【ジャパンカップ2018予想】枠順見解&アーモンドアイに死角発生!?

Pocket

今回はジャパンカップ2018予想:枠順見解とアーモンドアイの死角を中心とした記事を書いていきます。

枠順配置が確定し、否が応でも盛り上がってきた平成最後のジャパンカップ。

圧倒的1人気が予想されるアーモンドアイは、東京芝2400mにおいて有利とされる最内の1枠1番に入りました。

キタサンブラックが枠順に非常に恵まれていたように、スターホースを作りたいJRAの思惑がチラ付きますねww

そんな妄想はさておき、本当にこの1枠1番という枠順がアーモンドアイにとってプラスなのか!?

その他、スワーヴリチャード・サトノダイヤモンドらにとっての試練はなんなのか!?

その辺りを検討していきます。

それでは、ジャパンカップ2018予想:枠順見解とアーモンドアイの死角に入っていきましょう。

 

ライン@では、

ブログでは書ききれない好追い切り馬を推奨見解付きで配信しています。

人気馬・穴馬問わず、兎に角追い切りが良い馬をピックアップ。

先週実績

11/17・18成績【2-2-1-3】複勝回収値140%

17(土)東京9Rアルドーレ6人気1着単勝1310円

18(日)京都10Rテーオービクトリー2人気1着単勝340円

追い切り良い=状態が良い

というところでは、能力が足りなくてもデキの良さで好走する馬もいます。

もちろん、能力が高い馬は好走する確率がさらに高まるでしょう。

そういう馬たちを狙い撃ちするのが追い切り予想!

みなさんの予想のプラスαとして、〝追い切り〟を活用してみてください\(^^)/

☟☟友達追加待っています(´▽`*)☟☟

友だち追加

 

本日はちょっとしたPRからスタートします。

何かと言いますと、、、

この本!!

なんと、私が、、、書いていませんww

競馬仲間の〝メシ馬〟さんが著者。

来週11/28に発売される『穴パターン事典』

メシ馬さんにとってはこれが2冊目の著書。

彼とお話する機会があって少しお話したのですが、2冊目というだけあって彼にとっても前作以上の渾身のデキになったそうです。

発売日前ですが、一応親しくさせてもらっている仲なので私は一足早くこの本を入手しました(^^)v

その中身はと言うと、、、とにかく勉強になります。

穴馬発掘に特化している内容で、穴党の方は必見の一冊。

なにより、基礎から応用まで網羅した本になっており、

『初心者が競馬予想とはどこから始めていいのか!?』

というそのスタートラインからきっちり書いてくれています。

そこから応用方法まで書いてあるので、間違いなく競馬力向上のきっかけになるでしょう。

早速ジャパンカップ役立ちそうなものを参考までに。

単勝1倍台の頭固定にどれほど妙味がないかこれで分かると思います。

個人的にはレースラップについての話が一番参考になりましたよ(´▽`*)

これからブログ内で出てくるレースラップの話はこの本からパクったものになっていますww

というところで、、、

発売日は11/28となっていますが、アマゾンでは先行予約を開始しています。

⇒ 先行予約はこちら

是非、一度お手に取って読んでいただくことをオススメします(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【ジャパンカップ2018予想】枠順見解&アーモンドアイに死角発生!?

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

ジャパンカップ 枠順配置

 1- 1 アーモンドアイ   牝3 ルメール
 2- 2 ハッピーグリン   牡3 服部茂史
 3- 3 サトノダイヤモンド 牡5 モレイラ
 3- 4 サトノクラウン   牡6 ビュイック
 4- 5 ミッキースワロー  牡4 横山典弘
 4- 6 サンダリングブルー セ5 ベリー
 5- 7 サウンズオブアース 牡7 田辺裕信
 5- 8 キセキ       牡4 川田将雅
 6- 9 シュヴァルグラン  牡6 Cデムーロ
 6-10 ガンコ       牡5 蛯名正義
 7-11 スワーヴリチャード 牡4 Mデムーロ
 7-12 カプリ       牡4 ムーア
 8-13 ノーブルマーズ   牡5 高倉稜
 8-14 ウインテンダネス  牡5 内田博幸

