【シルクロードステークス2020予想】追い切り・調教から狙える穴馬!

Pocket

今回はシルクロードステークス2020予想:追い切り・調教から狙える穴馬!を中心とした記事を書いていきます。

春の短距離頂上決戦GⅠ高松宮記念への重要なステップレースとなる一戦。

2018年はこのレースを制したファインニードルが、勢いそのままに春秋スプリント王に輝き、2018年最優秀短距離馬に選出されました。

過去にはストレイトガールやセイウンコウセイ・ロードカナロアが、ここを足掛かりにGⅠ馬へと上り詰めたレースとなっています。

今年の中心となりそうなのは、スプリンターズステークス2着馬モズスーパーフレア。

前走初重賞制覇した短距離界の新生レッドアンシェル。

春のスプリント王に向けて名乗りを上げるのはどの馬になるか、追い切り・調教から検討していきます。

【シルクロードステークス2020予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

シルクロードステークス 枠順配置

 1- 1レッドアンシェル  牡6 フォーリー
 1- 2カラクレナイ    牝6 大野拓弥
 2- 3モズスーパーフレア 牝5 松若風馬
 2- 4ティーハーフ    牡10国分優作
 3- 5ダイシンバルカン  牡8 松田大作
 3- 6エイティーンガール 牝4 四位洋文
 4- 7ラブカンプー    牝5 斎藤新
 4- 8アウィルアウェイ  牝4 川田将雅
 5- 9ラヴィングアンサー 牡6 和田竜二
 5-10ペイシャフェリシタ 牝7 岩田康誠
 6-11ディープダイバー  牡4 酒井学
 6-12ジョイフル     牡6 川又賢治
 7-13ディアンドル    牝4 池添謙一
 7-14セイウンコウセイ  牡7 幸英明
 7-15ナランフレグ    牡4 丸田恭介
 8-16ハッピーアワー   牡4 吉田隼人
 8-17ビップライブリー  牡7 高倉稜
 8-18ダイメイプリンセス 牝7 松山弘平

京都芝1200m

向正面の中ほどからスタートするコースで、内回りコースが使用されます。

スタートしてすぐに3コーナーを迎えるので内枠が有利なコース。

スタート後すぐに登り坂があるのでスプリント戦でもハイペースになる事は少なく、前後半同ラップになるようなミドルペースになりやすくなっています。

内回りコースなので最後の直線も短く、前に行く馬が有利なコース。

このコースで穴をあけるのは内枠+逃げ馬というイメージですね。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

〝栗東CW仕上げ〟は1週前追い切りで栗東坂路を使われており、その追い切りで『4F目が最速になる加速ラップ』を踏まれた馬に注目。

〝栗東坂路仕上げ〟は1週前追い切りor最終追い切りで『4F目が最速になる加速ラップ』を踏む事が最低条件。

特に最終追い切りで加速ラップを踏んでいる馬は◯。

また、最終追い切りで3F目or4F目の1Fラップが11秒台を叩く超ハイラップを記録した馬は勝ち負けを期待。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【アウィルアウェイ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 53.4 38.4 25.0 12.5 一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 重 53.4 38.5 25.2 12.6 一杯

追い切り考察

いつも通り坂路中心の追い切り過程を消化しています。

追い切りの内容としては終い重点が中心で、4F目が加速ラップになる追い切りを消化するのがこの馬の追い切りパターン。

スタートから飛ばしていって好時計、という追い切りになったときは凡走傾向にあります。

これは噛み合いの面があるかもしれませんが、着外に敗れた4戦共にこの追い切りパターンになっています。

今回の追い切りの内容は、

1週前追い切り15.0-13.4-12.5-12.5

最終追い切り14.9-13.3-12.6-12.6

となっており、1週前追い切りは・最終追い切り共に持続ラップという追い切りを消化しました。

持続ラップというところでは可もなく不可もなくというところではあります。

とはいえ、加速ラップでもないという内容。

追い切りからは評価を下げるポイントにはなります。

 

【カラクレナイ】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
助手 栗坂 稍 54.5 39.9 26.2 12.9 馬なり

追い切り考察

栗東CWと栗東坂路の併用で調整されるのがこの馬の追い切りパターン。

そしてスプリンターというところもあり、栗東CWでの追い切りは4Fでの追い切りが中心となっています。

今走は間隔が詰まる分もあってか、栗東坂路での最終追い切りとなりました。

この追い切りパターンは1年前の2019年2月に出走した京都牝馬ステークスまで遡ります。

さらにその前となると2歳戦まで遡る事になります。

追い切りパターンとしては少なくともプラスではないかなという印象です。

レース間隔が詰まるので追い切りの内容は軽めになっており、内容について特に可もなく不可もなくといったところ。

好走傾向に合致する加速ラップは踏まれているので、評価としては押さえ候補の一頭というイメージです。

 

【ディアンドル】

《1週前追い切り》
池添 栗坂 良 52.4 37.8 24.2 12.0 馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 稍 54.6 37.4 24.2 12.3 馬なり

