【セントライト記念2018】無料予想と最終追い切り・調教分析

Pocket

今回はセントライト記念2018の無料予想と最終追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

クラシック最終戦:菊花賞のトライアルレースとなるセントライト記念。

次週に行われる神戸新聞杯の陰に隠れがちではありますが、今年はかなりのハイメンバーが揃いました。

過去の勝ち馬には、昨年まで競馬界を賑わせたキタサンブラックを筆頭にイスラボニータ・フェノーメノ・ナカヤマフェスタなどのGⅠ馬が顔を揃えます。

今年はここの勝利をきっかけに、歴史的名馬へ登り詰める馬は現れるのか!?

要注目の一戦。

とは言え、菊花賞トライアルという有力馬にとっては叩き台の一戦。

有力馬のデキ次第ではあっさり凡走ということも、、、

それでは、セントライト記念2018の無料予想と最終追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

これにて今週のテーマ『ネコとスパイダーマン』終了ですww

なかなか可愛かったでしょ!?

以上、犬よりネコ派のyuuでした(●´ω`●)

でも来週は犬メインで考えていますww

 

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
キメルケイバ!
【当てるため・稼ぐため・勝つため】
の競馬サイト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■近走的中実績の一部がこちら!
09/09・中山07R3連複174,200円的中
09/08・中山12R3連単1,578,400円的中
09/08・中山08R3連単858,600円的中
09/08・阪神06R3連複224,700円的中
その他の的中実績はこちら!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

情報サイトを利用するからには的中しなければ意味がありません。
情報サイトを利用するからには稼がなければ意味がありません。
キメルケイバ!との出会いが、皆様の人生を大きく変えていきます!

>>無料情報はこちら<<

◯ 競馬初心者でもOK
◯ 競馬の知識が無くてもOK
勝利への第一歩は情報収集でキメル!!!

【セントライト記念2018】無料予想と最終追い切り・調教分析

 

それでは早速各馬の追い切り内容を見ていきましょう。

オウケンムーン

北村宏 美南W 良 88.5 72.5 56.6 41.5 13.6【7】馬なり

サトノエルドール(2歳未勝利)0.6秒追走0.2秒先着

併せ馬では毎度遅れるのがデフォルトの馬ですが先着。

まぁ、併せた馬が超格下馬ですので、当たり前と言えば当たり前かww

ですが、2週連続の先着はこの馬としては評価して良いポイント。

時計がイマイチなのは気になりますが、1週前追い切りで時計を出してきているので、、、、ギリギリOKの判断で。

この馬なりに仕上がりは良さそうです。

 

ギベオン

戸崎 栗CW 稍 85.3 69.7 54.6 39.9 12.3【9】馬なり

1週前追い切りで皐月賞馬エポカドーロと豪華な併せ馬を行い、時計としても好時計でしっかり先着。

そこからの最終追い切りでは軽めにまとめてくるという内容。

仕上がり自体は良好という印象です。

距離という不安もありますが、一番は戸崎さんでしょうか。

ここまでの4戦全て外国人ジョッキー騎乗という事で、そこから戸崎さんに乗り替わって果たして馬の能力全開となるのか。

不安が付きまといますww

 

グレイル

岩田 栗CW 稍 83.0 67.0 51.8 37.8 11.7【7】一杯

クインズサターン(古馬オープン)0.3秒先行0.4秒先着

やはりというか、案の定というか、、、好時計を叩いてきました。

追い切りを見る限りダービーでの骨折の影響はないでしょう。

この馬なりに順調に来ているという印象。

買い材料としては、岩田さんが付きっきりで調教を付けていること。

これはよほど岩田さんが能力を買っている証拠になるでしょう。

ひと夏超えて成長があればチャンスあり。

 

ケイティクレバー

小林徹 栗CW 稍 86.3 69.6 53.7 39.3 11.7【6】馬なり

終い重点の内容。

間隔が詰まる中1週前追い切りで好時計を叩いており、十分といった印象の追い切り内容です。

前走の追い切りと比べても、同じ水準を保てていますし、デキはキープしている印象です。

小回りの中山コースという事で先行脚質もプラスですし、ワンチャンあるのでは!?

