【若駒ステークス2018】無料予想と全馬最終追い切り・調教分析

Pocket

今回は若駒ステークス2018の無料予想と全馬最終追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

土曜日のメインの一つ前、京都10Rで行なわれる3歳限定の芝2000m戦になります。

フルゲート16頭に登録10頭と、少し寂しい小頭数戦でのレースとなりそうです。

とは言っても過去20年を振り返ってもMAXが10頭立てのレースと、この若駒ステークスというレースは毎年小頭数戦で行なわれています。

昨年に至っては5頭立てでしたからねww

 

しかしですよ!!!

このレースからは、クラシックホースやその後のGⅠ馬がバンバン出ている超出世レースなんですよね(๑>◡<๑)

超有名どころでは、競馬界のスターホース:ディープインパクトがここをステップに無敗の3冠馬となりました。

近いところでは、一昨年の勝馬マカヒキもここをステップに世代の頂点ダービー馬となりましたね。

小頭数戦のレースですから配当面にはあまり期待できないかもしれませんが、今後に向けては要注目のレースでしょう!

それでは、若駒ステークス2018の無料予想と全馬最終追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

 

同日、京都メインで行われるすばるステークスと勝負レースは下記リンクへ

『すばるステークス2018無料予想と最終追い切り・調教分析/平場勝負レース』はこちら

 

【若駒ステークス2018】無料予想と全馬最終追い切り・調教分析

 

冒頭でも述べたとおり、超出世レースの本レース。

このレースをステップとした馬にはディープインパクト・マカヒキ・ヒルノダムール・ルーラーシップ・アンライバルド等そうそうたる面々が名を連ねています。

惜しくもGⅠに届きませんでしたが、GⅠで連対した馬ということではトゥザワールドやワールドエース・リンカーン等の良血馬の名前も入っています。

この名前を見ただけでもワクワクがとまりませんね(o´罒`o)

今年のメンツの中には後のGⅠ馬がいるのか!?

今から楽しみが大きいレースですね!

 

それではまずは予想オッズから確認していきましょう。

若駒ステークス2018 予想オッズ

1 スーパーフェザー  1.7
2 フォックスクリーク 3.2
3 ケイティクレバー  5.3
4 マイハートビート  8.2
5 バイオレントブロー 18.8

新馬戦を1人気1着したディープインパクト産駒の2頭が人気を分け合う形となりそうです。

まぁ確かに今後GⅠ馬になる馬を探すと言い換えれば、この2頭以外いないでしょうね( ꒪⌓꒪)

当日はこの予想オッズよりさらに抜けた2強オッズになりそうな予感もしますね。

それでは一頭ずつ最終追い切り・調教を見ていきましょう。

 

ウインラナキラ

助手 栗芝 稍 81.0 67.0 52.6 38.7 12.5【1】馬なり

追い切りはそこまで評価できないですね。

芝で最内を通ってこの時計はそんなに良くない。

前走も好騎乗というか、展開というか、追い込みがハマっただけですからね。

2強に割って入れるほどの能力はないかなと。

 

エルティグレ

松田 栗坂 稍 53.5 38.9 25.2 12.7 一杯

可もなく不可もなくと言いたいところですが、それ以下かなと。

併せた馬に追走から追いつくどころか離されましたからね。

それもこっちは一杯に追われて相手は馬なり。

追い切りからは推せないかなという感じです。

 

ケイティクレバー

小林徹 栗CW 81.0 65.0 51.0 38.3 12.5【7】一杯

追い切り内容は絶好ですね!

ベスト時計を大幅に更新してきました。

前走も相当追い込んだ追い切りを行っていたように見受けられていましたが、今回はそれより段違いに良い。

2強に割って入るのはこの馬か。

未勝利戦では超良血のリシュブールをちぎったところを見ても、オープン特別なら通用の能力は保有していそうですし。

現状2000mはベストですし、一番の心配は騎手ですねww

 

スーパーフェザー

松田 栗CW 稍 83.7 67.6 52.2 38.2 12.0【7】馬なり

最終追い切りは上々の内容。

それよりも目に付くのは1週前追い切りが秀逸でした。

時計が素晴らしかったのはもとより、動きも素晴らしかった。

この追い切りを見せられると逆らいづらいですね。

セレクトセールで2億6000万で落札された超良血馬。

人気になって当然ですし、加えて鞍上はミルコ1戦1勝馬。

下手したら1倍台前半もあるかもですね。

初戦は稍重馬場でそこまでキレなかったですが、良馬場でどこまでキレるか。

そういう楽しみも秘めた馬ですね。

 

テイエムディラン

田中健 栗坂 稍 53.4 38.5 25.2 12.7 一杯

追い切り自体は可もなく不可もなくといった感じ。

ただ未勝利でも芝では全く通用していなかったですからね。

棚ぼた好走以外は、推奨出来る予想はないですね。

 

バイオレントブロー

助手 栗坂 稍 54.6 39.7 25.9 12.9 馬なり

これも可もなく不可もなくといった感じ。

能力的には3着候補としても考えていいかなくらい。

 

ビップレイジング

助手 栗CW 稍 88.2 70.7 54.8 40.7 12.7【8】一杯

長めに追われて悪くない内容。

ただ地方馬ですし、普通に考えれば通用しないのでは?

芝が合ってイミフな一撃...はないかなww

 

フォックスクリーク

川田 栗芝 稍 64.3 49.2 36.1 12.0【4】馬なり

追い切りは上々の内容。

ただ最終追いが芝というのは若干気になります。

まぁ1週前追い切りが栗東CWで上々の内容でしたので問題はないでしょうが。

京都2000mという条件はこの馬にとっては合いそうな舞台設定。

現時点では中山や阪神の坂のあるコースで嫌いたいなという印象。

 

マイハートビート

助手 栗芝 稍 79.8 63.4 50.3 37.3 12.4【3】一杯

これも最終追いが芝追いですね。

時計的には普通かなという印象。

3走前にトゥザフロンティアを正攻法で負かしているように、最低限の能力は保有していそう。

ただ、逆に2走前にはここに出走する対ケイティクレバーということでは敗戦しています。

相手関係を見ると3着が精一杯かんという感じですね。

 

ワタシヲマッテル

助手 美南W 良 68.2 52.8 38.9 13.4【6】馬なり

最終追い切りは悪くないですね。

立ち回り戦になるなら大穴一撃あるか!?

とはいっても3着候補の一頭ですが。

 

若駒ステークス2018 まとめ

相手関係を考えても2強オッズになるのは仕方ないかなーという印象。

どうですかねー。

冒頭でも述べたように今後のことを考えるなら、この2強のどちらかが良い内容で勝ち切ってほしいところですが。

 

現状この2強のどちらをとるか、またその相手候補をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

同日、京都メインで行われるすばるステークスと勝負レースは下記リンクへ

『すばるステークス2018無料予想と最終追い切り・調教分析/平場勝負レース』はこちら

 

⇓⇓⇓ Twitterもよろしくです ⇓⇓⇓