【フラワーカップ2019予想】追い切り・調教分析~追い切りNo.1は2強のどちらか~

Pocket

今回はフラワーカップ2019予想:追い切り・調教分析~追い切りNo.1は2強のどちらか~を中心とした記事を書いていきます。

一昨年5馬身差の圧勝で怪物牝馬の誕生を予感させたファンディーナという馬が記憶に新しいフラワーカップ。

その後は皐月賞に挑戦後、尻すぼみの結果となりましたが、当時の盛り上がりはこの馬がいたからこそでした。

厳密には桜花賞トライアルではないですが、賞金加算してクラシックへ、というところでは桜花賞挑戦への最終便。

今年はどの馬が桜花賞への最終チケットを手にするか!?

追い切り・調教観点から検討していきます。

それでは、フラワーカップ2019予想:追い切り・調教分析~追い切りNo.1は2強のどちらか~い入っていきましょう。

<第68回 スプリングステークス>

名馬を送り出している皐月賞のトライアルレース。

クラシック路線で活躍する馬は現れるのか!?

昨年の勝ち馬ステルヴィオはマイルCSを勝ち、2着馬エポカドーロは皐月賞馬に輝くなどGI路線で活躍。

今年も「GI級」と評価が高い素質馬が出走します!

紙面上には載らない競馬セブン独占の関係者情報を極秘入手!

競馬セブンが無料公開する3点勝負買い目は馬券購入前に必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこその極秘情報。

叩き台で使う陣営、ココが目イチ勝負の陣営など、勝負度合いは明白。

競馬セブンでは厩舎・騎手・馬主・生産各方面から各陣営の本音話を独占入手済です。

各陣営の思惑を知っている競馬セブンに買っていい、買ってはいけないのジャッジはお任せ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【フラワーカップ2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

フラワーカップ 枠順配置

 1- 1 メイショウハナグシ 池添謙一
 2- 2 シャドウディーヴァ 岩田康誠
 3- 3 エフティイーリス  蛯名正義
 4- 4 コントラチェック  丸山元気
 4- 5 ミモザイエロー   内田博幸
 5- 6 マルーンベルズ   大野拓弥
 5- 7 エールヴォア    デムーロ
 6- 8 ジョディー     吉田豊
 6- 9 レオンドーロ    柴田大知
 7-10 ランブリングアレー 浜中俊
 7-11 ルタンブル     三浦皇成
 8-12 アイリスフィール  石橋脩
 8-13 フラル       ミナリク

中山芝1800m

内回りを使用するコースでコーナー4つ。

スタンド前からスタートし、最初のコーナーまでの距離が短いのでやや内枠有利の舞台となっています。

スタートから第2コーナー入り口まで上り坂が続くので、前半のペースが極端に速くなることは少なく、流れが落ち着きやすいコースとなっています。

そのため、スタート後に好位を取れる内枠の逃げ・先行馬が有利なコースと言えるでしょう。

最後の直線は約310mと短く、中山特有の急坂が待ち構えています。

パワーとスタミナに加えて小回り適性が必要なコースで、中央4場の他場とは一線を画すコースとなっています。

 

各追い切り場の馬場状態

続いて、各追い切り場の馬場状態(3/13・14)を考察していきます。

時計が出やすい〝A>B>C〟時計がでにくい

3段階評価でまとめていきます。

《栗東CW 良~稍馬場》【A】

当週1番時計 アルドーレ(古馬オープン)
古川吉 栗CW 稍 76.5 62.1 49.5 38.1 13.1【6】追って一杯

週中雨が降る日も増えてきましたが、馬場が重くなることはなく、時計の出る馬場になっています。

先週と比べるても一気に時計が出る馬場になっている印象を受けますね。

当週6F80秒を切った馬は計22頭と多く、やはり走りやすい馬場ということでしょう。

 

《栗東坂路 良~稍馬場》【B】

当週1番時計 ジュエアトゥー(古馬1000万)
助手 栗坂 稍 49.3 36.8 25.2 13.5 一杯

時計の出方としては水準通りで、先週までと大きな変わりなくという印象です。

全体時計よりも、注目するべきは各ハロンごとのラップ。

テンに速いラップであれば3F~4Fでどこまで持続できているか。

ゆったり入るのであれば3F目~4F目にどのような加速ラップを踏めているか。

 

