【フェブラリーステークス2019予想】最終追い切り・調教分析~見逃せない穴候補~

Pocket

今回はフェブラリーステークス2019予想:最終追い切り・調教分析~見逃せない穴候補~を中心とした記事を書いていきます。

現役最強ダート馬ルヴァンスレーヴこそ離脱したものの、ダート頂上決戦にふさわしい豪華メンバーが集結となりました。

武豊さんを背に7連勝で一気の頂点を狙うダートの新星インティ。

GⅠ初参戦となる藤田菜七子ちゃん騎乗のコパノキッキング。

この超新生たちが昨年までの勢力図を塗り替えることが出来るか。

迎え撃つのはGⅠ馬ゴールドドリームに、前走東京大賞典を勝利したオメガパフューム。

気持ち的には『やってやれー!菜七子ちゃん!』って感じですねww

それでは、フェブラリーステークス2019予想:最終追い切り・調教分析~見逃せない穴候補~に入っていきましょう。

 

メールアドレスだけで予想が届く!

特徴はただ1つ!

とにかくシンプルな

〝1点勝負馬券〟

好配当を狙い撃つチャンスは☟こちら☟

表に出ることがない関係者の生の声、すなわち〝本音〟を入手できるからこその穴情報。

フェブラリーステークスでも、既にマスコミが報じることのない内部情報を入手。
高配当馬券の使者となり得る【激走穴馬】の存在も既にマーク済み。

本来であればこういった情報を無料で公開することは容易ではないのですが、

今回は特別にフェブラリーS【◎-穴・1点馬券】を、当社を初めてご利用される方に限り無料公開することが決定。

この機会に是非【激走穴馬】情報を手に入れてみてください。

【フェブラリーステークス2019予想】最終追い切り・調教分析~見逃せない穴候補~

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

フェブラリーステークス 枠順配置

 1- 1 クインズサターン 牡6 四位洋文
 2- 2 ユラノト     牡5 福永祐一
 3- 3 ゴールドドリーム 牡6 ルメール
 3- 4 メイショウウタゲ 牡8 北村宏司
 4- 5 サクセスエナジー 牡5 松山弘平
 4- 6 インティ     牡5 武豊
 5- 7 サンライズノヴァ 牡5 戸崎圭太
 5- 8 モーニン     牡7 和田竜二
 6- 9 ワンダーリーデル 牡6 柴田大知
 6-10 サンライズソア  牡5 田辺裕信
 7-11 コパノキッキング セ4 藤田菜七子
 7-12 ノボバカラ    牡7 ミナリク
 8-13 ノンコノユメ   セ7 内田博幸
 8-14 オメガパフューム 牡4 デムーロ

東京ダート1600m

芝スタートで、スタート後約150mは芝コースとなっており、長く芝を走れる外枠が有利なコース形態となっています。

スタート後400mは下り坂になっているため前半のペースが速くなりがちで、基本的に逃げ先行優位なダート戦ですが、差し・追込もよく決まるコースとなっています。

このフェブラリーステークスはそれがより顕著になります。

フェブラリーステークスはほぼ毎年前傾ラップになり、1分35秒台という速い時計で決着することが多いレース。

全体的にペースが緩むところがあまりなく、スタートからゴールまでスピードを持続することが求められます。

ただし1600m戦という事でスピード一辺倒ではダメで、スタミナがないと克服することが出来ないコースでもあります。

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を見ていきましょう。

 

クイーンズサターン

四位 栗坂 良 52.9 39.0 25.3 12.4 馬なり

前走がとにかく抜群の追い切りでした。

それを考えるとデキ落ちも考えられる場面。

でしたが、最終追い切りの内容は全くそんなことないですね。

体の軸がブレることない、推進力十分の追い切り。

最終追い切りで坂路仕上げはこの馬の好走仕上げパターンですし、順調な追い切り過程を踏めていると見ていいでしょう。

13.9-13.7-12.9-12.4と速いラップで入ってもラストまで加速ラップでまとめている点も◯。

しっかり前走のデキをキープ出来ている印象です。

 

