心とした記事を書いていきます。

阪神外回り芝1800mで行われるハンデ戦のオープン特別です。

弥生賞同日の阪神メインになりますね。

オープン特別ですが、下手な重賞よりも好メンバーが揃ったんではないでしょうか。

 

阪神外回り芝1800mは基本的に強い馬がきちんと好走するというイメージ。

スローの上がり勝負になることが多く、末脚を活かすタイプがしっかりと差し込んでくるコース設定でもあります。

今年は好メンバーが揃ったという事で、ここを足掛かりに重賞制覇するような馬も出てくるかもしれませんね。

しっかりと分析して好走馬をピックアップしていきましょう。

それでは、大阪城ステークス2018の無料予想と最終追い切り・調教分析/過去傾向・データに入っていきます。

 

 

【大阪城ステークス2018】無料予想と過去傾向・データ

 

まずは過去傾向とデータから見ていきましょう。

過去5年分のデータとなっています。

 

枠順傾向

 1枠 【1-0-0-8】
 2枠 【1-0-1-7】
 3枠 【0-0-0-9】
 4枠 【0-1-0-8】
 5枠 【1-1-0ー8】
 6枠 【1-1-0-8】
 7枠 【2-1-2-5】
 8枠 【0-2-0-8】

傾向からははっきりとした外枠有利が見られますね。

冒頭で述べた通り末脚比べになりやすいコース設定。

内枠で揉まれたり、包まれて直線詰まる可能性があることを考えれば、外枠からしっかりと脚を使える馬を狙った方が良さそうですね。

 

人気傾向

1人気 【2-1-0-2】
2人気 【0-2-0-3】
3人気 【1-0-0-4】
4人気 【0-1-1-3】
5人気 【0-0-1-4】
6~9人気  【2-0-2-16】
10人気以下 【0-1-1-29】

まんべんなく好走馬がいる感じですね。

極端な人気薄も度々好走がある、という傾向がでていますね。

 

斤量傾向

51.0kg~53.0kg 【0-1-0-25】
54.0kg     【2-1-2-12】
55.0kg     【2-0-1-10】
56.0kg     【1-3-1-12】
56.5kg~57.0kg 【0-0-1- 2】

好走スポットは54.0kg~56.0kg。

ここは重視して考えたいところですね。

 

前走との斤量差

+0.5kg~1.0kg 【1-1-1- 4】
0(増減なし) 【2-3-3-27】
-0.5kg~1.0kg 【1-0-0-13】
-1.5kg~2.0kg 【1-1-1- 5】

-0.5kg~1.0kgの成績だけ悪いのは少し気になる材料ですね。

参考程度には覚えておいてもよさそうかな。

 

脚質傾向

逃げ馬 【0-0-0- 5】
先行馬 【1-0-1-21】
差し馬 【2-4-1-17】
追込馬 【2-1-3-18】

現代競馬でここまで差し・追い込みが利くレース・コースも珍しいですよね。

逃げ馬は壊滅という結果になっています。

決め手のある馬をピックアップしていきたいですね。

 

【大阪城ステークス2018】無料予想と最終追い切り・調教分析

 

まずは予想オッズを確認しておきましょう。

大阪城ステークス2018 予想オッズ

1 ハクサンルドルフ  3.3
2 トリコロールブルー 3.3
3 アストラエンブレム 3.7
4 プラチナムバレット 4.4
5 グァンチャーレ   11.8
6 アメリカズカップ  14.2

上位4頭が抜けた人気に押されそうな様相です。

それでは早速、有力馬の最終追い切り・調教分析を見ていきましょう。

 

ハクサンルドルフ 55.0kg

助手 栗坂 良 52.9 38.2 25.2 12.7 一杯

最終追い切りとしては上々の内容でしょう。

一叩きした効果は見込めそうです。

前走の東京新聞杯では穴で狙ったのですが、最後方から差し込んでくるだけの競馬になりました。

ラスト3ハロンは33.4秒と、究極の切れ味を出しましたが届かず。

物理的に届かない位置からですからね...戸崎さんww

今回はバルジューさんに乗り替わりということでどの位置取りになるか。

この馬自身は阪神芝【3-2-1-1】と舞台設定は申し分なし。

普通に有力でしょうね。

 

