【ダイオライト記念2019予想】追い切り・調教分析~印付き最終見解~

Pocket

今回はダイオライト記念2019予想:追い切り・調教分析~印付き最終見解~を中心とした記事を書いていきます。

3/13(水)船橋競馬11R 20:05発走

船橋競馬場ダート2400mで行なわれるJpnⅡになります。

ダートの長距離戦という特殊条件で行われるダイオライト記念。

過去にはクリソライトが3連覇を筆頭に、フリオーソの2連覇、ユーロビート2年連続馬券内やマイネルアワグラス2年連続2着というようなリピーターが活躍するレースとなっています。

今年はいつにもまして好メンバーが揃った印象で、ダート長距離の頂上決戦となる一戦。

それでは、ダイオライト記念2019予想:追い切り・調教分析~印付き最終見解~に入っていきましょう。





【ダイオライト記念2019予想】追い切り・調教分析~印付き最終見解~

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

ダイオライト記念 枠順配置

 1- 1チュウワウィザード 牡4 川田将雅 栗東
 2- 2カガノカリスマ   牡7 渡辺竜也 笠松
 3- 3トーセンマタコイヤ 牡8 森泰斗 浦和
 3- 4サウンドトゥルー  セ9 御神本訓 船橋
 4- 5チェダー      セ6 池田敏樹 笠松
 4- 6オールブラッシュ  牡7 田辺裕信 栗東
 5- 7ヤマノファイト   牡4 本橋孝太 船橋
 5- 8ディアドムス    牡7 岡部誠 大井
 6- 9アポロケンタッキー 牡7 戸崎圭太 栗東
 6-10カンムル      牡5 左海誠二 浦和
 7-11アサヤケ      牡8 本田正重 船橋
 7-12ハセノパイロ    牡4 矢野貴之 船橋
 8-13コスモマイギフト  牡10大原浩司 笠松
 8-14ミツバ       牡7 和田竜二 栗東

船橋ダート2400m

向正面からスタートするコースで、最初のコーナーまでの距離が長く枠順による有利不利は少ないコースです。

ダート2400mという長距離レースになるので、当然スタミナは必須。

南関東で唯一スパイラルカーブを採用しており、スピードにのったまま3コーナーに進入できるので捲り差しが利くコースとなっています。

コーナーを6回まわるコースになるので、立ち回り力も問われるコースです。

 

各追い切り場の馬場状態

続いて、各追い切り場の馬場状態(3/6・7)を考察していきます。

時計が出やすい〝A>B>C〟時計がでにくい

3段階評価でまとめていきます。

《栗東CW 良~重馬場》【B】

当週1番時計 クリノイダテン(古馬500万)
助手 栗CW 良 62.0 47.6 35.5 12.4【1】一杯

時計自体は速いですが、最内を通ってのものなの過大評価は禁物という感じ。

先週と比べてもさほど変わりない馬場かなという印象です。

力のある馬・調教駆けする馬なら時計は出せるという馬場状態。

当週6F80秒を切った馬は計8頭と、少なからず多からずというイメージ。

この辺りを踏まえても、水準通りの時計の出方という感じですね。

テンの入りがゆっくりであったり、4F追いの馬ならラスト1F11秒台も割と簡単に出せる、というのも押さえておきたいポイントです。

 

《栗東坂路 良~重馬場》【B】

当週1番時計 タイセイプライド(古馬オープン)
助手 栗坂 良 49.2 36.5 24.6 12.9 一杯

先週と変わりなく水準通りの時計というイメージです。

先週同様全体時計よりも、気にするべきは4ハロン目に最速になる加速ラップを踏まえているかに注目。

 

《美浦南W 良~重馬場》【B】

当週1番時計 インペリオーソ(障害未勝利)
石神 美南W 良 79.7 64.4 50.0 37.1 13.1【4】馬なり

時計の出方としては先週と変わらず、美浦ウッドらしいタフな馬場という印象です。

基準としては、5F66秒台・67秒台~1F12秒台でまとめてくるようなら優秀、ラスト1F13秒前半ならベターというイメージ。

 

