【フェブラリーステークス2019予想】最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイント

Pocket

今回はフェブラリーステークス2019予想:最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイントを中心とした記事を書いていきます。

今年最初の中央GⅠということで、否が応でも期待が高まる一戦ですね。

今のダート路線は近年稀に見る戦国時代。

それも恐ろしく高いレベルでのものなので、見ているこちらは楽しみで仕方ないですね!

今年は藤田菜七子ちゃんがコパノキッキングでGⅠ初騎乗という話題性もあり、例年以上に盛り上がること間違いなしの一戦。

ここで藤田菜七子ちゃんが初GⅠ騎乗初GⅠ制覇なんてことになったら、、、

ただただ大盛り上がりでしょうねww

それでは、フェブラリーステークス2019予想:最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイントに入っていきましょう。

 

【フェブラリーステークス2019予想】最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイント

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

フェブラリーステークス 登録馬
※騎手は現時点の想定

アンジュデジール 横山典弘
インティ     武豊
オメガパフューム デムーロ
クインズサターン 四位洋文
コパノキッキング 藤田菜七子
ゴールドドリーム ルメール
サクセスエナジー 松山弘平
サンライズソア  田辺裕信
サンライズノヴァ 戸崎圭太
ナムラミラクル  ??
ノボバカラ    ミナリク
ノンコノユメ   内田博幸
メイショウウタゲ 酒井学
モーニン     和田竜二
ユラノト     福永祐一
レッツゴードンキ 岩田康誠
ワンダーリーデル ??
ヴェンジェンス  石川裕紀人

フルゲートは16頭に18頭が登録。

ナムラミラクル・ワンダーリーデル

全馬出走可能ですね。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

フェブラリーステークス 予想オッズ

1 インティ     2.4
2 ゴールドドリーム 3.3
3 オメガパフューム 3.9
4 コパノキッキング 7.7
5 サンライズノヴァ 18.1
6 サンライズソア  24.0
7 ノンコノユメ   25.7
8 ユラノト     27.4

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

ダート界の超新星インティが1人気に推されそうですね。

まぁここまでの勝ちっぷりが異次元ですから当然といえば当然か。

未勝利戦から6連勝で、この間2着以下に付けた着差は7⇒4⇒4⇒10⇒5⇒2馬身差という圧倒的な差をつけての勝利を続けています。

前走東海ステークスでは2着に2馬身差とこれまで付けてきた着差を考えれば物足りないと思いきや、3着にはそこから7馬身差と全くこれまでと引けを取らない着差となっています。

一気にダート界の頂点を極めるか、注目ですね。

立ちはだかるのは、一昨年の覇者で昨年2着の古豪ゴールドドリーム

近2戦は明け4歳勢に先着を許していますが、そうやすやすと世代交代を許すわけにはいかないでしょう。

そして前走交流GⅠでゴールドドリームに競り勝って初タイトルを奪取したオメガパフューム

ルヴァンスレーヴには2戦2敗ですが、そのルヴァンスレーヴがいないここは4歳大将格としてレースに臨むことになるでしょう。

オッズ構成としてはこの3強オッズ。

ここに藤田菜七子ちゃんフィーバーでコパノキッキングは単勝は売れてくるでしょうから、4強オッズになる可能性も。

古豪vs超新星vs次代を担う若馬という面白いレースになるのは間違いなさそうですね!

というところで、まずは1週前段階の追い切り過程を見ていきます。

それでは、有力各馬の1週前追い切り・調教を確認していきましょう。

 

インティ

助手 栗坂 稍 53.6 39.1 25.4 12.4 馬なり

2/3から乗り込みを開始し、2本目。

順調にきていますね。

手足の軽い脚捌きで、キレイな加速ラップを踏んでおり、本路での動きとしては申し分ナシでしょう。

前走こそ最終追い切り坂路でまとめてきましたが、これまではウッドでまとめることも多かった馬。

最終追い切りをどちらで仕上げてくるか、、、

基本的にはウッドと坂路の併用でこれまで好成績を挙げているという点ではウッドで仕上げてくるのがベターでしょうか。

と言っても、間隔が詰まりますし、坂路で軽く仕上げてくるパターンでも全然問題ないでしょうけど。

とにかく、初戦以外はここまで負けなしきており、追い切りから判断するのはなかなか難しいですね( ̄▽ ̄;)