トリコロールブルー 55.0kg

岩田 栗CW 良 83.6 67.9 53.1 38.8 12.3【6】末強め

んーどうでしょう。

良いときと比べるとまだまだかなという印象は受けます。

岩田さんに乗り替わりですが、これはプラスではないでしょうね。

今までの好走歴は豊さん・ルメールさん・福永いっくんと当たりの柔らかい騎手でしたし、そういうジョッキーが合っていそうな印象です。

成長力あるステイゴールド産駒の4歳馬ということで、消しというわけにはいかないでしょうが現時点では軽視したいなーというところ。

 

アストラエンブレム 57.0kg

調教師 美南W 良 68.0 53.1 39.3 13.3【8】馬なり

いつのまにセン馬に!?というのが出馬表見たときの印象です。

そんなに気性の荒い印象は無かったですが...

去勢後初出走ということで、追い切りからはまだまだ仕上がり途上感満載の内容となっています。

去勢後好走するにはだいたい半年から1年かかると言われていますし、ここは厳しいのでは?

最近で言えば、元々能力の高かったノンコノユメやフェイムゲームでさえ好走するには時間を要しましたし。

人気になるなら軽視して妙味ありでしょう。

 

プラチナムバナレット 57.0kg

調教師 栗坂 良 51.0 37.2 25.2 13.2 馬なり

最終追い切りとしては上々の内容です。

時計としてはベストを更新してきました。

追い切り過程としても状態が良さそうな印象は受けますね。

京都新聞杯の勝ち馬という事で一定能力は有していそうです。

ただね...前走があの弱メン相手に情けない内容。

イマイチ成長を感じなかった一戦になりました。

そういう意味ではここは改めて重賞に挑戦する試金石になってきそうです。

馬キャラ的に外枠で評価を上げて、内枠なら評価を下げる形をとる予定です。

 

グァンチャーレ 55.0kg

助手 栗坂 良 53.0 38.4 24.5 12.0 馬なり

前走は追い切りが超絶良かったので自信の本命として好走。

それに比べればデキ落ち感満載の内容ですね。

まぁ前走が良すぎたとも取れますが...

舞台設定的にも京都>阪神でしょうし、マイナス要素が多いような感じです。

イマイチ勝ち切れないレースが続いていますが、ここでもさすがに頭まではないでしょう。

 

大阪城ステークス2018 まとめ

能力的には上位4頭が抜けている気もしますし、しっかりとした末脚を持った馬たちです。

適性的にも傾向とマッチした馬が上位を占める形になっていますね。

まず一番嫌いたいのは去勢明けという事で、アストラエンブレム。

重賞勝ち鞍はないものの実績的にはNo.1と言ってもいいような戦績ですが、さすがに去勢明けの一戦でいきなり好走するのは厳しいでしょう。

 

現時点での本命候補と穴候補をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(メドウラーク)

穴候補

1週前 北村友 栗CW 良 78.8 64.1 49.9 36.8 11.9【9】一杯

最終 助手 栗坂 良 53.5 38.7 25.1 12.5 一杯

ほぼ完璧と言って良い追い切りを消化できたんではないでしょうか。

なんといっても1週前の時計が素晴らしすぎる。

休み明けに良績はないですが、脚質的にもマッチしますしこの内容なら一発あっても。

 

⇓⇓⇓ Twitterもよろしくです ⇓⇓⇓

 

 

―【PR】――――――――――――――
最先端の情報分析!本物の投資競馬!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

得意分野を追求した予想のプロ集団!

究極の情報を無料公開!!

【弥生賞】

更に、只今ご登録頂くと、

土曜・日曜(各一鞍)厳選された
『3連単+3連複』情報を
毎週末・完全無料【¥0円】でご提供。

>>無料予想を受取る<<

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■近走的中実績の一部がこちら!

02/25・阪神11R    32万1600円的中
02/25・阪神07R    73万5300円的中
02/25・中山03R    89万3900円的中
02/12・東京12R    19万1900円的中
02/11・東京07R    398万7200円的中
01/28・東京09R    39万5000円的中
01/28・東京05R    15万2200円的中
01/28・東京03R    15万5700円的中

その他の的中実績はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週の勝負レースは【弥生賞】
その他勝負レースも無料配信!!

▼ハイブリッド 無料登録はこちら▼