【スプリンターズステークス2019予想】ダノンスマッシュ・タワーオブロンドンの追い切り・調教評価

Pocket

今回はスプリンターズステークス2019予想:ダノンスマッシュ・タワーオブロンドンの追い切り・調教評価を中心とした記事を書いていきます。

過去のスプリンターズステークスは中波乱傾向、上位人気だけで決する方が稀な傾向にあります。

それもこれも、低レベルスプリント路線だからこそか。

今年は春の高松宮記念で3連単449万の特大万馬券が飛び出しました。

主役不在の一戦で、4歳馬ダノンスマッシュ・タワーオブロンドンに人気が集まりそうです。

この馬たちが勝利を収めてスプリント路線で一時代を築くことができるかどうか。

それでは、スプリンターズステークス2019予想:追い切り・調教に入っていきましょう。

【スプリンターズステークス2019予想】追い切り・調教

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

スプリンターズステークス 枠順配置

 1- 1アレスバローズ   牡7 菱田裕二
 1- 2ダノンスマッシュ  牡4 川田将雅
 2- 3セイウンコウセイ  牡6 幸英明
 2- 4リナーテ      牝5 三浦皇成
 3- 5レッツゴードンキ  牝7 岩田康誠
 3- 6ノーワン      牝3 内田博幸
 4- 7モズスーパーフレア 牝4 松若風馬
 4- 8タワーオブロンドン 牡4 ルメール
 5- 9ディアンドル    牝3 藤岡佑介
 5-10ラブカンプー    牝4 酒井学
 6-11マルターズアポジー 牡7 丸山元気
 6-12ダイメイプリンセス 牝6 秋山真一郎
 7-13ミスターメロディ  牡4 福永祐一
 7-14ハッピーアワー   牡3 横山典弘
 8-15イベリス      牝3 浜中俊
 8-16ファンタジスト   牡3 武豊

中山芝1200m

GⅠスプリンターズステークスが行われる舞台で外回りコースが使用されます。

2コーナー付近からスタートするコースで、スタートから4コーナーまで緩やかなカーブと下り坂が続くコースとなっています。

その為、スタートからの勢いそのままにペースが速くなりやすいコースで、ミドル以上~ハイペースになることも少なくありません。

最後の直線は約310mと短く、残り200m付近には中山特有の急坂が待ち構えています。

ハイペースになるという事は差し・追い込みが利きそうですが、直線が短いので追い込み一手ではさすがに厳しい。

好走率としては先行馬の数字が高くなっているので、狙いはパワータイプと小回り適正のある先行馬というイメージです。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

〝栗東CW仕上げ〟は人気に推された馬なら、というイメージ。

〝栗東坂路仕上げ〟は最も多くの好走馬を輩出していますが、目立った好走パターンはありません。

超好時計・超ハイラップを刻んでいてもあまりあてにはならなず、過大評価は禁物といイメージで。

〝美南W仕上げ〟からは4Fの短い距離で終い重点の追い切りを施された馬に注目。

〝美浦坂路仕上げ〟は4F目が最速になる加速ラップ踏んだ馬を押さえる程度。

〝その他仕上げ〟は厩舎の勝負パターン以外は基本的には軽視でいいでしょう。

 

それでは本題、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【ダノンスマッシュ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 52.5 38.1 24.5 12.0 末強め

《最終追い切り》
川田 栗坂 良 52.3 37.3 24.0 12.0 馬なり

追い切り考察

今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

この追い切りパターンは今春のシルクロードステークス⇒高松宮記念で施されたものになっています。

それ以前は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンが最も多くなっていました。

個人的には安田隆行厩舎の勝負パターンはこちらだと考えているんですけどね、、、

今走の追い切りは2週連続終い重点の追い切りを消化。

1週前追い切り14.4-13.6-12.5-12.0

最終追い切り15.0-13.3-12.0-12.0

どちらかといえば、この馬としては軽めにまとめてきた印象です。

高松宮記念4着の追い切り内容

《1週前追い切り》
助手 栗坂 稍 49.7 36.6 24.3 12.5 一杯
ミッキーワイルド(古馬1000万)1.4秒追走0.5秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 51.3 37.4 24.3 12.4 馬なり

1週前追い切りでは4F49.7秒の猛時計を叩いていました。

ここが高松宮記念との大きな違い。

追い切りの水準としては高松宮記念の方が高かったという点は否めないかなと。

しかし、この軽めの調整でレースにいってしっかりと折り合って末脚を爆発させるという競馬が出来ればプラスになる事も。

気になる点としては、ここまで13戦を消化して12戦で1週前or最終追い切りで併せ馬を行われていますが、今回は併せ馬がない事。

これが長距離輸送を控えているからなのか、なにか別の理由があるのか、、、

少なからず不安も見え隠れします。

これらの理由から個人的には軸にするには不安がある、というイメージです。

 

【モズスーパーフレア】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 49.7 36.6 24.6 12.8 一杯
インディチャンプ(古馬オープン)0.7秒追走0.6秒先着

