【菊花賞2017】予想と最終追い切り・枠順確定後分析

Pocket

今回は菊花賞2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

気が付けばもう枠順も発表されましたね。

木曜日に枠順が発表されると、気持ちゆっくりと予想できるので助かりますね。

他の重賞も木曜発表にしてくれたらいいのに...と思う今日この頃ですw

まぁ余談はさておき、残念ながら今週開催も雨模様はほぼほぼ確定的ですね。

重馬場想定で予想をしていくこととなりますが、良馬場とは違い、キレよりもスタミナがある馬をチョイスしたほうが的中に近付きそうです。

その辺も踏まえて、菊花賞2017の予想と最終追い切り分析を行っていきます。

 

【菊花賞2017】予想と最終追い切り・枠順確定後分析

 

まずは確定した枠順から見ていきましょう。

1枠1番 ブレスジャーニー    柴田善臣   佐々木晶三
1枠2番 ウインガナドル     津村明秀   上原博之
2枠3番 スティッフェリオ    松若風馬   音無秀孝
2枠4番 クリンチャー      藤岡佑介   宮本博
3枠5番 トリコロールブルー   戸崎圭太   友道康夫
3枠6番 マイネルヴンシュ    柴田大知   水野貴広
4枠7番 アダムバローズ     池添謙一   角田晃一
4枠8番 サトノアーサー     川田将雅   池江泰寿
5枠9番 クリノヤマトノオー   幸英明    高橋義忠
5枠10番 ベストアプローチ   岩田康誠   藤原英昭
6枠11番 サトノクロニクル   福永祐一   池江泰寿
6枠12番 ミッキースワロー   横山典弘   菊沢隆徳
7枠13番 キセキ        M.デムーロ 角居勝彦
7枠14番 ポポカテペトル    和田竜二   友道康夫
7枠15番 ダンビュライト    武豊     音無秀孝
8枠16番 アルアイン      C.ルメール 池江泰寿
8枠17番 プラチナヴォイス   田辺裕信   鮫島一歩
8枠18番 マイスタイル     四位洋文   昆貢

この枠順配置を見てまず思ったのが、有力馬が外枠にかたまったなーということです。

これは俄然、荒れる要素が出てきましたね(/^▽^)/

馬券的にはとても面白そうです。

それでは、追い切り分析に移らせて頂きます。

 

ブレスジャーニー

中井 栗CW 稍 84.4 68.3 53.3 39.1 12.5【8】一杯

動き・時計共に上々の内容ですが、約1年ぶりの出走で3000mのG1は厳しいでしょう。

 

ウインガナドル

助手 美南W 稍 54.4 39.9 13.0【7】馬なり

追い切り内容からは推せないですかね。

逃げ宣言に近いことを言ってますし、前残り馬場になれば穴一考の余地はあるかなと。

重馬場はプラスになりそうです。

 

スティッフェリオ

松若 栗坂 稍 52.6 38.7 25.3 12.6 強め

前走メイチで、ここはなんとか平行線でといったところでしょうか。

意外と評価が難しいですが、ここでは厳しいと思ってます。

 

クリンチャー

藤岡佑 栗坂 54.8 39.9 25.8 12.8 馬なり

1週前に一杯で追って好時計からの最終は軽めにまとめてきました。

個人的には追い切り内容は高評価しています。

距離延長・重馬場ともプラスになるでしょうし、偶数の内枠も絶好でしょう。

あとは出遅れず、先行できれば穴一撃あるでしょう。

藤岡兄にとってもG1初制覇の大チャンスだと個人的には思ってます。

 

トリコロールブルー

戸崎 栗CW 稍 97.7 81.1 65.3 50.9 38.1 12.5【6】一杯

長めを積極的に追われて好内容の追い切りですね。

ここがメイチというのが伝わってくる内容です。

古馬相手の1000万下を手こずらずに勝ち上がったあたりも能力を感じます。

これも距離延長・重馬場ともプラスでしょう。

 

マイネルヴンシュ

助手 栗CW 稍 52.0 38.8 12.5【8】G前気合付

直前輸送を嫌っての早めの栗東入りには、陣営の気持ちが感じますね。

長距離適正は感じるので、人気も無いしょうし、1枚拾っておいてもいいかなといった評価です。

 

アダムバローズ

助手 栗CW 81.9 65.6 51.2 37.9 12.6【8】G前仕掛け

完璧にここメイチの追い切り内容ですね。

追い切り内容と動きは素晴らしいと思います。

メンバー最多タイの4勝馬ですし、能力は足りるでしょう。

先行して、前目から粘り腰を発揮すれば十分残り目はあるでしょう。

あとは道悪に対応できるかといったところでしょう。

 

