【アルテミスステークス2018】無料予想と最終追い切り・調教分析

Pocket

今回はアルテミスステークス2018の無料予想と最終追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

昨年はラッキーライラックが制し、そのまま2歳女王への道を駆け上がりました。

このレースは2番人気だったんですね。

今考えるとおいしいww

一昨年はリスグラシューが制しており、2歳牝馬限定戦では出世レースと言えるレースでしょう。

今年で7回目と歴史の浅い重賞ですが、東京芝1600mという力が反映されやすいコースで今後も出世レースとして名を馳せそうなレースです。

今年も例に漏れず、

グレイシア・ミディオーサ・シェーングランツetc

2歳女王への足掛かりとして、飛躍を誓う素質馬が顔を揃えました。

2歳牝馬最強と名高いグランアレグリアへの挑戦状を叩きつける意味でも見所のある一戦ですね。

それでは、アルテミスステークス2018の無料予想と最終追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

 

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
いかに勝てるかに重きを置いた情報収取!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
なにがすごいのか、、、
それは

無料の情報が初回だけでなく
半永久的に「関係者情報」を提供してくれること!!

無料でここまでしてくれるサイトは他にないでしょう。

そして何と言っても、このサイトの魅力はシンプルに
『とにかく当たること』

先週の菊花賞ではなんとなんと
〝帯封〟をゲットしております。

菊花賞以外にも的中ラッシュの数々。
無料でこの情報が出に入るなら登録しておいて損はないでしょう

>>無料登録はこちらから<<

そして最後に、、、
サポートも手厚いことを付け加えておきます(^^)/

【アルテミスステークス2018】無料予想と最終追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

アルテミスステークス 枠順配置

 1- 1トスアップ     藤岡佑介
 2- 2グレイシア     田辺裕信
 2- 3シェーングランツ  武豊
 3- 4ブラックダンサー  石川裕紀人
 3- 5ミディオーサ    モレイラ
 4- 6レディードリー   三浦皇成
 4- 7キタイ       大野拓弥
 5- 8エールヴォア    浜中俊
 5- 9アフランシール   岩田康誠
 6-10サムシングジャスト 武藤雅
 6-11ビーチサンバ    藤岡康太
 7-12アズマヘリテージ  荻野極
 7-13ヘリンヌリング   柴田大知
 8-14ウインゼノビア   松岡正海
 8-15ライデンシャフト  内田博幸

 

ここでピックアップしておきたいデータをまとめておきます。

新設された2012年から過去6年分のデータとなっています。

枠順傾向

 1枠【1-0-0- 9】
 2枠【0-2-2- 8】
 3枠【1-0-1-10】
 4枠【0-2-0- 9】
 5枠【0-0-1-11】
 6枠【0-1-1-10】
 7枠【1-0-1-14】
 8枠【3-1-0-12】

傾向としては、勝ち馬は外目の枠から。

2・3着は内目の枠から、という傾向ですね。

有力3頭は内目の枠配置になりました。

果たして勝ち切ることが出来るか!?

 

人気傾向

1人気 【2-2-0-2】
2人気 【2-1-0-3】
3人気 【0-0-0-6】
4人気 【0-1-1-4】
5人気 【0-0-2-4】
6~9人気 【1-1-2-20】
10人気以下【1-1-1-44】

1人気&2人気は比較的堅実な傾向。

過去6年1人気or2人気のどちらか一頭は連対しています。

軸はここからか。

紐に関しては10人気以下からの激走もあり、穴を拾っても面白いレースです。

 

所属データ

栗東 【4-2-4-24】複勝率29.4%
美浦 【2-4-2-57】複勝率12.3%

出走頭数は美浦所属馬が多いですが、好走率は圧倒的に栗東所属組。

 

脚質傾向

逃げ馬【0-2-0- 4】
先行馬【2-0-4-13】
差し馬【3-3-2-42】
追込馬【1-1-0-24】

上がり3ハロン

1位   【3-2-0-2】
2位   【2-1-0-3】
3位   【0-0-1-5】
4位~5位【1-1-0-10】
6位以下 【0-2-5-63】

勝ち馬に関しては上がりを使える馬の方が良いですね。

速い上りで突き抜けるイメージ。

2・3着には前目から粘り込める馬、という傾向ですね。

 

前走クラス

GⅡ  【1-0-0- 1】
GⅢ  【0-1-1-10】
OP特別【1-1-1-12】
500万【0-2-1-22】
未勝利 【3-1-2-11】
新馬  【1-1-1-25】

好走率としては意外にも前走未勝利組が好成績を残しています。

 

前走距離

1200m【0-0-0- 7】
1400m【0-2-1-20】
1500m【0-0-1- 4】
1600m【4-3-3-40】
1800m【2-1-1-12】

前走1600mor1800mを使っている組が優勢です。

注目データとしてはここまで。

 

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

アルテミスステークス 予想オッズ

1 グレイシア    2.4
2 ミディオーサ   2.9
3 シェーングランツ 4.1
4 ビーチサンバ   12.0
5 エールヴォア   12.9
6 ウインゼノビア  13.2
7 トスアップ    22.0

