【天皇賞秋2017】予想と出走馬分析全編と富士S・菊花賞結果報告

Pocket

今回は天皇賞秋2017を中心とした記事を書いていきます。

1番人気想定のキタサンブラックが今年限りで引退との発表がありましたね。

『無事是名馬』という言葉があるように、怪我無くドゥラメンテに代わるエースとしてここ2年の競馬を盛り上げてくれました

天皇賞秋⇒ジャパンカップ⇒有馬記念と残り3走、無事に完走してもらいたいとともに最後の雄姿を目に焼き付けたいですね。

さて、話を戻しますが、天皇賞秋2017は好メンバーが揃いましたね。

ここ最近はジャパンカップより天皇賞秋の方が好メンバーが揃う印象です。

やっぱりマイラーとクラシックディスタンス馬がぶつかり合い、かつ2000mがベストの馬も出てくるということが要因なんでしょうかね。

最近はジャパンカップの叩き台に使う馬も出てきましたがww

まぁ、好メンバーが揃うことは競馬好きとしては喜ばしいことですし、予想にも力が入ります。

しっかりと分析し、今週こそは的中させたいです。

それでは天皇賞秋2017の出走馬分析を行っていきます。

 

...とその前に先週の結果報告をしておきます。

富士ステークス

1着 エアスピネル   (△)

2着 イスラボニータ  (△)

3着 クルーガー    (無)

・・・・

5着 ペルシアンナイト (◎)

 

菊花賞

1着 キセキ      (無)

2着 クリンチャー   (▲)

3着 ポポカテペトル  (無)

・・・・

10着 サトノクロニクル (◎)

15着 トリコロールブルー(◎)

 

クソ予想2連発です(ノд-。)

お役に立てず申し訳ありません。

そして危険馬(消し馬)が府中牝馬S⇒秋華賞⇒富士S⇒菊花賞と4連発馬券内と完全に逆神フィーバー中です( ̄Д ̄;;

ちなみに本命馬も同様...いや、京都大賞典からですので5連発外し中でこれまた逆神フィーバー中です(ノд-。)

本命馬が馬券外、危険馬が馬券内とお話にならない予想が続いており、ここまでひどいのは個人的にもなかなかないのですが、本当に嚙み合っていないですね。

なんとか今週は的中に近付けるよう、しっかりと予想していきます!

 

【天皇賞秋2017】予想と出走馬分析

 

まずは人気上位想定の予想オッズからみていきましょう。

天皇賞秋 予想オッズ

1 キタサンブラック   2.9

2 リアルスティール   5.9

3 サトノアラジン    6.8

4 グレーターロンドン  7.9

5 サトノクラウン    8.4

6 ソウルスターリング  9.0

これが10倍以下のオッズになりそうな有力馬たちですね。

それでは順に分析を行っていきましょう。

 

キタサンブラック

冒頭でも述べた通り、年内引退ということですし、狙いは有馬記念でしょう。

願望としては、この天皇賞秋とジャパンカップをこけてもらって、引退レースの有馬記念で4番人気くらいで勝つときにぶっこみたい...みたいなことを考えておりますww

実際、去年はこのレースを回避しているわけですし、陣営もここが適鞍だとは思ってないでしょう。

1週前の追い切りは上々の内容で、休み明けだからという状態面の心配は無さそうですが、春天のレコードレースのダメージが回復しているのかはやってみないと分からないところではありますね。

ただ、ここで頭は無いと思うんですがね...と私が言うと頭でくるかもしれないですねww

 

リアルスティール

買い時は間違いなく前走でしょう。

ワンターンの1800mがこの馬にとってベストですし、デムーロ騎手とも手が合っていそうでしたし。

フランスの若手有望株のシュミノー騎手ですが、この乗り替わりは決してプラスではないでしょう。

1週前追い切りも前走は超絶時計でしたが、今回は超緩めですからね。

今のところ重視は出来ないですかね。

 

サトノアラジン

個人的に本当、買い時が難しい馬です。

結局、スロー専門の嵌まり待ち馬なんでしょうから、人気無いときは重視で、人気のときは軽視という評価が一番なんでしょうか。

前走の好走でここまで人気するなら消しはしないですが、重視もしないといった位置づけですかね。

 

グレーターロンドン

なんとか出走出来そうで良かったですね。

順調に使えない中で、G1⇒G2で想定以上の結果を残してきました。

賞金加算は出来ませんでしたが、十分強い内容だったと個人的には感じています。

久しぶりに叩き2走目を使えるという事でその時点でプラスでしょう。

G1なのでどの馬もメイチ度は高いのでしょうが、ここで連対しないと大本命のマイルCSに出走出来ない可能性が高いので、他の馬よりもメイチ感は高いでしょう。

現時点では、是非狙いたい一頭です。

 

サトノクラウン

この馬がここまで人気落ちするという事は、皆さんこの馬の買い時を分かっているということでしょう。

宝塚記念は強い内容でしたが...東京の軽い馬場はこの馬には合わないでしょう。

雨でも降って重馬場になれば、また変わりますが。

デムーロ騎手がただただ怖いですが、現時点ではここは軽視する予定です。

 

ソウルスターリング

前走は意外に不甲斐なかったですね。

ただ、前哨戦の一戦ということ、初の古馬との対戦、その中でも牡馬相手だった、というのを鑑みれば案外目をつぶれる一戦だったのかなとも感じます。

一つ言えるのはここで連対を果たすようだとここまでの人気落ちで買えるタイミングは2度とないことを考えれば、ここは十分買いの一手に走れるかなと思います。

しかも、この馬にとってはこの条件がベストでしょう。

オークスが完勝だったといえど、個人的には2400mは若干長い気がしていますので買うならここだと思います。

 

天皇賞秋2017 まとめ

 

有力馬のみ見ていきましたが、買いたい馬が多くて目移りしてしまいますね。

その中でも、現時点で最も買いたい馬をランキングにて発表しておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

やっぱりこの秋G1を席巻している騎手重視で買います!

やっぱり騎手大事とこの2週で痛感しましたので(;´Д`A