冒頭で話した通り、この東京芝2400mというのは内枠有利が定石。

このジャパンカップでもその定石通りの傾向となっています。

詳しくはこちら☟☟

⇒ ジャパンカップデータ分析

これは同舞台で行われる3歳頂上決戦:日本ダービーでも同じく、内有利がピックアップされていました。

さて、その有利とされる1枠1番に入ったアーモンドアイ。

昨年シュヴァルグラン、一昨年キタサンブラックとこのレースを2年連続制覇している1枠1番。

これを新聞等、メディアが煽ることにより、さらにアーモンドアイに人気が被りそうな雰囲気となってきましたね。

ちなみに、馬券圏内というところでは1枠1番は4年連続となっています。

こういう目線で見ても、やはり内枠が有利であることは間違いなさそうです。

それでは、有力か各馬の不安点を考えていきましょう。

 

アーモンドアイ

この馬の強さについては至る所で語られているので、今さら触れる必要もないでしょう。

(・・・手抜きですww)

ここまで6戦全て上がり最速を使っており、53kgで出走できるのは反則級ですよね。

6戦でGⅠ3勝というのもかなりの偉業だと思います。

そこで有利とされる1枠1番に入ったとなれば、そりゃ最も勝つ確率が高いのはこの馬で間違いないでしょう。

しかし!!

〝競馬に絶対はない〟という格言があるように、このアーモンドアイにも死角が全くないわけではありません。

まず1つ目は初古馬対戦になること。

これはかなり重要になってくると思います。

それもそこそこの重賞という訳ではなく、古馬最強決定戦のジャパンカップ。

今まで戦ってきた相手からは格段に相手関係の強さは上がります。

その分、斤量差というアドバンテージをもらえるですけどね(;´∀`)

2つ目は枠順。

意外かもしれませんが、この有利とされる1枠1番がこの馬にとっては必ずしもプラスではないのでは!?

というところ。

初古馬対戦で、ダントツの単勝オッズ。

どの馬もアーモンドをマークしてレースを進めていくでしょう。

その初めて戦う年長馬たちにマークされる立場で、最内枠。

〝内で閉じ込められて⇒揉まれて⇒馬のやる気を失くす〟というパターンも無きにしも非ず。

そうならないためには、スタート後、一度後ろまで下げて直線追い込みに懸けるという競馬になるか。

そうなれば、今度は前を行く馬を捉えきれず、取りこぼす可能性も無きにしも非ず。

と、マイナス要素を考えれば、いろいろケチを付けることは出来ます。

それでも、鞍上はルメールさん。

一度下げてもソツなく外に持ち出してアッサリ、ということも十分想像できます。

そんじょそこらの騎手とはレベルが違いますからねww

それでも、この最内枠に入ったことで取りこぼす可能性が上がったと個人的には考えています。

 

サトノダイヤモンド

3枠3番という絶妙な枠順に入りました。

前走京都大賞典で復活勝利を挙げ、勢いを付けてこのレースに臨んできます。

ただ、前走倒した相手は、後にエリザベス女王杯4着のレッドジェノヴァ、長距離専用機アルバート、叩き台のシュヴァルグラン。

と、必ずしもレベルの高い一戦ではありませんでした。

レッドジェノヴァにしても、後にエリザベス女王杯4着とすれば聞こえは良いですが、京都大賞典時点では一介のり馬に過ぎませんでした。

こう考えれば、前走の勝利でこの馬の復活とするには時期尚早ですね。

舞台も大得意の京都コースから東京コースへの舞台変わりはこの馬にとってプラスには映らないですし、、、

ここで勝てば完全復活となるのでしょうが、ここは半信半疑と言わざるを得ないかなと。

 

