【オークス2019予想】追い切り・調教分析~追い切りから狙える穴馬~

Pocket

今回はオークス2019(優駿牝馬)予想:追い切り・調教分析~追い切りから狙える穴馬~を中心とした記事を書いていきます。

桜花賞馬グランアレグリアがマイル路線へ矛先を向けたことで桜花賞馬不在で迎える今年のオークス。

それもあって今年のオークスは混戦模様となっています。

それでも過去10年、前走桜花賞組が8勝と圧倒的な成績を残しており、中心となるのはこの組でしょうか。

続くのは忘れな草賞2勝、フローラステークス組1勝となっています。

外厩全盛時代でGⅠへ直行するというローテーションも増えており、今年はフラワーカップからの直行組でコントラチェックも人気を集めそうな一戦です。

果たしてどの馬がオークス馬の称号を手にするか、追い切り観点から検討していきます。

それでは、オークス2019(優駿牝馬)予想:追い切り・調教分析に入っていきましょう。

LINE@・Twitterでも情報を発信しています。

是非、参考にしてみてください(^^)/

☟☟友達追加待っています☟☟

☟☟フォローよろしくお願いします☟☟

【オークス2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

オークス 枠順配置

 1- 1 ジョディー     武藤雅
 1- 2 クロノジェネシス  北村友一
 2- 3 コントラチェック  レーン
 2- 4 シェーングランツ  武豊
 3- 5 エールヴォア    松山弘平
 3- 6 アクアミラビリス  藤岡佑介
 4- 7 シャドウディーヴァ 岩田康誠
 4- 8 ダノンファンタジー 川田将雅
 5- 9 ウインゼノビア   松岡正海
 5-10 カレンブーケドール 津村明秀
 6-11 シゲルピンクダイヤ 和田竜二
 6-12 ウィクトーリア   戸崎圭太
 7-13 ラヴズオンリーユー デムーロ
 7-14 フェアリーポルカ  幸英明
 7-15 ノーワン      坂井瑠星
 8-16 ビーチサンバ    福永祐一
 8-17 メイショウショウブ 池添謙一
 8-18 フィリアプーラ   丸山元気

東京芝2400m

日本ダービーやジャパンカップなど日本を代表するGⅠが行われる舞台だけあって、真の実力が問われるタフなコース。

スピード、スタミナ、底力など総合力が問われるコースとなっています。

多頭数になると外枠はやや不利なコース形態。

最後の直線は約530m、加えて直線半ばで急坂を有するコースで、差し・追い込みが決まるコース。

末脚勝負になりやすく、スピード豊富でキレのある瞬発力を持つ馬が好走傾向にあります。

 

追い切り・調教から見る好走傾向

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

2400mという距離を含めて、やはりウッド仕上げが優勢傾向。

栗東CW仕上げ馬は6Fの長めを追われていることが重要ポイント。

厩舎の勝負パターンなら4F追いでもOKというイメージで。

栗東坂路仕上げの人気馬は信頼性が薄くなっています。

評価を上げるなら人気がない方というイメージ。

美南W仕上げ馬は5F以上の長めを追われていることがポイントとなっています。

このレースの追い切りポイントとしては栗東・美浦問わずいかにウッドの長めを追われているか、というところですね。

詳しい好走傾向分析は下記の記事をご覧ください☟☟

⇒ オークス 追い切り・調教から見る好走傾向

 

追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

クロノジェネシス

《1週前追い切り》
北村友 栗CW 良 85.1 68.9 54.0 39.9 12.6【9】馬なり
サマーセント(3歳500万)1.8秒追走アタマ先着

《最終追い切り》
北村友 栗CW 良 84.3 68.1 53.0 38.8 11.7【8】馬なり
サマーセント(3歳500万)2.0秒追走0.1秒先着

追い切り考察

厩舎では特に負荷を掛けることなく馬なり中心。

今走もこれまで通り馬なり中心の追い切り過程を踏まれています。

ここまでの全戦と変わらず外厩経由の厩舎馬なり仕上げという追い切りパターンで、順調に来ているという印象です。

追い切りの内容としても併せ馬で大きく僚馬を追走してラスト捉えきるという内容で、距離延長に備えた内容となっています。

ラストの伸び脚も申し分なく、春ラストの一戦をしっかり仕上げてきたとみていいでしょう。

追い切り傾向からも文句ナシの栗東CW6F追いとなっています。

 

