【クラスターカップ2020予想】追い切り・調教分析~最終見解

Pocket

今回はクラスターカップ2020予想:追い切り・調教分析~最終見解を中心とした記事を書いていきます。

8/10(月)盛岡競馬10R 16:45発走

盛岡競馬場ダート1200mで行なわれるJpnⅢになります。

昨年はヤマニンアプリメ、一昨年はオウケンビリーヴと牝馬が連勝しているレース。

その前の年は地方馬のブルドックボスが制しており、牝馬や地方馬が勝利している珍しい交流重賞となっています。

夏場のこの時期に行われるという事で、メンバーレベルがそれほど高くないことに起因しているのかもしれません。

過去10年勝ち馬は全て4人気以内から出ており、1人気は【5-1-2-2】と人気馬が圧倒的に強いレースとなっています。

今年はダート1400mのJRAレコード持つスピード馬マテラスカイが人気を集める一戦です。

どの馬が夏の交流重賞シリーズ最初の一戦を制するか、追い切り・調教観点から検討していきます。

【クラスターカップ2020予想】追い切り・調教分析~最終見解

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

クラスターカップ 枠順配置

 1- 1ヒロシゲゴールド  牡5 藤岡康太 栗東
 2- 2アユツリオヤジ   牡6 北村友一 栗東
 3- 3ブルドッグボス   牡8 御神本訓史 浦和
 4- 4サマニー      セ7 陶文峰 岩手
 4- 5ショーム      牡5 横山典弘 美浦
 5- 6スティンライクビー セ8 内田利雄 岩手
 5- 7メイショウアイアン 牡10落合玄太 北海道
 6- 8ブラゾンドゥリス  セ8 高松亮 北海道
 6- 9マテラスカイ    牡6 武豊 栗東
 7-10ミスティカル    牡5 山本聡哉 岩手
 7-11ツルオカボルト   牡9 菅原辰徳 岩手
 8-12トップウイナー   牡4 和田竜二 栗東
 8-13シャドウパーティー セ11高橋悠里 岩手

盛岡ダート1200m

盛岡競馬場は地方競馬では唯一の芝コースがある競馬場としても有名ですね。

盛岡ダートコースは非常に特殊なコースとなっており、1周距離1600m・最大高低差4.4m・最後の直線は300mです。

この最大高低差4.4mというのは地方競馬で最大となっています。

ダート1200mは2コーナーから少しだけシュートに入ったところがスタート地点になっています。

最初のコーナーまでは約500mとなっているので枠順による有利不利は少ないコースです。

スタートしてから3コーナーに差し掛かるまで上り坂が続き、一度下った後、再度直線に坂が待ち構えるのでダート1200mという条件以上にタフなコース。

その為、スピード一辺倒で押し切るのは難しくなっており、1200m以上を走りきるスタミナも必要という条件になっています。

基本的には逃げ先行馬が有利なコースですが、3コーナーから4コーナーにかけての下り坂を利しての捲り差しも決まりやすいコースとなっています。

いずれにせよ、最後の4コーナーで先団に取り付ける馬が勝負圏内。



それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【ヒロシゲゴールド】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 稍 82.6 65.3 50.9 37.3 12.0【7】一杯
サクセスリボーン(3歳未勝利)1.3秒追走クビ遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.5 39.3 25.1 12.2 一杯

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

この追い切りパターンはこの馬の好走パターンとなっており、【4-2-1-1】という成績になっています。

北出厩舎の他のオープン馬といえばグァンチャーレ・サクセスエナジーが厩舎のトップクラスとしていますが、これらの馬も〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟が好走パターン。

厩舎の勝負パターンと言えるでしょう。

これらのことを踏まえて、この追い切りパターンをを踏んできたことは素直に評価できますね。

追い切りの水準としては毎度高めでくる馬というところを考えると、今回はまずまずというところです。

1週前追い切りで大きく追走からとはいえ、格下馬に遅れた点は評価的にマイナスポイントです。

併せ馬が行われる際は競り負ける事が多く、レースにいっての成績もあまり良くありません。

プラスポイントとマイナスポイントをどう考えるかによってこの馬の評価は変わってきそうです。

 

【アユツリオヤジ】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 56.3 38.9 24.5 12.1 一杯

追い切り考察

中間は坂路のみの調整で淡々と乗り込まれるのが特徴です。

今回は間隔が詰まるという事もあって坂路1本のみの調整となりました。

それでもいつも通りビッシリと負荷を掛けられています。

ダートで頭打ちになった雰囲気の中で2走前芝に矛先を向けて3勝クラスを圧勝。

そして再度ダートに戻るという臨戦過程となっています。

追い切りからは2走前にに何か変わりがあったわけでもなく、いつも通りの調整という内容でした。

今回も追い切りからは大きな変わり身はない雰囲気となっています。

 

