【オークス(優駿牝馬)2020予想】追い切り・調教から見る好走傾向

Pocket

今回はオークス(優駿牝馬)2020予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。

牝馬クラシック第2戦のオークス。

東京芝2400mを舞台に行われる本レースは桜花賞から距離が800m延びるレースとなり、3歳牝馬にとっては未知なる世界。

スピード・スタミナ・瞬発力といった総合力が必要な舞台で、距離適性も重要なポイントですね。

今年は無敗の桜花賞馬デアリングタクトが人気を集める一戦となるレース。

とはいえ、初距離に不安が残るのも事実で桜花賞組はもちろんのこと別路線組も虎視眈々でしょう。

この牝馬クラシック第2戦を制するのはどの馬になるか、追い切り・調教傾向から検討していきます。

【オークス(優駿牝馬)2020予想】追い切り・調教から見る好走傾向

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

オークス 登録馬
※騎手は現時点の想定

アブレイズ     藤井勘一郎
インターミッション 石川裕紀人
ウインマイティー  和田竜二
ウインマリリン   横山典弘
ウーマンズハート  藤岡康太
エヴァーガーデン  丹内祐次
クラヴァシュドール デムーロ
クリスティ     吉田豊
サンクテュエール  ルメール
ショウナンナデシコ 内田博幸
ショウナンハレルヤ 三浦皇成
スマイルカナ    柴田大知
ソフトフルート   ??
チェーンオブラブ  石橋脩
デアリングタクト  松山弘平
デゼル       レーン
フィオリキアリ   北村宏司
ホウオウピースフル ??
マジックキャッスル 浜中俊
マルターズディオサ 田辺裕信
ミスニューヨーク  加藤祥太
ミヤマザクラ    武豊
リアアメリア    川田将雅
リリーピュアハート 福永祐一
ルトロヴァイユ   ??

フルゲート18頭に25頭が登録。

エヴァーガーデン・クリスティ・ショウナンナデシコ・ショウナンハレルヤ
ソフトフルート・フィオリキアリ・ミスニューヨーク・リリーピュアハートが2/8の抽選対象となっており、ルトロヴァイユは除外対象となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

オークス 予想オッズ

1 デアリングタクト  1.7
2 デゼル       4.8
3 クラヴァシュドール 7.1
4 ミヤマザクラ    10.5
5 リアアメリア    18.1
6 サンクテュエール  18.8

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

想定1人気は新馬⇒エルフィンステークスを勝って挑んだ桜花賞で史上最速3戦目での戴冠を成し遂げた「デアリングタクト」。

先行有利の重馬場を上がり最速で後ろから突き抜けた末脚はただ1頭別格という印象を受けた桜花賞。

無敗のオークス馬はグレード制導入以降、2006年カワカミプリンセス・2019年ラヴズオンリーユーの2頭のみ。

先日改めて最強牝馬を印象付けたアーモンドアイすら達成できなかった無敗の2冠馬に輝くことができるか。

想定2人気は3月の未勝利戦でデビューし、スイートピーステークスで2連勝を決めたこちらも無敗の「デゼル」。

スイートピーステークスでは後方待機策を選んだ馬が軒並み伸びあぐねる中、唯一外から伸びたのがこの馬。

レースの上がり3F33.5秒を1秒も上回る32.5秒というキレを披露しました。

桜花賞には間に合わなかった良血牝馬が、史上最速3戦目の樫の女王の座を掴み取ると事ができるか。

さらに元々はオークスには騎乗する予定のなかった5週間で21勝を積み上げたレーン騎手の継続騎乗というのも大きなプラス材料でしょう。

それ以下、桜花賞4着馬「クラヴァシュドール」・5着馬「ミヤマザクラ」・6着「サンクテュエール」、2歳時は将来を渇望された「リアアメリア」などが続く一戦となります。

 

それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

3歳牝馬としては春のラストレース。

有力各馬はここに渾身の仕上げで臨んでくることでしょう。

2400mという距離からウッドコースを長めに追われる方が良いイメージがありますがどういう傾向がでるか。

厩舎の勝負パターンも踏まえて考えていきたいところですね。

2019年
1着 ラヴズオンリーユー
栗坂 54.7-40.2-26.2-12.8 馬なり
2着 カレンブーケドール
美南W 67.3-52.4-38.-12.5【2】馬なり
3着 クロノジェネシス
栗CW 84.3-68.1-53.0-38.8-11.7【8】馬なり
2018年
1着 アーモンドアイ
美南W 85.0-68.9-53.6-39.0-12.0【7】馬なり
2着 リリーノーブル
栗CW 79.3-62.6-49.3-36.4-11.8【7】一杯
3着 ラッキーライラック
栗CW 86.0-69.2-53.8-39.1-11.5【5】稍一杯
2017年
1着 ソウルスターリング
美南W 68.4-52.8-38.7-12.4【6】馬なり
2着 モズカッチャン
栗坂 54.8-40.0-25.6-12.4 一杯
3着 アドマイヤミヤビ
栗坂 55.0-40.4-27.1-13.6 馬なり
2016年
1着 シンハライト
栗坂 53.6-39.2-25.6-12.8 末一杯
2着 チェッキーノ
美南W 68.8-53.2-39.4-12.5【7】馬なり
3着 ビッシュ
美南芝 67.7-52.4-38.3-11.8【2】馬なり
2015年
1着 ミッキークイーン
栗CW キリで見えず 稍一杯
2着 ルージュバック
美南W 52.6-36.7-12.1【2】馬なり
3着 クルミナル
栗坂 54.3-39.2-24.9-12.1 強め

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

栗東CW仕上げ:21頭中4頭好走。

栗東坂路仕上げ:28頭中5頭好走。

美南W仕上げ:19頭中5頭好走。

美浦坂路仕上げ:0頭中0頭好走。

その他仕上げ:4頭中1頭好走。

好走率としては、美南W仕上げ>その他仕上げ>栗東CW仕上げ>栗東坂路仕上げとなっています。

好走数・好走率共に、栗東CW・美南Wのウッドコース仕上げ馬が高いという結果がでました。

【栗東CW仕上げ】でレースに臨んだ馬の内、4頭中3頭は6ハロン追いでした。

2015年1着ミッキークイーンは『キリで見えず』ということですが、池江厩舎であることを加味すると4ハロン追いであった可能性が高いかな、とは思います。

しかし、これは池江厩舎の勝負パターンでもあるので度外視できるもの。

そうすると、栗東CWで仕上げ馬は「6ハロンの長め」を追われることが良さそう。

2017年3人気リスグラシューは栗東CW仕上げの4ハロン追いで着外。

2016年3人気エンジェルフェイスは栗東CW仕上げの5ハロン追いで着外。

という結果からも「6F追い」というのが重要であることが分かります。

【栗東坂路仕上げ】で好走した馬は5頭。

人気からも人気薄からも好走があります。

しかし、人気で凡走が目立つのがこの追い切りパターンになります。

2018年3人気6着サトノワルキューレ

2015年2人気10着レッツゴードンキ

などが人気に推されて着外に凡走しています。

2017年3着のアドマイヤミヤビにしても2人気であったことを考えると人気以下の着順になっており、人気で信頼できない追い切りパターンと考えることが出来ます。

栗東坂路仕上げの馬は人気がない方が良いというのは覚えておきたいポイントですね。

最も好走数・好走率ともに高い【美南W仕上げ】。

これには輸送距離が短いということも1つの要因としてありそうです。

過去5年出走馬4~7頭中1頭は馬券に絡んでいるように、軸には最適というイメージでしょうか。

あとはどの馬が馬券に絡むか、というところ。

好走した6頭の内、5頭は「5ハロン以上の長め」を追われていたことに注目。

そして、唯一「4ハロン追い」から好走した2015年2着ルージュバックは〝1週前美南W6F追い⇒最終美南W4F仕上げ〟という大竹厩舎の勝負パターン仕上げを施されていました。

