【ターコイズステークス2019予想】追い切り・調教から導く本命馬

Pocket

今回はターコイズステークス2019予想:追い切り・調教から導く本命馬を中心とした記事を書いていきます。

2015年に重賞に格上げされて、今年で4年目を迎えるターコイズステークス。

牝馬限定のオープン特別からの格上げという事で、施行条件は変わらず中山1600mで行われます。

ハンデ戦・牝馬限定戦・中山1600mという3拍子が揃えば波乱の予感しかしないですね。

実際、重賞格上げ初年度は3連単295万馬券、そして昨年は69万馬券と大波乱の結果となっています。

今年は3歳牝馬が人気を集めそうな一戦ですがどのような結果になるか、追い切り・調教から検討していきます。

【ターコイズステークス2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

ターコイズステークス 枠順配置

 1- 1メイショウグロッケ 牝5 蛯名正義
 1- 2ウインシャトレーヌ 牝5 松岡正海
 2- 3モアナ       牝5 石橋脩
 2- 4ハーレムライン   牝4 大野拓弥
 3- 5デンコウアンジュ  牝6 柴田善臣
 3- 6フロンテアクイーン 牝6 津村明秀
 4- 7シゲルピンクダイヤ 牝3 和田竜二
 4- 8エスポワール    牝3 デムーロ
 5- 9リバティハイツ   牝4 藤岡佑介
 5-10ダノングレース   牝4 三浦皇成
 6-11オールフォーラヴ  牝4 ビュイック
 6-12フローレスマジック 牝5 北村宏司
 7-13コントラチェック  牝3 ルメール
 7-14フィリアプーラ   牝3 丸山元気
 8-15ディメンシオン   牝5 マーフィー
 8-16トロワゼトワル   牝4 横山典弘

中山芝1600m

1~2コーナーの引き込み地点からスタートし、外回りを使用するコース。

スタート後すぐにコーナーになるため内枠が有利で、外枠はロスが大きく不利なコースとなっています。

2コーナー~3コーナーにかけて下り坂が続くのでペースは速くなる傾向にあります。

スローペースとミドルペース以上で半々というイメージ。

直線の長さは310mと短く、残り200mからは中山特有の急坂が待ち構えています。

直線が短いという事で基本的には逃げ・先行馬が有利ですが、ペースが速くなると差し・追込も比較的決まる傾向にあります。

むしろ先行馬は人気になりやすい傾向があるので、穴馬という観点から見ると差し馬が狙い目になるかもしれません。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【フロンテアクイーン】

《1週前追い切り》
助手 美南W 稍 67.6 52.8 39.8 12.9【7】馬なり
ノチェブランカ(古馬3勝)1.0秒先行同入

《最終追い切り》
助手 美南W 稍 63.0 48.1 35.5 12.5【1】馬なり
ロジアイリッシュ(2歳未勝利)0.2秒追走同入

追い切り考察

美南Wと美浦坂路の併用で調整される馬で、仕上げパターンとしては〝美南W仕上げ〟〝美浦坂路仕上げ〟パターンがあります。

今回は本追い切りで美南Wを使ってきました。

成績としてどちらが良いという事もなく、特にこの辺りは気にする必要はないかな、という印象です。

内容としては、今回は内目回って好時計を出してくるという追い切りになりました。

これは初めてのパターンで、これまではコース中ほど?外目を通って時計をしっかり出してくるという調整パターンとなっていました。

そして、コースの最内を通った割にはラスト1F12,5秒を要しており、道中は速いラップを刻んでいますが、終いの伸びは物足りないものとなっています。

追い切りの水準としては本来であればもう少し上げられる馬というところも加味すれば、ここは評価を下げて考えたい一頭です。

 

【シゲルピンクダイヤ】

《1週前追い切り》
調教師 栗CW 良 80.3 65.4 51.4 38.6 12.5【7】一杯

《最終追い切り》
調教師 栗坂 良 52.9 38.1 24.2 11.8 一杯

追い切り考察

オークスまではプール調整を挟みつつ坂路中心に調整されるのがこの馬の追い切りパターンでした。

今秋ローズステークスからは中間に栗東CWを挟む調整過程に変えてきています。

元々脚元に不安があるタイプで坂路とプール調整が中心でしたが、ひと夏超えて脚元がしっかりしてきたという事でしょう。

負荷の面でも春先までは馬なり調整が中心でしたが、今秋2戦はビッシリ負荷を掛ける追い切りを続けています。

今走も変わらず1週前・最終追い切り共に『一杯』に負荷を掛けてきました。

脚元の不安はなく、秋華賞の疲れ元残っていないと考えて良さそうです。

追い切りの水準としても最終追い切りはラスト1F11秒台を記録する超ハイレベルな追い切りを消化しました。

仕上がりは申し分ない印象で、あとは差しが決まるかどうかだけという印象です。

 

