【ジャパンカップ2018予想】1週前追い切り・調教分析

Pocket

今回はジャパンカップ2018予想:1週前追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

今年のジャパンカップは1強ムード。

その中心に君臨するのが3歳牝馬アーモンドアイ。

牝馬3冠を危なげなく達成し、牝馬最強決定戦エリザベス女王杯には目もくれず、

古馬最強決定戦ジャパンカップに参戦してきました。

その背には秋GⅠ4週連続Vを決めるなど、年間200勝も目前に迫る絶好調ルメールさん。

そのルメールさんから『今まで乗った中で一番強い』発言が出たことも、人気に拍車を掛けているか。

とは言え、そこは3歳牝馬。人間で言えば、〝JK〟くらいですからねww

迎え撃つ古馬勢がみすみす〝現役最強馬〟の称号を渡すわけにはいかないでしょう。

秋の大一番、大注目の一戦!

それでは、ジャパンカップ2018予想:1週前追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

ライン@始めました。

ブログでは書ききれない好追い切り馬を配信しています!

巷で話題の追い切り予想!!

11/17・18成績【2-2-1-3】複勝回収値140%

17(土)東京9Rアルドーレ6人気1着単勝1310円etc

是非、予想の参考にしてみてください(^^)v

☟☟友達追加はこちら☟☟

友だち追加

登録10日間で1400人突破\(^^)/

【ジャパンカップ2018予想】1週前追い切り・調教分析

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

ジャパンカップ 登録馬
※騎手は現時点の想定

アーモンドアイ   ルメール
ウインテンダネス  内田博幸
カプリ       ムーア
ガンコ       蛯名正義
キセキ       川田将雅
サウンズオブアース 田辺裕信
サトノクラウン   ??
サトノダイヤモンド モレイラ
サンダリングブルー ベリー
シュヴァルグラン  Cデムーロ
スワーヴリチャード Mデムーロ
ノーブルマーズ   高倉稜
ハッピーグリン   服部茂史
マカヒキ      武豊
ミッキースワロー  横山典弘
ミッキーロケット  回避

フルゲート割れですので全馬出走可能。

また、ミッキーロケットは筋肉痛の為、回避が決定しています。

こうして見ると、天皇賞秋を勝利したレイデオロが不在なだけで、それ以外の上位勢はまずまず顔を揃えた印象ですね。

外国馬も2頭が参戦してくるということで、文字通り頂上決戦となりそうです。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

ジャパンカップ 予想オッズ

1 アーモンドアイ   1.8
2 スワーヴリチャード 4.2
3 サトノダイヤモンド 5.1
4 キセキ       9.9
5 シュヴァルグラン  14.6
6 マカヒキ      16.5

ここまでが上位人気推されそうな馬たちです。

これ以下はかなり離れたオッズになりそうで、オッズ構成からは6頭対決という感じになりそうです。

そして冒頭でも述べたように、3歳牝馬アーモンドアイが1倍台の抜けた人気に。

果たして、、、

それでは、有力各馬の1週前追い切り・調教を確認していきましょう。

とその前に、

こちら☟☟

⇒ ジャパンカップ有力馬のメイチ追い切り検討

アーモンドアイ・スワーヴリチャード・サトノダイヤモンド・シュヴァルグラン・マカヒキ

これらがどういう追い切り過程を踏めば買えるのか!?というのを検討しています。

本記事を読む前に、一読することをオススメします(´▽`*)

それでは本題、有力各馬の1週前追い切り・調教を確認していきましょう。

 

アーモンドアイ

ルメール 美南W 良 65.9 51.3 37.6 12.9【7】馬なり

レッドローゼス(古馬1600万)0.6秒追走0.2秒先着

オークス⇒秋華賞に続き、この1週前追い切りでもルメールさんが跨ってきました。

まぁ当たり前ですが、この馬にゾッコンですね。

ここまでは、

〝外厩:ノーザンファーム天栄⇒1週前追い切りウッド追い〟

という予想通りの追い切り過程。

時計は気にする必要はないと話しましたが、ここでは前走で記録したベスト時計をさらに更新してきました。

時計を出そうと思って出しているわけでなく、馬なりで感触を確かめるよう調整したら出てしまったというイメージでしょうか。

兎に角、成長を感じる内容となっています。

大きなフットワークで軸のブレない走り。

見た目にも文句なしですね。

ここまでは至って順調そのものという感じです。

能力面で今さら多くを語ることもないですが、、、

3冠全てで上がり3ハロン33秒台を使ったキレは惚れ惚れするものですね。

これは牝馬3冠からジャパンカップに挑戦し、見事JC制覇を達成したジェンティルドンナでも成し得なかったこと。

まぁ、流れや展開はありますが。

それでも、デビューから6戦全てのレースで上がり最速を記録している末脚は見事の一言。

ここでも上がり最速で突き抜けるのか。

 

スワーヴリチャード

デムーロ 栗CW 良 83.4 67.1 52.6 39.1 12.7【6】馬なり

ダイシンカローリ(古馬1000万)0.3秒追走同入

僚馬の後ろで我慢に我慢を重ねる追い切り内容。

頭が高く行きたがっているのを抑えに抑える追い切り。

この追い切り自体は行きたがるのをいかに抑えるか、に焦点を置いた追い切りとなっていました。

これは予想外。

〝1週前追い切り強めに追って超好時計⇒最終追い切り馬なりで水準時計〟

これを予想していたので、、、

前走出遅れ+接触したことによる、ケアに重きを置いている印象です。

中間ゲート練習を行っているようですし、本番ではスタートからいかに自分のリズムで走れるか。

逆にこれで最終追い切りをどの水準で来るかわからなくなったので、俄然最終追い切りが楽しみになりました。

とは言え、ここまで熱心に前走のケアに努めていることに一抹の不安も、、、

 

