【フェブラリーステークス2019予想】過去傾向・データから見る好走馬の共通点

Pocket

今回はフェブラリーステークス2019予想:過去傾向・データから見る好走馬の共通点を中心とした記事を書いていきます。

冬のダート頂上決戦フェブラリーステークス。

チャンピオンズカップから約2ヶ月後に行われるレースですが、この後に一流馬が目指すビッグレースもないのでダート界のトップが一堂に会するレースです。

さらに、マイル戦という舞台設定から、中距離馬vsマイラーvsスプリンターという各路線のトップがぶつかり合うレース。

今年も各路線からトップの馬が集まり非常に見応えのあるレースになりそうですね。

スタミナだけではダメですし、スピードだけでも通用しない。

今年最初のGⅠ馬の称号を手に入れるのはどの馬になるでしょうか。

それでは、フェブラリーステークス2019予想:過去傾向・データから見る好走馬の共通点に入っていきましょう。

 

メールアドレスだけで予想が届く!

元調教師率いる重賞特捜部が

この激走穴馬で

〝万馬券を狙い撃つ〟

好配当を狙い撃つチャンスは☟こちら☟

【フェブラリーステークス2019予想】過去傾向・データから見る好走馬の共通点

 

それでは、過去傾向・データをまとめていきましょう。

過去10年分のデータとなっています。

枠順傾向

 1枠【1-0-1-18】複勝率10.0%
 2枠【3-2-1-14】複勝率30.0%
 3枠【0-1-3-16】複勝率20.0%
 4枠【0-1-0-19】複勝率5.0%
 5枠【0-1-4-14】複勝率26.3%
 6枠【2-0-1-17】複勝率15.0%
 7枠【2-4-0-14】複勝率30.0%
 8枠【2-1-0-17】複勝率15.0%

芝スタートで、スタート後約150mは芝コースとなっており、長く芝を走れる外枠が有利なコース形態となっています。

スタート後400mは下り坂になっているため前半のペースが速くなりがちで、基本的に逃げ先行優位なダート戦ですが、差し・追込もよく決まるコースとなっています。

本レースでも外枠有利傾向が残っています。

2枠のみ内枠からの複勝率が高くなっていますが、ゴールドドリーム・コパノリッキー・エスポワールシチーという抜けた強さを持っていた馬の好走も多くなっています。

※過去3年分東京ダート1600m全成績

 1枠【19-24-29-509】複勝率12.4%
 2枠【36-32-42-498】複勝率18.1%
 3枠【43-37-40-518】複勝率18.8%
 4枠【53-38-46-513】複勝率21.1%
 5枠【45-43-42-527】複勝率19.8%
 6枠【44-55-44-525】複勝率21.4%
 7枠【51-58-37-529】複勝率21.6%
 8枠【51-55-59-511】複勝率24.4%

全体で見ると、さらに顕著に外枠有利が浮かび上がります。

特に1枠は壊滅的な成績となっており、枠順も非常に重要なレースです。

 

人気傾向

1人気 【3-2-3-2】
2人気 【2-1-2-5】
3人気 【1-2-1-6】
4人気 【1-1-1-7】
5人気 【0-3-0-7】
6~9人気 【2-1-3-34】
10人気以下【1-0-0-68】

1人気の複勝率80%と、馬券圏内という意味では信頼度は高いですね。

単勝オッズ6.9倍以下【6-5-6-8】複勝率68.0%

この組は、複勝率もさることながら勝率が高くなっています。

10人気以下【1-0-0-68】

単勝オッズ30倍以上【1-0-0-81】

馬券に絡んだ1頭は、

2014年16人気272.1倍1着コパノリッキー

結果的にこの時はまだ能力がバレていなかっただけ。

能力のある馬しか走れない舞台で、極端な人気薄は軽視でOK。

 

牡牝データ

牡・セン【10-10-10-120】複勝率20.0%
牝馬  【0-0-0-9】複勝率0%

牝馬の出走は少ないですが、基本的には通用しないという傾向になっています。

 

