【クイーン賞2020予想】追い切り・調教分析~買える5頭~

Pocket

今回はクイーン賞2020予想:追い切り・調教分析~最終見解を中心とした記事を書いていきます。

12/3(木) 船橋競馬11R 20:05発走

船橋競馬場ダート1800mで行なわれるJpnⅢハンデ戦になります。

例年JBCレディスクラシックで格上に挑戦しながらも、その壁に跳ね返された馬たちの戦いになるクイーン賞。

加えてハンデ戦で行われるという事で波乱必死のレースと言えるでしょう。

今年はトップハンデが地方馬のサルサディオーネ(元JRA馬ではありますが)。

これを考えても能力は横一線で、デキが大きく作用しそうな一戦です。

そんなクイーン賞を追い切り・調教観点から検討していきます。

【クイーン賞2020予想】追い切り・調教分析~買える5頭~

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

クイーン賞 枠順配置

 1- 1ラインカリーナ   牝4 森泰斗 浦和
 2- 2ナムラメルシー   牝6 川島正太郎 大井
 3- 3パールデュー    牝4 丸山元気 美浦
 3- 4メモリーコウ    牝5 古川吉洋 栗東
 4- 5ステラモナーク   牝3 藤本現暉 兵庫
 4- 6アブソルートクイン 牝4 今野忠成 船橋
 5- 7サルサレイア    牝4 西啓太 川崎
 5- 8アッシェンプッテル 牝4 藤岡佑介 栗東
 6- 9サルサディオーネ  牝6 矢野貴之 大井
 6-10ナラ        牝4 阪上忠匡 笠松
 7-11ペイシャゲラン   牝6 中島良美 愛知
 7-12シネマソングス   牝5 池添謙一 美浦
 8-13アンシンカブル   牝5 福原杏 愛知
 8-14マルカンセンサー  牝5 和田譲治 大井

船橋ダート1800m

ホームストレッチの4コーナーポケット地点からスタートするコースです。

船橋競馬としてはスタートしてから最初のコーナーまで最も長いコースになっており、枠の有利不利はほとんどないと考えていいでしょう。

コーナーを4つ回るので小回り適正というのも重要なポイントの1つです。

ダート戦としては比較的距離の長い1800mという事で、先行争いが激化することは少なくなっています。

その為、4コーナーで前にいる馬がそのまま粘り込むケースが目立ちます。

基本的な狙いは前々から競馬できる逃げ・先行馬という事になります。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【パールデュー】

《1週前追い切り》
助手 美坂 稍 51.9 38.6 25.5 12.5 強め
ボンディングタイム(古馬1勝)0.5秒追走同入

《最終追い切り》
助手 美坂 良 52.6 38.6 25.5 12.7 馬なり
ミャゴラーレ(古馬1勝)0.5秒追走同入

追い切り考察

美浦坂路中心の追い切りを消化しています。

元々水準はそれなりに高い馬でしたが、3走前骨折明けの追い切りから一段と水準を上げています。

ここに成長を感じる追い切り過程となっています。

さすがに骨折明けの一戦は凡走しましたが、その後も追い切り水準の高いまま2連勝を決めています。

今回も追い切りの水準としては上々で相変わらず高いレベルでまとめてきたと言えそうです。

そういう面からは至って順調という雰囲気を感じます。

 

【メモリーコウ】

《1週前追い切り》
古川吉 栗坂 良 55.5 40.7 25.6 12.4 馬なり

《最終追い切り》
古川吉 栗坂 良 50.6 37.3 25.0 12.9 強め

追い切り考察

これまで通り坂路中心の追い切りを消化してきました。

それほど時計をバンバン出すタイプではなく、出そうと思えば出せる馬というイメージ。

平均的に4F54秒台~1F12秒台でまとめる内容がデフォルトとなっています。

この馬の好走スポットはラスト1F12秒台。

全体時計は出さないタイプで、終いを伸ばす追い切りなのでこれくらいは記録してほしいというのが本音でもあります。

今回は最終追い切りでしっかり攻めてきて4F50.6秒の自己ベストを記録してきました。

その中でラスト1F12.9秒でまとめたことはこの馬を考えれば評価できる内容と言えます。

 

【アッシェンプッテル】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 85.0 67.6 53.5 39.4 11.8【8】馬なり
ロードブレス(古馬オープン)0.6秒追走同入

