【セントウルステークス2019予想】追い切り・調教分析~上位勢に不安あり~

Pocket

今回はセントウルステークス2019予想:追い切り・調教分析~上位勢に不安あり~を中心とした記事を書いていきます。

今年春のスプリント王に輝いたミスターメロディーの始動戦。

目標はスプリンターズステークスというところでは取りこぼしも十分考えられる場面。

だからこそか、想定オッズではまさかの2人気。

想定1人気はタワーオブロンドンとなっていますが、こちらはスプリント戦で未だ勝ち鞍がありません。

過去を振り返ると、スプリント王者ロードカナロアが2年連続取りこぼした舞台。

他にも、ストレイトガール・スリープレスナイト・ファイングレインなど、GⅠ馬がことごとく敗戦してきた舞台でもあります。

波乱の目も含まれているセントウルステークスを追い切り・調教観点から検討していきます。

【セントウルステークス2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

セントウルステークス 枠順配置

 1- 1ペイシャフェリシタ 牝6 幸英明
 2- 2マテラスカイ    牡5 武豊
 3- 3キングハート    牡6 小崎綾也
 4- 4イベリス      牝3 浜中俊
 4- 5ラブカンプー    牝4 川須栄彦
 5- 6ファンタジスト   牡3 和田竜二
 5- 7タワーオブロンドン 牡4 ルメール
 6- 8ダイメイプリンセス 牝6 川田将雅
 6- 9カイザーメランジェ 牡4 江田照男
 7-10モーニン      牡7 岩田康誠
 7-11アンヴァル     牝4 藤岡康太
 8-12ミスターメロディ  牡4 福永祐一
 8-13タマモブリリアン  牝6 太宰啓介

阪神芝1200m

向こう正面半ほどからスタートするコースで、内回りコースが使用されます。

スタート後の直線は約234mと短く、内枠有利の舞台設定になります。

しかし、最内枠は最も好走率が低く、反対に最も好走率が高いのが2枠となります。

スタートで立ち遅れると揉まれる可能性が高い最内枠は良くない成績となっています。

そして、開催が進むにと内側が荒れやすく、内枠が常に有利にはなりません。

枠順としては2枠が中心も、基本的には4~6枠の中枠が最も無難な印象を受けます。

スタート後、3コーナー付近から直線半ばまで緩やかな下り坂になっており、スピードが出やすく最後には急坂が待ち構えているので外差しが決まる事も多いコースです。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

〝栗東CW仕上げ〟は出走頭数が少ない中で、人気薄の好走が目立つので全部買い!と言っても良いレベルです。

このレースの注目は〝栗東坂路仕上げ〟。

その中でも『4F目が最速になる加速ラップ』を踏んだ馬が特注パターンです。

これをクリアしていなくても道中11秒台のラップを記録していたり、4F50秒を切るような超好時計であれば買いでOK。

この2パターン以外からで買える馬はサマースプリントシリーズ優勝の可能性が残されている馬たち。

厩舎の勝負パターンを踏まれている可能性が高いです。

 

それでは本題、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【マテラスカイ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 重 50.4 36.8 23.9 12.1 一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 49.4 36.3 23.8 11.9 強め
ジェットマックス(2歳未勝利)0.6秒追走0.6秒先着

追い切り考察

坂路でビシビシと調教を行う森秀行厩舎らしい追い切りパターン。

森秀行厩舎全般に言えるのですが、坂路で好時計を連発する馬が多いです。

その中でもこのマテラスカイは超好時計を叩くことでも有名。

今走も例に漏れず超好時計を連発しています。

1週前追い切り13.6-12.1-11.8-12.1

最終追い切り13.1-12.5-11.9-11.9

という、2週連続で道中11秒台を叩く好ラップを記録しています。

そして最終追い切りでは自己ベスト更新してくる超好内容を記録してきました。

ただ忘れてはいけないのはこの馬はこのくらいの水準で普通だという事。

時計面は完璧でデキがいいのは間違いなさそうですが、モロさも同居する馬ですのでどこまで信頼するかがポイントですね。

あとは久しぶりの芝戦になるという事ですね。

いずれにせよ、ピンかパーで買いたい馬です。

 

【タワーオブロンドン】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
助手 美南W 良 70.0 54.5 40.2 13.2【5】馬なり

追い切り考察

美南W復活週から美南Wでの追い切りを再開しました。

元々厩舎では本追い切りは美浦坂路を中心に美南Wと併用で調整を進められてきた馬です。

4歳になってからは美南Wを中心に美浦坂路との併用という形に切り替えています。

今走は間隔が詰まるので、土曜に坂路を使って、本追い切りは最終追い切りの美南Wでの1本のみ。

負荷としても軽めなので特筆すべき点はないといった印象です。

輸送面を考えても中1週で、札幌⇒厩舎⇒阪神という長距離輸送を2度クリアしないといけません。

そういう中でも追い切りを2本消化出来たのは評価できますが、負担が大きいのも確か。

馬券外となっても驚けない場面ではあります。

 