所属データ

栗東 【9-7-10-101】複勝率20.5%
美浦 【1-2-0-24】複勝率11.1%
その他【0-1-0- 4】複勝率20.0%

栗東所属馬が優勢傾向。

 

年齢傾向

4歳 【4-3-1-25】
5歳 【4-3-4-19】
6歳 【2-1-2-32】
7歳 【0-2-2-32】
8歳上【0-1-1-21】

複勝率は5歳馬が圧倒的な好成績を残しています。

勝率は5歳馬&4歳馬が抜けています。

 

脚質傾向

逃げ馬【1-0-0- 9】
先行馬【5-3-2-28】
差し馬【2-4-6-49】
追込馬【2-3-2-43】

上がり3ハロン

1位   【2-5-3-2】
2位   【2-1-2-4】
3位   【2-1-5-5】
4位~5位【4-2-0-19】
6位以下 【0-1-0-99】

先行~差しが中心で、上がり3ハロン5位以内が馬券内30頭中29頭を独占。

※過去3年分東京ダート1600m全成績

逃げ馬【 40- 28- 26- 246】複勝率27.6%
先行馬【169-139-114- 841】複勝率33.4%
差し馬【102-130-134-1530】複勝率19.3%
追込馬【 31- 45- 65-1500】複勝率8.6%

スタート後400mは下り坂になっているため前半のペースが速くなりがちで、基本的に逃げ先行優位なダート戦ですが、差し・追込もよく決まるコースとなっています。

 

前走レース

チャンピオンズC【1-2-1-2】
東京大賞典  【0-1-4-10】
東海ステークス【2-1-1-10】
根岸ステークス【3-2-1-51】

前走クラス

GⅠ  【3-2-2-10】
GⅡ  【2-1-1-12】
GⅢ  【3-2-1-66】
OP特別【1-0-0-10】
1600【0-1-0- 1】
地方  【1-4-6-28】

前走チャンピオンズカップの直行組が好成績。

チャンピオンズカップの前身JCダートからの直行組も含めると、【3-2-2-6】複勝率53.8%と好成績。

前走根岸ステークス

3着以内【3-2-1-17】
4着以下【0-0-0-39】

前走根岸ステークス組は4着以下は割引き。

 

前走人気

1人気 【4-3-3-23】
2人気 【2-0-1-24】
3人気 【1-3-2-20】
4人気 【1-3-2-14】
5人気 【1-0-1- 9】
6~9人気 【0-2-1-21】
10人気以下【0-0-1-26】

前走1人気1着  【4-3-2-10】
前走1人気2着以下【0-0-1-13】

前走1人気で1着は買いでOK。

 

前走着順

1着 【6-5-5-23】
2着 【0-2-2-19】
3着 【2-2-1-12】
4着 【0-0-0-11】
5着 【0-1-0-14】
6着~9着【1-0-1-29】
10着以下【1-0-1-20】

当然ながら前走1着馬は好成績を残しています。

 

種牡馬成績

※直近3年分 東京ダート1600m全成績

キングカメハメハ 【15-16-24-118】複勝率31.8%
ゴールドアリュール【26-16-7-155】複勝率24.0%
シンボリクリスエス【9-8-10-103】複勝率20.8%
ケイホーム    【5-1-1-34】複勝率17.1%%

出走馬の上位種牡馬成績はこのようになっております。

キングカメハメハ産駒が好成績を残しています。

ただ頭で、というよりは2・3着というイメージ。

フェブラリーステークスではゴールドアリュール産駒が【4-3-0-12】と好成績を残しています。

ケイホーム産駒のインティはマイナー血統という事もあり、成績的には良くないですね。

好走するなら1着に妙味、という傾向になっています。

馬キャラも相まって勝つか負けるかの競馬になりそうですね。

キングカメハメハ産駒

ユラノト

ゴールドアリュール産駒

ゴールドドリーム・サンライズノヴァ

シンボリクリスエス産駒

サンライズソア

 

騎手成績

※直近3年分 東京ダート1600m全成績

ルメール【36-19-12-65】複勝率50.8%
戸崎圭太【39-29-22-111】複勝率44.8%
デムーロ【10-6-6-29】複勝率43.1%
武豊  【5-6-7-24】複勝率42.9%

これは、馬質もあるので一概には言えない部分がありますが、、、

この騎手たちが好成績を残しています。

ルメール・デムーロさんがいつも通り好成績を残していますが、芝レースに比べるとこれでも成績は悪化しています。

かなり高い水準ですけどねww

ルメール×ゴールドドリーム

戸崎圭太×サンライズノヴァ

デムーロ×オメガパフューム

武豊×インティ

 

地方競馬をするなら必見!!