シュヴァルグラン

昨年は1枠1番から、コースロスを最大限に抑えて差し切り勝ち。

今年は6枠9番の中枠という事で、昨年よりは枠順に恵まれなかったですが、十分好枠を引いたと言えるでしょう。

この馬の不安点は年齢による衰えということになるでしょうか。

前走の内容がイマイチ。

昨年と同じローテションで、京都大賞典を叩き台と割り切って使った点も同じ。

ただそのレース内容が昨年ほど良くなかったところは気に留めたいところ。

昨年はラスト、しっかり末脚を使ったが前を捉えきれずの3着。

ゴール前の末脚は目立っており、もう少し距離が長ければ差し切っていたのでは!?という勢いでした。

しかし今年は、早めに動いてラスト脚が上がって後ろから来た、サトノダイヤモンド・レッドジェノヴァ・アルバートに差されるという内容。

着順は4着と、大きく負けたわけではないですが、ラストの伸び脚は昨年の方が圧倒的に見どころがありました。

さらに、昨年共にジャパンカップを制したボウマンさんが騎乗停止になり、乗り替わり。

クリスチャン・デムーロさんならそこまで心配する必要はないでしょうが、初騎乗というところに一抹の不安は残ります。

 

スワーヴリチャード

この馬の不安点は、誰もが考えているでしょう、、、前走の大敗の影響ですね。

一度大きく崩れたことによる精神的ダメージがどうなのか。

しかし、こればっかりはやってみないと分からない部分が大きいですからね。

正直分からないというのが本音。

追い切り過程も中間は我慢に我慢を重ねる折り合い重視の追い切り内容となっており、いつもとは違う追い切り過程。

ここでの追い切り過程変更がどっちに転ぶかも、ハーフ&ハーフという感じ。

そういう不安があることによって、オッズが少しでも落ちるなら逆に買いという判断もできますが、、、

 

ジャパンカップ まとめ

こうして見ると、上位勢にはどれも不安要素がありますね。

まぁ、粗を探せば出てくるものなのですがww

結局のところ一番不安点が無いのはキセキになってくるかも。

ここ2戦連続跨って、ファインプレーの先行策を見せた鞍上川田さんの継続騎乗もプラスに捉えられますしね。

しかし、今回に限っては展開を考えると、先行したいウインテンダネス&ノーブルマーズが大外8枠に入ったという点はキセキにとってはマイナスになりそう。

外から被される懸念がありますからね。

ここでキセキが控えるようなことになれば、スローの上がり勝負が完成。

アーモンドアイにとっておあつらえ向きの展開になるわけですね。

そうならないためにも、キセキには好スタートを決めてもらってミドルペースで引っ張ってほしいところ。

上がり34.5秒を超えるような上がりが掛かるタフな展開にもっていけば、アーモンドアイがコケるパターンも無きにしも非ず。

さて、本番はどういう展開になるか、、、

楽しみですね(*´﹃`*)

 

それでは最後に、最大の惑星:穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ミッキースワロー)

調整過程として、天下のノーザンファーム天栄を経由してきており、デキは万全か。

追い切り過程としても、2週連続意欲の6ハロン追い。

これはこの馬としては大阪杯以来2度目のことで、ただの脇役で終わるつもりはない!という意気込みを感じます。

このデキなら一発狙える(゚Д゚)ノ

さらに言えば、ここでダメでも、次の有馬記念では改めて強気に狙いたい一頭として覚えておきたいです。

ノーザンファーム天栄⇒追い切り◯という条件は付きますが(。-`ω-)

 

土日対象1レースを無料配信!

一時、無料登録者数が多くて
無料会員様の募集をストップしていました。

しかし今回はジャパンカップ終了まで再募集を開始!

情報では見えない「盲点」を突く
<万馬券総合研究所>

>>無料情報はこちら<<

まずは、この無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
無料で情報を受け取ることができるのは今だけです!!

下記のように馬券をバシバシと当てております!