【クイーンステークス2019予想】追い切り・調教分析~本命馬は札幌芝で超絶の動きを披露~

Pocket

今回はクイーンステークス2019予想:追い切り・調教分析~本命馬は札幌芝で超絶の動きを披露~を中心とした記事を書いていきます。

昨年はディアドラ・一昨年はアエロリットと、近年はGⅠ馬が出走してしっかり勝利を収めています。

それ以前の2年は9人気メイショウスザンナ・7人気マコトブリジャールが優勝。

メンバーレベルによって波乱も起こるレースですね。

夏場の数少ない牝馬限定重賞という事で、夏の女王決定戦の意味合いも持つ一戦をどの馬が制するか。

今年はGⅠ馬の出走はなく、秋にGⅠ獲りを目指す馬たちの戦いを追い切り・調教観点から検討していきます。

【クイーンステークス2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

クイーンステークス 枠順配置

 1- 1サトノガーネット  牝4 ルメール
 2- 2リリックドラマ   牝5 菱田裕二
 3- 3フロンテアクイーン 牝6 三浦皇成
 3- 4ダノングレース   牝4 蛯名正義
 4- 5メイショウショウブ 牝3 池添謙一
 4- 6スカーレットカラー 牝4 岩田康誠
 5- 7シャンティローザ  牝5 藤岡康太
 5- 8フィニフティ    牝4 吉田隼人
 6- 9リンディーホップ  牝4 荻野極
 6-10ウインファビラス  牝6 松岡正海
 7-11エイシンティンクル 牝6 武豊
 7-12ウラヌスチャーム  牝4 藤岡佑介
 8-13ミッキーチャーム  牝4 川田将雅
 8-14カリビアンゴールド 牝5 柴山雄一

札幌芝1800m

正面スタンド前からスタートするコース。

スタート後すぐにコーナーがあるので、外枠よりも内枠の方が有利になります。

高低差がほとんどない平坦なコース。

そして、コーナーを4つ回る小回りコースで最後の直線が短い、という逃げ・先行馬が有利な条件揃い踏みとなっています。

その為、多少ペースが速くなっても追い込みが決まるという事は少ないです。

コーナーを4つ回るという事で小回り適正も重要。

さらには時計の掛かる洋芝が使われているので、洋芝適正も重要なコースとなっています。

 

追い切り・調教から見る好走傾向

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

〝函館W仕上げ〟は最も好走数の多い仕上げパターンとなっています。

そして上位人気から毎年1頭好走馬を輩出しており、反対に毎年1頭の凡走馬が出ています。

ここの取り捨てを上手くすることが的中に近付く一歩になりそうです。

〝函館芝仕上げ〟は出走頭数自体が少なく、目立った傾向はありません。

〝札幌芝仕上げ〟からは人気に推されての凡走が目立つパターンです。

高配当演出パターンはこの仕上げからの人気薄が好走することです。

〝札幌ダート仕上げ〟は『最終追い切り札幌ダートで6Fの長め追い』でこのレースの特注パターンに該当します。

これに該当する馬の好走率は50%とかなりの高水準となっています。

詳しい好走傾向分析は下記の記事をご覧ください☟☟

⇒ クイーンステークス 追い切り・調教から見る好走傾向

 

追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【サトノガーネット】

《1週前追い切り》
川島信 函館W 良 66.7 51.7 37.7 12.7【2】馬なり

《最終追い切り》
川島信 函館W 良 55.7 39.5 12.5【4】馬なり

追い切り考察

前走後はそのまま函館滞在でレースに臨みます。

中2週で中間は追い切りは2本の追い切りを消化しました。

気になる点としては、前走は函館輸送があった中で最終追い切り強めの負荷を掛けていました。

しかし、今走は滞在競馬になるにも関わらず、中間は馬なり調整のみ。

これは不安なところ。

矢作厩舎と言えば負荷を掛けてなんぼ、というところもありますからね。

前走マイナス6kgで428kgの小型馬ということを考えると馬体を戻すという意味合いもあるのかもしれません。

この軽めの内容で、滞在競馬でも馬体が減ってくるようだと少し心配ですね。

 

