【ジャパンダートダービー2020予想】過去傾向・データから見る好走馬の共通点

Pocket

今回はジャパンダートダービー2020予想:過去傾向・データから見る好走馬の共通点を中心とした記事を書いていきます。

羽田盃、東京ダービーと続いた南関東3歳クラシック3冠レースの最終関門。

地方・JRA共にトップクラスの3歳馬が結集し、頂点を決める戦いで文字通りの『砂のダービー』となっています。

昨年はクリソベリル、一昨年はルヴァンスレーヴがこのレースを制して、勢いそのままに秋も古馬を撃破してダートの頂点を極めています。

過去にはカネヒキリ・フリオーソ・サクセスブロッケン・ノンコノユメなど数多くの名馬を輩出しているレース。

このレースを制する事でダート界のチャンピオンすら見えてくる重要な一戦ジャパンダートダービーを過去傾向・データから検討していきます。

【ジャパンダートダービー2020予想】過去傾向・データから見る好走馬の共通点

それでは、過去傾向・データをまとめていきます。

過去10年分のデータとなっています。

【枠順傾向】

 1枠【1-0-0-11】複勝率 8.3%
 2枠【0-0-0-11】複勝率0%
 3枠【2-0-3- 9】複勝率35.7%
 4枠【0-1-2-16】複勝率15.8%
 5枠【1-4-1-13】複勝率31.6%
 6枠【2-3-1-14】複勝率30.0%
 7枠【3-0-1-15】複勝率21.1%
 8枠【1-2-2-15】複勝率25.0%

大井ダート2000m

帝王賞・東京大賞典・ジャパンダートダービーというJpnⅠが開催される地方においては最も重要視される舞台。

中央競馬でいうところの東京芝2400mのような最高峰の舞台ですね。

その為、2000mを走りきるスタミナはもちろんのことスピードも必要となる、総合力が問われる舞台となっています。

ホームストレッチの4コーナー付近からスタートするコースで、最初のコーナーまでの距離は非常に長くなっています。

先行争いが激化するという事は少なく、枠順による有利不利は少ないコースです。

距離も長くスタートから最初のコーナーまで長いので、流れはスローに落ち着きやすい。

地方競馬場では最後の直線も最も長いので、上がり最速を使える馬は馬券内に突っ込んでくることが多くなっています。

紛れが少なく、力のある馬が力通りに好走出来るコースと考えていいでしょう。

全体を通して見るとやや内枠有利であることが浮かび上がります。

 

【人気傾向】

1人気 【5-2-1-2】
2人気 【2-1-1-6】
3人気 【0-2-2-6】
4人気 【1-5-0-4】
5人気 【1-0-3-6】
6人気以下【1-0-3-80】

1人気の複勝率80%と好成績。

勝率50%と勝ち切る事が多くなっています。

7人気以下では【0-0-1-73】複勝率1.4%と人気薄からの一発というのは期待薄となっています。

 

【牡牝データ】

牡・セン【10-10-10-91】複勝率24.8%
牝馬  【0-0-0-13】複勝率0%

 

【所属データ】

JRA【8-9-7-39】複勝率38.1%
地方馬【2-1-3-65】複勝率 8.5%

基本的にはJRA所属馬が圧倒的に優勢となっています。

2019年5人気3着ミューチャリー(羽田盃1着)
2016年5人気1着ヒガシウィルウィン(東京ダービー1着)
2015年6人気3着ラッキープリンス(東京ダービー1着)
2014年1人気2着ハッピースプリント(羽田盃1着・東京ダービー1着)
2012年7人気3着アートサハラ(羽田盃1着)
2010年6人気1着マグニフィカ(東京ダービー3着)

地方馬から馬券に絡むには羽田盃・東京ダービーでの1着が必須と考えていいでしょう。

 

【前走レース】

ユニコーンS【3-2-4-16】複勝率36.0%
東京ダービー【2-1-3-28】複勝率17.6%
兵庫CS  【1-2-1- 4】複勝率50.0%

 

【前走人気】

1人気 【5-4-1-22】複勝率31.3%
2人気 【3-2-3-14】複勝率36.4%
3人気 【1-1-2-11】複勝率26.7%
4人気 【1-0-0-13】複勝率7.1%
5人気 【0-0-0- 9】複勝率0%
6~9人気 【0-0-3-20】複勝率13.0%
10人気以下【0-2-1-14】複勝率17.6%
前走海外  【0-1-0- 1】複勝率50.0%

 

【前走着順】

1着 【8-5-5-38】複勝率32.1%
2着 【1-0-3-17】複勝率19.0%
3着 【1-2-1- 8】複勝率33.3%
4着以下【0-3-1-41】複勝率8.9%

中心は前走1着馬で間違いないでしょう。

前走大敗からの巻き返しはほとんどありません。

前走6着以下からの好走馬は、前走日本ダービーor皐月賞組のみ。

それ以外の6着以下馬は軽視でOK。

 

【前走馬体重】

449kg以下    【1-1-0-15】複勝率11.8%
450kg~479kg【2-2-3-37】複勝率15.9%
480kg~499kg【4-4-1-26】複勝率25.7%
500kg以上    【3-2-6-25】複勝率30.6%
前走海外       【0-1-0- 1】複勝率50.0%

地方のダートだからでしょうか。

馬格がある馬が優勢傾向なっています。。

ここは要注目のデータですね。



ジャパンダートダービー2020 まとめ

まずまずはっきりとした傾向がでています。

データからもある程度絞れそうですね。

人気傾向からは7頭立てのレース。

あとは買い方勝負でしょう。

最後にもう1つ。

特注データを挙げておきます。

現在、鳳雛ステークスという名称で行われている5月開催の京都ダート1800m戦。

過去には、昇竜ステークスや端午ステークスという名称で行われていました。

それら全てを含めて、5月開催京都ダート1800mの勝ち馬は、

2016年のキョウエイギア・2014年カゼノコ、・2013年はクリソライト・2012年はハタノヴァンクールがそのまま次走ジャパンダートダービーを制覇。

2011年グレープブランデー・2009年シルクメビウス・2008年サクセスブロッケンが、2走後にジャパンダートダービーで連対を果たしています。

ということで、この路線を歩んできた馬は要注目になります。

その特注データに該当する馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

最近勢いに乗る口コミで話題沸騰の注目の競馬サイトを紹介!

最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」
「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。
確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。
そんな皆様のために、今回は

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる!」
「信頼して長く使える!」

おすすめ予想サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】うまとみらいと
オススメ度★★★★★

3つのコンテンツを集結させた競馬予想サイト。

■競走馬の実力が一瞬でわかる【うまコラボ】
■的中率90%の反則技【競馬の殿堂】
■穴馬一筋15年が魅せる穴馬【ヒットメイク】

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で有益な情報が多いこのサイトがオススメ度No.1。
【URL】https://miraito.collabo-n.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】ギャロップジャパン
オススメ度★★★★★

人気の理由は、無料コンテンツが充実していること。

重賞レース回顧や、穴馬を導く「穴馬法則」
厳選された軸馬公開など、豊富なラインナップ。

今なら土日対象レースを無料配信!

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!

<<重賞情報提供のみ先着順になります>>
【URL】http://gallopjapan.jp/