先行して速い上がりでまとめられる、これを続けられる限りは大負けする姿はイメージ出来ないですよね。

内枠・出遅れ・揉まれて砂を被る、というような悪条件が重ならない限りは大丈夫でしょう。

初の東京ダート・初の1600m戦・初のGⅠ挑戦という課題はありますが、この競馬を続けられるならここでも勝ち負けの期待十分。

 

ゴールドドリーム

ルメール 栗CW 稍 82.2 65.5 50.8 37.5 12.4【7】一杯

サダムドミニック(古馬500万)0.8秒追走1.4秒先着

中間はこれまで通り、プールと坂路の併用で調整を進めています。

プールでの調整を取り入れた一昨年のチャンピオンズカップで馬が覚醒しており、このプール調整は馬にとって良いリフレッシュ効果となっているのでしょう。

その中で、1週前追い切りウッドでビッシリ追っているのは前走の仕上げと同じ内容。

最終追い切りでは坂路でビッシリ追ってくれば文句ナシのデキと言えるでしょう。

1週前追い切りの内容は凄まじく、3頭併せで併せ馬を敢行されていますが、僚馬をアッサリ突き放しており、ほぼ単走のような追い切りになっています。

ジョッキー騎乗とはいえ、時計も文句ナシの超好時計。

チャンピオンズカップを回避して東京大賞典への出走には一頓挫あり、少なからず調整が上手くいかないところもあったのかも。

今走は初めからフェブラリーステークスに向けて調整されているという面では、状態面に関してはMAXで迎えられることになるでしょう。

フェブラリーステークスでは一昨年優勝⇒昨年2着で東京ダート1600m【3-2-0-0】と、能力だけではなく、コース適性の高さも抜群。

 

オメガパフューム

調教師 栗坂 稍 54.5 39.8 25.7 12.9 馬なり

東京大賞典後、24日から追い切りを再開してこれが3本目。

ここまで新馬出走から大きな休みなく出走を続けており、秋から数えても5戦目。

ここまで大崩れなく走っており、4歳ダート界ではルヴァンスレーヴに次ぐ馬で力は申し分ないところでしょう。

ただ、さすがに疲れも見え隠れしている感じ。

秋以降、1週前追い切りではビッシリ負荷を掛けて好時計を叩く、というのがこの馬の追い切りとなっています。

それが今走は、終始楽な手応えのまま。

時計面に関しても、軽めにまとめてきた印象で、調教師騎乗というところを見ても、意図して軽めにまとめてきたことが窺えます。

スタートから中盤までは相当軽い内容でこじんまりとした動き。

中盤以降促されてからは力強い走りになりましたが、ラチ沿いへ体が流れる面を見せてそのままフィニッシュ。

追い切りではこういう面を見せる馬ではありますが、やはり多少なりとも疲れが溜まっていそうな雰囲気は感じます。

最終追い切りでも軽めにまとめてくるようなら、不安が残る内容ですね。

 

コパノキッキング

助手 栗CW 稍 71.9 55.2 40.2 13.0【6】馬なり

前走後1本目で、軽めにまとめて折り合い重視の追い切り。

鞍上のが腰を浮かせて全く追うことなくゴールしており、ここは走りを確かめるといった程度の追い切りですね。

これまでは、間隔が詰まってもそれなりにしっかり追ってくるので最終追い切りではそこを判断基準としたいところ。

藤田菜七子ちゃんがGⅠ初騎乗で跨る馬ということで、ある種No.1注目馬としてこのレースに出走します。

ここまで敗れたのは2戦のみで、ダート短距離では頂点を極められる器を持った馬。

順調にいけば今年のJBCスプリント制するのはこの馬、と言えるほどの逸材ですね。

それならばここでも通用するのは能力的には当然ですが、距離という不安が残ります。

ここまで敗れた2戦は、2戦ともに1400m戦で距離延長の場面。

今走はさらに距離が延びる1600m戦。

前走騎乗したマーフィーさんは、『ベストは1200m』と明言していましたからね、、、

 

