【秋華賞2017】予想と1週前追い切り・調教分析と京都大賞典予想結果

Pocket

今回は秋華賞2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

秋競馬G1第2弾、そして3歳牝馬三冠最終戦ですね!

ここから3週連続G1開催で1週飛ばして年末までG1ウィークが続くということで、競馬の楽しみが増えますね。

やはり、G1ということで普段の重賞より気合いが入りますし、ワクワクしますね!

是非とも馬券を的中させたいです。

オークスの勝ち馬のソウルスターリングが毎日王冠-天皇賞秋路線に行き、3歳牝馬能力No.1とみていたアドマイヤミヤビの引退は残念でしたが、その他のメンバーは桜花賞馬・NHKマイルC馬・前哨戦勝馬が揃いそうで好メンバーですね。(フローレスマジックの不在は個人的には残念でした)

 

さて、本題に入る前に京都大賞典の予想結果を報告させて頂きます。

京都大賞典の予想内容としては以下の通りでした。

 サウンズオブアース 13着

〇 トーセンバジル   2着

▲ ミッキーロケット  4着

☆ ラストインパクト  6着

△ シュヴァルグラン  3着

△ スマートレイアー  1着

△ ヒットザターゲット 7着

△ カレンミロティック 8着

△ ハッピーモーメント 15着

馬連 ◎-〇▲☆ 3点

馬連 ◎ー△   4点(シュヴァルグラン抜きで)

3連複 ◎-〇▲☆ー〇▲☆△ 18点

という予想を公開させていただき、馬連を勝負馬券とさせていただきました。

結果はと言いますと、

1着 スマートレイアー  (△)

2着 トーセンバジル   (〇)

3着 シュヴァルグラン  (△)

でした。

2日連続結果を出せず申し訳ありません。

サウンズオブアースがここまで見せ場なく大敗することは予想できませんでした。

ここまで豪快に外すと自分的には諦めも付くのですが、こうして予想を公開している以上、なんとかブログをご覧になって頂いている方のお役に立てるよう、予想精度を上げていけるよう、努力します。

懲りずに覗きに来てもらえるとありがたいです!

 

それでは本題の秋華賞2017予想と1週前追い切り・調教分析を有力馬からみていきましょう。

 

【秋華賞2017】予想と1週前追い切り・調教分析

 

アエロリット

調教師 美南W 良 79.7 64.6 51.1 12.8[6]馬なり

率直に言って、抜群の内容ですね。

休み明けということでそこに嫌う余地あると想定していましたが、この調教内容を見ると状態万全でしょう。

馬なりでベストを大幅に更新していますし、手応えも抜群のように見えました。

このクイーンSからの直行も最初から予定通りなので問題ないでしょうし、1週前の時点では逆らう余地なし状態になってしまいました。

 

リスグラシュー

武豊 栗坂 稍 51.8 37.8 25.0 12.5 末強め

これも良いですね。

武豊さん騎乗で楽な手応えで坂路駆け上がってきました。

追われてからも切れていますし、一叩きして状態は上向きでしょう。

 

ファンディーナ

岩田 栗坂 稍 55.7 39.4 25.3 12.5 馬なり

んー個人的にはこの内容は不満ですね。

併せた馬は500万下で勝負になっていない馬を相手に、少々手こずるような感じが見受けられましたし、時計的にも平凡ですしね。

状態面が良くないのでしょうか?

他馬がG1でメイチに作ってきていることを考えると、相対的に評価は落とさざるを得ませんね。

ローズS終了後は本命候補の一頭でしたが、1週前の時点では強く押せない状況になりました。

最終追い切りを確認してから判断します。

 

ラビットラン

助手 栗CW 67.1 52.4 38.6 12.3[9]G前仕掛け

ひとまず騎乗予定騎手を見て和田さんからの乗り替わりが無く安心しました。

カワキタエンカ・モズカッチャンに続いての乗り替わりは悲しすぎますからね。

本題に戻って、調教内容は良い意味で平行線なのかなと。

前走、この舞台に立つためにある程度作ってきていたでしょうから、状態落ちが無ければ良いでしょう。

芝に替わって2連勝中ですし、相手は強くなりますが、楽しみの方が大きい一頭です

 

モズカッチャン

助手 栗坂 稍 56.3 41.0 26.0 12.7 一杯

ここは人気落ちしてきそうですね。

デムーロさんが騎乗にも関わらず、前哨戦の1戦でここまで人気落ちするのはネーミングのせいでしょうか?ww

ただ追い切り内容を見る限り、人気落ちするとしても買いたくないですね。

動きが重苦しいですし、一杯に追われているのに進んでいかない感じが見受けられます。

最終追い切りを見てから判断しますが、ここは軽視したい一頭になりました。

 

 

人気ブログランキングへ 

助手 栗CW 稍 80.1 64.7 50.3 37.2 12.1【6】叩き一杯

メイチ気配濃厚の追い切り内容です。

まぁ3歳牝馬三冠最終戦なので当然といえば当然なのですが、この馬の場合、この後、エリザベス女王杯に行くにしろ、ここで結果を出して距離に目処を立てたいでしょうし、秋の最大目標はここでしょう。

前走の敗戦と距離不安で人気も大幅に落ちるでしょうが、阪神1800mより京都内回り2000mの方が確実にレースはしやすいでしょう!

重賞実績は十分ですし、穴目としてここは絶好の狙い目とみます。

 

秋華賞2017まとめ

 

以上、有力馬の1週前追い切り・調教分析を行ってきましたがいかがでしたでしょうか?

3歳牝馬三冠最終戦ということで追い切り内容は全体に良好な馬が多いです。

その中でも、抜けて良く見えた馬は、アエロリットと 人気ブログランキングへ ですね。

週末までじっくり検証・検討していきたいと思います。