【エスポワール】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 84.0 66.5 50.5 37.8 12.8【5】馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 52.8 38.2 24.7 12.4 一杯
スマートランウェイ(古馬1勝)0.7秒追走0,2秒遅れ

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは2勝クラス勝ち上がり・秋華賞と同じ追い切りパターンで、角居厩舎の勝負パターンでもあります。

追い切りパターンとしては高評価できるものとなっています。

中間の併せ馬は最終追い切りの1本のみで、追走から遅れという内容になっています。

元々併せ馬では後れを頻発させる馬なので、これで評価を下げる事はしなくて良いでしょう。

ただ、内容としては2勝クラス勝ち上がり時の方が高かったが印象を受けます。

1週前の栗東CW追いでは6F83.0秒~1F11.6秒を記録し、最終追い切りの栗東坂路ではラスト2F12.4-12.4の持続ラップとなっていました。

これと比べると今走は1週前追い切りの栗東CWは6F84.0秒~1F12.8秒。

最終追い切りの栗東坂路ではラスト2F12.3-12.4の減速ラップ。

ベターではあってもベストではない印象で、相手候補の一頭というイメージです。

 

【コントラチェック】

《1週前追い切り》
上野翔 美南W 稍 68.4 54.4 41.2 12.7【6】馬なり
マリームーン(古馬オープン)0.8秒先行同入

《最終追い切り》
蛯名 美南W 稍 70.1 54.5 40.1 11.9【8】馬なり
ウェストブルック(古馬1勝)0.7秒先行クビ先着

追い切り考察

外厩先はノーザンF天栄、厩舎では美南Wと坂路の併用で調整されるというまさに藤沢和雄厩舎という感じの馬。

とは言え、本追い切りが美浦坂路中心の追い切りで王道パターンとは少しずれた馬でした。

藤沢和雄厩舎自体、一度美南W閉鎖されて再開した後もそのまま美浦坂路を使うケースが多くなっていた影響も少なからずありましたね。

今回はこの馬としては2度目の本追い切り美南W中心の追い切りパターンを踏んできました。

過去の1度はフラワーカップ1着時となります。

個人的にはこちらの追い切りパターンの方が良い印象を受けていましたので、この追い切りパターン替わりは狙い目。

中間は馬なり調整を続けるというところでは追い切りから評価はしづらいところではありますが、併せ馬でしっかりと負荷を掛けられています。

これが藤沢和雄厩舎なりのパターンです。

乗り込み量も豊富で厩舎に戻ってから計10本の追い切りを消化しています。

走れる態勢は整っている風に見えますし、得意の中山が舞台なら巻き返しを期待。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【あしたの万馬券】

「競馬情報サイトって怪しいところが多い」これは紛れもない事実です。
しかし、重要なのはどのようなサイトでも「きっちりと予想が当たること」

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

あしたの万馬券では独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。

まずは、無料登録でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】https://www.manbaken.info/

――――――――――――――――――――

ターコイズステークス2019 本命馬

それでは最後に狙いたい本命馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
鮫島駿 栗CW 良 81.8 65.5 51.0 37.3 12.0【6】一杯
ペールエール(2歳オープン)1.4秒先行0.2秒遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.3 38.9 25.2 12.5 馬なり

追い切り考察

基本的には栗東坂路中心の追い切りを行うのがこの馬の追い切りパターン。

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターン踏んできました。

これは前走京成杯オータムハンデを制した追い切りパターンとなっています。

この追い切りパターンでは【2-0-0-2】という成績で着外の2度は4着とこの馬の好走パターンとなっています。

安田隆行厩舎はこのパターンを勝負パターンとして使ってくる厩舎でもあるので、本レースでもこの追い切りパターンを継続してきた事は評価して良いと思います。

その中で1週前追い切りで『一杯』に負荷を掛けて最終追い切りは馬なり調整でまとめるという点もプラスポイント。

水準としても上々で、追い切りから評価を下げる材料はなく、この馬を本命に推します。

前走は同じ舞台で強い勝ち方でしたし、ハンデ戦でも斤量差がさほどないこの相手関係なら信頼度は高いはず。

 

新サイト入稿しました!!

今回ご紹介するのは「オアシス」と「J.H.A」。

これらのサイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【J.H.A】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は「少点数」で的中を狙うというハイレベルな予想にあります。

的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。
まさに「ローリスクハイリターン」。

その理由は、
元厩舎関係者や競馬記者など業界関係者が名を連ねているからに他ならないでしょう、
当然、その情報力は他のサイトを凌ぐと言って過言ではないです。

無料登録でその一部を公開しているので、まずは無料登録で参考にしてみては!?
【URL】http://www.j-h-a.net/

――――――――――――――――――――

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/