【秋華賞2017】予想と出走馬分析

Pocket

今回は秋華賞2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

秋華賞といえば、京都芝内回りの2000m戦で行われますよね。

内回りということでまずは、立ち回り・器用さが求められる舞台設定になっています。

ということは...桜花賞やオークスと異なる適正が求められるわけですね!

桜花賞やオークスは力勝負になりやすい舞台設定ですが、秋華賞は紛れも起こりやすい内回り戦かつ開幕2週目で内有利になりやすい局面でもあります。

そこに、ひょとしたら荒れる要素もあるんじゃないかと淡い期待を抱いて予想していきたいところです。

過去には驚愕の1000万馬券が飛び出したこともありますしね!(まぁ当たる当たらないは別としてww)

それでは秋華賞2017の予想と出走馬分析を行っていきましょう。

 

 

秋華賞2017 予想と出走馬分析

 

まず秋華賞の現時点の予想オッズを見ていきましょう。

秋華賞予想オッズ

1 アエロリット   3.2

2 リスグラシュー  4.5

3 ディアドラ    4.8

4 ファンディーナ  5.2

5 ラビットラン   7.7

6 モズカッチャン  10.9

ここまでが予想オッズで10倍を切りそうな馬たちです。

それでは上位人気馬の考察を行っていきたいと思います。

 

アエロリット

この馬は休み明けということで状態面に一抹の不安がありましたが、前回記事で述べた通り1週前の時点では状態面はほぼ仕上がっているとみて良いと思います。

過去の例を見ても、クイーンSからの直行で結果を出している馬もいるので、前哨戦を使わないことで人気が少しでも落ちればラッキーかなという印象を持って予想に組み込みたいと考えています。

前走で、右回り不安説も払拭できましたし、内回りにも対応しました。

あとは距離不安が付きまといますが、2000mの内回り戦ならさほど心配の必要は無いと考えています。

抜け出すとソラを使う馬ですので直線どこまで我慢できるか、横典さんの腕の見せ所でしょう。

良馬場のほうが良いかなという印象があるので週末の天気が心配ですが、抜けた人気にならないようなら本命も考えている一頭です。

 

リスグラシュー

全成績(2.3.2.1)が示す通り安定感抜群ですね。

差し馬でこの成績は素晴らしいと思います。常に自分の能力だけは走れる馬ですし、G1でも好走している通り、能力値も高いと思います。

ただ、ワンパンチ足りないところは見逃せないところで、勝ち切れるかといわれたら疑問符が付きます。

相手なりなところがありますのであくまで相手候補の一頭といったところでしょうか。

 

ディアドラ

関東のトライアル紫苑Sの勝ち馬ですね。

昨年から重賞に昇格し昨年は同レース2着のヴィブロスが秋華賞を制しました。

3年前はまだOP特別時代の同レース2着からショウナンパンドラが秋華賞を制しました。

こうしてみると紫苑S組でも最近は通用するようになりました。が、ヴィブロスは後にドバイターフ、ショウナンパンドラはジャパンカップを制したように相当に強い馬しか紫苑S組は通用していないことも分かります。

着差はハナ差でしたがそれ以上に強い勝ち方だったとは思いますが、今年はローズS組にも面白そうな馬が多いですからね。

ルメールが上手く乗ってどこまで通用するか、といったところでしょうか。

今のところ、紫苑S組から通用するのはこの馬だけかなという判断です。

 

ファンディーナ

ローズS終了時点の本命候補でした。

が...1週前の調教を見る限り状態面が良くない感じがするんですよね。

振り返ってみるとデビュー3連勝から皐月賞使ってのローズSからここということで、結局強い相手には負けてるんですよね。

5馬身ちぎったフラワーカップも思い返せば、メンバーレベルどうなのよ!?という感じですし、なんだか急に軽視したくなってきましたww

この馬のことを調べれば調べるほど、レースを見返せば見返すほど過剰人気感が半端ないですww(個人的な感想です)

オークス or ダービーを使わず、休ませたことは良い判断だと思いますが、前走のふがいなさもありますし、最終追い切り判断ですが、やっぱり相手に買うか買わないか程度になると思います。

 

ラビットラン

前走の末脚はなかなかの衝撃でしたよね。

枠順、流れ、馬場状態等全てがハマった感はありますが、底を見せていないという点では楽しみの方が大きい一頭です。

父タピットといえばテスタマッタやラニ、ゴールデンバローズ等がおり、ダート寄りではありますが、この馬は牝馬の素軽さが良い方向に出て、芝でもやれることを示しました。

舞台が変わりますが、あの末脚がもう一度使えるなら、一気のG1制覇もありそうです。

 

 

モズカッチャン

最終追い切り次第ですが、1週前の追い切りを見る限りあまり買いたくないですね。

デムーロさん騎乗でここまで人気落ちするなら一考の余地はあるでしょうが、G1で状態面に不安がある馬を重視したいと思えませんし。

立ち回りが上手な馬ですので舞台設定は良いので内枠に入れば考え直しますが、外枠に入れば現状、軽視したい一頭です。

 

カワキタエンカ

前走の2着は非常に価値ある2着でフロックではないでしょう!

あのハイペースの中、最後の直線に入ってもう一伸びした姿には驚きました。

ラビットランに末脚には屈しましたが、舞台が京都内回りに移ることはこの馬にとってはプラスでしょう。

横典さんが騎乗できないのが非常に痛いですが、乗り難しい馬という感じもしないので特に気にする必要は無いと判断します。

内枠に入り、積極果敢に逃げれば、一発あるかもしれませんね。

 

秋華賞2017まとめ

 

今回は有力馬の考察を行いましたが、いかがだったでしょうか?

どれも一長一短あり、軸馬選びに悩みそうです。

やっぱり不安材料が一番少ない馬はアエロリットでしょうか。

一番軸馬に最適な気がします。

あとはやっぱり

この馬⇒ 人気ブログランキングへ 

今回の秋華賞はこの世代の横綱・大関クラスであったソウルスターリングとアドマイヤミヤビが出走してこないということで、十分通用する能力はあるでしょう。

週末天候が悪く馬場が渋りそうなのもこの馬にとってはプラスです。

牝馬3歳世代G1馬同士の決着...十分あるでしょう!

それでは、次回は最終追い切り分析を書きますのでまた見に来てください。