【フロンテアクイーン】

《1週前追い切り》
助手 札幌ダ 良 66.8 52.0 38.0 11.8【9】強め
ダノングレース(古馬オープン)1.7秒先行同入

《最終追い切り》
三浦 札幌芝 良 64.5 50.1 36.1 11.8【6】馬なり
ボスジラ(古馬1勝)0.6秒先行0.1秒先着

追い切り考察

この馬は厩舎にいるときから追い切りパターンはまちまち。

坂路仕上げになる事もあれば、ウッド仕上げになる事もある馬です。

今走は休養明け、放牧先から直接札幌入りしています。

札幌入り後は5本の追い切りを消化し、併せ馬も3本行われています。

乗り込み量としては厩舎にいると比べると多少、少ないかなという印象を受けます。

内容に関しては特に可もなく不可もなくといった印象ですね。

昨年はレースの1か月前に入厩。

放牧先から一度厩舎に入れられて美浦で乗り込まれてからの臨戦で、追い切りの本数としてはtotal10本の追い切りを消化していました。

この点を踏まえると昨年と比べると勝負度合いとしては昨年の方が高かった印象は受けます。

追い切りから狙いたいという水準ではなく、あくまで押さえ候補の一頭という評価ですね。

 

【ダノングレース】

《1週前追い切り》
助手 札幌ダ 良 65.1 51.2 37.6 11.8【8】馬なり
フロンテアクイーン(古馬オープン)1.7秒追走同入

《最終追い切り》
蛯名 札幌 良 66.2 50.8 36.9 12.7【8】馬なり
ロジスカーレット(古馬2勝)1.0秒追走0.2秒先着

追い切り考察

厩舎では美南Wを中心に追い切りを行われています。

今走はノーザンF天栄から直接札幌入りしており、札幌ではtotal4本の追い切りを消化。

追い切りの本数としては少ない印象も受けますが、中身はしっかりしたものとなっています。

4本の内、3本は5Fの長めを追われてその3本共に併せ馬を行われています。

ノーザンF天栄+長めの追い切り+併せ馬+馬なり調整というのは国枝厩舎の好走パターンでもあります。

時計面としては目立つものではありませんが、これで十分といった印象を受けます。

これが人気落ちして狙るなら穴で面白い一頭として狙いが立ちます。

 

【メイショウショウブ】

《1週前追い切り》
池添 函館W 良 66.6 52.2 38.0 11.8【7】一杯

《最終追い切り》
池添 札幌ダ 良 40.6 12.0【8】馬なり

追い切り考察

放牧先から直接函館入りし、函館で3本の追い切りを消化した後、札幌に移動して最終追い切りを行われています。

この馬としては初の北海道遠征となります。

厩舎では1週前追い切りで栗東CW長めを追われて、最終追い切りを栗東坂路でまとめるのがこの馬の追い切りパターン。

そういうところでは、最終追い切り札幌ダートで短めに追われたことは納得という感じ。

しかし、坂路とダートではかかる負荷に違いがあるので、この最終追い切りはほぼ負荷の掛かっていないものとなっています。

厩舎では強さ面でも負荷を掛けることが多いですし、併せ馬の本数もしっかりこなしてレースに臨んでいます。

それが今走は1週前こそ一杯に負荷を掛けていますが、それ以外は全て馬なり。

さらに併せ馬も2週前追い切りの1本のみと少ない印象です。

負荷の面でいつもより軽くまとめられている点は否めず、追い切りからは評価を下げたい一頭です。

 

【スカーレットカラー】

《1週前追い切り》
太宰 栗CW 良 82.1 65.2 50.0 36.6 11.6【7】一杯

《最終追い切り》
長岡 札幌芝 69.4 52.7 37.8 11.9【8】馬なり

追い切り考察

これまで最も多い仕上げパターンとしては〝1週前栗東CW6F追い⇒最終栗東CW4F仕上げ〟となっています。

今走は1週前に札幌入り。

1週前追い切りまでは栗東CWで5本の追い切りを消化されています。

そして札幌入り後は札幌芝で1本追い切りを行われています。

初の札幌遠征というところで過去との比較はできないですね。

内容を目を向けると、1週前追い切りは栗東CWで好時計を叩いています。

しかし、これはこの馬の通常水準。

最終追い切りは札幌芝で軽く流される程度の追い切り。

追い切り過程からは特に目立つところもなく、この馬なりという評価です。

 