地方競馬は中央競馬に比べて情報量も少なく、
予想が難しいというイメージがありますよね。

しかし!!

実は中央競馬よりも簡単で楽しく予想ができ、
しかも的中ができるというのをご存知でしょうか?

中央・地方にも太いパイプを持って情報を豊富に所有。

更に、
長年のキャリアから追い切りやパドックで馬を見る選馬眼にも長けた競馬事情通

「大川慶次郎」予想地方版

徹底した情報で馬券的中に繋げるからこそ
絶大な信頼を誇るサイトです!

>>無料登録はこちら<<

毎日、地方競馬の勝負レースを無料公開!
地方競馬を嗜む方は登録しない理由がない!?

無料予想受け取りに必要なのはメールアドレスのみです。

フェブラリーステークス2019 まとめ

ダートの頂上決戦という事で、下手な人気薄の好走は過去10年では無い問う結果に。

コパノリッキーが超人気薄で好走しましたが、後の活躍を見ればここでの好走も納得。

中央ダートGⅠはこのフェブラリーステークスとチャンピオンズカップの2戦ということで一発屋の好走はない、と割り切ってもいいかもしれませんね。

唯一、前走1人気1着馬の好走データに該当するのはインティ。

しかし反対に、逃げ馬には不利というデータも残っています。

唯一逃げて優勝したのはトランセンド。

インティがトランセンド級の馬かどうかの見極めをしなければなりませんね。

エスポワールシチーやコパノリッキーが優勝したときは2番手からの競馬をしているので、この辺りもポイントになりそうです。

逃げなければダメな馬でもないですし、逃げて上がり最速を使える脚力もあることから、さほど心配する必要もないか。

意外と成績が良くないのが、前走東京大賞典組。

ここからはゴールドドリーム&オメガパフュームが参戦。

人気に推される2頭ですし、データからは一枚評価を下げて配当面に期待を持っても面白そうな一戦ですね。

根岸ステークスからは8頭の出走が予定されていますが、データからは4着以下は割引。

買えるのは1着コパノリッキー2着ユラノト3着クイーンズサターンということになります。

ここでも上位人気に推されそうなサンライズノヴァは根岸ステークスでの大敗も気になりますし、データ面からは買えない人気馬ということになります。

人気が無くても押さえておきたいのが前走チャンピオンズカップからの直行組。

前身のJCダート時代から直行組が好成績を残しており、ダートの主要路線を使ってきた馬は強い、ということなのでしょう。

サンライズソア&ノンコノユメの2頭は人気も無さそうですし、馬券的には押さえておきたい2頭ですね。

 

それでは最後に、データ面から推奨出来る馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(インティ)

課題はあるもののデータから特に嫌う材料もなくこの馬をチョイス( ✧Д✧)

 

外厩情報が手に入るサイト

今流行りの〝外厩〟
外厩仕上げ馬を調べたい場合は、このサイトを活用してみてはどうでしょう。

本来なら、一口馬主や有料情報に登録しないと知ることが出来ない情報。
これを無料で閲覧できるというだけで必見のサイトですね。

外厩を知れば、
ノーザンF天栄帰りでワンツーを決めた
有馬記念をズバリと仕留めることが出来る!!

試してみる価値有りの情報サイトです!

>>無料情報の受け取り<<

無料情報受け取りに必要なのはメールアドレスのみで、
yahoo、google等のフリーメールでの登録OKです!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、
公にはならない極秘情報を入手できるチャンスはここだけ!