ユラノト

福永 栗坂 良 51.4 37.2 24.2 12.1 強め

前走は賞金加算必須の立場でメイチ仕上げの追い切り内容。

1週前追い切りでビッシリと一杯に追って、最終追い切りでは馬なりで軽めにまとめるという、近年トレンドのメイチ追いを敢行されました。

デキ落ちも考えられる場面ですが、これも全く問題ナシ。

好調キープ。

その理由は2つ。

1つ目は中2週と間隔が詰まる中でも1週前追い切りから坂路51秒台の時計を出してきて、total3本の意欲的な追い切り。

2つ目は最終追い切りの水準。

14.2-13.0-12.1-12.1と2ハロン目から一気に加速、ラスト2ハロン12.1秒という速い時計での持続ラップでまとめている点。

これはジョッキー騎乗とは言え、申し分ない水準です。

動きを見ても、脚捌きは抜群で力強さも十分。

個人的にはやりすぎな気もしますが、冬の目標はここ、というような意気込みを感じる追い切りとなっています。

 

ゴールドドリーム

ルメール 栗坂 良 52.1 37.3 24.0 12.0 馬なり

中間はこれまで通り、プールとウッドと坂路の併用で調整を進めています。

プールでの調整を取り入れた一昨年のチャンピオンズカップで馬が覚醒しており、このプール調整は馬にとって良いリフレッシュ効果となっているのでしょう。

その中で、1週前追い切りウッドでビッシリ追って、最終追い切りは坂路仕上げ。

前走と変わらない追い切り過程で、この馬としては十分仕上がったと言えるデキにあるでしょう。

特に1週前追い切りの内容は凄まじく、3頭併せで併せ馬を敢行されていますが、僚馬をアッサリ突き放しており、ほぼ単走のような追い切りになっています。

ジョッキー騎乗とはいえ、時計も文句ナシの超好時計。

最終追い切りの坂路追いは、この馬としては水準時計。

昨年の最終追い切りは坂路49.8秒で迎えたことを考えると、見劣る面はあるものの、年齢を重ねて力を出すところと抜く面を覚えたと考えることもできますね。

チャンピオンズカップを回避して東京大賞典への出走には一頓挫あり、少なからず調整が上手くいかないところもあった分の2着と考えれば、

今走は初めからフェブラリーステークスに向けて調整されているという面では、状態面に関してはMAXで迎えられることになるでしょう。

 

メイショウウタゲ

助手 栗坂 良 55.2 40.5 26.0 12.7 馬なり

これまで通りの坂路仕上げ。

この馬なりに順調とはいえ、前走からいきなり時計の水準も低下しています。

 

サクセスエナジー

松山 栗坂 良 50.6 36.9 24.0 12.0 一杯

ドラグーンシチー(古馬500万)0.3秒追走同入

13.7-12.9-12.0-12.0と、これだけ速いラップでラストまで12.0の持続ラップでまとめたことは評価できるポイント。

ビッシリ追われて、ラストまでしっかりした脚取りで駆け抜けました。

この馬としては一時の不振は完全に脱した印象ですね。

時計面にしては自己ベスト更新ということで、状態の良さも窺えます。

相手関係・距離と課題も多いですが、自身のデキに関しては申し分ナシでレースに臨めそうです。

 

インティ

助手 栗坂 良 53.0 39.0 25.0 12.1 馬なり

2/3から乗り込みを開始し、total4本の追い切りを消化。

順調にきていますね。

このレースは前走と同じく坂路仕上げでレースに臨むことになりました。

手足の軽い脚捌きで、キレイな加速ラップを踏んでおり、坂路での動きとしては申し分ナシでしょう。

気になる事と言えば、中間坂路のみであったこと。

基本的にはウッドと坂路の併用でこれまで好成績を挙げているという点ではウッドを1本でも入れてくれる良かったのですが、、、

と言っても、間隔が詰まりますし、この仕上げでも全然問題ないでしょうけど。

初戦以外はここまで負けなしきており、追い切りから判断するのはなかなか難しいですが、この馬としては十分走れる態勢は整っている印象を受けます。

 

サンライズノヴァ

助手 栗坂 良 50.8 37.4 24.7 12.6 一杯

ブラックスピネル(古馬オープン)0.1秒先行0.3秒先着

テンに速いラップで入ったのでラストは時計を要しましたが、12.6秒でまとめているならこの馬としては御の字という感じ。

元々3ハロン目が最速になるラップを踏んで4ハロン目に時計を要す、というのがこの馬の追い切りパターン。

その分時計の出し方の見栄えは悪くなりますが、この馬なりという感じですね。

前走は加速ラップを踏んでおり、時計面には良いラップの踏み方で好追い切りに思えましたが、結果的にいつもと違う追い切り過程になったことも響いたか。

公式には『パサパサダート』が敗因とされていますけど。

この馬としてはラップの緩急を考えず、ビッシリ追って馬を作る方が良いのかも知れません。

そういう面を考えると、今走の追い切りは良さそうですね。

全体時計としてはベストを更新しており、3ハロン目が最速ラップになっています。

 