前走、昨年の菊花賞3着のポポカテペトルに迫った能力があればここでも通用の余地有りでしょう。

 

コズミックフォース

石橋脩 美南W 良 68.2 53.2 38.5 12.8【3】馬なり

キングスヴァリュー(古馬1000万)0.9秒追走同入

1週前追い切り時、

『併せ馬でしっかり先着してきたところに好感が持てます。

水準としては、プリンシパルステークスとよく似た内容となっています。

最終追い切りでも、併せ馬先着かつ好時計が買い判断になってくるか。』

という話をしました。

先着ではなかったですが、追走から同入に持ち込んでおり、この馬の水準通りの内容と見て良さそうです。

当たり前ですが、100%仕上げとはいかなくとも8割仕上げくらいのデキにはありそう。

この馬の評価としては、左回り>右回りな雰囲気を感じているので、ここが試金石の一戦になるかなと。

 

ジェネラーレウーノ

田辺 美南W 良 54.2 38.7 12.9【4】馬なり

レジェンドソウル(古馬500万)0.6秒追走0.2秒先着

1週前追い切り一杯に追う⇒最終追い切り馬なり調整(直線だけ追うパターンはあり)。

新馬戦を除く、5戦は全てこの調整過程でレースに臨んできています。

今回も変わらずそのパターン。

変わったのは1週前追い切りで初の6ハロン追いを敢行され、ベスト時計を叩いている点。

成長分もあるでしょうし、て抜かりなく仕上げてきている印象もあります。

デキとしては万全という印象。

得意の中山という舞台も相まって、普通に有力という評価ですね。

 

ショウナンラーゼン

吉田隼 栗坂 稍 55.6 40.5 25.9 12,4 一杯

ローズベリル(古馬500万)0.8秒追走0.3秒遅れ

それほど速い時計を出せる馬ではないので、時計的にはこの馬なり。

それよりもこの併せ馬での遅れが気になりますね。

あまり遅れることが少ない馬ですから。

と言っても、前走の最終追い切りでは併せ馬遅れでレースでは好走しているんですけどねww

まぁ、追い切り内容としては可もなく不可もなくといったところ。

能力的にも上位勢には劣るので、現時点では厳しいと

 

ゼーゲン

助手 美南W 良 68.2 53.3 38.4 13.0【6】強め

ブレステイキング(古馬1000万)0.9秒先行同入

ここにも出走するブレステイキングとの併せ馬。

まだ2戦しか消化していないので何とも言いづらいですが、この馬なりに上々とい言える追い切り内容。

過去2戦よりは高い評価が与えられる内容です。

とは言え、動きとしてはブレステイキング>ゼーゲンは明白ですね。

そしてジョッキーは、初戦デムーロ⇒2戦目モレイラ⇒からの今走大野ですからね、、、

今回に関しては、この馬の期待値は低いと言わざる負えないか。

 

タニノフランケル

幸 栗CW 稍 69.0 53.1 38.4 11.9【7】強め

カイザーバル(古馬1000万)1.3秒追走クビ差先着

この馬なりに十分動けてきました。

この馬追い切りで時計を出すときと出さないときの差が激しい馬。

馬というかそれは厩舎の問題か。

この水準くらいがこの馬にとってはちょうど良いのかも。

ここまで大きく凡走したのは2走前の京都新聞杯のみ。

前走は強い相手がいなかったとは言え、逃げて上がり最速を使うというなかなか見所のある競馬。

被せられると脆いタイプという側面もあるので、やっぱり展開次第になってくるか。

 

ダブルフラット

助手 栗P 良 66.5 51.1 37.2 11.4【9】一杯

レッドカルディア(古馬500万)0.6秒先行0.1秒先着

この馬としては初のポリトラック中心の追い切り内容。

イマイチ理由が分かりかねますが、脚元に不安が出てきたか?