《美浦坂路 稍~重馬場》【C】

当週1番時計 プロディガルサン(古馬オープン)
助手 美坂 稍 51.3 37.8 25.2 12.9 馬なり

美浦坂路らしいのタフな馬場で、ラスト1Fは時計を要す馬が多くなっています。

テンにゆったり入って⇒加速ラップは、それなりに力のある馬なら当然出せるのでそこはそれなりの評価に留めておきたい。

それよりも、53秒台~12秒前半の加速ラップでまとめられている馬がいれば優秀と判断していきたいところ。


追い切り・調教パターン考察

それでは、JRA勢の追い切り・調教パターンを考察していきます。

チュウワウィザード

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 51.2 37.6 24.5 12.4 一杯
ヒラボクラターシュ(古馬オープン)1.3秒追走同入

《最終追い切り》
助手 栗坂 稍 54.2 39.6 25.8 12.8 馬なり

追い切りパターン

ウッドで仕上げられることもありますが、基本的には坂路中心の追い切り過程。

〝1週前坂路追い⇒最終坂路仕上げ〟がメインとなっています。

ここまで全て馬券内という事もあり、特に目立つ好走パターンというのはナシ。

いつも通りの追い切り過程を踏めているかに注目ですね。

追い切り考察

これまで通りに坂路中心に乗り込まれて、〝1週前坂路追い⇒最終坂路仕上げ〟。

時計面に目を向けると、1週前追い切りで約1年前に記録した自己ベストを更新する好時計を叩いています。

これでデキが悪いなんてことはないでしょう。

好調キープでレースに臨めそうですね。

 

オールブラッシュ

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 72.0 54.5 39.5 13.0【5】強め

《最終追い切り》
助手 栗CW 稍 71.9 54.4 39.6 12.8【5】一杯

追い切りパターン

ここまでの仕上げパターンは様々。

近走の好走時の追い切りを振り返ると、

2019年川崎記念3着:〝1週前5Fウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟

2018年浦和記念1着:〝1週前坂路追い⇒最終坂路仕上げ〟

2018年かしわ記念2着:〝1週前5Fウッド追い⇒最終ウッド5F追い仕上げ〟

2017年浦和記念3着:〝1週前坂路追い⇒最終坂路仕上げ〟

2017年川崎記念1着:〝1週前5Fウッド追い⇒最終ウッド5F追い仕上げ〟

このようになっています。

イマイチ好走パターンが読みにくいですね。

村山厩舎自体の勝負パターンもイマイチ読み切れないので、なかなか難しいです。

追い切り考察

ここでは〝1週前5Fウッド追い⇒最終ウッド5F追い仕上げ〟を施してきました。

この追い切りパターンは上に挙げた2018年かしわ記念・2017年川崎記念以外に、2018年マーチステークス11着・2017年帝王賞6着この2走で使用。

GⅠで3度この追い切りパターンを踏まれていることを考えると、ここもある程度勝負気配は高いと読むこともできます。

近走は復調気配を感じる内容で、それをしっかりキープ出来ていると考えて良さそうですね。

 

アポロケンタッキー

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 52.9 38.2 25.0 12.6 馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 50.1 36.7 24.5 12.6 一杯

追い切りパターン

坂路中心に本数をこなして馬を作っていくタイプ。

近走は不振に陥っていますが、追い切りでは迫力満点の動きを見せて好時計を叩くのがこの馬の追い切り。

故に、追い切りの動きやタイムはあまり当てにならないタイプと言い換えることが出来ます。

追い切り内容がレースに直結しないので、追い切りから復活を見出すのは難しい、、、ですね。

追い切り考察

今走もいつも通り坂路でじっくり乗り込まれています。

変わり身を感じる点としては最終追い切り。

これは約2年前に記録した自己ベストを更新する好時計。

13.4-12.2-11.9-12.6という、スタートからハイラップを刻んでラスト1F12秒台に粘り切った点は評価できるポイントです。

全体として好時計を叩くと末脚鈍って13秒台になる事も多い馬なので。

特に3F目に記録した11.9秒は秀逸です。

変わり身があるならここか。

 