モーニン

助手 栗坂 良 50.2 36.2 23.9 11.9 一杯

字面上では単走となっていますが、内にいる馬を外から交わしていくという内容。

時計面に目を向けても、当週4番時計で素晴らしいと言える時計で坂路を駆け抜けました。

開場直後の馬場ということで字面を鵜呑みにするのはどうかも、これだけ速い時計を叩いていながら、ラスト12.0-11.9とラップを落とすことなく11秒台でまとめてきたことは素晴らしいと言えるでしょう。

これだけキレイなラップを刻んで、ラストまで衰えない脚色を考えると短距離色が強くなっていることが気になりますね。

それでも、状態に関しては申し分ないデキでレースに臨めそうですね。

 

ワンダーリーデル

助手 栗坂 良 53.0 38.1 24.7 12.3 強め

この馬なりに順調な追い切りを消化。

良くも悪くも大きな変わり身なくきており、オープン特別で1400m以下なら狙える、というレベル。

さすがにここでは荷が重いでしょう。

 

サンライズソア

岡田祥 栗坂 良 55.9 39.4 25.0 12.1 末強め

最終追い切りはジョッキー騎乗で終い重点の追い切り。

入りはかなり楽な手応えで、エンジンが掛かってからの伸びは素晴らしいと言えるもの。

そして、1週前追い切りが秀逸な内容。

坂路で13.9-12.6-11.8-12.4という超速ラップ。

3ハロン目に計時した11.8秒は素晴らしいの一言。

大きく追走から手応え抜群のままにアッサリ追い付くと、ビッシリと併せ馬を行い闘争心メラメラの内容。

相手に馬体を併せに行く勝負根性も見せて、走れる態勢はすでに整っている印象でした。

2週前追い切りではウッドで意欲の7ハロン追いを敢行されています。

追い切りの水準としては十分すぎる内容。

しかし、気になる事も。

今走の追い切り過程は2週前追い切りウッド⇒1週前追い切り坂路⇒最終追い切り坂路。

これは2走前のJBCクラシックで初めて見せた追い切り過程。

この時が1人気3着ということを考えれば、ベスト追い切りではないような気もします。

ベストは1週前追い切りウッド⇒最終追い切り坂路仕上げでしょうから、、、

ここに一抹の不安は残るところ。

 

コパノキッキング

助手 栗CW 良 83.8 65.9 51.2 38.0 12.7【5】馬なり

キャリアを積むにつれて落ち着きが出てきました。

以前は追い切りでも道中行きたがるシーンが目に付きましたが、今ではしっかり我慢して走ることができています。

そして、適度に気合いが乗って素軽いフットワーク。

1週前追い切りでは、軽めにまとめて折り合い重視の追い切り。

鞍上のが腰を浮かせて全く追うことなくゴールしており、特に折り合いを欠く面も見せていません。

追い切りから気性面の成長は窺えますし、これなら課題となる1ハロン延長をこなせても。

 

ノボバカラ

助手 栗坂 良 51.0 37.0 24.1 12.2 馬なり

時計面は非常に優秀な時計を叩いてきました。

転厩2戦目は初戦と同じく坂路仕上げ。

時計面は優秀でもレースで全く結果を残せていないですからね。

ここでは手が出しづらい一頭です。

 

ノンコノユメ

内田博 美南W 良 69.2 54.2 40.1 13.7【7】馬なり

2週前追い切りではウッドでビッシリ負荷を掛けて併せ馬も合わせた追い切り。

1週前追い切りでは美浦のダートコースで7ハロンの長めを、これまたビッシリ負荷を掛けて併せ馬も合わせた追い切り。

ここまでくるまでにハードな追い切りをこなしており、この馬としては考えられなほど負荷を掛けられています。

その為、最終追い切りは単走で馬なり調整となっています。

ここまでの過程を考えるとこれで十分ですね。

昨年とは臨戦過程が違うので一概に判断は出来ないですが、ここに向けての乗り込みは今年の方が断然。

このレースに向けて仕上がりは万全でしょう。

 