サンライズノヴァ

助手 栗坂 稍 55.3 40.8 26.6 13.1 末強め

前走後1本目の追い切りでラスト重点の追い切り。

手脚の重さが気になりますし、促されてからの反応も決して良いと言えないレベル。

重さが目に付く追い切りとなりました。

最終追い切りでどこまで変わるか、、、ですね。

昨年は日曜追いと当週の最終追い切りの2本でレースに挑みました。

それを考えると、1週前追い切りで軽めでも1本早く時計を出せたことはプラス評価できるポイントですね。

最終追い切りでは一杯に負荷を掛けて52秒を切ってくるような好時計を叩いてきてほしいところ。

前走は意外なほどアッサリ敗戦。

東京コースでは必ずと言っていいほど、芝並みの上がりを使って伸びてくる馬。

伸びてくるも差し損ね、ということなら理解もできますが、後方のままほとんど伸びることなくなだれ込む競馬になりました。

外が全く伸びない馬場ではありましたが、それにしても伸びる気配もなく大敗ですから気掛かりな部分が残ります。

東京ダート【6-3-0-3】と適性は抜群で、昨年から目標は間違いなくここに照準を据えていたはず。

そういう面で上積みは期待できますし、ハマれば強烈な末脚はここでも1・2を争うものを持っている馬ですので巻き返しを期待したいところですね。

 

夢を叶える3大コンテンツを無料で公開

◆利用者10万人の競馬指数 <うまコラボ>◆

どんな競馬予想にも活用できる
圧倒的精度を誇る競馬指数。

▼近走的中実績の一部がこちら▼

的中事例『東京9R 日野特別』

的中事例『東京12R 3歳上500万』

的中事例『阪神7R 3歳上500万』

これら全てが無料情報での的中実績!

『うまとみらいと』のコンテンツは
全て【無料情報を公開】しています。

無料=無価値ではありません。

有料情報と完全に同レベルの情報です。

リスクなしで、

プロ予想家、他の競馬予想サイトを
凌駕する予想を受け取る事が可能!

是非この機会に無料情報をお受け取り下さい!

⇒ 無料情報はこちら

フェブラリーステークス2019 まとめ

ルヴァンスレーヴの離脱こそありましたが、ダート頂上決戦にふさわしい楽しみなメンバーが集まりましたね。

ダート界の超新星インティ&コパノキッキング。

どちらもマイル戦が初というところで不安が残りつつも、いずれもここまでの勝ち方が圧巻。

武豊さん&藤田菜七子ちゃんのスタージョッキー2人がこれに騎乗するというのも、なにか縁を感じますね。

超新星2騎に不安があるなら、安定感のゴールドドリームも捨てがたいですね。

追い切りからは順調に良化を見せており、2年ぶりの制覇の期待十分。

一昨年のチャンピオンズカップ以来6戦連続連対中と安定感ならNo.1。

それも全てGⅠなのですから価値は高いですね。

ルヴァンスレーヴと同じ4歳で、ルヴァンスレーヴに次ぐ能力を持っているオメガパフュームも中央GⅠを狙う一頭。

この馬は追い込み馬にも関わらず、これまで掲示板を外したことのない安定感が魅力。

前走で東京大賞典を制したデムーロさんの継続騎乗もこの馬にとってはプラスでしょう。

この4頭が人気を集める一戦ですが、鞍上が武豊・ルメール・デムーロ・藤田菜七子ということでここにも注目が集まる一戦ですね。

 

というところで最後に、1週前追い切りNo.1馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(サンライズソア)

岡田祥 栗坂 稍 50.7 36.8 24.2 12.4 末強め

サンライズサーカス(古馬500万)1.3秒追走同入

1週前追い切りとしては文句ナシの好時計を叩いてきました。

13.9-12.6-11.8-12.4という超速ラップ。

3ハロン目に計時した11.8秒は素晴らしいの一言。

大きく追走から手応え抜群のままにアッサリ追い付くと、ビッシリと併せ馬を行い闘争心メラメラの内容。

相手に馬体を併せに行く勝負根性も見せて、走れる態勢はすでに整っている印象です。

2週前追い切りではウッドで意欲の7ハロン追いを敢行されています。

確実に好位を確保できるスピードと、直線でも粘れる渋太さを持ち合わせており、ここでも大崩れするイメージは湧きません。

勝ち切る為にはもう一芸を身に付ける必要はありそうですが、この相手でも十分戦える( >д<)

 

今なら新規登録してされた方限定で安心の1ヶ月間保証サービス!

ちなみに、先週の最大利益は・・・

114万0200円 です。

『伸るか』『反るか』選択は2つです。

「競馬情報サイトって怪しい」、、、そんな風に思う方も少なくないでしょう。
だからこその1ヶ月の保証サービス。

下記のような結果を毎週のように出しています。

〝稼げる競馬予想〟

本当にこの言葉が似合うサイト『競馬予想ルクリウス』

自身があるからこその

今なら新規登録してされた方限定で安心の1ヶ月間保証。

登録するなら今が間違いなくお得でしょう!
まずは無料登録から試してみてはどうでしょう?

>>無料登録はこちら<<