【ジャパンカップ2019予想】追い切り・調教分析〜狙うのは中穴クラスのあの馬〜

Pocket

今回はジャパンカップ2019予想:追い切り・調教分析〜狙うのは中穴クラスのあの馬〜を中心とした記事を書いていきます。

秋の頂上決戦ジャパンカップがいよいよ目の前まで迫ってきました。

創設39回目にして初めて外国馬の出走がなく、今年は超一線級が少ない印象でメンバーがイマイチなイメージを受けますね。

それでも、3世代ダービー馬マカヒキ・レイデオロ・ワグネリアンが揃い踏み。

そこに天皇賞秋再戦着馬のユーキャンスマイル、ダービー2着・大阪杯でGⅠを制覇しているスワーヴリチャード。

今年国内初戦のシュヴァルグランなどが顔を揃えました。

秋の大一番を制するのはどの馬になるか、追い切り・調教から検討していきます。

【ジャパンカップ2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

ジャパンカップ 枠順配置

 1- 1 カレンブーケドール 牝3 津村明秀
 2- 2 ワグネリアン    牡4 川田将雅
 2- 3 ウインテンダネス  牡6 田辺裕信
 3- 4 ムイトオブリガード 牡5 C.ルメール
 3- 5 スワーヴリチャード 牡5 マーフィー
 4- 6 ユーキャンスマイル 牡4 岩田康誠
 4- 7 ダイワキャグニー  牡5 石橋脩
 5- 8 レイデオロ     牡5 ビュイック
 5- 9 ルックトゥワイス  牡6 デットーリ
 6-10 ダンビュライト   牡5 松若風馬
 6-11 シュヴァルグラン  牡7 C.スミヨン
 7-12 タイセイトレイル  牡4 デムーロ
 7-13 エタリオウ     牡4 横山典弘
 8-14 マカヒキ      牡6 武豊
 8-15 ジナンボー     牡4 ムーア

東京芝2400m

日本ダービーやジャパンカップなど日本を代表するGⅠが行われる舞台だけあって、真の実力が問われるタフなコース。

スピード、スタミナ、底力など総合力が問われるコースとなっています。

多頭数になると外枠はやや不利なコース形態。

最後の直線は約530m、加えて直線半ばで急坂を有するコースで、差し・追い込みが決まるコース。

末脚勝負になりやすく、スピード豊富でキレのある瞬発力を持つ馬が好走傾向にあります。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

〝栗東CW仕上げ〟はこのレースの注目パターン。

ここの取り捨てを上手くできれば的中に近付くのは間違いありません。

〝栗東坂路仕上げ〟からは『中間に栗東CWを使うor加速ラップを踏む』という好走要件をクリアした馬に注目。

〝美南W仕上げ〟から好走したのは人気サイドのみ。

外厩先にノーザンF天栄を使っている馬を押さえておく、というスタンスがベターな印象です。

〝美浦坂路仕上げ〟・〝その他仕上げ〟は基本的には買えないパターンとなっています。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【カレンブーケドール】

《1週前追い切り》
助手 美坂 良 52.1 37.8 24.6 12.3 末強め
プロディガルサン(古馬オープン)0.7秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
津村 美南W 良 65.6 51.2 38.3 12.7【5】馬なり
プロディガルサン(古馬オープン)1.1秒先行同入

追い切り考察

基本的には美南W中心の追い切りを消化する馬でした。

前走・前々走は美南W閉鎖の影響もあり、坂路中心の追い切りを消化。

そして、今走は最終追い切りのみ美南Wに戻してくるという追い切りパターンになりました。

美浦坂路中心の追い切りでもGⅠで好走ましたし、追い切りパターンとしてはどちらが良い、という事も無さそうです。

内容としては、1週前追い切りの美浦坂路で4F52.1秒の好時計を記録。

この馬自身追い切りは動くタイプで、坂路でのこの水準はいつも通りの印象です。

最終追い切りの美南Wの時計に関しても自己ベストを記録しましたが、以前に比べ時計が出やすくなっている事を加味すればいつも通りという印象です。

前走比好調キープという見方で良いでしょう。

好走傾向から考えると、1人気級ではない事と外厩:ノーザンF天栄ではないのでマイナスパターンではあります。

強きに推せる部分は少なく、あくまでも押さえ候補の一頭という印象です。

 