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 83.6 67.7 38.5 12.4【5】馬なり
タガノアクトリス(2歳未勝利)3.1秒追走0.1秒先着

追い切り考察

栗東CWで併せ馬を中心にして馬を作っていくパターンがデフォルトです。

今回もいつも通りのパターンを踏んでいます。

1週前追い切りではロードブレスを相手に追走同入追いきりですが、この馬は攻め駆けしないタイプなので格上とはいえ見た目ほど評価できないかなという印象です。

追い切り的にはレース同様後ろから馬を追いかけて終いで捉えにいくという内容。

概ねこの馬自身やれることはやったという追い切り内容と考えていいでしょう。

 

【シネマソングス】

《1週前追い切り》
助手 美坂 良 53.9 39.0 25.6 12.7 馬なり
ペイシャエヴァー(古馬2勝)0.4秒先行同入

《最終追い切り》
助手 美南W 良 54.8 40.2 12.8【5】馬なり
ピスターシュドール(2歳未勝利)0.8秒追走0.4秒先着

追い切り考察

中間は美南Wと坂路の併用で調整を進められています。

間隔を考えれば1本は速い時計が欲しかったというのが本音ではあります。

デキ上げまでは見えません。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

競馬トップチーム

今なら、無料登録するだけで3万円分のポイントをゲットできるお得期間!

競馬トップチームはある一定のファクターに絞った予想スタイルではなく、
競馬の本質を知る全ての分野のスペシャリストが
それぞれで情報を持ち寄った提供を行う情報サイトです。

まずは、無料情報でお得にポイントをゲットしてみてください!
【URL】https://k-topteam.com/

――――――――――――――――――――

クイーン賞2020 追い切り分析表

過去10年の人気別データでは、

1人気【5-2-0-3】
2人気【2-1-2-5】
3人気【0-3-1-6】
4人気【2-2-1-5】
5人気【0-1-2-7】
6人気以下【1-1-4-73】

JRA勢が強い交流重賞という事を考えると6人気以下からの好走も6頭あり、やはり波乱傾向にあるレースと言えそうです。

過去10年の所属別データでは、

JRA【8-7-4-21】
地方 【2-3-7-79】

となっており、地方馬でもハンデ差を活かして十分勝負になるレースです。

昨年は地方馬クレイジーアクセルが勝利しており、勝利実績も2勝あるというのが驚きでもありますね。

これらを踏まえての地方馬を含めた~最終見解~

『地方版 追い切り分析表』~買える5頭~

※南部杯サンプル

「買い」か「ダメ」か「普通」の3段階評価を多方面から分析している表になります。

追い切り水準・好走パターンから狙える馬をピックアップ。

追い切り評価の高い馬のみを参考にしてもらってもOK、活用方法は様々です。

完全版は下記リンクより購入お願いします。

地方版追い切り分析表 購入リンク

※銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済・楽天ペイなど対応しています。
ご希望の方はLINEに連絡ください。

LINEアカウント
https://lin.ee/LrKfSct

※地方重賞直近実績

【サンタアニタトロフィー】
3人気1着ワークアンドラブ
1人気2着グレンツェント
2人気3着コパノジャッキー
単勝660円
馬連740円
馬単2,080円
3連単7,570円

【JBCレディスクラシック】
2人気1着ファッショニスタ
3人気2着マドラスチェック
1人気3着マルシュロレーヌ
単勝820円
馬連1,970円
馬単4,250円
3連単9,910円

【南部杯】
6人気1着アルクトス
2人気2着モズアスコット
単勝690円
馬連2,980円
馬単7,280円

【東京記念】
買える5頭で3着内独占
3人気1着サウンドトゥルー
7人気2着サブノクロヒョウ
5人気3着リンゾウチャネル
3連複22,570円
3連単160,480円
の大万馬券を記録しています。

 

※新サイト入稿しました!お試し下しさい!

メールアドレスの登録のみで、無料情報を閲覧できます。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【Carry Over】

無料登録で毎週4鞍分の予想が無料提供されます!

さらに加えて、今だけの特典付き!!

1.毎週重賞情報無料
2.特別保証
3.豪華特典

詳しくは下記URL内をチェック!!
【URL】https://keibaover.jp/