《美浦南W 良馬場》【B】

当週1番時計 ライトカラカゼ(古馬500万)
吉田豊 美南W 良 78.8 64.1 50.5 36.8 12.9【3】直強め

時計の出方としては先週と変わらず、美浦ウッドらしいタフな馬場という印象です。

基準としては、5F66秒台・67秒台~1F12秒台でまとめてくるようなら優秀、ラスト1F13秒前半ならベターというイメージ。

テンから負荷を掛けつつであれば、ラスト1Fどこまで粘れているかにも注目。

 

《美浦坂路 良馬場》【C】

当週1番時計 プロディガルサン(古馬オープン)
助手 美坂 良 50.9 37.4 25.2 13.1 強め

かなり力の要す馬場になっている印象で、時計としては出にくくなっており、加えてラスト1Fは時計を要す馬が多くなっています。

先週の雨によって重くなった馬場が、良馬場表記でもそのまま継続という形になっています。

全体52秒台~1F12秒台でまとめている馬が、わずかに7頭しかいないことがそれを物語っています。

この中で、しかっりとしたラップを刻めている馬がいれば好評としてOKというイメージですね。


追い切り・調教から見る好走傾向

過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

2018年
1着 カンタービレ
栗坂 54.0-38.8-24.5-11.9 馬なり
2着 トーセンブレス
美南W 68.0-53.1-38.8-13.0【7】馬なり
3着 ノームコア
美南W 69.4-54.2-39.8-12.8【8】馬なり
2017年
1着 ファンディーナ
栗坂 55.1-39.5-25.5-12.5 馬なり
2着 シーズララバイ
美坂 54.2-39.0-25.7-12.7 強め
3着 ドロウアカード
栗坂 55.9-40.6-25.8-12.5 馬なり
2016年
1着 エンジェルフェイス
栗CW 69.1-53.6-39.7-12.3【8】馬なり
2着 ゲッカコウ
美坂 59.1-43.7-29.6-15.0 馬なり
3着 ウインクルサルーテ
栗CW 53.9-39.6-12.8【8】馬なり
2015年
1着 アルビアーノ
美南W 69.5-53.5-38.7-12.0【4】G前仕掛け
2着 アースライズ
栗坂 53.6-39.1-25.3-12.3 馬なり
3着 ディアマイダーリン
美坂 53.7-39.2-25.5-12.9 馬なり
2014年
1着 バウンスシャッセ
美南W 67.8-52.8-38.6-13.1【7】馬なり
2着 マイネグレヴィル
美南W 83.2-67.7-53.9-39.9-13.0【7】馬なり
3着 パシフィックギャル
美南W 68.1-53.7-39.7-12.7【8】強め

このような結果になっています。

1800mという距離もあって、ウッド仕上げ・坂路仕上げと様々な仕上げパターンがあります。

過去5年totalで見ると、

栗東ウッド仕上げ:11頭中2頭好走。

栗東坂路仕上げ:11頭中4頭好走。

美浦ウッド仕上げ:26頭中6頭好走。

美浦坂路仕上げ:15頭中3頭好走。

その他仕上げ:5頭中0好走。

【好走傾向まとめ】

このレースは特に大きな傾向はナシ。

 

最終追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

エールヴォア

《1週前追い切り》
デムーロ 栗CW 良 82.7 65.8 51.0 36.7 12.1【6】馬なり
リーガルメイン(3歳500万)0.3秒追走アタマ先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 稍 51.8 37.5 24.5 12.5 馬なり

追い切りパターン

ここまでの追い切りは札幌滞在を除くと、〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟が2戦、〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟が1戦となっています。

