【プロキオンステークス2019予想】追い切り・調教分析~狙いたい穴馬~

Pocket

今回はプロキオンステークス2019予想:追い切り・調教分析~狙いたい穴馬~を中心とした記事を書いていきます。

今年は昨年の本レースで日本レコードを叩き出したマテラスカイ。

これが人気を集めることが濃厚な一戦ですが、今年は相手関係も強力。

中央ダート重賞でメンバー中最多の2勝を挙げているサンライズノヴァ。

ダート替わり後3着を外していない安定感が魅力のミッキーワイルド。

オープン特別2連勝中ヴェンジェンス・交流重賞3勝サクセスエナジー・交流重賞2勝ウインムート。

など、好メンバーが揃った一戦を追い切り・調教から検討していきます。

第55回 七夕賞(GⅢ)

七夕賞はサマー2000の開幕戦。

今年も密かに一発を狙う『伏兵の存在』を既にキャッチ。

今回は七夕賞はもちろん、プロキオンSも含めた重賞2鞍の【情報注目馬5選】を特別無料公開。

▼ココをクリック!▼
【URL】http://www.tkeiba.net/

【プロキオンステークス2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

プロキオンステークス 枠順配置

 1- 1サクセスエナジー 牡5 松山弘平
 2- 2ダノングッド   牡7 鮫島克駿
 2- 3ドンフォルティス 牡4 秋山真一郎
 3- 4ヴェンジェンス  牡6 幸英明
 3- 5サンライズノヴァ 牡5 松若風馬
 4- 6ワンダーサジェス 牝6 太宰啓介
 4- 7アディラート   牡5 酒井学
 5- 8ウインムート   牡6 川田将雅
 5- 9マテラスカイ   牡5 武豊
 6-10アルクトス    牡4 田辺裕信
 6-11オールドベイリー 牡5 小崎綾也
 7-12ミッキーワイルド 牡4 北村友一
 7-13アードラー    牡5 西村淳也
 8-14キングズガード  牡8 デムーロ
 8-15プロトコル    牡8 川須栄彦

中京ダート1400m

2コーナー奥のポケット地点からスタートとするコースです。

枠順としては芝スタートとなるので、芝部分を長く走れる外枠がやや優勢傾向となっています。

芝スタートの短距離戦という事で、前半のペースは速くなりやすいコース。

加えて最後の直線は約410mと、ダートコースとしては東京競馬場に次ぐ長さを誇り、ラストには勾配のキツイ急坂が待ち構えています。

その為、ダート戦としては珍しく、差し・追い込み馬でも十分勝負になるコース設定となっています。

 

追い切り・調教から見る好走傾向

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

基本的には〝栗東CW仕上げ〟・〝栗東坂路仕上げ〟馬たちの戦い。

中でも中心は〝栗東坂路仕上げ〟。

最終追い切りでも強め以上に負荷を掛けるか、馬なり調整であれば水準以上の好時計を出せる馬に注目。

詳しい好走傾向分析は下記の記事をご覧ください☟☟

⇒ プロキオンステークス 追い切り・調教から見る好走傾向

 

追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【サクセスエナジー】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 82.0 66.8 52.4 38.4 12.3【8】一杯
スマッシングハーツ(3歳未勝利)同入

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 52.5 37.5 24.3 12.1 一杯
ププッピドゥ(3歳未勝利)0.6秒追走同入

追い切り考察

坂路で乗り込まれてレースに臨むのがこの馬の追い切りパターン。

好走パターンがはっきりしており、〝最終追い切りでしっかり負荷を掛けてくること+好時計〟を叩いた時は要注目。

特に時計面の好時計は必須。

準ベスト以上の時計を叩いてくれば買い、逆に時計面が見劣るようであれば見送り、という取り捨て基準です。

今走は珍しく1週前追い切りで栗東CWを使ってきました。

以前は栗東CWを使う事もあったのでこれに関しては特に問題なしと判断したいところ。

最終追い切りの坂路追いではまずまずの好時計。

ベスト時計には多少及ばないものの、4F目が最速になる加速ラップを踏めているので近2戦と変わらない好調キープという判断です。

 

【ヴェンジェンス】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 53.2 37.6 24.3 12.2 強め

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 54.0 38.5 24.8 12.3 馬なり
ブルーミングスカイ(新馬)0.2秒先行0.1秒先着

追い切り考察

坂路とウッドの併用で馬を仕上げてくるパターンが多くなっています。

本追い切りは栗東坂路、日曜追いでウッドを挟むという追い切りパターン。

今走は1週前⇒最終追い切り間の日曜追いでウッド追いを挟んできませんでした。

これはこの馬としては珍しいパターン。

間隔が詰まる分なのかもしれませんが、多少疲れもあるのかも。

時計面も近走の中では軽めに仕上げれらている感もあるので、デキ落ちの懸念もあります。

 