【エイシンティンクル】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
助手 札幌芝 良 14.5 馬なり

追い切り考察

厩舎では〝最終栗東CW仕上げ〟・〝最終坂路仕上げ〟のパターンがあります。

今走は放牧後、厩舎に入厩して坂路とウッドの併用で追い切りを進められていました。

厩舎での最後の追い切りは7/10。

そこから間隔が空いて、最終追い切りの札幌芝での追い切りまで追い切り記録がありません。

これは明らかに異例のこと。

最終追い切りも短い距離を流すだけというところで、追い切りからは狙えない追い切り過程となっています。

 

【ミッキーチャーム】

《1週前追い切り》
助手 札幌芝 良 79.2 63.2 49.6 36.0 11.8【8】強め

《最終追い切り》
調教師 札幌芝 良 64.4 50.2 36.8 11.3【7】馬なり
サンドル(3歳未勝利)0.6秒追走同入

追い切り考察

坂路とウッドで乗り込まれて〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟がこの馬の追い切りパターンになっています。

今回は札幌遠征前に坂路で2本、栗東CWで1本追い切りを行われています。

そして札幌遠征後は〝1週前札幌芝追い⇒最終札幌芝仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

〝札幌芝仕上げ〟というのは追い切り傾向からはマイナスパターンになります。

ただし、中内田厩舎はトレセンでの追い切りで栗東芝仕上げを勝負パターンに使ってくることもあります。

この芝仕上げを勝負しパターンと同等に考えていいのかどうか、、、そういう点では評価の難しい一頭ですね。

昨年夏に札幌で1000万下を勝ち上がった際は、札幌ダートで追い切りを行われていました。

その点も追い切りパターンとしては今回と違いますね。

追い切り内容としては1週前に強めに負荷を掛けて、最終追い切りは終い重点。

最終追い切りのラスト1F11.3秒は十分に評価のデキる水準。

それでも芝ということを考えれば破格というものでもなく、この馬の力を考えれば出せる時計という感じ。

この馬としてはいつも通りの水準と考えるのが妥当という印象です。

 

クイーンステークス2019 狙いたい本命馬

それでは最後に狙いたい本命馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 美坂 重 52.8 38.5 25.4 13.0 叩き一杯
シャンデリアムーン(古馬3勝)0.6秒追走0.2秒遅れ

《最終追い切り》
藤岡康 札幌芝 良 75.0 61.1 48.1 34.9 11.4【5】一杯
アラスカ(古馬1勝)1.9秒追走1.0秒先着

追い切り考察

坂路とウッドで乗り込まれて〝1週前美南Wor美浦坂路追い⇒最終美南W仕上げ〟というのがこの馬の追い切りパターン。

今走は札幌遠征前に美浦坂路で3本の追い切りを消化されています。

そして札幌遠征後に札幌芝で追い切りを1本行われています。

最終追い切りは輸送後にも関わらずビッシリ負荷を掛けられて札幌芝で超好時計を記録。

まずはこのことから輸送疲れというものはないという印象を受けますね。

基本的には追い切り傾向からはマイナスの〝札幌芝仕上げ〟。

それでもここまで破格の超時計を叩かれると買いたい気持ちになりますね。

全体時計75.0秒は当週札幌芝で追い切りを行った馬の中でダントツのNo.1。

4Fで見ても次点を1秒近く離してのNo.1。

それでいてラスト1Fを11.4秒と、最後までラップを落とさない超好内容となっています。

 

新サイト入稿しました!!

今回ご紹介するのは「オアシス」と「J.H.A」に続いて「グロリア」というサイト。

これらのサイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

※オアシス・J.H.Aは募集終了となりました。グロリアもすぐに募集終了となると思いますので登録はお早めに!

――――――――――――――――――――

【グロリア】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

投資競馬の最高峰とも言えるサイト。

リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益化を物語っています。

今なら無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。

他サイトで満足できなかった方は試す価値あり!

口コミ情報でも評価の高いグロリアは必見です!
【URL】http://glo-ria.com/

――――――――――――――――――――

【J.H.A】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は「少点数」で的中を狙うというハイレベルな予想にあります。

的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。
まさに「ローリスクハイリターン」。

毎週無料予想が提供されるので参考にしてみては!?
【URL】http://www.j-h-a.net/

――――――――――――――――――――

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/