追い切り考察

ここまでは栗東坂路中心の追い切り過程を踏まれています。

今走も変わらず栗東坂路で追い切りを消化してきました。

内容としては1週前追い切りである程度時計を出して、最終追い切りは終い重点という内容となっています。

これまでは全体時計を出してくる事は基本的にはなく、終いのキレ重視というイメージで1F11秒台を記録するような追い切りを消化しました。

初めて時計を出してきた前走スプリンターズステークスでは大敗。

しかし、これは相手が強かった分もあるので度外視していいでしょう。

真価を問われるのはこのレース。

今回は最終追い切り3F11.9秒-4F12.3秒というラップ推移。

1週前追い切りは3F12.2秒-4F12.0秒という加速ラップ。

1週前追い切りで11秒台を出せていないのは気になるところではありますが、この週は馬場が重かった分の影響も少なからずという印象。

個人的には本命候補の一頭ではあるものの、不安も無きにしも非ずというところ。

 

【モズスーパーフレア】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 50.5 36.7 24.0 12.5 末強め
ファンタジステラ(古馬2勝)0.3秒先着

《最終追い切り》
松若 栗坂 重 50.3 36.4 24.1 12.4 馬なり

追い切り考察

滞在競馬を除いて、全て坂路で調整されています。

音無厩舎らしい調整パターンですね。

坂路でビシビシ鍛え上げられて、自慢のスピード能力が開花したのは昨夏辺り。

それまでも坂路で好時計を叩くことはありましたが、この辺りからまた一段と追い切り内容が良化しています。

2走前スプリンターズステークス2着はGⅠというだけあって過去最高の追い切り水準を消化した印象がありました。

前走京阪杯8着はそれと比べると明らかに余力残しの追い切りとなっていました。

そこから少し間隔を空けての今走は前走以上2走前未満という印象。

1週前追い切り13.8-12.7-11.5-12.5

最終追い切り13.9-12.3-11.7-12.4

というラップ推移でスタートから飛ばして、ラスト1Fでラップを落とすという内容になっています。

それでも3F目に11秒台を記録しており、この馬なりの水準で追い切りを消化できた印象を受けます。

この京都1200mに良績がないというところで苦手としている舞台ではありますが、前走よりは期待できそうな仕上がりにありそうです。

 

【レッドアンシェル】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 重 52.3 37.7 24.4 12.4 一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 重 53.3 38.8 24.8 12.0 末強め

追い切り考察

一時栗東CW仕上げになる事もありましたが、近走は栗東坂路仕上げが中心。

今走も中間は坂路のみで追い切りを消化されました。

前走と比べても追い切りの水準は遜色なく、重賞制覇した前走と同じ仕上げ具合と考えていいでしょう。

1週前・最終追い切り共に4F目が最速になる加速ラップを踏めており、好走傾向にも合致。

追い切りから嫌う面はありません。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

競馬トップチーム

今なら、無料登録するだけで3万円分のポイントをゲットできるお得期間!

競馬トップチームはある一定のファクターに絞った予想スタイルではなく、
競馬の本質を知る全ての分野のスペシャリストが
それぞれで情報を持ち寄った提供を行う情報サイトです。

まずは、無料情報でお得にポイントをゲットしてみてください!
【URL】https://k-topteam.com/

――――――――――――――――――――

シルクロードステークス2020 穴馬

それでは最後に狙いたい穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
四位 栗坂 重 53.7 37.5 24.1 12.3 末強め

《最終追い切り》
助手 栗坂 重 57.8 40.6 25.0 12.3 末強め

追い切り考察

中間の追い切りは坂路のみor1週前に栗東CWを挟むのがこの馬の追い切りパターン。

今回は中間は坂路のみの調整となっています。

終い重点に負荷を掛けられて、

1週前追い切り16.2-13.4-11.8-12.3

最終追い切り17.2-15.6-12.7-12.3

1週前追い切りでは3F目に11秒台を記録し、最終追い切りではラスト2Fをしっかり伸ばしてくる追い切りを消化しました。

ハロンラップ11秒台はこのレースの特注パターン。

今回のメンバーでこれをクリアしたのは、モズスーパーフレア・ディアンドル・ラヴィングアンサーとこの馬のみ。

ラヴィングアンサーは3F目に11秒台を記録しましたが、ラスト1F13.1秒とバテ気味でフィニッシュした事を考えるとそこまで評価しづらい内容でした。

となれば、人気面を見てもこの馬が最も妙味がありそうな雰囲気を感じます。

 

新サイト入稿しました!!

今回、入稿したサイト「ユニコーン」。

これらのサイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【ユニコーン】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

一般の方が知りえない情報を扱う事は勿論!徹底的にリスクを回避し万馬券を導き出すのがこのサイトの特徴!

◯ 高配当を手にした事が無い
◯ 当たってはいるものの少額
◯ 全レースが終わると赤字

そんな方にこそオススメのサイト!

一度で、この一撃の大きさを体感してみてください。
【URL】http://u-nicorn.com/

――――――――――――――――――――

【オアシス】

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/