いずれにせよ、特に時計としても目立つものでないですし、ここは追い切りからは推奨しづらい一頭です。

 

トラストケンシン

高野和 美坂 稍 52.9 37.9 24.6 12,5 馬なり

ギャラルホルン(古馬500万)同入

この馬としては上々の追い切り内容。

この水準は、2走前の500万勝ち上がり時と4走前弥生賞6着時と同じうような水準。

この馬なりにデキは上々と見えます。

あとは、横の比較での能力差次第。

個人的には足らないと思いますが、、、

 

ブレステイキング

デムーロ 美南W 良 67.3 52.2 38.2 13.0【5】馬なり

ゼーゲン(古馬1000万)0.9秒追走同入

上でも述べたように、追い切り内容としてはブレステイキング>ゼーゲン。

動き・手応えは抜群。

1週前までが軽かったことを考えれば、なんとか帳尻が合ったという印象です。

この馬にはいろいろと思うところがありますし、個人的はイマイチ評価していないのですが、、、

ディープインパクト産駒×ノーザンファーム生産×堀厩舎×デムーロという現代競馬最高の組み合わせ。

それでいて5人気想定なら、素直に買いでいいのかもww

 

メイショウロセツ

助手 栗CW 稍 97.3 80.6 65.2 51.6 38.2 12.4【9】一杯

サンライズソア(古馬オープン)0.6秒先行0.4秒先着

追い切り内容としては素晴らしいと言える内容。

長めを追われて、それも大外を通って時計的にも文句なしの好時計。

一叩きした効果も相まって、状態はかなり良さそうです。

あとは能力が足りるかどうか、、、

足りない公算が高いですが、センス良く走れるタイプですので上手く先行出来ればワンチャンなくはない、というところ。

 

レイエスプランドル

助手 栗坂 稍 52.7 38.0 24.9 12.8 一杯

ベストタイ時計を叩く好追い切り。

間隔が詰まる中、追い切りの本数はこなせていますし、状態も良い水準と判断出来ますね。

ただ、ここでは能力的に足りない印象です。

状態の良さを活かすといっても、ここ2走で底が割れていますからね。

 

レイエンダ

杉原 美南W 良 54.1 39.7 12.4【8】馬なり

ペイドメルヴェイユ(古馬1000万)1.0秒追走同入

一応、この馬としてのベスト時計を更新してきました。

そもそもまだ速い時計を出していないのでベスト時計と言ってもこの時計。

ここまでの3戦と同じくノーザンファーム天栄を経由して、馬なり調整中心というのはこれまでと同じ調整過程。

今のところこれで結果が出ていますし、前哨戦のここで調整過程を変えてくる必要はないか。

状態としてはこれまで通り、という印象ですね。

あとは、能力。

この3戦3勝が本物かどうか、、、

巷では、兄レイデオロ以上の器と言われていますが、、、

結果はいかに。

 

セントライト記念2018 まとめ

全頭の追い切りを見てきました。

菊花賞に向けての前哨戦というところですが、上位勢はある程度しっかり仕上がっている印象でした。

そして逆に下位勢から超好追い切りで逆転候補まで!という馬は見当たらず、、、

このレースは過去。ガチガチ決着と大荒れ決着の両極端な結果となっていますが、今年はガチガチ決着の方かも。

ワンチャン、ケイティクレバーは大穴で面白そうな一頭としてピックアップしておきます。

 

それでは、最後に追い切りからNo.1馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ジェネラーレウーノ)

1週前追い切り⇒最終追い切りまでの過程を考えるとこの馬がNo.1(´ー`)

 

セントライト記念のデータ分析はこちらでまとめています☟☟

【セントライト記念2018】無料予想と過去傾向・データ分析

 

―【PR】―――――――――――――――
匠の厳選勝負情報!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
競馬で勝ちたい!小点数で万馬券狙いたい!!という方に朗報です!

匠集団による有力馬、穴馬そして特注馬(※)情報で目指せ!百万馬券!!

❝今❞ご登録の方だけに!!
【3連複勝負馬券】の厳選勝負情報!!
これを完全無料でご提供!!

>>無料登録はこちら!<<
※メールアドレスだけで無料で簡単に登録できます\(^o^)/
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■近走の的中実績も確かなもの!
09/09・阪神10R3連単966,900円的中
09/09・中山06R3連単101,520円的中
09/09・中山08R3連単13,120円的中
09/09・中山11R3連単23,840円的中
09/09・中山10R 3連単10,600円的中
09/09・中山01R 3連複48,000円的中
その他的中実績はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━