【武蔵野ステークス2017】予想と最終見解/【デイリー杯2歳ステークス2017】予想

Pocket

今回は武蔵野ステークス2017を中心とした記事を書いていきます。

そして最後にデイリー杯2歳ステークスについても軽く予想します。

さて、武蔵野ステークスは東京マイルということで、割と差しも届く舞台設定ですが、メンバーを見ると人気馬に差し追い込み馬が多いですね。

ということは前目につけられる馬が穴候補になってきそうです。

チャンピオンズカップの前哨戦だからこそ、スローの前残り決着は十分あるんではないでしょうか。

個人的にもそろそろバシッとした的中がほしいところです(ノд-。)

それでは気合を入れて、武蔵野ステークス2017の予想と最終見解を行っていきます。

 

【武蔵野ステークス2017】予想と最終見解

 

まずは確定した枠順を見ていきましょう。

武蔵野ステークス2017 枠順

1-1  クインズサターン   (牡4、北村宏司・野中賢二)
1-2  ゴールデンバローズ  (牡5、R.ムーア・堀宣行)
2-3  ロワジャルダン    (牡6、大野拓弥・戸田博文)
2-4  チャーリーブレイヴ  (セ7、蛯名正義・尾関知人)
3-5  メイショウウタゲ   (牡6、柴田善臣・安達昭夫)
3-6  サンライズノヴァ   (牡3、戸崎圭太・音無秀孝)
4-7  アキトクレッセント  (牡5、荻野極・清水久詞)
4-8  ノンコノユメ     (セ5、C.デムーロ・加藤征弘)
5-9  サンライズソア    (牡3、吉田豊・河内洋)
5-10  ピオネロ       (牡6、V.シュミノー・松永幹夫)
6-11  ラストダンサー    (牡6、田辺裕信・久保田貴士)
6-12  ベストウォーリア   (牡7、C.ルメール・石坂正)
7-13  インカンテーション  (牡7、三浦皇成・羽月友彦)
7-14  モーニン       (牡5、横山典弘・石坂正)
8-15  ブラゾンドゥリス   (牡5、内田博幸・尾形和幸)
8-16  カフジテイク     (牡5、福永祐一・湯窪幸雄)

1人気想定のカフジテイクが大外枠となりました。

どちらにせよ最後方からの競馬になるんで枠順はあまり関係なさそうですが、やっぱりこの馬あって3着かなと。

突き抜けるイメージがどうやっても湧かないですww

前回記事で追い切り分析は行っているので、早速、予想に入っていきます。

 

 人気ブログランキングへ

本命馬はランキングに載せておきます。

兎にも角にも追い切りが素晴らしかったので、超絶好調であると判断します。

東京マイルがこの馬にとってベスト舞台でしょうし、枠順もこの馬にとって最高の枠順になりました。

展開的にも向きそうですし、ここはこの馬に追い風が吹いているように感じます。

枠が重要なのは世間的にバレているので、若干人気が被りそうですが、ここで走らないと今後もう走る舞台もないですし。

ピンかパーの馬でもあるので、連系も買いますが、頭から強気に攻めたいですね。

 

〇 インカンテーション

ここ3戦の走りは、復活したと見ていいでしょう。

年齢が年齢ですし、使い込めるわけではないでしょうから、一戦一戦が勝負なんではないでしょうか。

先行できるのも魅力ですし、この舞台はG1でも好走歴がありますからね。

人気の盲点になっているような気がします。

馬券的には相手筆頭ですが、この馬からの馬券も押さえておきたいです。

 

▲ ベストウォーリア

秋の目標はチャンピオンズカップではなくここなのでは?と思わせるような追い切り内容でした。

ルメールに乗り替わるのも勝負気配を感じますし、叩いて状態UPは間違いないでしょう。

頭までと言われると厳しいかもしれませんが、圏内までは十分あるでしょう。

展開に左右されない競馬が出来る馬ですし、なんだかんだいつも通り2・3着にひょっこり顔を出しそうです。

 

☆ ブラゾンドゥリス

最大の惑星はこの馬かなと。

揉まれるとダメな馬なので、枠は最高の枠を引き当てたといえるでしょう。

一つ外のカフジテイクは下げるでしょうから、被されることはないでしょう。

ここ2走負けているとはいえ、前走は内枠でこの馬にとって最悪条件で、2走前はG1でしたから。

このメンツでは格負けするわけでは無いでしょうし、ここまで人気無いのが不思議なくらいですね。

強いて言うなら内田騎手が最近乗れてないことくらいでしょうか。

 

△ カフジテイク

△ サンライズノヴァ

△ サンライズソア

△ アキトクレッセント

 

【デイリー杯2歳ステークス2017】予想

 

確定した枠順を見ていきましょう。

デイリー杯2歳ステークス2017 枠順

1-1  ロードイヒラニ   (牡2、A.シュタルケ・千田輝彦)
2-2  フロンティア    (牡2、岩田康誠・中内田充正)
3-3  ジャンダルム    (牡2、A.アッゼニ・池江泰寿)
4-4  メガリージョン   (牡2、M.デムーロ・野中賢二)
5-5  ケイアイノーテック (牡2、川田将雅・平田修)
6-6  ヒシコスマー    (牡2、浜中俊・清水久詞)
7-7  カクリョウ     (牡2、岩崎翼・加藤敬二)
8-8  カツジ       (牡2、松山弘平・池添兼雄)
8-9  ナムラアッパレ   (牡2、国分優作・目野哲也)

小頭数の一戦ですね。

個人的に2歳戦は得意ではないので好調教馬をピックアップして馬券を買いたいと思います。

 

◎ フロンティア

前走は、前残り馬場を先行して残した、という競馬であったので若干能力値疑問は残りますが、前受けしての上がり32.9ということで上々の内容だったのではないでしょうか。

先行して上がりが使えるのは現代競馬の王道ですし、揉まれたときの不安はありますが、今回は小頭数戦ですからね。

ここはクリアできるんではないでしょうか。

追い切りも好時計で、順調に仕上がっていそうです。

休み明けですので、馬体重は増えててほしいですね。

 

△ カツジ

△ ケイアイノーテック

△ ヒシコスマー

この3頭は追い切り内容良い馬をチョイスしました。

相手はこの3頭で勝負します。

 

⇓⇓⇓ Twitterのフォローの方もよろしくお願いします ⇓⇓⇓