【ジャパンカップ2018に向けて】有力馬のメイチ追い切りを予想してみる

Pocket

今回はジャパンカップ2018へ向けて:有力馬のメイチ追い切り予想を中心とした記事を書いていきます。

今年のジャパンカップの注目は1にも2にも牝馬3冠を達成したアーモンドアイでしょう。

3歳牝馬が初の古馬との対戦になるにも関わらず、単勝1倍台のオッズが必至という感じですからね。

天皇賞秋を快勝したレイデオロが不在の一戦というのもこれに拍車をかけている印象。

古馬勢からは天皇賞秋を出遅れでレースにならなかったスワーヴリチャードが巻き返すか。

はたまた、前走京都大賞典で復活の勝利を挙げたサトノダイヤモンドが、有馬記念以来2年ぶりのGⅠ3勝目を挙げるか。

ここでアーモンドアイが勝利を挙げて歴史的名牝の名を欲しいままにするか!?

それでは、ジャパンカップ2018へ向けて:有力馬のメイチ追い切り予想に入っていきましょう。

 

大変長らくお待たせしました!

先週よりライン@始めました!

ブログでは書ききれない好追い切り馬を配信していきます!

是非、予想の参考にしてみてください(^^)v

☟☟友達追加はこちら☟☟

友だち追加

登録1週間で1000人突破\(^^)/

【ジャパンカップ2018に向けて】有力馬のメイチ追い切り予想

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

ジャパンカップ 登録馬
※騎手は現時点の想定

アーモンドアイ   ルメール
ウインテンダネス  内田博幸
カプリ       ??
ガンコ       ??
キセキ       ??
サウンズオブアース 田辺裕信
サトノクラウン   Cデムーロ
サトノダイヤモンド モレイラ
サンダリングブルー ベリー
シュヴァルグラン  ??
スワーヴリチャード Mデムーロ
ノーブルマーズ   高倉稜
ハッピーグリン   ??
マカヒキ      武豊
ミッキースワロー  横山典弘
ミッキーロケット  ??

シュヴァルグランに騎乗予定だったボウマンが〝豪GⅠメルボルンCで負担重量の超過・ムチの過剰使用・他馬への進路妨害〟のために騎乗停止となり、シュヴァルグランの鞍上が白紙に。

これは佐々木オーナーからしたら一大事ですね。

外国人ジョッキーに依頼を出すんでしょうか。

ミッキーロケットは鞍上予定だった和田竜二さんが11日の落馬負傷の為、現時点未定になっていますね。

最近は外国人ジョッキーが席巻中ということもあり、鞍上で馬が変わることもしばしば。

そういうところでは、サトノダイヤモンド×モレイラでどういう化学反応が起きるか非常に楽しみですね。

というところで、本題の有力各馬のメイチ追い切りを検討していきましょう。

 

アーモンドアイ

まぁ、まずはこの馬でしょう。

牝馬3冠を達成し、現役最強馬の可能性も秘めるアーモンドアイ。

初の古馬対戦という状況でも、断然の1人気が予想されています。

ここを勝てば歴代最強馬戦線にも名前が挙がること間違いなしでしょう。

この馬のメイチ追いとは!?

考えていきましょう。

前走:秋華賞1着

1週前追い切り
ルメール 美南W 良 81.8 66.1 51.3 37.4 12.2【5】馬なり
ロジチャリス(古馬オープン)0.5秒追走0.2秒先着

最終追い切り
ルメール 美坂 良 49.7 37.0 24.7 12.5 馬なり
ミッキークロス(古馬500万)1.4秒追走同入

前走は1週前ウッド追い⇒最終坂路追いという追い切り過程を踏みました。

しかしそもそもこれはイレギュラー。

この坂路追いには『馬が充実して踏み込みが深くなっている。前脚と後ろ脚がぶつかってしまう。』という理由があった模様。

基本的にはこれまでウッド追い⇒ウッド追いで仕上げていきます。

その前の外厩過程を踏まえるなら、〝外厩:ノーザンファーム天栄⇒1週前追い切りウッド追い⇒最終追い切りウッド追い〟という流れがベストかなと。

外厩で仕上げて、厩舎では馬なり調整というのがこの馬の主流となっています。

今走は、前走後ノーザンファーム天栄に入っており、11日(日)から追い切りを再開しています。

ここまではOKですね。

追い切り内容としては、基本的に馬なり調整ですので時計の水準はさほど気にする必要はないでしょう。

最近では馬の成長もあり、あっさりと好時計を連発していますが。

それよりも、併せ馬での動きと反応を確認したいですね。

軸がぶれない&ストライドの大きさが合わされば文句なしでしょう。

 

サトノダイヤモンド

前走で復活の勝利を挙げたサトノダイヤモンド。

3歳有馬記念以来2年ぶりのGⅠ制覇を目指します。

エリザベス女王杯でJRA初GⅠ制覇を挙げノリにノッているモレイラさんが鞍上と言うのも心強い。

ここでアーモンドアイらを抑えて勝利し、正真正銘の完全復活となるか!?