【ダイメイプリンセス】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 51.5 37.0 23.9 12.2 一杯

追い切り考察

いつも通り、栗東坂路中心の追い切りを消化しています。

併せ馬で負荷を掛けてくるのが特徴となっています。

今走は中2週で併せ馬ナシ。

この馬は過去29戦を消化し、併せ馬がなかったのは3戦のみ。

中1週・中2週競馬が9戦ある中でこの結果。

今回に限っては少なからず連戦の疲れがあるのかもしれません。

馬なり調整であれば軽視でも良かったのですが、最終追い切りでは一杯に負荷を掛けてきました。

この点が予想を難しくさせますが、、、

追い切りからは評価を下げて考えたい馬です。

 

【アンヴァル】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 重 53.3 39.1 25.7 13.0 馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 51.7 37.7 24.5 11.9 一杯

追い切り考察

ここまでは栗東坂路中心の追い切りとなっています。

今走も変わらず栗東坂路中心の追い切りを消化しました。

最終追い切りでビッシリと負荷を掛けて4F51.7秒~1F11.9秒という好時計を叩いてきました。

追い切りの水準としては高めではありますが、前走北九州記念3着は1週前追い切りで4F49.7秒~1F12.2秒の自己ベストを記録。

前々走バーデンバーデンカップ2着は1週前追い切りで4F50.7秒~1F12.0秒の当時の自己ベストを記録していました。

中2週という面があるものの、近2戦と比べて見劣る内容となっているのは確か。

前々走・前走に比べて上積みがあるかと言われると、ハテナな部分がありますね。

良くて平行線というイメージ。

 

【ミスターメロディー】

《1週前追い切り》
福永 栗CW 稍 51.8 36.6 11.7【5】一杯

《最終追い切り》
福永 栗芝 稍 63.6 48.2 34.7 11.5【4】馬なり

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東芝仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

個人的にはこれは意外な追い切りパターン。

というのも最終追い切りで芝追いを使ってくるのは藤原英昭厩舎の勝負パターンとなっています。

この追い切りパターンを使ってくるのは次走だと予想していたので、、、

前走高松宮記念を制した追い切りパターンで、前哨戦とは言え、それなりに勝負度合いも高そうな一戦ではあります。

2週連続福永騎手が追い切りに跨っているのも評価としては高いポイントです。

 

セントウルステークス2019 本命馬

それでは最後に狙いたい本命馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 栗坂 重 51.3 37.2 24.4 12.2 一杯
タフチョイス(古馬2勝)0.3秒追走0.3秒先着

《最終追い切り》
浜中 栗坂 良 51.3 37.4 24.0 11.9 末強め
エポック(古馬オープン)0.3秒追走0.5秒先着

追い切り考察

今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

近2戦のアーリントンカップ1着⇒NHKマイルC16着は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んでいました。

今回の坂路中心のい切りはそれ以前の追い切りパターン。

未勝利・500万下を勝利した追い切りパターンに戻してきたということになります。

追い切り内容としては2週続けて4F51.3秒の好時計を記録。

同じ時計ではありますが、水準としては1週前追い切りが評価できる内容となっています。

というのも、1週前は馬場が重く時計の出にくい馬場。

1週前追い切りは当週の7番時計となっていました。

最終追い切りは時計が出やすい馬場で、同じ時計でも当週の23番時計となっています。

1週前追い切りの高評価ポイントは全体時計51.3秒と速いにもかかわらず、ラスト2F12.2-12.2の持続ラップでまとめたところ。

当週全体時計が速い馬は軒並みラスト1Fラップを落とす馬が続出する中でこの持続ラップは素直に高評価できます。

追い切り内容としてはケチを付けるところはない印象を受けます。

 

今だけの特別なお知らせ!!

今、登録するだけで有料ポイントが無料で手に入るお得サイト

無料でも十分な情報量と予想を提供しているサイトですが、
期間限定で本来なら有料でしか手に入らない情報が無料で見ることが出来ます。

もらえる有料ポイントが多い競馬サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
登録するなら今がチャンスです!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】キングダム
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★★

なんと!!無料登録で
約50万円分のポイント、5000ポイントが受け取れます!!

元JRA厩務員「笹原正行」監修の競馬サイト。

元JRA関係者だからできる情報を提供してくれるサイトです。

いかに勝てるかに重きを置いた情報収集しているおすすめサイトです!
【URL】http://king-dom.net/

――――――――――――――――――――

【第2位】勝馬定石
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★

無料登録で約10万円分のポイント、1000ポイントが受け取れます。

無料の3連複情報がどのサイトよりも!強烈!

重賞解析/トレセン生情報/など
勝馬の定石でしか手に入らない
詳細データがよりどりみどり!

無料で有益な情報が手に入るこのサイトはオススメ度No.1
【URL】http://katiuma-no-jyouseki.com/

――――――――――――――――――――

【第3位】競馬報道
オススメ度★★★★
もらえるポイント★★★★

無料登録で約5万円分のポイント、500ポイントが受け取れます。

今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!
【URL】http://keibahoudou.com/