【エルムステークス2019予想】追い切り・調教分析~追い切りから狙う本命馬~

Pocket

今回はエルムステークス2019予想:追い切り・調教分析~追い切りから狙う本命馬~を中心とした記事を書いていきます。

夏場唯一の中央ダート重賞という事で、例年ハイレベルなメンバーになるエルムステークス。

今年は芝重賞勝馬のタイムフライヤー・マルターズアポジーが参戦。

そこにダート重賞4勝馬グリム、前年覇者ハイランドピーク・函館ダートを連勝してきたリアンヴェリテ。

その他この路線で一発を秘める重賞好走馬モズアトラクション・ドリームキラリなど、多彩なメンバーが揃いました。

このレースから秋の主役になる馬は現れるのか、追い切り・調教から検討していきます。

【エルムステークス2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

エルムステークス 枠順配置

1- 1マルターズアポジー 牡7 菱田裕二
2- 2テーオーエナジー  牡4 岩田康誠
3- 3ドリームキラリ   牡7 坂井瑠星
3- 4モズアトラクション 牡5 藤岡康太
4- 5モルトベーネ    牡7 服部茂史
4- 6サトノティターン  牡6 藤岡佑介
5- 7タイムフライヤー  牡4 池添謙一
5- 8メイショウスミトモ 牡8 柴山雄一
6- 9サングラス     牡8 古川吉洋
6-10リーゼントロック  牡8 松岡正海
7-11レッドアトゥ    牝5 福永祐一
7-12グリム       牡4 武豊
8-13ハイランドピーク  牡5 横山和生
8-14リアンヴェリテ   牡5 国分恭介

札幌ダート1700m

正面スタンド前からスタートするコースで、最初のコーナーまでの直線が約240mと短くなっています。

その為、外枠に比べて内枠~中枠の方が有利なコースです。

それ以上に重要なのは脚質。

スタートしてからコースを1周するコースで、ほとんど高低差のない平坦コース。

最後の直線も約264mと短いので、前々で競馬を出来る馬が圧倒的に有利なコースとなっています。

差し・追い込みはほとんど利かず、後方から競馬する馬は3コーナー手前から早めに捲り、4コーナーでは先団に取り付く事が必須です。

また、コーナーを4つ回るコースなので小回り適正も必要なコースです。

 

追い切り・調教から見る好走傾向

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

〝函館W仕上げ〟からは、1週前追い切りor最終追い切りで『一杯』の負荷を掛けられている馬に注目。

人気馬で1週前・最終追い切り共に『馬なり』調整であれば、凡走パターンになるのでここの評価を下げることが妙味。

〝函館ダート仕上げ〟は人気に推されての信頼度が高いというのがポイント。

〝札幌ダート仕上げ〟は人気に推されての信頼度が高く、人気薄からの好走もある注目パターン。

特に1週前・最終追い切り共に『馬なり』で仕上げられている馬の好走率が高くなっています。

詳しい好走傾向分析は下記の記事をご覧ください☟☟

⇒ エルムステークス 追い切り・調教から見る好走傾向

 

追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【テーオーエナジー】

《1週前追い切り》
助手 函館W 良 66.3 51.7 38.3 14.0【9】一杯
メイショウチタン(2歳未勝利)1.6秒追走0.6秒遅れ

《最終追い切り》
助手 函館W 良 51.9 38.4 12.3【3】強め

追い切り考察

厩舎では栗東坂路中心の追い切り過程を踏んでいます。

今走は放牧先から直接函館入りし、7/17に入厩後7本の追い切りを消化しています。

1週前に負荷を掛けて最終追い切りは終い重点の追い切り内容となっています。

このパターンとしては3歳ジャパンダートダービー5着以来の追い切りパターン。

厩舎では最終追い切りで負荷を掛けることが多くなっています。

1週前追い切りは全体時計としては当週6番時計の好時計を叩いていますが、終いの伸びを欠いてラスト1F14.0秒。

そして格下馬に遅れるという内容となっています。

これはこの馬としては良くない追い切り内容です。

厩舎でのこの馬の好走パターンとして、坂路で終いを伸ばしてラスト1F12秒前半+加速ラップというのがあります。

終いを伸ばして好走に繋がるというところではマイナスですね。

最終追い切りではしっかり終いを伸ばしてきて帳尻は合ってきたかなという印象です。

そういう面を踏まえてまだ仕上がり途上感があるので押さえまでが妥当な評価と考えます。

 