【ワグネリアン】

《1週前追い切り》
藤岡康 栗CW 良 82.5 65.9 51.1 37.0 12.0【7】G前仕掛け

《最終追い切り》
川田 栗坂 良 54.9 39.6 25.6 12.8 馬なり
ヒュッゲ(2歳1勝)0.6秒追走同入

追い切り考察

友道厩舎で栗東CWと坂路の併用がいつものパターンとなっています。

勝負パターンはハッキリしており〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟。

この馬自身もこの仕上げでレースに臨むと【4-1-0-1】という成績となっています。

前走ので初めて連対を外す事になりました。

そして今走も前走に引き続きこの勝負パターンの追い切りパターンを踏んできました。

追い切り内容も間隔が詰まる中、2週連続しっかり時計を出しているので全く問題ありません。

1週前追い切りで栗東CWを使った栗東坂路仕上げ馬、という事で好走傾向にも合致します。

素直に買いでOKという印象を受けます。

 

【スワーヴリチャード】

《1週前追い切り》
マーフィ 栗坂 良 52.0 37.7 23.9 12.0 一杯
グランドデューク(2歳1勝)0.8秒追走1.9秒先着

《最終追い切り》
マーフィ 栗坂 良 50.6 36.5 23.9 12.2 末強め
グランドデューク(2歳1勝)0.3秒追走1.0秒先着

追い切り考察

栗東CWと栗東坂路の併用で本追い切りは栗東CW中心というのがこの馬の追い切りパターン。

主戦ジョッキーがデムーロ騎手になった一昨年のアルゼンチン共和国杯以降、ほぼ全てでデムーロ騎手が1週前・最終共に追い切りで跨っています。

基本的には追い切りで負荷を掛けることは少なく、馬なり調整が中心で併せ馬の本数をこなすのがこの馬の追い切りパターンです。

今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

中間栗東CWでの追い切りがゼロとなっており、これはこの馬としては初めての追い切りパターンになります。

追い切りの内容としては早めに前に行く馬を捉えて、あとは引き離す一方という追い切り内容となっています。

坂路でビッシリ追って、併せ馬では早めに前を捉える内容というところではレースにいって同じようなレースになるかもしれませんね。

1週前・最終追い切り共にハロンラップ11秒を刻んでおり、水準としては申し分ナシという印象を受けます。

そして、1週前・最終追い切り共にジョッキー騎乗の追い切り。

これまでの追い切りを振り返ると、このパターンが最も好成績を挙げており、良い追い切りを消化したと考えられます。

追い切りパターンはこれまでと異なりますが、追い切りからは特に評価を下げるところはない印象です。

 

【ユーキャンスマイル】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 95.9 79.1 64.0 49.9 37.3 13.0【4】一杯
アドマイヤマーズ(古馬オープン)1.9秒追走0.7秒遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 55.0 39.9 26.0 12.9 馬なり

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは友道厩舎の勝負パターン。

この馬としても好走パターンになっており、【2-1-0-2】という成績になっています。

そして、この厩舎の渾身勝負パターンは1週前に『一杯』に負荷を掛ける事になっており、このパターンにも該当します。

ただその1週前追い切りで長めからしっかり負荷を掛けられて、ラスト1F13.0秒とラップを落としたことは不満材料にあたります。

これまではこのような追い切り内容でもラスト1F11秒台にまとめる事が普通でした。

この辺りをどう考えるか、になるでしょう。

好走傾向からは1週前追い切りで栗東CWを使った栗東坂路仕上げ馬、という事で問題なし。

やはり取り捨てはこの1F13.0秒という数字をどう考えるかですね。

 