サトノアーサー

川田 栗CW 稍 85.0 67.5 52.3 38.6 11.5【6】馬なり

動き・内容とも絶好ですね。

終いのキレも申し分なしです。

川田さんが付きっきりで調教つけてるのも好印象です。

これ、京都の2400mの良馬場なら自信の本命に出来る内容です。

ただ今回は3000mの重馬場想定なんですよね。

この馬にとって重馬場だと大幅マイナスになりそうなので、取り捨てに悩む一頭です。

 

クリノヤマトノオー

幸 栗CW 稍 90.0 72.6 57.2 42.4 13.1【6】馬なり

追い切り内容もよくないですし、ここでは足らないでしょう。

 

ベストアプローチ

岩田 芝 重 66.7 51.6 37.5 12.5【5】末強め

1週前までは好内容でした。

最終の芝追い切りが意味することがいまいち分からないですね。

同厩のステファノスと同じような内容ですし、メイチには定評のある厩舎なので心配する必要ないと思いますが...

なんとなくケチがつく追い切りだとは思います。

 

サトノクロニクル

福永 栗CW 稍 85.6 68.1 52.9 39.0 11.6【7】直強め

ほぼ完璧な内容の追い切り過程ですね。

同厩の3頭の中では一番道悪適正もありそうですし、ここは狙い目ではないでしょうか。

騎手がいっくんなのでそつなく回ってきてくれるでしょうし、軸候補の一頭です。

 

ミッキースワロー

調教師 美南W 稍 67.7 52.8 39.3 13.3【7】馬なり

前走から出来はキープできていそうです。

前走があまりに鮮やかでしたので、舞台が変わってどうかという心配はありますが、この状態なら好勝負出来るでしょう。

あとは、関東馬不利な傾向がありますので、そこを乗り越えれるかも要注目ですね。

 

キセキ

デムーロ 栗芝 82.2 66.4 51.1 36.9 11.9【4】馬なり

これは前走から出来落ちとみて良いんじゃないでしょうか。

追い切り内容から評価できる部分はありませんね。

能力だけで突き抜ける可能性も無くはないですが、ここでは厳しい気がします。

 

ポポカペトル

和田 栗CW 稍 99.7 82.4 66.1 51.8 39.0 12.7【7】一杯

追い切り内容は好内容です。

1000万下を勝ち上がるまでに少々時間がかかりましたが、距離が伸びて良さが出そうに見えたのでこの距離延長はプラスでしょう。

ディープ産駒にしては道悪も上手そうです。

外枠がマイナスですが、買い材料も多いので相手には拾っておくかなという評価です。

 

ダンビュライト

助手 栗坂 53.0 38.9 25.6 12.8 一杯

前走メイチからのここは出来落ちに見えるんですよね。

淀の長距離の豊さんなのであんまり嫌いたくないのですが、買い材料が少ない気がするんですよね。

外枠に入ったこともマイナス材料ですし。

個人的にはあまり買いたくない一頭です。

 

アルアイン

ルメール 栗CW 81.6 65.1 50.7 37.4 12.1【6】G前仕掛け

前走叩き台の一戦から着実に状態をUPさせていきました。

追い切り内容は完璧でしょう。

ただ、外枠・距離・道悪と運の要素でこの馬に風は吹いていない感じがします。

能力はこの中ではNo1でしょうから、相手候補ですが、ギャンブルの流れ的には重視出来ないなといった印象です。

 

プラチナヴォイス

田辺 栗CW 82.0 66.4 51.4 38.3 12.6【5】直強め

追い切り内容は悪くないですが、さすがに距離が長いでしょう。

道悪はプラスですが、ここでは厳しいでしょう。

 

マイスタイル

四位 栗CW 稍 97.2 81.2 66.7 52.6 39.2 12.8【6】馬なり

追い切り内容は可もなく不可もなくといった感じですね。

逃げ馬候補の一頭ですから、前残り想定なら押さえておかなければいけない一頭ですね。

ただ、横山典さんと手が合っていた印象があるので、この乗り替わりはどうでしょう。

乗り難しいわけではなさそうなので問題はなさそうですが。

 

菊花賞2017 まとめ

 

人気に押されそうな池江厩舎の3頭は、追い切り内容としては抜群でしたね。

あとは、距離と道悪適正を考えるとサトノクロニクルが一番買いやすそうではあります。

上位人気馬がそれぞれなにかしらの不安要素があるので、ここは穴目から攻めたいところですね。

最終追い切りを見て一番買いたいと思った馬を人気ランキングに載せておきます。

 

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

追い切りを見て一気に評価が上がりました。

レースを見返しても能力はありそうですし、軸候補の一頭です。

それではまた最終予想また見に来てください。