【チャンピオンズカップ2019予想】追い切り・調教分析〜有力馬は勝負仕上げ!?〜

Pocket

今回はチャンピオンズカップ2019予想:追い切り・調教分析〜有力馬は勝負仕上げ!?〜を中心とした記事を書いていきます。

今年の1人気想定は3歳馬クリソベリル。

昨年のルヴァンスレーヴに続き、2年連続3歳馬が1人気に推される異例の雰囲気となっています。

現在5戦5勝でここまで2着馬に付けた着差は合計26馬身、ジャパンダートダービーで世代のチャンピオンという実績を引っさげての参戦になります。

前走で古馬相手に4馬身差の圧勝をしていますが、これが古馬超一線級の相手に通用するかどうか。

これまでのように簡単な競馬にはならないように感じますが、どういう結果になるか。

そんなチャンピオンズカップを追い切り・調教から検討していきます。

【チャンピオンズカップ2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

チャンピオンズカップ 枠順配置

 1- 1タイムフライヤー  牡4 マーフィー
 1- 2モズアトラクション 牡5 藤岡康太
 2- 3チュウワウィザード 牡4 福永祐一
 2- 4インティ      牡5 武豊
 3- 5クリソベリル    牡3 川田将雅
 3- 6オメガパフューム  牡4 デットーリ
 4- 7ワンダーリーデル  牡6 横山典弘
 4- 8ウェスタールンド  セ7 スミヨン
 5- 9サトノティターン  牡6 ムーア
 5-10ミツバ       牡7 和田竜二
 6-11ゴールドドリーム  牡6 ルメール
 6-12キングズガード   牡8 秋山真一郎
 7-13ワイドファラオ   牡3 デムーロ
 7-14テーオーエナジー  牡4 川須栄彦
 8-15ロンドンタウン   牡6 岩田康誠
 8-16ヴェンジェンス   牡6 幸英明

中京ダート1800m

ホームストレッチ中ほどからスタートするコースで、最初のこーなまでの距離が短く内枠有利なコースとなっています。

最後の直線は約410mで、ダートコースでは東京競馬場に次ぐ長さに加えて、高低差1.8mの急な上り坂があります。

それゆえに差し・追込が有利と考えられそうですが、実際は逃げ・先行馬有利の舞台。

これは最初のコーナーから向こう正面にある上り坂でペースが緩み、その後は下り坂が続くのでそのまま前々の馬が粘り込めるというコース形態からくるものと考えられます。

しかし、最後の直線には上り坂があるのでそれをクリアできるスタミナも持ち合わせていなければなりません。

スタミナのある内枠先行馬を狙うのが良いコースとなっています。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

信頼度が低いのは〝栗東坂路仕上げ〟。

信頼度が高いのは〝美南W仕上げ〟となっています。

そして、このレースの特注パターンは1週前追い切り・最終追い切りで『一杯』に負荷を掛けている馬になります。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【チュウワウィザード】

《1週前追い切り》
福永 栗CW 良 82.9 67.1 52.6 38.7 12.6【4】馬なり
ムーンザムーン(古馬1勝)0.3秒追走クビ先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 54.7 39.3 25.1 12.6 馬なり
ムーンザムーン(古馬1勝)0.5秒追走クビ先着

追い切り考察

栗東CWで仕上げられることもありますが、基本的には坂路中心の追い切り過程となっており、〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟がメインとなっていました。

そんな中、近走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟を続けており、今走もこの追い切りパターンを踏んでレースに臨むことになりました。

これで4走連続この追い切りパターンとなっています。

ここまで馬券外の凡走がないので追い切りパターンから好不調を見つけるのは難しいです。

ただ、併せ馬で遅れを見せたときは勝ち切れていないところがポイントとなっています。

今走は中間2度併せ馬を行われており、2度ともしっかり先着の追い切りを消化しました。

追い切りパターンからは不安ナシという印象です。

ただ、水準に目を向けると、近3戦と比べると最も追い切りの内容は軽くなっています。

死角を探すならこの辺りになってきそうではあります。

 

【インティ】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 83.6 68.2 53.1 38.8 12.4【5】馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 54.1 39.5 25.5 12.3 強め

追い切り考察

前走後は11/14から乗り込みを開始し、total5本の追い切りを消化しており、調整過程は順調そのものといった雰囲気です。

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟でレースに臨むことになりました。

この追い切りパターンは前走と同じで、それ以前は東海ステークス1着・かしわ記念2着の際の追い切りパターンとなっています。

間隔が詰まる分、前走と比べると時計は抑え気味。

それでも最終追い切りの坂路では14.6-14.0-13.2-12.3の加速ラップを計時してきました。

一叩きした上積みもしっかり感じます。

前走の敗因は仕上がり途上という面もあり、超ハイペースになった面もあります。

前走以上のデキ、前が前走ほど早くなる事はほぼないメンバー構成というところでは巻き返しを期待したい一頭です。

 

【クリソベリル】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 52.2 38.3 25.3 12.8 一杯
ブラックスピネル(古馬オープン)0.3秒追走クビ先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 52.4 38.5 25.3 12.9 一杯
ブラックスピネル(古馬オープン)0.1秒先行クビ先着

追い切り考察

初戦は〝1週前栗東CW追い⇒最終坂路仕上げ〟という追い切りパターン。

2戦目~5戦目は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンになっていました。

いずれのレースも完勝。

音無厩舎ということで、坂路でビシビシ負荷を掛けてくるという追い切りにシフトしていますね。

その中で今走も続けて〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

しっかり間隔を空けつつ、仕上がりに抜かりないように調整している印象を受けますね。

時計面では毎度51秒台?52秒台の好時計を記録する馬で今回もいつも通りの高水準追い切りを消化しました。

ここまで負けなしで来ているので、敗戦時との比較はできませんが、この馬なりに順調に来ている印象です。

 