サトノダイヤモンド

モレイラ 栗CW 良 81.3 65.5 51.0 37.9 11.9【7】馬なり

ソーグリッタリング(古馬オープン)0.4秒追走アタマ先着

スタートから重心の低い走りで折り合いバッチリ。

ラストは軽く促されて楽に先着。

追い切りの動きとしては申し分なしという印象です。

1週前追い切りにモレイラさんが駆け付けたこともプラス材料でしょう。

〝2週前⇒1週前⇒最終追い切りと3週続けてラスト11秒台かつ負荷一杯。3週連続の併せ馬同入以上。〟

これがベストとして、2週前追い切り⇒1週前追い切りラスト11秒台&併せ馬同入以上はクリア。

1週前追い切りの負荷が馬なり調整でこれがイマイチな面を感じますが、想定以上に時計がしっかり出ており、逆に良い傾向。

時計としては馬なりでベストに肉薄する好時計を叩けています。

自身の力は発揮できそうです。

その力がGⅠでも戦える力が残っているかが、ポイント。

前走で復活の勝利を挙げたとは言え、負かした相手は牝馬のレッドジェノヴァ・長距離専用機のアルバート。

相手が強くなるここで勝ってこそ、本当の復活。

この馬にとって勝負の一戦ですね。

 

キセキ

助手 栗CW 良 67.6 52.5 38.8 11.9【8】馬なり

春先の不振は追い切りもチグハグな感じで、ポリトラック追いやウッドでも時計が出ないという感じでした。

そこから立ち直った秋2戦はウッドで好時計を叩く、1本スジが通った追い切り過程を消化出来ています。

ここでも1週前追い切りは水準通りの好時計。

推進力のある走りで、動きとしても軽快。

疲れが出ている感じもないですし、好状態をキープ出来ていると見て良いでしょう。

毎日王冠⇒天皇賞秋は鞍上川田さんのファインプレーもあり2連続好走。

ここでは前にいきたい馬が少なく、ここも先行策になるか。

ここ2戦結果を出している戦法だけに、展開が向けば一発あるかも。

 

シュヴァルグラン

Cデムーロ 栗CW 良 96.0 80.1 64.8 50.5 37.1 11.7【4】一杯

ランブリングアレー(2歳500万)1.5秒追走0.1秒遅れ

3頭併せの内で、格下馬を捉えきれず。

かなり大きく追走してのものなので、、、微妙なところ。

〝2週前追い切り一杯追い⇒1週前追い切り一杯追い⇒最終追い切り坂路馬なり。

そして、3本共に併せ馬同入以上。

1週前追い切り好時計なら尚良し。〟

この遅れがどうなのか、、、

とは言え、1週前追い切りで好時計というものに合致。

むしろ追い切りではあまり動かないこの馬としては、好時計を超える超好時計としても良いレベル。

2年前に記録したベスト時計を僅かながら更新しており、ここに向けてビッシリ仕上げてきていることは明白という印象を受けます。

元々叩き良化型の馬であり、1つレースを叩いた効果は抜群という感じですね。

昨年レイデオロ&キタサンブラックを抑えた舞台。

チャンスはあるはず。

 

マカヒキ

助手 栗P 良 76.0 59.6 44.0 14.4【8】馬なり

18日(日)これが前走後初時計。

それもポリトラック追い切り。

明らかに状態維持が精一杯という追い切り内容ですね。

やはりメイチは前走。

ここはデキ落ちと見るのが妥当か。

 

ジャパンカップ2018 まとめ

どの馬も想定していた追い切りとは少しずつ違いますね(^^;)

想定通り来たのはアーモンドアイくらいか。

やはり予定通りいかないものですねww

一番驚いたのはスワーヴリチャードの追い切りですね。

これ関しては、前走のダメージが残っていないか非常に気になるところ。

ただ追い切りで行きたがっている面を見せているという事は、闘争心はあるはず。

そういうところでは、いかに我慢が利くか。

スタート次第な面は否めないかも。

アーモンドアイよりキレるという事はないでしょうから、アーモンドアイより前目の位置から勝負したい。

そうなれば、出遅れは致命傷になるでしょうからね。

サトノダイヤモンド&シュヴァルグランに関しては、想定と違うところもありつつ、仕上がりに抜かりない印象はますね。

というところでは、上位勢はここに向けてしっかり仕上げてきているでしょう。

 

それでは最後に、1週前追い切りNo.1馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(シュヴァルグラン)

アーモンドアイは除いて、、、

格下に遅れたのは良くはないですが、大きく追走してのものなので目をつむります。

それ以外は完璧と言える内容。

ここに向けて、MAX仕上げで臨んでいる印象を受けます。

このデキなら一発狙える(゚Д゚)ノ

 

土日対象1レースを無料配信!

一時、無料登録者数が多くて
無料会員様の募集をストップしていました。

しかし今回はジャパンカップ終了まで再募集を開始!

情報では見えない「盲点」を突く
<万馬券総合研究所>

>>無料情報はこちら<<

まずは、この無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
無料で情報を受け取ることができるのは今だけです!!

下記のように馬券をバシバシと当てております!