【阪神ジュベナイルフィリ-ズ2017】無料予想と先週の結果

Pocket

今回は阪神ジュベナイルフィリーズ2017の無料予想を中心とした記事を書いていきます。

阪神JFとも略される本レース。

阪神外回り1600mということで紛れが少なく、力のある馬がそのまま強い競馬が出来るコース設定であります。

札幌2歳S馬ロックディスタウン・アルテミスS馬ラッキーライラック・ファンタジーS馬ベルーガの重賞勝馬が人気を集めそうですね。

果たしてどの馬が好走してくるのか、1週前段階の予想をしていきたいと思います。

 

正直、2歳戦はあまり得意ではないのですが...予想家としてGⅠを『ケン』する訳にもいかず...

勝負は軽めになるでしょうが、しっかり予想して的中させたいですね(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

 

予想と先週の結果に入る前に、昨日行なわれたM-1グランプリの話を少々。

苦節15年『とろサーモン』優勝!!!

いやーなんだか私としても感慨深いものがあります。

 

 

彼らがデビューした15年前といえば私は大阪に住んでまして、とろサーモンがTVに出だした3年目くらいは、私は17~18歳。

当時はイケメンと変な顔のやつが漫才してるなーと思いつつ、ネタも面白かったのでこれ絶対売れるやん!と思っており、友人にもこれは売れるでー!と先取りしてる感を出してましたww

しかし、フリートーク時の久保田さんの下衆&下ネタっぷりがゴールデンタイムでは受け入れられず。

そりゃゴールデンタイムに風俗ネタ...世間には受けないわな(´-д-`)

個人的には思春期真っ只中だったんで、それはそれで面白かったんですがww

その後は深夜にちょいちょい見るくらいと、若干尻すぼみ加減になりつつも、個人的に漫才ネタ・フリートークともすごく好きでした。

その後、私は関東に引っ越して、ほぼほぼ見る機会無かったんですが、昨日ふとTV付けるとM-1決勝やっていて、なんとなんと『とろサーモン』が出てますやんΣ( ̄Д ̄ノ)ノ

相変わらずめっちゃ面白いですやん(・ω・*ノ)ノ

昔の下衆&下ネタを伏せて、正当漫才が出来るところを見せつけ、M-1出場ラストイヤーに決勝初進出から優勝を勝ち取りました。

私としてもなんだかほっこりした日曜日でした(^^)

 

先週の結果

 

それではまず先週の結果から見ていきましょう。

チャンピオンズカップ 結果

1着 ゴールドドリーム  △

2着 テイエムジンソク  △

3着 コパノリッキー   ☆

ーーーー

5着 アウォーディー   ◎

コパノから買える勇気をもてれば...

無難な予想に走ってしまいしました。

ここは猛省ですm(_ _)m

期待したアウォーディーは完全に衰えが見受けられる内容でしたね。

今後のGⅠ戦線では厳しい結果が続きそうです。

 

しかーし、見せ場はここから!

土曜は平場戦勝負レースとチャレンジカップ・日曜は特別戦勝負レースが的中しましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 

土曜 中京7R ◎モンテヴェルデ 2人気2着

複勝180円 馬連2800円

頭で来てくれていればド本線だったんですけどね。

 

土曜 阪神11R チャレンジカップ

1着 サトノクロニクル  ☆

2着 デニムアンドルビー ○ 5人気2着

3着 ブレスジャーニー  △

ーーーー

6着 マイネルミラノ   ◎

馬連1840円 ワイド580円

デニムからの押さえ馬連・ワイドが当たってくれました。

本命ミラノは飛んだんですが、勝てば官軍ですww

 

日曜 中京10R ◎サプルマインド 1人気1着

単勝260円 馬連 470円 馬単1120円

14時くらいまでは単勝4倍前後だったんですが、最後一気に2倍台まで落ちましたね。

まぁそれでも勝ちきってくれましたし、馬単はまぁまぁな配当でしたので良しとしましょうww

 

あとTwitterのほうで1レース中山10Rを挙げさせてもらいました。

◎ヴェネト 2人気3着

こちらは馬連・馬単勝負でしたので実馬券は外れましたが、なんとか馬券圏内にはきましたので、最低限の推奨は出来たかなと思ってます。

 

