【ニュージーランドトロフィー2020予想】追い切り・調教から見る好走傾向

Pocket

今回はニュージーランドトロフィー2020予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。

NHKマイルカップのトライアルレースので3歳マイルチャンピオンを目指す若駒たちの戦い。

1600mという距離設定から、スプリンター・マイラー・中距離馬が集まるレースとなっています。

さらにクラシック桜花賞・皐月賞に向かうには少し力の足りない馬が集まるという事も相まって、混戦レースになりやすい。

過去10年4度3連単10万馬券超えを数える波乱含みの一戦となっています。

今年も混戦模様一色なので配当にも期待できるレースとなっています。

NHKマイルカップに向けても見逃せない一戦を追い切り・調教傾向から検討していきます。

【ニュージーランドトロフィー2020予想】追い切り・調教から見る好走傾向

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

ニュージーランドトロフィー 枠順配置

 1- 1カフェサンドリヨン 牝3 内田博幸
 1- 2カリオストロ    牝3 ヒューイットソン
 2- 3マイネルグリット  牡3 国分優作
 2- 4フルートフルデイズ 牝3 木幡巧也
 3- 5ペールエール    牡3 北村友一
 3- 6ソングオブザハート 牝3 川又賢治
 4- 7ソウルトレイン   牡3 田辺裕信
 4- 8コウソクスピード  牡3 丸山元気
 5- 9オーロラフラッシュ 牝3 ルメール
 5-10ハーモニーマゼラン 牡3 大野拓弥
 6-11ルフトシュトローム 牡3 石橋脩
 6-12アブソルティスモ  牡3 北村宏司
 7-13シャチ       牡3 山田敬士
 7-14シーズンズギフト  牝3 津村明秀
 8-15グレイトホーン   牡3 野中悠太郎
 8-16ウイングレイテスト 牡3 横山武史

中山芝1600m

1~2コーナーの引き込み地点からスタートし、外回りを使用するコース。

スタート後すぐにコーナーになるため内枠が有利で、外枠はロスが大きく不利なコースとなっています。

2コーナー~3コーナーにかけて下り坂が続くのでペースは速くなる傾向にあります。

スローペースとミドルペース以上で半々というイメージ。

直線の長さは310mと短く、残り200mからは中山特有の急坂が待ち構えています。

直線が短いという事で基本的には逃げ・先行馬が有利ですが、ペースが速くなると差し・追込も比較的決まる傾向にあります。

むしろ先行馬は人気になりやすい傾向があるので、穴馬という観点から見ると差し馬が狙い目になるかもしれません。

 

それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

賞金持ち馬と権利取りしなければいけない馬では、勝負度合いが変わってきそうな一戦です。

1600mという距離からはウッドコース・坂路どちらに優勢傾向が出るかも注目です。

2019年
1着 ワイドファラオ
栗坂 56.4-41.5-26.7-12.6 馬なり
2着 メイショウショウブ
栗坂 52.3-37.8-24.0-11.7 強め
3着 ヴィッテルスバッハ
美南W 67.8-52.7-38.6-12.7【6】馬なり
2018年
1着 カツジ
栗CW 84.3-67.0-51.9-37.7-11.8【8】馬なり
2着 ケイアイノーテック
栗坂 53.0-39.0-25.5-12.8 馬なり
3着 デルタバローズ
美南W キリ
2017年
1着 ジョーストリクトリ
栗CW 83.2-68.1-53.0-39.5-12.4【8】強め
2着 メイソンジュニア
栗坂 54.0-38.6-24.6-12.3 末強め
3着 ボンセルヴィーソ
栗CW 83.4-67.5-52.0-38.0-11.6【7】一杯
2016年
1着 ダンツプリウス
栗坂 52.8-38.2-24.9-12.7 一杯
2着 ストーミーシー
美坂 55.8-40.6-26.5-13.3 馬なり
3着 エクラミレネール
美南W 71.3-54.9-39.3-12.9【3】馬なり
2015年
1着 ヤマカツエース
栗CW 82.6-66.7-52.7-38.8-12.4【7】一杯
2着 グランシルク
美南W 70.0-53.9-39.8-13.3【6】強め
3着 アルマワイオリ
栗CW 84.6-68.0-52.6-38.2-12.7【8】馬なり