コントラチェック

《1週前追い切り》
助手 美南W 稍 44.6 13.7【4】馬なり

《最終追い切り》
杉原 美南W 稍 69.9 53.5 39.7 12.8【7】馬なり
ドラゴンストーム(障害オープン)1.0秒追走同入

追い切り考察

外厩先はノーザンF天栄、厩舎ではウッドと坂路の併用で調整されるというまさに藤沢和雄厩舎という感じの馬。

1点珍しかったのは2走前まで〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟という、仕上げが坂路追いになっていたこと。

藤沢和雄厩舎と言えば、レイデオロに代表されるように〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟がメインですからね。

その中でようやく前走から藤沢和雄厩舎なりの〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟で調整されるようになりました。

そして今走も変わらずウッド中心の追い切り過程。

追い切り傾向からも問題なく、追い切り面から嫌う材料はなさそうです。

 

ダノンファンタジー

《1週前追い切り》
調教師 栗坂 良 56.7 41.0 25.9 12.9 馬なり

《最終追い切り》
川田 栗坂 良 55.4 40.3 25.9 13.1 馬なり

追い切り考察

ここまでの仕上げパターンとしては、

〝1週前栗坂追い⇒最終ウッド仕上げ〟

〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟

〝1週前ウッド追い⇒最終栗坂仕上げ〟

〝1週前ウッド追い⇒最終芝追い仕上げ〟

という様々なパターンで追い切りを敢行されています。

中内田厩舎自身決まったパターンがないので、そこの判断が難しいところではあります。

そして今走は〝1週前坂路追い⇒最終坂路仕上げ〟という初めての追い切りパターンを踏んできました。

そしてそして日曜追いで栗東CWでしっかりと時計を出しているという、相当なイレギュラーパターンを取り入れています。

ここで追い切りパターンを大幅に変えてくる理由は何なのか。

なにかしらの不安が見え隠れします。

時計を出すという点で見ても日曜追いのウッド追い1本のみ。

ここに向けて渾身の仕上げで臨んでいる他馬から見れば明らかに見劣る内容となっています。

追い切り傾向からもマイナスの栗東坂路仕上げになっている点を考えても、ここは重視しにくいという評価です。

 

シゲルピンクダイヤ

《1週前追い切り》
調教師 栗坂 良 53.7 38.9 25.0 12.2 一杯
セロシア(3歳500万)0.9秒追走1.4秒先着

《最終追い切り》
調教師 栗坂 良 53.2 38.7 24.9 12.4 馬なり

追い切り考察

これまで通り、プール調整を挟みつつ坂路中心に調整されています。

チューリップ賞⇒桜花賞の春2戦は馬なり調整が中心でビッシリと負荷を掛けることはありませんでした。

その中で今走は1週前に併せ馬+負荷一杯という追い切りを施されました。

むしろこの春2戦が渡辺薫彦厩舎にしては珍しく負荷を掛けていなかった事を考えると春最後の一戦という事で、兎に角仕上げに拘ったという内容になっていますね。

追い切り内容は申し分ナシという雰囲気。

マイナス面としてはオークスとは相性の悪い栗東坂路仕上げになっていること。

このマイナス面を振り払ってまで好走出来るかどうか。

 

ウィクトーリア

《1週前追い切り》
調教師 美南W 良 56.0 41.3 13.4【8】馬なり

《最終追い切り》
戸崎 美南W 稍 51.5 38.0 12.4【6】馬なり
デピュティプライム(古馬1000万)1.0秒追走0.4秒先着

追い切り考察

新馬戦は函館滞在。

2戦目札幌2歳ステークスは札幌滞在。

3走目~4走目は〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟という追い切りパターン。

そして5走目となる前走は〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟という追い切りパターンを踏んでいました。

その中で今走は前走と同じく〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟という追い切りパターンとなりました。

前走がこの馬のベストパフォーマンスであったことをこの追い切りパターンはプラス評価していいでしょう。

やはり美浦の場合はウッドの方が負荷が掛かるという側面もあるので、馬が成長したとも思えますね。

不安な点としては、追い切り傾向に合致しない4F追いになっている点。

1週前追い切りから4F追い⇒4F追いとなっており、これは追い切り傾向から見れば相当なマイナスパターンです。

 