【ドリームキラリ】

《1週前追い切り》
助手 札幌ダ 良 58.8 42.6 12.7【8】馬なり

《最終追い切り》
助手 札幌ダ 良 64.9 50.8 37.3 11.9【7】直強め
リーゼントロック(古馬オープン)0.6秒追走1.0秒先着

追い切り考察

厩舎では栗東坂路中心の追い切り過程を踏んでいます。

これは矢作厩舎の追い切りパターンとなっています。

今走は放牧先から直接札幌入りして追い切りを消化しています。

中10週と間隔を空けての参戦ですが、ギリギリまで外厩で乗り込まれて入厩後の追い切りは3本のみとなっています。

この追い切り本数自体は少ない印象を受けますが、最終追い切りでは併せ馬で僚馬を圧倒し、好時計を叩いてます。

このことから外厩先で仕上げてきていたと考えられます。

追い切り本数の少なさについては気にする必要はないかもしれません。

昨年もこのエルムステークスに出走していました。

昨年とはローテーションが違い、昨年は間隔を詰めての参戦ではありましたが、昨年と追い切り時計面で比べると4秒近く今回が好時計となっています。

これらを踏まえても昨年と比べてもデキ自体は遜色ないように見えます。

この馬に関しては逃げてどこまでという競馬になりますし、仕上がりは良さそうなので一発には警戒しておきたいですね。

 

【モズアトラクション】

《1週前追い切り》
助手 函館ダ 稍 71.3 55.8 41.0 12.3【7】一杯

《最終追い切り》
助手 函館ダ 良 72.3 56.5 41.2 12.4【8】馬なり

追い切り考察

厩舎では栗東CWを中心に追い切りを敢行されています。

今走は前走後そのまま函館に滞在し、函館ダートで追い切りを行われています。

近2戦は共に函館ダートでレースに臨んでオープン特別を4着⇒2着という結果。

追い切りパターンとしては悪くない成績となっています。

内容としては中間終い重点の追い切りになっており、終いの伸びは悪くありません。

差し馬ということもあり、しっかり溜めてラストの末脚を伸ばすという追い切りを消化されていますね。

厩舎での追い切りも終いの伸びによって好不調の波があり、終いの1Fが垂れるような追い切りになると凡走傾向にあります。

そういう点を見ると、この馬の好走パターンの追い切りは消化出来ています。

デキとしては良い状態をキープという雰囲気。

あとは先行馬天国のこのレースに置いて、差し馬という脚質がどうかというところだけですね。

 

【サトノティターン】

《1週前追い切り》
助手 札幌ダ 68.2 52.2 38.5 11.9【8】一杯

《最終追い切り》
助手 札幌ダ 67.8 52.8 38.2 12.1【6】馬なり
カウディーリョ(古馬2勝)1.0秒追走同入

追い切り考察

ここまでは〝1週前美南W追い⇒最終美南W仕上げ〟を中心に追い切りを行われています。。

前々走アンタレスステークスの優勝もこの追い切りパターンで決めました。

今走は前走ノーザンファーム空港牧場に後放牧に出されてそのまま札幌入りしています。

夏場の暑い時期に早くから北海道入りして、夏バテ対策を行われている印象です。

1カ月近く前から入厩してtotal7本の追い切りを消化して、しっかり乗り込まれています。

1週前追い切りではしっかり負荷を掛けてラスト1F11.9秒を記録。

これは当週の3番時計になっており、水準としては上々と言えそうです。

ただし、札幌ダートで終いを伸ばしてきて11秒台を記録した馬の好走率はそれほど高いものではありません。

良くも悪くもこの馬なりの水準と考えて、過大評価は禁物というイメージです。

 

【タイムフライヤー】

《1週前追い切り》
助手 函館W 良 68.6 53.6 39.6 12.8【8】一杯
レッドアトゥ(古馬オープン)1.6秒追走0.8秒先着

《最終追い切り》
助手 函館W 良 66.2 51.1 37.4 12.2【7】一杯

追い切り考察

この馬のポイントとしてはとにかく追い切りは抜群に動いてくる馬です。

しかし、それが結果に繋がらない日々。

個人的な印象としては追い切り詐欺馬です。

こういう馬には『追い切り動いている馬は凡走続きでもたまにレースで好走する』という考えを持っています。

取り捨ての考え方としては人気薄なら押さえておく、人気なら軽視、という付き合い方が一番ベターかなと考えています。

その中で今走は半年の休み明けで、初ダート挑戦。

というところでは、変わり身があるならここか!?という印象は受けますね。

今走は放牧先から直接函館入りし、7/17に入厩後6本の追い切りを消化しています。

1週前追い切り・最終追い切り共にビッシリ負荷を掛けて好時計を記録してきました。

厩舎所属時にも1週前・最終追い切り共に負荷を掛けるのはこの馬の追い切りパターンですし、ここはいつも通りという印象です。

最終追い切りは函館Wの当週4番時計で相変わらず追い切りでは良い動きを見せています。

好走傾向から函館Wで負荷を掛けるというのは好走パターンになりますし、やはり変わり身があるならここしかないか。

しかし、追い切りでは毎度動くというところでは、本命にするには心許ないので相手~押さえ候補が妥当でしょうか。

 