それではこの馬のメイチ追いを検討していきましょう。

前走:京都大賞典1着

1週前追い切り
川田 栗CW 不 82.7 66.7 51.9 38.4 11.8【7】一杯
ジャンダルム(古馬オープン)0.4秒追走0.1秒先着

最終追い切り
川田 栗CW 良 85.5 67.9 52.8 38.9 11.3【7】直強め
ソーグリッタリング(古馬1600万)0.4秒追走0.1秒先着

前走の追い切り過程は本当に良かったと思います。

時計・動きともに上々で完全に不振期は脱したという追い切り内容となっていました。

最終追い切りラスト11.3秒というところに目がいきがちですが、これは全体軽く入ってラストだけ追っているのでこの馬としてはこれくらい出て当然。

本当に良いと感じたのは、この馬が2週前⇒1週前⇒最終追い切りと、3週続けてラスト11秒台を叩いてきたこと。

これは日本ダービー時以来のことでした。

これで走らなければ・・・( ̄▽ ̄;)

という感じでしたが、しっかり好走を果たしました。

それを踏まえてこのジャパンカップ。

ここが今秋最大の目標であることは間違いないでしょう。

そうなればどういう追い切り過程でくるか。

中6週という事を踏まえると、ここでも2週前⇒1週前⇒最終追い切りと3週続けてラスト11秒台を叩いてい来てほしいところ。

そして、3週連続の併せ馬同入以上。

負荷としては3週連続一杯に追ってくるのがベスト。

馬なり調整を挟んでくるようだと、『ん?』という感じ。

最低でもラスト重点の内容がほしいですね。

最後に付け加えるなら、最終追い切り4ハロン追いだと尚良し。

厩舎のクセとしては、メイチを感じるときは最終追い切り4ハロン追いが圧倒的に多いので。

ですが、最近ではそれも意外と少なくなっており、、、6ハロン追いでもまぁ良し、という感じですね。

ちなみに2週前追い切りは、

助手 栗CW 良 81.3 66.4 52.2 38.6 11.6【8】一杯

カフェブリッツ(古馬1600万)0.6秒追走同入

となっており、〝ラスト11秒台・負荷一杯・併せ馬同入以上〟という条件はすべてクリアしています。

 

スワーヴリチャード

前走天皇賞秋では出遅れ+マカヒキにぶつけられて戦意喪失。

レースに参加せず大敗という結果になりました。

まぁこれは度外視でOKでしょう。

元々ジャパンカップをメイチに作るという発言もありましたし、ここは巻き返し濃厚の場面でしょう。

前走:天皇賞秋10着

1週前追い切り
Mデムーロ 栗CW 良 95.3 79.1 63.1 49.5 36.2 12.2【5】末強め
ドンアルゴス(古馬1000万)0.6先着

最終追い切り
Mデムーロ 栗CW 良 98.3 82.3 66.8 51.8 38.4 11.9【9】馬なり
アルテヴェルト(2歳未勝利)クビ遅れ

この天皇賞秋の追い切りでは、1週前追い切りでベストに肉薄する好時計を叩き、本数も11本と豊富にこなしていました。

特に追い切り過程からケチを付けるところもなく。

追い切りがダメ⇒凡走ではなく、やはりスタートで全てが終わってしまった結果だと思います。

Mデムーロさんは昨年のアルゼンチン共和国杯からこの馬に騎乗し始めました。

ここまで6戦。

全ての最終追い切りに跨り、1週前追い切りでも大阪杯以外の5戦で跨っています。

要は、付きっ切りで調教を付けています。

それほど素質に惚れ込んでいると見て取れますね。

というところでは、最終追い切りではここでも追い切りに駆けつけるでしょうし、1週前追い切りも跨る公算が高いです。

そこでこの馬のメイチ追いはと考えると、やはりダービーがこの馬の最高水準だったと考えています。

3歳日本ダービー2着

1週前追い切り
四位 栗CW 良 81.0 64.7 49.4 36.4 11.7【4】強め
スワーヴアーサー(古馬1000万)1.1秒追走アタマ先着

最終追い切り
助手 栗CW 良 84.2 67.4 52.1 37.6 11.9【5】馬なり
レッドソロモン(古馬オープン)0.2秒先行クビ先着

1週前追い切り強めに追って超好時計⇒最終追い切り馬なりで水準時計。

これがベスト。

そういうところでは天皇賞秋もこれに近い水準だったんですよね(;’∀’)

ダービー時はデムーロさんが跨っていなかったこともあり、多少変わる可能はありますが、これに近い水準でくれば文句なしでしょう。

逆に2週続けて超好時計を叩いてくるようなら、、、再考します。

ただ単に好追い切り!とするには少し違うと思うので(^^;)

 