ここまでが上位人気に推されそうな馬たちです。

ミリオンドリームズの回避により4強から3強オッズへと変貌を遂げましたね。

中でも、1人気は新馬⇒アスター賞と連勝を決めているグレイシアか。

無敗で3連勝を決めてGⅠの舞台へ立てるか、注目ですね。

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を見ていきましょう。

 

グレイシア

田辺 美南W 稍 53.9 38.9 12.9【6】馬なり

追い切り内容としては坂路1本、ウッド半マイル追い1本となっています。

ここまで追い切りの本数は多いタイプではないですが、これは少ない印象ですね。

それでも前走と同じ水準で、前走はサウジアラビアロイヤルカップ4着のドラウプニルを完封しているのですから問題ないか。

逃げて良し、差して良しの自在性もありますし、あえて嫌う要素も少ないですね。

 

ミディオーサ

モレイラ 美南W 稍 54.1 38.8 12.5【5】直一杯

レイダー(古馬1600万)0.4秒追走0.1秒先着

3頭併せの真ん中で、行きたがる面を見せつつもなんとかギリギリ押さえて追い出すとスッと加速する、という好内容

古馬相手に先着出来たことは好感が持てます。

1週前に速い時計をを出しており、休み明けでもスッキリ仕上がっていそうな雰囲気。

あとは休み明けでどこまでテンションを押さえられるか。

追い切りであれだけ行きたがっているとなると、レースで少し心配な面も。

それをあっさり折り合わせるのがモレイラさんなのですがww

 

シェーングランツ

北村宏 美南W 稍 53.3 38.7 13.3【7】馬なり

シンボリバーグ(古馬1000万)0.4秒追走同入

3頭併せの真ん中でしっかり闘争心を煽られる内容。

追い出してからも古馬相手に劣らない手応えで同入に持ち込む好内容。

時計の水準としてもthe藤沢厩舎、という感じで問題ないでしょう。

ただね、、、

元々は北村宏司さん騎乗予定が、ミリオンドリームズの回避より武豊さんがこれに騎乗することに。

このドタバタはイマイチですよね(・・;)

そして、初戦は出遅れ、2戦目はゲートこそ5分に出たものの行き脚付かず後方からの競馬。

抜け出してから強かったのは間違いないですが、小頭数だからこそできる競馬。

この多頭数になってどうか。

クリアすべき課題が多い割に人気に推されるというのは、、、嫌いたいですねww

 

ビーチサンバ

助手 栗坂 良 56.1 41.2 27.0 12.8 馬なり

1週前追い切りウッド一杯追い⇒最終追い切り馬なり調整

ということで追い切り過程としては◯。

時計の水準としても初戦と変わりなく。

それでも最終追い切りが軽すぎるという懸念はありますが。

 

エールヴォア

助手 栗CW 良 82.1 64.6 49.1 36.1 11.8【6】直強め

時計の水準としては素晴らしいと言える超時計。

叩いて叩いて変わり身抜群という感じ。

初戦500kgを超える大型馬で叩いて絞れたのが良い方に出ている印象です。

追い切りの動きを見ても、正直重苦しい動きだったんですよね。

それでいてこの好時計は驚き。

3戦目でデキは一番良いはず。

 

ウインゼノビア

松岡 美南W 稍 64.4 50.4 36.9 13.0【4】馬なり

コスモイグナーツ(古馬1600万)2.2秒追走同入

内目を回って好時計。

あっさりとこれまでのベスト時計を更新してきました。

1週前追い切りでも古馬相手に追走先着。

最終追い切りでは大きく追走から同入。

動き自体は上々ですね。

センスが良く、ソツのない競馬が出来るのが魅力。

逆に裏を返せば、いかにも小回り向きの印象でこの東京マイル戦がどうなのか。

 

アルテミスステークス2018 まとめ

2歳戦でキャリアが浅い馬たちの戦い。

追い切りのサンプルも少なく、判断が非常に難しいですね。

映像と時計から判断するにしても意外とどれも動けている印象で、、、困りましたね(;’∀’)

とりあえず上位3頭の追い切り評価としては、

ミディオーサ>グレイシア>シェーングランツ

能力比較としては、

グレイシア>ミディオーサ>シェーングランツ

ですので、ここはシェーングランツは軽視でいきたいと思います。

グレイシア&ミディオーサは普通に有力という評価で。

 

それでは最後に、追い切りNo.1馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(エールヴォア)

追い切りNo.1馬はこの馬。

時計・動きをとっても万全。

広いコース向きで、東京コースも合いそうな印象です。

 

来春クラシック候補サートゥルナーリア

追い切り分析はこちら☟☟

【萩ステークス2018予想】サートゥルナーリアは本物か!?追い切り・調教分析

 

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
夢を叶える3大コンテンツを無料で公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■近走的中実績の一部がこちら!




その他の的中実績はこちら!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なぜ?こんなにも万馬券を量産できるのか?

それは、うまとみらいとには
自慢の「3大コンテンツ」があるから!

精度抜群!データ解析のプロ
90%的中!軸馬選定のプロ
激走必死!穴馬発見のプロ

的中率を上げたいという方は参考にして損なし!
>>無料予想を受取る<<