ラブズオンリーユー

《1週前追い切り》
デムーロ 栗CW 良 80.9 65.4 51.3 37.9 11.4【8】一杯
エントシャイデン(古馬オープン)0.6秒追走0.5秒先着

《最終追い切り》
坂井瑠 栗坂 良 54.7 40.2 26.2 12.8 馬なり

追い切り考察

ここまで3戦の仕上げパターンは、

初戦〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟

2走目〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟

忘れな草賞〝1週前坂路追い⇒最終坂路仕上げ〟

と、全て異なる追い切りパターンを踏んでいます。

矢作厩舎は坂路中心に仕上げてくることを踏まえると、厩舎としては珍しいパターンですね。

その中で今走は2戦目と同じ〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

この追い切りパターンで結果を残していますし、しっかり時計も3本出せているので特に不安はなさそうです。

 

オークス2019 追い切りから狙える穴馬

それでは最後に追い切りから狙える穴馬を2頭ランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

穴1

《1週前追い切り》
福永 栗CW 良 83.6 67.7 52.0 38.0 11.3【7】一杯
ポポカテペトル(古馬オープン)1.0秒追走0.4秒先着

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 70.6 54.3 39.5 12.6【3】馬なり

追い切り考察

ここで初めての〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

友道厩舎と言えば、昨年のワグネリアンに代表されるように〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟が勝負パターン。

前走の桜花賞でもこの馬自身この追い切りパターンを採用されていました。

しかしここでは異なる追い切りパターンを選択してきました。

距離を意識してのウッド追いということを考えれば納得はいくものの、、、というところですね。

負荷の面ではトレンドパターンを踏んでいるので特に評価を大きく下げることはないでしょう。

人気落ちが予想されるここは十分狙いが立つ一頭です。

 

穴2

《1週前追い切り》
助手 美南W 稍 83.8 68.5 53.6 39.8 13.4【7】馬なり
リサオブザナイル(3歳未勝利)0.8秒先行同入

《最終追い切り》
調教師 美南W 稍 83.3 67.3 53.0 38.8 13.0【6】馬なり
リサオブザナイル(3歳未勝利)1.2秒追走同入

追い切り考察

これまで通り、ウッド中心の追い切りを踏まれています。

その中で、初の〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド6F仕上げ〟という追い切りパターンを踏まれました。

これは明らかに距離を意識してのものでしょう。

追い切りの本数自体は2本のみと少なめですが、ノーザンF天栄を経由していますし、併せ馬で負荷も掛けられています。

追い切り傾向に合致するウッド長め追いにも該当しますし、穴として面白い一頭なので狙いたいですね。

 

最近勢いに乗る口コミで話題沸騰のオススメ競馬予想サイトを紹介!

最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」
「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。
確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。
そんな皆様のために、今回は

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる!」
「信頼して長く使える!」

おすすめ予想サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

――――――――――――――――――――

【第1位】うまとみらいと
オススメ度★★★★★

3つのコンテンツを集結させた競馬予想サイト。

■競走馬の実力が一瞬でわかる【うまコラボ】
■的中率90%の反則技【競馬の殿堂】
■穴馬一筋15年が魅せる穴馬【ヒットメイク】

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で有益な情報が多いこのサイトがオススメ度No.1。
【URL】https://miraito.collabo-n.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】ギャロップジャパン
オススメ度★★★★

このサイトの魅力は無料コンテンツが充実していることに尽きます。

開催レースから勝負の1鞍❝鉄板レース❞
開催レースから勝負の1鞍❝穴超注目馬❞

この2コンテンツは要注目!

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!

<<重賞情報提供のみ先着順になります>>
【URL】http://gallopjapan.jp/

――――――――――――――――――――

【第3位】キメルケイバ
オススメ度★★★★

【当てるため・稼ぐため・勝つため】の競馬サイト。

元馬主、元厩務員、元騎手、元調教師、現役トラックマン
など、数々の情報元と独自の繋がりを持っています。

だからこそ当たる情報を無料で提供してくれるサイトです。

◯ 競馬初心者でもOK
◯ 競馬の知識が無くてもOK

指定の買い目通りに買うだけで、的中を目指せるので初心者に特にオススメです!
【URL】http://kimerukeiba.com/