ミツバ

《1週前追い切り》
和田竜 栗CW 良 94.9 79.2 64.9 51.7 39.2 12.6【7】一杯

《最終追い切り》
和田竜 栗坂 良 54.7 39.2 25.2 12.5 一杯
ウインストラグル(古馬1000万)0.4秒先行同入

追い切りパターン

追い切りに一貫性がない馬です。

坂路で仕上げられることもあれば、ウッドで仕上げられることもあります。

さらに1週前追い切りでも坂路orウッドが使用されます。

馬自身がムラ駆けタイプで、追い切りにも一貫性ナシ。

なかなか難しいですねww

追い切り考察

今走は〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟をチョイスしてきました。

この仕上げは近走では、

3走前:2018年チャンピオンズカップ8着

6走前:2018年マーキュリーカップ1着

7走前:2018年平安ステークス4着

12走前:2017年JBCクラシック3着

となっています。

やはり、ムラ駆けタイプらしく好走・凡走の繰り返しとなっていますね。

見方を変えて1週前&最終追い切り共に一杯に負荷を掛けるパターンは、

前走:2019年川崎記念1着

9走前:2018年名古屋大賞典2着

11走前:2017年チャンピオンズカップ6着

13走前:2017年シリウスステークス8着

こちらもムラ駆けタイプの成績となっています。

追い切りから見えることは少なく、適正面・能力面を重視したい一頭ですね。

 

地方競馬を嗜むなら必見のサイト!

地方競馬は中央競馬に比べて情報量も少なく、
予想が難しいというイメージがありますよね。

しかし!!

実は中央競馬よりも簡単で楽しく予想ができ、
しかも的中ができるというのをご存知でしょうか?

中央・地方にも太いパイプを持って情報を豊富に所有。

更に、
長年のキャリアから追い切りやパドックで馬を見る選馬眼にも長けた競馬事情通

「大川慶次郎」予想地方版

徹底した情報で馬券的中に繋げるからこそ
絶大な信頼を誇るサイトです!

>>無料登録はこちら<<

毎日、地方競馬の勝負レースを無料公開!
地方競馬を嗜む方は登録しない理由がない!?

無料予想受け取りに必要なのはメールアドレスのみです。

ダイオライト記念2019 最終見解

◎ チュウワウィザード

本命はこの馬で仕方なし。

前走の東海ステークスではインティに力負けを喫しましたが、相手は怪物クラス。

3着以下には7馬身という決定的な差を付けていることからこの馬の能力も相当であることが分かります。

ハイレベル4歳世代の一角を担える馬でまだまだ伸び盛りであることを考えると、ここは通過点でしょう。

 

◯ 人気ブログランキングへ(オールブラッシュ)

対抗馬はランキングに載せておきます。

ポイントは対抗どの馬を据えるか、ですね。

個人的にはこの馬を。

そこまで強力な相手がいないならこの馬の自在性を信頼したいところ。

自分の形に持ち込めれば前々走のような強さを見せる馬で、デキはがキープ出来ているなら割って入る余地十分。

実は南関競馬では【2-1-2-0】と堅実に走っている点は見逃せないポイント。

地方のダートが合っている印象も受け、粘り込みを期待したいですね。

 

▲ ミツバ

ムラ駆けタイプなので、この評価が妥当でしょう。

前走川崎記念のように強い競馬を見せることもあれば、4走前の白山大賞典のようなポカもある馬。

追い切りから好走パターンを読むこともできず、この評価で。

 

☆ サウンドトゥルー

中央時代から地方でも堅実に走っており、船橋ダートも【1-1-2-1】と堅実に走っています。

ダートGⅠ3勝馬で地力は上位は明白。

前々走の東京大賞典で先着を許したのはオメガパフューム・ゴールドドリーム・ケイティブレイブという中央でもトップクラスの馬たち。

まだまだ衰えは見えず、JRA勢が相手でも十分やれる。

 

△ ハセノパイロ

△ ヤマノファイト

穴で狙いたいのは昨年の南関東3冠を分け合ったこの2頭。

まだ年長馬相手に結果を残せていないですが、伸び盛りの4歳馬。

どこで一気に強くなるか、という状況。

世代No.1~2馬かつ地元の地の利を活かせば食い込みあってもいいはず。

 

上限あり!
今週末までの限定30名様までのご案内となっています。

それだけ人気のサイトなのでこのチャンスは絶対に逃したくないところです!

近走の結果に関してもこのように高額決着を多数的中!

〝稼げる競馬予想〟

本当にこの言葉が似合うサイト『競馬予想ルクリウス』

競馬予想の成功者が自分の味方になります!

今なら限定30名様ですが
1ヶ月の保証がついているわけですから乗ってみるべきですよ。

>>登録は当然無料!先着30名限定<<