美南W仕上げ馬も「5ハロン以上の長め追い」が必須というイメージですね。

【その他仕上げ】からは2016年5人気3着ビッシュが好走しました。

しかし、厩舎の勝負パターンというわけでもないですし、イレギュラーとして考えるのがいいかもしれません。



オークス2020 まとめ

2400mという距離から、やはりウッドコース仕上げが優勢傾向。

【栗東CW仕上げ】は「6ハロンの長め」を追われていることが重要ポイント。

厩舎の勝負パターンなら4ハロン追いでもOKというイメージで。

【栗東坂路仕上げの】人気馬は信頼度が低くなっています。

評価を上げるなら人気がない方というイメージで。

【美南W仕上げ】は「5ハロン以上の長め」を追われていることがポイントとなっています。

このレースの追い切りポイントとしては栗東・美浦問わずいかにウッドコースの長めを追われているか、というところになります。

 

「デアリングタクト」はここまで栗東CW仕上げ、栗東坂路仕上げを経験しています。

今回はどちらのパターンで来るか。

追い切り傾向からは栗東CW仕上げが良い印象ではあるものの、杉山厩舎の勝負パターンとして〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟というパターンがあります。

「デゼル」はここまで栗東CW仕上げ、栗東坂路仕上げを経験しています。

今回はどちらのパターンで来るか。

追い切り傾向からは栗東CW仕上げが良い印象ではあるものの、友道厩舎の勝負パターンとして〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟というパターンがあります。

「クラヴァシュドール」の栗東CW仕上げ、栗東坂路仕上げを経験しています。

今回はどちらのパターンで来るか。

追い切り傾向からは栗東CW仕上げがベターな印象です。

「ミヤマザクラ」はここまで栗東坂路仕上げが中心となっています。

ここも栗東坂路仕上げが濃厚と考えられます。

好走傾向からはマイナスパターンになります。

「リアアメリア」はここまで栗東CW仕上げと栗東芝仕上げを経験しています。

中内田厩舎は勝負パターンとして芝を使ってくるのでこのレースでどの仕上げでくるか。

追い切り傾向から考えれば栗東CW仕上げがベターの印象です。

「サンクテュエール」はここまで美南W仕上げと美浦坂路仕上げを経験しています。

藤沢和雄厩舎+ルメール騎手+美南W仕上げ+外厩:ノーザンF天栄というのは現代競馬の王道パターンです。

追い切り傾向からも特に不安はないでしょう。

 

それでは最後に、1週前時点の注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

好走傾向からは長め追いの美南W仕上げになりそうなこの馬に注目。

 

今だけの特別なお知らせ!!

今、登録するだけで有料ポイントが無料で手に入るお得サイト

無料でも十分な情報量と予想を提供しているサイトですが、
期間限定で本来なら有料でしか手に入らない情報が無料で見ることが出来ます。

もらえる有料ポイントが多い競馬サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
登録するなら今がチャンスです!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】勝馬定石
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★★

無料登録で約8万円分のポイント、1000ポイントが受け取れます。

無料の3連複情報がどのサイトよりも!強烈!

過去の実績では「3連複15点」で何度も万馬券的中に成功。
中には100万円を越えた結果も。

先ずは「無料」の3連複情報:勝負馬券で、「他社との違い」をご体感下さい。

無料で有益な情報が手に入るこのサイトはオススメ度No.1
【URL】http://katiuma-no-jyouseki.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】競馬報道
オススメ度★★★★
もらえるポイント★★★★

無料登録で約5万円分のポイント、500ポイントが受け取れます。

今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!
【URL】http://keibahoudou.com/

――――――――――――――――――――

【第3位】キングダム
オススメ度★★★
もらえるポイント★★★★★

無料登録で5000ポイントが受け取れます!!

元JRA厩務員「笹原正行」監修の競馬サイト。

元JRA関係者だからできる情報を提供してくれるサイトです。

いかに勝てるかに重きを置いた情報収集しているおすすめサイトです!
【URL】http://king-dom.net/