【東京新聞杯2018】無料予想と1週前追い切り・調教分析/先週の結果的中報告

Pocket

今回は東京新聞杯2018の無料予想と1週前追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

GⅢ東京1600mで行われる本レース。

例年は1月という季節も相まって弱メンが揃い、荒れる傾向の強いレースです。

が、しかし今年は『超』を付けても良いくらいの好メンバーが揃いました!

GⅢレースですが、GⅠ3頭を含む半分以上が重賞馬というメンバー構成。

それを相手に1・2人気に押されそうな一介のオープン馬グレーターロンドン・ダイワキャグニーというのが今回の東京新聞杯。

このレースの勝ち方次第では春のマイル王決定戦の主役になるんではないかというメンツで、非常に楽しみなレースですね(>ω<)

それでは、回収率36120%を叩き出した先週の結果を振り返った後、東京新聞杯2018の無料予想と1週前追い切り・調教分析に入っていきます。

 

 

先週の結果 2週連続的中(・ω・)ノ

 

土曜は良いところ無しだったんですが、日曜は超穴馬券が炸裂しました。

まずは、その結果を振り返っていきます。

自慢したくてウズウズですww

 

土曜 中京11R 中京スポーツ杯

1着 エンゲルヘン    〇
2着 ワールドフォーラブ △
3着 タケショウベスト  ▲
ーーーー
6着 アドマイヤスカイ  ◎(9人気)

ここは割と自信あったんですがね...

本命馬は直線手応えの割りに伸びきれなかったですね。

そして荒れるという予想も3人気ー2人気ー1人気決着ではどうしようもないですねww

土曜は勝負レースなし。

穴推奨馬も3頭推奨しましたが、全て馬券外でした(;´д`)

 

日曜 東京11R 根岸ステークス

1着 ノンコノユメ     無
2着 サンライズノヴァ   〇
3着 カフジテイク     ☆
ーーーー
12着 アキトクレッセント ◎

前残り想定で予想していたので、ここは真逆の結果になってしまいました。

超ハイペースの日本レコードタイ決着では前にいた馬にはノーチャンスでしたね。

個人的にはなかなかの大勝負していたので、なかなか悔しい結果となりました。

 

そしてそしてここからが日曜の見せ場だったレース。

まずは勝負レースから。

京都7R ダート1200m

◎ イサチルホープ 1人気1着

単勝280円 複勝150円

20分前までは4倍付いていたんですがね。

締め切り直前に一気にオッズが下がりました(;´・ω・)

それでも1着に来てくれたので良しとしましょう。

 

続いて穴推奨のコーナーから。

中京8R ダート1400m

穴1 ナムラカブト    12人気2着

穴2 ワンダープレジール 15人気3着

複勝960円/1,550円 ワイド11,000円 3連複442,680円

いやー嵌まりましたね。

1着にも14人気が入り超大荒れでした。

総流ししていれば相当儲かりましたねww

個人的には考えるの放棄で、3連複2頭軸で総流しのみ購入していました。

久しぶりにラスト200m痺れました(><)

正直、さすがに当たんないだろーなーって思ってたのでww

14点購入で回収率31620%という数年に1回あるかないかという回収率を叩き出しましたww

よくよく考えればどちらかが4着だったら払い戻しゼロだったことを振り返ると、馬連・ワイドも買っておかなければいけなかったかなというのが反省ですかね。

今後、気を付けたいところですね。

 

たまには考えるの放棄の総流しも面白いなと感じた日曜でした。

この調子で2月も的中ラッシュといきたいですね(๑˃̵ᴗ˂̵)و

...と調子に乗るとまたハズレ連続モードに入りそうなので、こういう時こそ気を引き締めて予想していきたいと思います!!

 

それでは、本題の東京新聞杯2018の追い切り・調教分析に入っていきます。

 

【東京新聞杯2018】無料予想と1週前追い切り・調教分析

 

まずは予想オッズを見ていきましょう。

東京新聞杯2018 予想オッズ

1 グレーターロンドン 2.9
2 ダイワキャグニー  4.1
3 リスグラシュー   5.8
4 ダノンプラチナ   5.9
5 クルーガー     6.9
6 アドマイヤリード  9.7

ここまでが10倍以下に押されそうな馬たちです。

やはり、この上位人気の馬たちを見ても好メンバーが揃った印象ですね。

冒頭でも述べた通り、ここの勝ち方次第では安田記念に向けての展望が大きく広がりそう。

馬券的中もさることながら、今後に向けても相当に楽しみなレースになりますね!

あと気になるのは、乗り替わり。

グレーターロンドン:田辺⇒川田/ダノンプラチナ:蛯名⇒田辺

この乗り替わりにはどんな意図があるのか...