この土日はまぁまぁな結果を出せました。

人気馬中心の推奨になって配当的にはドカン!とはいかなかったですが、ブログ予想は4戦3勝と御の字の結果となりました。

この調子で、今週末も的中させられるよう、頑張ります(・ω´・,,)v

 

【阪神ジュベナイルフィリーズ2017】予想

 

古くはウォッカ・ブエナビスタ・アパパネがここを制した後、3歳クラシック路線を制し、近年ではメジャーエンブレム・ソウルスターリングが3歳GⅠ戦線を盛り上げました。

名馬と呼べるような馬を輩出しているレースでもありますので、やはり冒頭でも述べたように力のある馬が能力を発揮できるレースと言えるでしょう。

このレースを制することは、今後の活躍を約束されるようなものですので、将来性も踏まえた予想が必要になってくるのかなとも思っています。

抽選対象が12頭いて、その中にも通用しそうな馬も多いので、出走馬が決まらないことには何とも言えないですが、ここでは出走が確定している重賞馬を見ていきましょう。

 

ロックディスタウン

初戦の内容が秀逸。

2戦目の札幌2歳ステークスでは、ルメールが競馬を教えるようなレースをしたにも関わらず勝ち切った内容は評価出来ます。

ここ2戦のレース内容は文句が付けようが無いですね。

1人気になるのも納得です。

オルフェーヴルの父ステイゴールド産駒は総じて2歳早期からも走れる馬を多数輩出していたので、オルフェーヴル産駒のこの馬も問題なくここでも好走しそうです。

ただ個人的に一つ気になるのは、距離が短くなって良さがでるかな?という点。

初戦で上がり3ハロン32.5を計時した馬にこんなこと言うのはお門違いかもしれませんが、スパッと切れるというよりは長く良い脚を使うようなタイプだと思うんですよね。

むしろ距離延長でパフォーマンスを上げそうで、短くしてパフォーマンスを上げてくるとは思えないところもあります。

能力でカバーするとも思えますが、なにかにやられることも想定しておいてもいいかもしれません。

 

ラッキーライラック

これもロックディスタウン同様、オルフェーヴル産駒ですね。

ロックディスタウンよりもこちらのほうが安定感がありそうです。

スタート良く先行出来るのは現代競馬の王道ですからね。

その競馬が出来るのは、それだけで活躍の場が広がるとも言えます。

そして、この馬は2戦とも1600mを使って、危なげなく勝利してきてることを見るとその点でもロックディスタウンよりプラスに捉えることができそうです。

左回りの経験しかない、阪神特有の最後の坂と課題はありますが、ここ2戦の競馬が出来るなら大崩れすることもないでしょう。

 

ベルーガ

こちらはキンシャサノキセキ産駒ということで、距離を伸ばしてどうかという心配がまずありますよね。

初戦は出負け気味から徐々に進出、4コーナーでは外に出して一気に突き放すという1200m適正を抜群に見せた内容でした。

モレイラが上手く乗ったのはあるでしょうが、それにしても強かった。

上手く成長出来れば1年後にはスプリント路線で、という感じでした。

それが2戦目距離を延ばしたにも関わらず、大外一気の差し切り。

展開が嵌まった訳でもないので、これも強かったと言っていいでしょう。

ここで、もう1ハロン延びてどうかというのはありますし、どうでしょう。

個人的にはさすがに長いと思いますね。

1400mで強い競馬をしたと言っても内回りコースですからね。

さすがに外回り1600m、直線坂有りでは最後止まるでしょう。

人気3頭の中では1番軽視したいですね。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ2017 まとめ

んーやっぱり2歳戦は難しい。

結局ここまで強い競馬をしてきた馬が人気しますから、サンプルが少ないという意味で、やっぱり人気と同じような予想序列になってしまいますね (;・∀・)

その中でも穴馬になりそうな馬をランキングに乗せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

1勝馬ですので、まずは抽選突破してもらわないといけないんですが。

ここ2戦出遅れ連発してるんで、そこは心配ではあります。

ただ、それを補って余りある魅力的な末脚。

初戦中山マイル戦、出遅れからの大外一気の差し切り。

上がり3ハロン次点に1.1秒差をつける快勝でした。

スケールは感じますし、出遅れなければこの相手でも十分通用するでしょう。

 

⇓⇓⇓ Twitterのフォローの方もよろしくお願いします ⇓⇓⇓