オメガパフューム

北村友 栗坂 良 52.4 38.0 24.7 12.4 馬なり

オメガダヴィンチ(3歳未勝利)0.3秒追走0.2秒先

ここまで新馬出走から大きな休みなく出走を続けており、秋から数えても5戦目。

ここまで大崩れなく走っており、4歳ダート界ではルヴァンスレーヴに次ぐ馬で力は申し分ないところでしょう。

ただ、さすがに疲れも見え隠れしている感じ。

秋以降、1週前追い切りではビッシリ負荷を掛けて好時計を叩く、というのがこの馬の追い切りとなっています。

それが今走は、終始楽な手応えのまま。

時計面に関しても、軽めにまとめてきた印象で、調教師騎乗というところを見ても、意図して軽めにまとめてきたことが窺えます。

スタートから中盤までは相当軽い内容でこじんまりとした動き。

中盤以降促されてからは力強い走りになりましたが、ラチ沿いへ体が流れる面を見せてそのままフィニッシュ。

追い切りではこういう面を見せる馬ではありますが、やはり多少なりとも疲れが溜まっていそうな雰囲気は感じます。

最終追い切りでも特に負荷を掛けることなく軽く促される程度の追い切り。

促されてからの反応とスピード乗りは上々で、この1本で上向いた印象も受けますが、軽めにまとめられていることを考えると、やはり疲れが見え隠れしている印象を受けます。

 

<第36回フェブラリーステークス>

ルヴァンスレーヴ離脱で大波乱も!?

混戦が予想される中で「各馬の力量」を把握しておくことがフェブラリーSを的中させるための近道。

競馬セブンは常日頃から東西トレセンで密な情報収集を行っており、そのジャッジの正確性は業界内でも随一。

昨年の当レースも◯-◎の大本線で仕留めており、今年も既に「確勝級」の情報を入手している。

競馬セブンが無料公開する3点勝負買い目は馬券購入前に必ずご確認頂きたい!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこその極秘情報。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フェブラリーS・3点勝負』を特別公開します。

情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ちください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

フェブラリーステークス2019 まとめ

冬のダート頂上決戦で今年最初のGⅠ戦。

ということで、どの馬も渾身の仕上げで臨んできていますね。

それがハッキリと分かる追い切り内容でした。

GⅠともなればどの馬も好追い切りという事で、追い切り予想家からすれば難しいレースになるのが常なんですけどねww

インティは変わらず順調に来ている印象です。

いかんせん、ここまで好走続きできているので追い切りから嫌う材料も見えず、状態面に関しては問題ないでしょう。

一昨年覇者ゴールドドリームは、近2年チャンピオンズカップからの直行でしたが、今年は東京大賞典からの臨戦。

嫌う材料があるとすればそこでしょうが、追い切り面からはここを目標に据えてしっかり仕上げてきた印象を受けますね。

追い切り面で言えばこの2頭は人気通り有力という感じ。

評価を下げるなら疲れが見え隠れするオメガパフュームになりますかね。

ただこういう馬を無理やり持ってくるのがデムーロさんなので、、、

ブッた切るには怖い一頭ではありますね( ̄▽ ̄;)

馬券を抜きにして期待したいのはコパノキッキング×藤田菜七子ちゃんですよね。

馬券的にはあまり重視したくない一頭ですが、、、競馬ファンなら応援したい藤田菜七子ちゃんが騎乗。

難しいですねww

 

というところで最後に、追い切りからの穴候補馬2頭をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(サンライズソア・ノンコノユメ)

この馬をチョイス。

メンツ内でも追い切りのレベルは高水準。

どちらかが馬券に絡めば配当面にも期待できますし、十分狙いが立つ2頭です(ノ≧ڡ≦)

 

馬券で勝つためには

『関西馬を軸に馬券を買う事』

が重要です。

なぜなら、
関西馬と関東馬の2018年の成績を比較すると

これだけで『圧倒的に関西馬が優勢』であることがお分かりいただけるはずです。

そして、ここで重要なのは、

『高確率で馬券に絡む関西馬を知る事』

今なら、その情報が無料で手に入る!

勝負の関西馬&人気薄の関西馬で万馬券を狙う!!

>>無料情報はこちら<<

無料情報受け取りに必要なのはメールアドレスのみです。