【ショーム】

《1週前追い切り》
助手 美南W 稍 67.8 52.7 38.6 12.2【7】一杯
ウインイクシード(古馬オープン)1.1秒追走0.1秒遅れ

《最終追い切り》
助手 美南W 良 50.0 36.5 12.1【7】強め

追い切り考察

この馬自身、中間は美南Wパターンと美南Pパターンがあります。

今回は美南Wパターンで追い切りを消化しました。

どちらでも勝ち鞍があり、どちらでもそれほど好走率に変わりはありません。

これまでレースでの距離が長い時は6F以上を追われて、1400m以下の短いときは5F以下で終われるのがパターンとなっています。

2走前の初めての1200m戦は4F追いで最終追い切りをまとめられました。

今回もその追い切りを踏襲されて4F仕上げでレースに臨んでくる形となりました。

追い切りの水準としては大きく変えてくる馬ではないので、この馬なりに順調という雰囲気です。

 

【マテラスカイ】

《1週前追い切り》
調助手 栗坂 稍 50.7 36.7 23.8 11.9 一杯
カミノコ(古馬2勝)0.6秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.1 38.2 24.6 12.6 馬なり
オンザロックス(古馬3勝)0.8秒追走同入

追い切り考察

路でビシビシと調教を行う森秀行厩舎らしい追い切りパターンを使われるのがこの馬のパターン。

森秀行厩舎全般に言えるのですが、坂路で好時計を連発する馬が多いです。

その中でもこのマテラスカイは超好時計を叩くことでも有名。

軽く走っても4F50秒台を叩く、もしくはハロンラップ11秒台を記録する高水準追い切りを消化する馬です。

今走も例に漏れず超好時計を連発しています。

1週前追い切り14.0-12.9-11.9-11.9

最終追い切り14.9-13.6-12.0-12.6

1週前追い切りでは終い2ハロンを11秒台でまとめる超ハイラップ内容となっています。

ただ忘れてはいけないのはこの馬はこのくらいの水準で普通だという事。

時計面は完璧でデキがいいのは間違いなさそうですが、モロさも同居する馬ですのでどこまで信頼するかがポイントですね。

 

【トップウイナー】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 稍 82.4 67.3 52.9 39.5 13.2【7】馬なり
レオンコロナ(古馬2勝)同入

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 84.1 67.8 53.2 39.2 12.5【8】末強め
ガッツィーソート(障害オープン)アタマ先着

追い切り考察

栗東CWと坂路の併用で本追い切りは栗東CW中心という追い切りパターンを踏んできました。

元々は坂路のみの調整ですが、今年に入ってから中間に栗東CWを挟むようになり一気に重賞まで駆け上がってきました。

そういう面ではこの追い切りパターンがこの馬に合っていそうです。

元々の坂路パターンの時から共通しているのは1週前・最終追い切りは「一杯」に負荷を掛けると好走率が上がる事になります。

そういう面で今回は中間終い重点の追い切りになっている事がマイナスポイントです。

前走に比べると相手関係が随分楽なので好走の余地はあるでしょうが、追い切りからは全快ではないと感じます。

――――――――――――――――――――

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

競馬WAVE

「競馬情報サイトって怪しいところが多い」これは紛れもない事実です。
しかし、重要なのはどのようなサイトでも「きっちりと予想が当たること」

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

競馬WAVEでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://keiba-wave.net/

――――――――――――――――――――

クラスターカップ2020 最終見解

人気を集めるのダート1400mのレコードホルダー「マテラスカイ」になるでしょうか。

昨年ドバイ・ゴールデンシャヒーン2着、今年のサウジアカップ2着と海外でも結果を残しており、実績は断然。

しかし、取りこぼしが目立つのも事実。

勝利実績というのは日本レコードを叩きだした2018年のプロキオンステークスまで遡ります。

追い切りは相変わらず動いているので衰えは感じないものの頭信頼までは言い切れないところです。

JRA勢の追い切りを見渡すとここに向けて追い切り万全!という馬はおらず、どの馬も順調には来ている、という雰囲気です。

地方勢からの注目は「ブルドックボス」になるでしょう。

さきたま杯では他馬より重い58kgを背負いながら2着に好走しており、まだまだ衰えはなさそう。

しかしJRA勢が54kg〜55kgを背負う中、この馬は59kgを背負います。

さすがにこの5kg差は大きく、3着争いには加われても勝ち負けまでは厳し印象です。

というわけで、基本的にはJRA勢の戦いと考えて馬券を組みたいところです。

 

それでは最後に、本命馬と対抗評価馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

※おすすめ新サイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料情報を閲覧できます。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【ゴールデン☆スターズ】

土日はもちろん、平日も厳選情報無料公開中!

このサイトの特徴は他のサイトには真似できない「3大特典」

1.的中補償情報付き
2.返金保証
3.無料登録で10000円分のポイントをプレゼント!

無料登録でもらえるポイントで有料情報を閲覧できるのでお気軽に始められます。

詳しくは下記URL内をチェック!!
【URL】https://g-stars.net/