厩舎としても追い切りパターンが確立されているわけではなく、どちらが良いかはこれからの判断になりそう。

ただ、個人的には〝1週前ウッド6F一杯追い⇒最終坂路馬なり仕上げ〟というのは昨年のトレンド追い切りとしており、この追い切り過程の馬は買いとしていました。

前走はまさにその追い切りを踏襲しており、買いの場面であったことは確かです。

追い切り考察

今走も前走と同じく〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟という追い切り過程を選択。

しかし、負荷の面では馬なり調整に終始しています。

ここをどう考えるか。

時計面に関しては、1週前のウッド追いは前走と変わらない時計水準で走れています。

ジョッキー騎乗という事があるので時計は出て当然という印象も受けますが、これだけ走れれば十分といった雰囲気。

最終追い切りは前走より速い時計となっており、自己ベストを更新する好時計を叩いています。

内容としては前走以上にも見えますね。

総合的に追い切りに関しては休み明けでも十分な仕上がりという印象を受けます。

 

コントラチェック

《1週前追い切り》
上野翔 美南W 良 67.5 52.2 38.9 13.1【9】馬なり

《最終追い切り》
丸山 美南W 良 67.4 53.1 39.6 13.4【7】馬なり
キングドラゴン(障害未勝利)2.4秒追走同入

追い切りパターン

外厩先はノーザンF天栄、厩舎ではウッドと坂路の併用で調整されて、レースではルメールさんが跨る。

まさに藤沢和雄厩舎の馬、という感じの馬ですね。

1点珍しいことがあるとすれば〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟となっており、仕上げが坂路追いになっていること。

藤沢和雄厩舎と言えば、レイデオロに代表されるように〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟がメインですからね。

ただこの追い切りパターンでも好走を続けているので特に心配する必要はないでしょう。

追い切り考察

今走はこの馬としては初めて〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟で調整されました。

しかし、上で述べたように、藤沢和雄厩舎と言えばこの追い切り過程がベスト。

心配点と言えば騎手が丸山騎手に乗り替わることでしょうか。

この点に関して最近は、ステルヴィオ・ギベオンがルメールさんからの乗り替わりで丸山騎手がトレンドになっていますね。

結果は出ていませんが、、、(^^;)

マイナス面はそれくらい。

追い切り面は申し分ナシ、むしろここで厩舎仕上げを施されており、勝負気配すら感じる場面です。


フラワーカップ2019 まとめ

レッドベルディエスの回避により、ここはエールヴォアvsコントラチェックの2強対決になる事が濃厚な一戦。

両馬ともに前走逃げて勝利していることからも、どちらが先手を取るのかにも注目が集まります。

しかしどちらも逃げなければダメというタイプでもありません。

前走エリカ賞では逃げて牡馬相手を完封した「エールヴォア」。

2走前のアルテミスステークスでは差す競馬で3着に好走。

先着を許したのはシェーングランツ・ビーチサンバという世代トップレベルの馬たちで、能力の裏付けもありますね。

前走菜の花賞は相手に恵まれた印象があるものの、逃げて後続を全く寄せ付けない完勝劇を見せつけた「コントラチェック」。

こちらは2走前に逃げ馬を見る形でレースを進めて、上がり最速33.8秒を繰り出しました。

惜しくも届かず2着に敗れたものの、ディープインパクト産駒らしい瞬発力を見せて自在性も身に付けました。

兄弟にバウンスシャッセ・ムーンクエイクがいる良血で、どちらも藤沢和雄厩舎で調整された馬。

バウンスシャッセは2014年の勝ち馬で、このレースの勝ち方も分かっているのもプラス材料ですね。

 

というところで最後に、追い切りNo.1馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(コントラチェック)

追い切りパターンから個人的にはこちらをチョイス( ✧Д✧)



【今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ】

担当の馬券師が昼夜問わず
駆けずり回った情報を公開!
だからこそ得られる万馬券の数々!

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
充実したコンテンツ、競馬初心者に優しいサービス。

先日も3連単12点という小点数で高額回収!

更に帯封回収も実際に的中しているわけですからさすがです。

まだ立ち上がってから間もないサイトであるにも関わらず、
飛ぶ鳥を落とす勢いで的中を連発しています!

これなら当然、今週の重賞にも注目が集まるわけですが、

なんと!今なら無料登録で!厳選買い目も無料公開!

今週も期待が高まるばかりで、
どうやら厳選情報を手に入れているようですよ!

是非この機会にご活用ください。

>>無料情報はこちら<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。