【レイデオロ】

《1週前追い切り》
五十嵐雄 美南W 良 84.4 68.1 53.6 39.3 13.4【5】馬なり
リーディングエッジ(古馬1勝)0.8秒追走同入

《最終追い切り》
ビュイック 美南W 良 70.2 54.8 40.2 12.8【7】馬なり
ゴーフォザサミット(古馬オープン)0.8秒追走同入

追い切り考察

ノーザンF天栄経由⇒厩舎での追い切りは馬なり調整が中心というのがこの馬の追い切りパターン。

いかにも藤沢和雄厩舎らしい馬となっています。

今走も変わらずノーザンF天栄で調整されています。

そして変わらず〝1週前美南W追い⇒最終美南W仕上げ〟という追い切りパターンを踏んでいます。

前走のオールカマーと比べても特に追い切り内容は特段変わらず。

ノーザンF天栄経由馬は厩舎で負荷を掛けない事がデフォルトですし、追い切りから良し悪しを判断するのは難しいですね。

特にいつもと変わらないという評価です。

 

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【ダビコレ】
オススメ度★★★★★

このサイトの魅力はお客様の口コミ評価が高い事。

「マイナス収支から抜け出してプラスにしたい!」

「時間があるときだけ参加して副収入を得たい!」

「万馬券を当てて一攫千金を目指したい!」

そう願う会員様必見!

まずは無料予想からお試しください。

毎週無料無料情報として重賞予想がUPされるので登録しておいて損はナシ!

<<重賞情報提供のみ先着順になります>>
【URL】http://www.db-collection.com/

――――――――――――――――――――

ジャパンカップ2019 穴馬

それでは最後に狙いたい穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 82.9 67.0 51.6 37.7 11.8【9】馬なり
ヒシタイザン(2歳1勝)0.3秒先行クビ遅れ

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 80.5 65.5 50.8 37.6 12.0【9】一杯
エオリア(古馬3勝)0.7秒追走0.6先着

追い切り考察

栗東CWと栗東坂路の併用で調整される馬で、本追い切りは栗東CWを中心に行われる馬となっています。

今回もいつも通りの追い切りを消化してきました。

元々追い切りでは高水準の追い切りを消化する馬でしたが、間隔が詰まる中相変わらずの高水準追い切りを消化しています。

この追い切りを消化出来るのであれば、前走からのデキ落ちはないと考えていいでしょう。

このレースの注目パターンの栗東CW仕上げになっている点も高評価。

前走比好調キープと考えられるので、少し人気が落ちるここは狙ってみたい一頭です。

 

最近勢いに乗る口コミで話題沸騰の注目の競馬サイトを紹介!

最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」
「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。
確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。
そんな皆様のために、今回は

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる!」
「信頼して長く使える!」

おすすめ予想サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】うまとみらいと
オススメ度★★★★★

3つのコンテンツを集結させた競馬予想サイト。

■競走馬の実力が一瞬でわかる【うまコラボ】
■的中率90%の反則技【競馬の殿堂】
■穴馬一筋15年が魅せる穴馬【ヒットメイク】

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で有益な情報が多いこのサイトがオススメ度No.1。
【URL】https://miraito.collabo-n.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】ギャロップジャパン
オススメ度★★★★★

このサイトの魅力は無料コンテンツが充実していることに尽きます。

開催レースから勝負の1鞍❝鉄板レース❞
開催レースから勝負の1鞍❝穴超注目馬❞

この2コンテンツは要注目!

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!

<<重賞情報提供のみ先着順になります>>
【URL】http://gallopjapan.jp/

――――――――――――――――――――

【第3位】キメルケイバ
オススメ度★★★★

【当てるため・稼ぐため・勝つため】の競馬サイト。

元馬主、元厩務員、元騎手、元調教師、現役トラックマン
など、数々の情報元と独自の繋がりを持っています。

だからこそ当たる情報を無料で提供してくれるサイトです。

◯ 競馬初心者でもOK
◯ 競馬の知識が無くてもOK

指定の買い目通りに買うだけで、的中を目指せるので初心者に特にオススメです!
【URL】http://kimerukeiba.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。