シュヴァルグラン

元々ジャパンカップの2連覇を目標にしていたのは間違いないでしょうし、前走の敗戦は織り込み済みか。

ただ、計算外なのはボウマンが騎乗停止によりこのジャパンカップに騎乗出来ないこと。

ジョッキーが決まらないと言い切ることは出来ないですが、これにより鞍上弱化は決定的になりましたからね。

シュヴァルグランにとっては厳しい戦いが予想されそうです。

前走:京都大賞典4着

1週前追い切り
藤岡康 栗CW 不 81.5 66.6 52.3 38.4 12.0【5】一杯
アドマイヤキング(古馬500万)0.7秒追走0.1秒先着

最終追い切り
助手 栗坂 良 53.9 39.0 25.2 12.6 一杯
ユーキャンスマイル(古馬1600万)0.6秒追走アタマ遅れ

ハナから明言されていたように、これは叩き台追い切り。

昨年の京都大賞典の追い切り内容と変わらず。

〝2週前追い切りからウッドでしっかり好時計⇒1週前追い切りでもウッドで好時計⇒最終追い切り坂路一杯〟

今年春の始動戦、春の大阪杯でもこのような追い切り内容となっており、この追い切り+1つレースを使って完全に仕上がるという構図ですね。

仕上がり度合いとしては、昨年のジャパンカップ&今年の天皇賞春と変わらずでしょう。

あとはここでどういう追い切り内容になるか。

昨年のジャパンカップでは、

2週前追い切り
助手 栗坂 良い 52.6 38.3 25.2 12.7 一杯
ジュンテオドーラ(古馬500万)0.6秒追走同入

1週前追い切り
Mデムーロ 栗CW 稍 83.3 66.7 51.6 37.3 11.6【5】叩き一杯
ハイドロフォイル(古馬500万)0.8秒追走同入

最終追い切り
ボウマン 栗坂 良 56.0 41.0 26.5 12.7 馬なり
アドマイヤプリヴ(古馬500万)1.1秒追走アタマ先着

この追い切り。

〝2週前追い切り一杯追い⇒1週前追い切り一杯追い⇒最終追い切り坂路馬なり〟

これがベストでしょう。

そして、3本共に併せ馬同入以上。

付け加えるなら、さほどバンバン時計は出るタイプではないですが、1週前追い切りではウッドで好時計を1本はほしいところ。

最終追い切りが坂路ではない、最終追い切り一杯に追っている、というパターンでは注意が必要というイメージですね。

ちなみに2週前追い切りは、

藤岡康 栗CW 良 84.1 68.0 53.2 38.9 12.0【5】末強め

ジュンテオドーラ(古馬500万)0.6秒追走0.1秒先着

昨年と比べると、一杯追いではない&坂路ではない、という違いはありますが、ここまでは条件クリアしていると見て良いでしょう。

 

マカヒキ

前走:天皇賞秋7着

2週前追い切り
助手 栗CW 良 96.5 81.6 65.8 50.7 37.0 12.1【5】一杯
トリコロールブルー(古馬オープン)1.8秒追走0.9秒先着

1週前追い切り
武豊 栗CW 良 80.2 65.1 50.6 36.9 11.6【7】一杯
トリコロールブルー(古馬オープン)0.4秒追走0.9秒先着

最終追い切り
助手 栗坂 良 54.9 40.6 26.7 13.4 馬なり

2週前追い切り一杯好時計&併せ馬圧倒⇒1週前追い切り一杯好時計併せ馬圧倒⇒最終追い切り坂路馬なり調整。

この水準は皐月賞⇒ダービーと同程度の水準。

この馬としても、この厩舎としても、追い切りからは最高のデキ。

個人的にはMAXデキということで、危険視したい要素もありつつ本命に推奨しましたが、結果は見せ場なく敗戦。

というところで、追い切りの水準からおそらくこれを超えてくることはないと考えます。

個人的にはこの馬をこの先買える場面が来るかどうか、、、

今となっては高速馬場はからっきしという感じですし、馬場悪化か洋芝くらいでしか買う場面がないような気がします。

 

ジャパンカップ2018 まとめ

これが有力馬たちのメイチ追い切り。

※あくまで個人的に考える、です(´▽`)

最後にもう一度まとめておきます。

アーモンドアイ

外厩:ノーザンファーム天栄⇒1週前追い切りウッド追い⇒最終追い切りウッド追い

サトノダイヤモンド

2週前⇒1週前⇒最終追い切りと3週続けてラスト11秒台かつ負荷一杯。

そして、3週連続の併せ馬同入以上。

最終追い切り4ハロン追いなら尚良し。

スワーヴリチャード

1週前追い切り強めに追って超好時計⇒最終追い切り馬なりで水準時計。

シュヴァルグラン

2週前追い切り一杯追い⇒1週前追い切り一杯追い⇒最終追い切り坂路馬なり。

そして、3本共に併せ馬同入以上。

1週前追い切り好時計なら尚良し。

マカヒキ

前走がベスト、これ以上は、、、

 

それでは最後に、ジャパンカップ最大の注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

アーモンドアイ一色ですが、逆転出来るのはこの馬しかいない( >д<)

 

土日対象1レースを無料配信!

一時、無料登録者数が多くて
無料会員様の募集をストップしていました。

しかし今回はジャパンカップ終了まで再募集を開始!

情報では見えない「盲点」を突く
<万馬券総合研究所>

>>無料情報はこちら<<

まずは、この無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
無料で情報を受け取ることができるのは今だけです!!

下記のように馬券をバシバシと当てております!