【グリム】

《1週前追い切り》
助手 函館W 良 67.6 52.8 39.0 12.4【7】馬なり
ラサーサ(3歳未勝利)1.3秒追走同入

《最終追い切り》
助手 函館W 良 71.5 55.5 40.5 13.0【7】馬なり

追い切り考察

厩舎での追い切り時は栗東CWと坂路併用で、様々な追い切りパターンで好走を続けています。

今回は前走後そのまま函館入りして、調整を進められています。

初の函館滞在になりますが、元々様々な追い切りパターンで好走していることからも追い切りパターンの不安は少ない馬です。

追い切り内容としては間隔が詰まることもあり、馬なり中心の追い切りを消化しています。

それもあって水準としてはそれほど高いものでなく、平均なりという印象です。

また、〝1週前函館W馬なり追い⇒最終函館W馬なり仕上げ〟というのは、好走傾向からはマイナスパターン。

先行脚質で重賞4勝とここでは抜けた実績を持っていることから、凡走というのは考えづらいです。

しかし、追い切りパターンからは少なからず死角はありそうで、取りこぼしは考えておきたい場面です。

 

【ハイランドピーク】

《1週前追い切り》
助手 札幌ダ 良 67.7 52.4 38.1 12.4【8】馬なり

《最終追い切り》
助手 札幌ダ 良 66.2 51.7 37.9 12.3【7】馬なり

追い切り考察

この馬には、美浦坂路仕上げパターン・美南W仕上げパターン・美浦ダート仕上げパターンの3つのパターンがあります。

追い切りパターンに一貫性はなく、都度追い切りパターンを変えてきています。

その中でも成績の良し悪しがハッキリわかれているタイプでもなく、、、

今走は前走後そのまま函館滞在。

函館ダートで2本の追い切りを消化後、札幌に移動。

札幌入り後、札幌ダートで2本の追い切りを消化しています。

昨年このレースを制した際は、函館Wでの追い切りでレースに臨んでいました。

ここでも昨年と追い切りパターンを変えており、やはり一貫性のない追い切りパターンとなっています。

しかし、今回は好走傾向に合致する1週前・最終追い切り共に札幌ダート馬なり調整馬。

ここは評価できるポイントとなっています。

そして最終追い切りでは9番時計を叩いており、仕上がり面は昨年と遜色ないように見えます。

ここ数戦は追い切りでは好時計を叩きながらレースで結果を出せていない点は不安ではありますが、人気がないなら押さえておいても。

 

エルムステークス2019 本命馬

それでは最後に本命馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 札幌ダ 良 67.6 51.4 37.8 12.0【8】馬なり

《最終追い切り》
助手 札幌ダ 良 66.0 51.4 37.5 12.5【8】強め

追い切り考察

厩舎では栗東坂路中心に追い切りを行われています。

函館ダート1700m4戦4勝と、超函館巧者が札幌ダート1700mの重賞に挑戦。

その函館ダートの4戦4勝時の追い切りは、全て函館Wでの追い切りとなっています。

もしかすると、この函館Wでの追い切りの相性が抜群に良い可能性もありますね。

そういう面では函館滞在でこのレースに挑んでほしかったところではあります。

札幌ダートでの追い切りはこの馬としては初。

最終追い切りでは当週7番時計の好時計を記録。

1週前追い切りは終い重点の追い切りでラスト3Fの時計は当週の9番時計の好内容の追い切りを消化しています。

厩舎でも最終追い切りに負荷を掛けるパターンが多いですし、この馬なりの追い切りは消化出来ている印象です。

2走前は2着以下を5馬身チギり、前走は2着馬にはクビ差まで詰め寄られましたが、それ以下には5馬身差。

戦ってきた相手とは勝負付けが付いている印象で、あとは新しい相手との戦いだけ。

血統背景を見てもゴールドアリュール産駒で母父コジーンとダート血統として筋が通っています。

重賞でも勝ち負けできるはず。

 

新サイト入稿しました!!

今回ご紹介するのは「オアシス」と「J.H.A」に続いて「グロリア」というサイト。

これらのサイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

※月変わりでオアシス追加30名募集再開しました!

――――――――――――――――――――

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/

――――――――――――――――――――

【グロリア】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

投資競馬の最高峰とも言えるサイト。

リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益化を物語っています。

今なら無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。

他サイトで満足できなかった方は試す価値あり!

口コミ情報でも評価の高いグロリアは必見です!
【URL】http://glo-ria.com/

――――――――――――――――――――

【J.H.A】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は「少点数」で的中を狙うというハイレベルな予想にあります。

的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。
まさに「ローリスクハイリターン」。

毎週無料予想が提供されるので参考にしてみては!?
【URL】http://www.j-h-a.net/