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

栗東CW仕上げ:9頭中5頭好走。

栗東坂路仕上げ:20頭中5頭好走。

美南W仕上げ:33頭中4頭好走。

美浦坂路仕上げ:11頭中1頭好走。

その他仕上げ:5頭中0頭好走。

どの仕上げからもまんべんなく好走馬を輩出しています。

好走率としては、栗東CW仕上げ>栗東坂路仕上げ>美南W仕上げ>美浦坂路仕上げとなっています。

傾向としては美浦組よりも栗東組優勢となっています。

この中で要注目の仕上げは〝栗東CW仕上げ〟。

なんとこの追い切り仕上げで臨んだ馬の好走率は破格の55.6%となっています。

それも好走した馬たちの人気を見ると、

2018年2人気1着カツジ

2017年12人気1着ジョーストリクトリ・5人気3着ボンセルヴィーソ

2015年7人気1着ヤマカツエース・2人気3着アルマワイオリ

人気薄での好走率の高さも注目ポイント。

これだけハッキリした傾向が出ているのであれば、栗東CW仕上げは問答無用で押さえておくべきでしょう。

〝栗東坂路仕上げ〟は近年連続して好走しているという状況。

栗東坂路仕上げで好走してきた馬は、

2019年1着ワイドファラオ《前走未勝利1人気1着》2着メイショウショウブ《3走前デイリー杯2歳S6人気2着》

2018年2着ケイアイノーテック《前走500万下1人気1着》

2017年2着メイソンジュニア《前走ファルコンS6人気3着》

2016年1着ダンツプリウス《前走アーリントンC9人気2着》

となっており、重賞で結果を残しているor条件戦を1人気で勝ち切っていることが取り捨ての条件というイメージです。

〝美浦W仕上げ〟・〝美浦坂路仕上げ〟の馬たちは特に共通点は見当たらないですね。

関東圏で行われるトライアルレースにもかかわらず、栗東仕上げの馬たちにお株を奪われている形。

少なくともプラス材料にはならない仕上げパターンではあります。

厩舎で見ると、

2019年3着ヴィッテルスバッハ(池上昌和厩舎)

2018年3着デルタバローズ(堀厩舎)

2016年2着ストーミーシー(斎藤誠厩舎)・3着エクラミレネール(高橋裕厩舎)

2015年2着グランシルク(戸田厩舎)

2014年1着ショウナンアチーヴ(国枝厩舎)・2着ショウナンワダチ(大竹厩舎)

と、関東の有力厩舎が並びます。

取り捨て基準を見つけるとすればここになってくるかなという印象ですね。

人気に推されて凡走した馬を見ると、

2019年1人気4着アガラス(美浦W仕上げ)

2018年3人気7着カシアス(栗東坂路仕上げ)

2017年1人気8着クライムメジャー(栗東坂路仕上げ)・2人気6着スズカメジャー(栗東坂路仕上げ)・3人気13着ランガディア(美浦W仕上げ)

2016年1人気4着アストラエンブレム(美浦W仕上げ)・3人気7着サーブルオール(美浦W仕上げ)

2015年3人気12着マテンロウハピネス(栗東坂路仕上げ)

〝栗東坂路仕上げ〟・〝美南W仕上げ〟は人気に推される事が多いものの凡走が目立つパターンでもあります。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【シンクタンク】
オススメ度★★★★★

陣営が一般マスコミに提供するコメントは『建前』ばかりになり『本音』の部分はまず聞けません。

シシンクタンクでは騎手・厩舎・エージェント・馬主・生産者・外厩などの牧場関係者まで、
あらゆる競馬関係者から情報を入手できるような情報収集態勢を構築し、
マスコミからは入手できない関係者の『本音』を知ることが出来ます。

そうした情報を元JRA調教師の平井雄二氏が率いる重賞・メイン特捜部が厳選し、会員の皆様に公開しています。

無料で見れる情報なのでチェックしておいて損はありません!
【URL】http://www.tkeiba.net/

――――――――――――――――――――

ニュージーランドトロフィー2020 まとめ

〝栗東CW仕上げ〟の好走率が破格で、人気薄からもかなりの高確率で好走馬を輩出しています。

問答無用でここは押さえていいレベルでしょう。

〝栗東坂路仕上げ〟は近年連続して馬券に絡んでおり、これがトレンド化していく可能性も。

特に前走〝重賞で結果を残しているor条件戦を1人気で勝ち切っている〟という条件をクリアしていると強気に狙ってもOKというイメージです。

〝美浦W仕上げ〟・〝美浦坂路仕上げ〟については美浦の有力厩舎であることが望ましい、という傾向になっています。

 

追い切り傾向からは栗東CW仕上げ・栗東坂路仕上げを狙うレース。

今年の栗東坂路仕上げ馬は、

ソウルトレイン・フルートフルデイズ・ペールエール・マイネルグリット

この4頭になります。

傾向から言えばここから1頭は馬券に絡んで来る計算になります。

そして、最も期待できる仕上げパターン〝栗東CW仕上げ〟からは2頭出走してきます。

その2頭はランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

期待値は最も高い仕上げパターンで、この2頭共に中穴クラスというところでは狙って面白い馬たちです。

好走傾向からはどちらかは馬券に絡む計算になります。

 

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【グロリア】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

彗星の如く現れた人気の競馬サイト【グロリア】

高松宮記念/10点で3連複25万1130円的中!

フェブラリーステークス139万円に続きまたGⅠを連勝させました!

名鉄杯/20点で3連単12万9340円的中!
日経賞/10点で3連単33万16000円的中!

リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益かを物語っています。

今なら先着50名様、無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。

他サイトで満足できなかった方は試す価値あり!

口コミ情報でも評価の高いグロリアは必見です!
【URL】http://glo-ria.com/

――――――――――――――――――――