まぁその辺は妄想になってくるのであんまり深く考えないでおきましょうww

それでは、1週前追い切り・調教分析に入っていきますね。

 

グレーターロンドン

助手 美南W 良 81.7 66.7 51.7 37.5 12.6【4】直強め

1週前は、好時計の好内容の追い切りを消化。

使い続けて4戦目になりますが、出来落ちは無さそうです。

むしろこの内容なら状態は上がっていると見てもいいかも。

 

GⅢくらいなら勝てる能力はあるんでしょうが...

ここ最近の頭打ち感には少し違和感を覚えますね。

前走にしても、弱メン相手に見せ場なく敗戦。

あんまり流れも良くないですし、1人気ですし、追い切りが良いだけでは積極的には買いたいとは思えない印象ですね。

 

ダイワキャグニー

助手 美南W 良 53.4 38.6 12.3【7】一杯

1週前追い切りは可もなく不可もなくといった感じ。

1週前追い切りからはそこまで強く推せないかなという感じです。

 

戦績からは左回り・東京巧者ですし前走の内容はそこまで気にする必要はなし。

現状では東京マイルはベスト舞台でしょうし、今のところ買うなら頭固定かなという印象です。

 

リスグラシュー

中谷 栗坂 稍 52.2 37.8 25.3 12.9 馬なり

1週前追い切りとしては、この馬としてはいつも通りかなという印象です。

一見するとなかなかの好時計ですが、ベストでは50秒台を叩ける馬ですからね。

逆にあまり終いの脚が良くなかったなという印象。

最終追い切りに注目ですね。

 

追い込み脚質の割りには最後必ずと言って良いほど馬券内には差し込んでくる馬。

ただ頭まで突き抜けるにはワンパンチ足りない馬。

ここでも買うなら、頭で買うよりも2・3着で買うのがベターな印象です。

ただ状態面に不安もありますし、それでいてこのメンツ相手に3人気になるなら積極的には買いたくないなーという印象です。

 

ダノンプラチナ

助手 美南W 良 73.1 57.5 42.2 12.9【8】馬なり

間隔が詰まっているので軽めの内容。

追い切りからは判断しかねますね。

この馬にとっては順調にレースに使えること自体がプラス材料か。

 

前走は2年3ヶ月ぶり復活の勝利。

それでいてここまで全レース騎乗の蛯名さんからの乗り替わりはなんなんでしょうか?

なかなか意図が読みづらいですが、どうでしょう。

田辺先生が騎乗することによって新味を引き出せれば今後面白いかもしれませんが、過去の2歳王者もすでに6歳ですからね。

ここから重賞を勝つくらいまでの完全復活となるか...半信半疑な面が大きいような気がします。

 

クルーガー

助手 栗坂 稍 51.3 38.0 24.8 12.1 一杯

1週前追い切りとしては、上々の内容。

上位人気の中では1番良いと言って良いでしょう。

この馬も順調に使えていることがプラス材料ですね。

 

叩き4戦目。

前走を見る限り完全復調と見て良さそうですし、ここでも。

重賞を制してから約2年経ちましたが、ここにきて立て直しを図れているので楽しみの方が大きい一頭です。

 

アドマイヤリード

助手 ルメール 栗坂 稍 51.2 38.2 25.7 13.3 一杯

1週前追い切りとしては、悪くない内容。

最終追いでもう1本好時計かつ終いのキレを出してほしいところです。

 

この馬にとってはルメールさんの騎乗停止はかなりの痛手。

GⅠ勝ちはルメールさんのおかげといっても良い内容でしたからね。

叩き良化型で休み明けはあまり良くない成績ですので、ここはどうか。

GⅠ馬にも関わらず54kgで出れるのは、完全に有利でしょう。

東京マイルもベストでしょうし、評価の悩ましい一頭です。

 

東京新聞杯2018 まとめ

上位人気に押されそうな馬たちの1週前追い切りを見ていきました。

実際、追い切りから推せる馬は今のところ少ないように感じます。

最終追い切り次第なところが大きいですね。

下位人気馬にも面白そうな馬も多いですし、馬券的には大荒れは無くても紐荒れくらいはあっても、という印象です。

 

現時点での1週前追い切りからの穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ハクサンルドルフ)

助手 栗坂 稍 51.7 37.5 25.2 13.1 一杯

休み明けになりますが、しっかりとのりこまれていますし出来は良さそう。

2週前追い切りは栗東CWで好時計、1週前は栗東坂路で好時計と追い切りは絶好の内容が続いています。

この内容なら一発あっても(๑˃̵ᴗ˂̵)و

そもそも能力的にもGⅢくらいなら通用して良い。

あとは相手関係がどうかですね。

 

⇓⇓⇓ Twitterもよろしくです ⇓⇓⇓