《最終追い切り》
松若 栗坂 良 52.1 37.6 23.9 11.7 強め

追い切り考察

滞在競馬を除いて、全て坂路で調整されています。

音無厩舎らしい調整パターンですね。

坂路でビシビシ鍛え上げられて、自慢のスピード能力が開花したのは昨夏辺り。

それまでも坂路で好時計を叩くことはありましたが、この辺りからまた一段と追い切り内容が良化しています。

今走も変わらず超高水準追い切りを消化してきました。

1週前追い切りは当週2番時計の4F49.7秒を記録。

最終追い切りではラスト1F11.7秒の高水準加速ラップ追い切りを消化。

毎度のことながら素晴らしい追い切りを消化してきました。

前走と比べても内容も良化しています。

前走:北九州記念4着時の追い切り内容

《1週前追い切り》
松若 栗坂 良 50.8 36.4 23.6 11.9 馬なり
ダノンスパーク(古馬2勝)0.3秒追走0.6秒先着

《最終追い切り》
松若 栗坂 良 51.9 37.4 24.5 12.4 馬なり

前走は2週前追い切り・1週前追い切りでしっかり時計を出して最終追い切りは軽めにまとめる内容。

中間4F50秒を切る時計は記録しておらず、最終追い切りでも加速ラップを踏む事ができていませんでした。

この事から明らかに前走より状態を上げてきている事が分かります。

上位勢の中でも1・2を争う好追い切りであると考えます。

 

【タワーオブロンドン】

《1週前追い切り》
助手 美坂 重 59.4 43.3 28.7 14.5 馬なり

《最終追い切り》
北村宏 美南W 稍 68.9 53.2 39.5 12.7【8】馬なり

追い切り考察

4歳を迎えてからは美南Wを中心に美浦坂路との併用で調整されています。

今走は間隔が詰まるので、坂路で軽めに流しつつ、、本追い切りは最終追い切りの美南Wでの1本のみでレースに臨みます。

この馬の不安要素としては、中1週間隔で札幌⇒厩舎⇒阪神という長距離輸送を2度行い、中2週でのレースになる事です。

基本的には馬なり調整でまとる厩舎なので、疲れというのは読みづらいですが、最終追い切りで併せ馬を行わなかった理由はこのハードスケジュールにありそう。

前走セントウルステークスでの快勝から大人気に推されそうな場面ですが、あっさり凡走というのは考えられる場面です。

また、追い切りの好走傾向からも美南W5F仕上げというのは良くない追い切りパターン。

追い切りからは評価を落としつつ、押さえ候補の一頭という印象です。

 

【ミスターメロディー】

《1週前追い切り》
福永 栗坂 稍 54.2 38.9 24.9 12.5 馬なり

《最終追い切り》
福永 栗芝 良 62.3 46.7 33.8 11.7【2】馬なり

追い切り考察

今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東芝仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これまでは1週前追い切りに栗東CWを使うのがパターンでしたが、今走は栗東坂路を使ってきました。

これは前走からの間隔が詰まるのが理由という感じなので、致し方なしかなという感じ。

それよりも最終追い切りで芝追いを使ってきた事を評価したい場面。

というのも、最終追い切りで芝追いを使ってくるのは藤原英昭厩舎の勝負パターンとなっています。

2週連続福永騎手が追い切りに跨っているのも評価としては高いポイントです。

高松宮記念馬にも関わらず、人気も落ち着きそうなここは意外と狙い目!?かもしれません。

 

スプリンターズステークス2019 本命馬

それでは最後に狙いたい本命馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 54.8 37.4 23.6 11.8 馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 52.4 36.9 23.6 11.7 馬なり

追い切り考察

ここまでは栗東坂路中心の追い切り過程を踏まれています。

今走も変わらず栗東坂路で追い切りを消化してきました。

内容としては全て終い重点で、全体時計を出してくる事はここまではありませんでした。

しかし、今走は最終追い切りで全体時計でもしっかり時計を出してきました。

4Fとしては文句なしの自己ベスト時計を記録。

その中でラスト2F11.9-11.7という11秒台のラップを2F刻んでの加速ラップ。

これは超ハイレベル水準と言って差し支えない追い切りとなっています。

この水準の追い切りを消化してきた馬を追い切り予想家が推奨しない理由はないといった印象です。

1週前追い切りでも終い重点とは言え、ラスト2F11.8-11,8で11秒台を2F続ける持続ラップ。

追い切り内容はケチの付けようがありません。

 

今だけの特別なお知らせ!!

今、登録するだけで有料ポイントが無料で手に入るお得サイト

無料でも十分な情報量と予想を提供しているサイトですが、
期間限定で本来なら有料でしか手に入らない情報が無料で見ることが出来ます。

もらえる有料ポイントが多い競馬サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
登録するなら今がチャンスです!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】キングダム
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★★

なんと!!無料登録で
約50万円分のポイント、5000ポイントが受け取れます!!

元JRA厩務員「笹原正行」監修の競馬サイト。

元JRA関係者だからできる情報を提供してくれるサイトです。

いかに勝てるかに重きを置いた情報収集しているおすすめサイトです!
【URL】http://king-dom.net/

――――――――――――――――――――

【第2位】勝馬定石
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★

無料登録で約10万円分のポイント、1000ポイントが受け取れます。

無料の3連複情報がどのサイトよりも!強烈!

重賞解析/トレセン生情報/など
勝馬の定石でしか手に入らない
詳細データがよりどりみどり!

無料で有益な情報が手に入るこのサイトはオススメ度No.1
【URL】http://katiuma-no-jyouseki.com/

――――――――――――――――――――

【第3位】競馬報道
オススメ度★★★★
もらえるポイント★★★★

無料登録で約5万円分のポイント、500ポイントが受け取れます。

今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!
【URL】http://keibahoudou.com/