【天皇賞秋2017】予想と出走馬分析後編

Pocket

今回は天皇賞秋2017を中心とした記事を書いていきます。

今週の競馬は今のところ、晴天の中で行われそうで一安心です。

先週の菊花賞のような馬場は、馬側から見ても怪我のリスクも高まりそうですし、予想する側からみても不確定要素が多くなって予想が難しくなりますからね。

今回は前回の続きという事で、天皇賞秋の出走馬分析を行っていきます。

 

その前に小話を...

個人的にここ2年程、週5~6でトレーニングを欠かさず行っており、体脂肪率は9%くらいをキープしています(ちょっと自慢ですww)

ダイエットをしたい人や、筋肉をつけたい!という人で続かない人って、いきなり目標を高く設定してしまいがちだと思うんですよ。

最初は5分程度からでもいいのでやっぱり続ける事が大事なんですよね。

人って66日続けると何事も習慣化してやめれなくなるらしいんですよ。

だからだいたい2ヶ月くらい、ほんとに少ない回数でいいので毎日続けてみるのが、目標達成する一番の近道なんですよね。

私自身ブログを始めて、ここまでハズレが続いて恥ずかしいですしめげそうですが、続ける事が大事だと思ってやっていきます!

ダイエットや筋トレは、初めは『腕立て・腹筋・スクワットを10回』でいいので毎日続ける事が大事ですよ!

という、今日は自己啓発をはさんでみましたww

 

それでは本題に戻って、下位人気なりそうな馬たちの出走馬分析を行っていきます。

 

【天皇賞秋2017】予想と出走馬分析後編

 

天皇賞秋2017 予想オッズ

7  ステファノス    10.6

8  マカヒキ      17.5

9  ヤマカツエース   19.0

10 ネオリアリズム   22.3

11 シャケトラ     23.9

12 サクラアンプルール 61.3

これが前回続きで、10倍超えそうな馬たちの人気順となっております。

それでは1頭づつ見ていきましょう。

 

ステファノス

藤原英厩舎は、本番の仕上げがぴか一で有名ですよね。

ここ2年、本レースで好走しているように、この馬にとって条件もほぼベストでしょう。

ただ、昨年・一昨年は毎日王冠経由が今年はオールカマー経由とローテーションが変わったことが気がかりではあります。

そこにどんな意図があるのか...

前走の最終追い切りは芝で行って好走しましたが、今回1週前追い切りはいつも通りCWで行っており、状態面も叩いて上がってるのか...

判断が難しいことが並んでいるので取捨てに悩む一頭です。

まぁ、今のところ消す必要もないかなという印象ではあります。

 

マカヒキ

毎日王冠時の分析で書いた通り、出走する分かりませんが、マイルCSに出てくれば狙うというスタンスです。

ここまで人気落ちするなら狙いたくなりますが、ここではないかなと思っています。

1週前追い切りは意味不明なポリトラック調教ですし、今のところ狙う要素はないですね。

 

ヤマカツエース

2000m重賞を4勝してますし、2000mはベストの距離でしょう。

昨年同舞台でシンガリ負け、東京は3戦して3戦とも大敗というのは若干気になりますが、穴目では一番能力と距離適性にマッチしていそうです。

1週前追い切りも動き・時計とも上々で状態はここに向けて仕上がっていそうです。

最終追い切り次第で重視を考えたい一頭です。

 

ネオリアリズム

1週前追い切りは抜群ですね。

重馬場にも関わらずウッドでほぼベスト時計を計時しております。

ただ、かなり乗り難しい馬のようですのでこの乗り替わりはマイナスでしょう。

逆にシュタルケさんと噛み合えばここで突き抜ける能力はあるでしょう。

それで10番人気ならおいしい!?気がしなくもないです。

 

シャケトラ

ここまでまだ8戦しかしていないのと、大負けしたのが3200mの天皇賞春のみで、それを度外視するとまだ底を見せていない魅力はありますよね。

ここで走ると今後この人気で買えることはないでしょうから押さえておくべきではあるでしょうが...

個人的には、秋古馬三冠の中では一番有馬記念が合いそうな気がするんですがね...

そこまで待つかどうか...悩みますね。

 

サクラアンプルール

札幌記念1着から直行で勝利と言えばトーセンジョーダンですか。

この馬自体、小回りコースの適正が高そうですのでさすがにここでは厳しいでしょう。

有馬記念は距離が長そうですし...

狙いは来年の大阪杯or宝塚記念ですかね。

個人的には大阪杯でメイチに作ってくれたら、しこたま買いたいです。

 

天皇賞秋2017 まとめ

 

やっぱり改めてみても素晴らしいメンバーが揃いましたね。

下位人気にも能力ある馬がそろっており目移りしてしまいす。

その中でも穴目で一番買いたい馬はランキングに載せておきます。

 

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

デムーロさんがこっち乗ってくれれば本命にしていたかもしれません。

というかデムーロさん・ルメールさんはこの秋G1押さえておくのがベストでしょう。

それ抜きでもやっぱり能力評価で、この人気は不当だと思うのでここは買いだと思います。