【オメガパフューム】

《1週前追い切り》
調教師 栗坂 良 52.2 38.4 25.5 13.0 馬なり
アンバウンディド(新馬)1.2秒追走同入

《最終追い切り》
調教師 栗坂 良 52.0 38.0 24.8 12.5 強め

追い切り考察

基本的にこれまでは坂路中心の追い切り過程になる事が多く、稀に栗東CWを挟んでくるというのがこの馬の追い切りパターンです。

今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これまで最も多い坂路中心の追い切りパターンとなっています。

1週前に併せ馬を行い、最終追い切り単走というのは2走前帝王賞1着と同じ追い切りパターンです。

これまではラスト1F13秒台になることも珍しくありませんでしたが、最終追い切りではラスト1F12秒台でまとめてきました。

この辺りに前走からの上積みを感じます。

ベストパターンは中間ビッシリ負荷を掛けて、最終追い切りも緩めず負荷を掛けるパターン。

今走は最終追い切りのみ強めに負荷を掛けてきており、ベターではあってもベストではないぱたーんではあります。

気掛かりな点はここだけで、それ以外は追い切り面に不安はありません。

 

【ゴールドドリーム】

《1週前追い切り》
ルメール 栗CW 良 81.1 65.1 50.3 36.8 11.8【7】G前一杯
ケイアイノーテック(古馬オープン)0.8秒追走0.4秒先着

《最終追い切り》
藤懸 栗坂 良 50.9 37.1 24.3 12.3 馬なり

追い切り考察

近走はプールと栗東CWと坂路の併用で調整を進めてられていました。

プールでの調整を取り入れた一昨年のチャンピオンズカップで馬が覚醒しており、このプール調整は馬にとって良いリフレッシュ効果となっている印象を受けていました。

今回は前走に引き続き、中間にプール調整を挟まず、栗東CWと坂路の併用で調整を行われました。

前走圧倒的1人気を裏切っての3着というところでは〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟というのは近走と変わらない追い切りパターンではありますが、ここに一抹の不安があります。

前走と異なる点としては、1週前追い切りの栗東CWで併せ馬を行われている点です。

前走の不安点としては「1週前追い切りで併せ馬を行われたなかった」点が最も大きい割合を占めていました。

今回は併せ馬を行って、しっかり先着してきたところは評価できる材料になります。

そして前走の最終追い切りは4F55.1秒?1F12.3秒という内容。

元々、坂路では毎度4F52秒以下~1F12秒前半という超好時計を叩いてくる馬が明らかに緩められている内容の追い切りとなっていました。

この点も今走は4F50.9秒?12.3秒と、好調時のものに戻してきました。

前走に比べると圧倒的に今回の追い切りの方が評価できるものとなっています。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【ダビコレ】
オススメ度★★★★★

このサイトの魅力はお客様の口コミ評価が高い事。

「マイナス収支から抜け出してプラスにしたい!」

「時間があるときだけ参加して副収入を得たい!」

「万馬券を当てて一攫千金を目指したい!」

そう願う会員様必見!

まずは無料予想からお試しください。

毎週無料無料情報として重賞予想がUPされるので登録しておいて損はナシ!

<<重賞情報提供のみ先着順になります>>
【URL】http://www.db-collection.com/

――――――――――――――――――――

チャンピオンズカップ2019 穴馬

それでは最後に狙いたい穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
幸 栗坂 良 53.7 38.8 25.0 12.5 末強め

《最終追い切り》
幸 栗坂 良 52.7 37.8 24.2 12.2 馬なり

追い切り考察

栗東坂路と栗東CWの併用で馬を仕上げてくるパターンが多くなっています。

本追い切りは栗東坂路、日曜追いでウッドを挟むという追い切りパターン。

今走は間隔が詰まる為か、中間は坂路2本のみ。

追い切りの水準としては間隔が詰まる中でもしっかり時計を出してきています。

これは状態面が良いか成せる事と考えたいです。

前走は超ハイペースは3コーナー手前から捲り上げて、早め先頭から押し切る内容。

展開が向いたにせよ、強い内容だったと思います。

前走以上にメンバーが揃うというところが、懸念材料ではあるものの本格化の兆しを見せた前走。

穴ならこれ!という狙い方をしたいです。

 

今だけの特別なお知らせ!!

今、登録するだけで有料ポイントが無料で手に入るお得サイト

無料でも十分な情報量と予想を提供しているサイトですが、
期間限定で本来なら有料でしか手に入らない情報が無料で見ることが出来ます。

もらえる有料ポイントが多い競馬サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
登録するなら今がチャンスです!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】キングダム
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★★

なんと!!無料登録で
約50万円分のポイント、5000ポイントが受け取れます!!

元JRA厩務員「笹原正行」監修の競馬サイト。

元JRA関係者だからできる情報を提供してくれるサイトです。

いかに勝てるかに重きを置いた情報収集しているおすすめサイトです!
【URL】http://king-dom.net/

――――――――――――――――――――

【第2位】勝馬定石
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★

無料登録で約10万円分のポイント、1000ポイントが受け取れます。

無料の3連複情報がどのサイトよりも!強烈!

重賞解析/トレセン生情報/など
勝馬の定石でしか手に入らない
詳細データがよりどりみどり!

無料で有益な情報が手に入るこのサイトはオススメ度No.1
【URL】http://katiuma-no-jyouseki.com/

――――――――――――――――――――

【第3位】競馬報道
オススメ度★★★★
もらえるポイント★★★★

無料登録で約5万円分のポイント、500ポイントが受け取れます。

今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!
【URL】http://keibahoudou.com/