【サンライズノヴァ】

《1週前追い切り》
松若 栗坂 良 52.9 38.4 24.7 12.3 末強め
アードラー(古馬オープン)0.2秒先行0.2秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 50.3 36.6 24.1 12.3 一杯
アードラー(古馬オープン)0.1秒先行0.2秒先着

追い切り考察

これまで通り坂路中心の追い切り過程を踏んでいます。

その中で中間しっかり負荷を掛けられており、音無厩舎らしい追い切りですね。

この馬としては元々3F目が最速になるラップを踏んで4F目に時計を要す、というのが追い切りパターンになっています。

今走は1週前追い切り14.5-13.7-12.4-12.3の4F目が最速になる加速ラップ。

最終追い切り13.7-12.5ー11.8-12.3の3F目が最速になるこの馬らしい追い切りパターンです。

近走のの中では最もこの馬らしい追い切りパターンになっています。

近走はさえない競馬が続いていますが、追い切りからは復調気配が感じ取れます。

 

【ウインムート】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 51.9 37.2 24.3 12.3 馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.4 38.8 25.2 12.5 馬なり

追い切り考察

これまで通り坂路中心の追い切り過程を踏んでいます。

この馬のポイントは2つ。

1つは追い切りがレースに直結しやすいタイプということ。

もう1つはレース使って良くなるタイプということ。

1つ目のポイントの追い切り内容としては、4F目が最速になる加速ラップを踏むことが最低条件。

その中で今走は14.6-13.6-12.7-12.5という加速ラップを踏んできました。

叩き3戦目という事で2つ目のポイントもクリア。

追い切り水準としては叩き2戦目の前走の方が良かったですが、十分の勝負になる内容となっています。

 

【マテラスカイ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 50.5 36.6 23.9 12.0 一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 重 51.8 36.9 23.7 11.9 強め

追い切り考察

坂路でビシビシと調教を行う森秀行厩舎らしい追い切りパターン。

森秀行厩舎全般に言えるのですが、坂路で好時計を連発する馬が多いです。

その中でもこのマテラスカイは超好時計を叩くことでも有名。

今走も例に漏れず超好時計を連発しています。

1週前追い切り13.9-12.7-11.9-12.0

最終追い切り14.9-13.2-11.8-11.9

という、2週連続で道中11秒台を叩く好ラップを記録しています。

ただ忘れてはいけないのはこの馬はこのくらいの水準で普通だという事。

時計面は完璧でデキがいいのは間違いなさそうですが、モロさも同居する馬ですのでどこまで信頼するかがポイントですね。

 

【ミッキーワイルド】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 51.3 37.7 24.7 12.6 一杯
トロワゼトワル(古馬3勝)0.1秒追走0.1秒遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.4 38.8 24.8 12.1 馬なり

追い切り考察

ここまでは坂路中心の追い切りになっています。

1週前には負荷を掛けて最終追い切りでは馬なり調整という、近2戦と同じ追い切りパターンを踏んでいます。

この追い切りパターンとなってから条件戦2連勝を決めており、これが現状ベストの追い切りパターンと言えるでしょう。

追い切りに関しては問題なく、あとは力関係だけという感じです。

 

プロキオンステークス2019 狙いたい穴馬

それでは最後に狙いたい穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 81.8 65.9 51.9 38.5 12.6【7】一杯
ダノンクライム(古馬1勝)0.8秒追走同入

《最終追い切り》
デムーロ 栗CW 稍 86.3 68.9 53.4 39.2 12.2【7】G前仕掛け
ヒミノブルー(古馬1勝)0.4秒追走同入

追い切り考察

ウッドと坂路の併用で乗り込まれて、本追い切りはウッドで消化されるのがこの馬の追い切りパターン。

今走も変わらずこれまでと同じ追い切りパターンを踏んでいます。

年齢を重ねても変わらない追い切りパターンを踏めているのは好感ですね。

今走は終いを伸ばす追い切りに重点を置いており、ラストまでしっかり伸び切る追い切りが目に付きます。

近走はラスト垂れるような追い切りも多かった中で、この追い切りは高評価。

近走の中では追い切り内容としては最も良く見えます。

近3戦は勝ち切れずともラストはしっかり上がりを使って馬券内を確保しており、年齢による衰えというのも大きく感じません。

その中で前走から2kg減でさらに末脚が伸びればこの相手でも十分勝負になると判断します。

 

今だけの特別なお知らせ!!

今、登録するだけで有料ポイントが無料で手に入るお得サイト。

無料でも十分な情報量と予想を提供しているサイトですが、
期間限定で本来なら有料でしか手に入らない情報が無料で見ることが出来ます。

もらえる有料ポイントが多い競馬サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
登録するなら今がチャンスです!

――――――――――――――――――――

【第1位】キングダム
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★★

元JRA厩務員「笹原正行」監修の競馬サイト。

元JRA関係者だからできる情報を提供してくれるサイトです。

いかに勝てるかに重きを置いた情報収集しているおすすめサイトです!
【URL】http://king-dom.net/

――――――――――――――――――――

【第2位】勝馬定石
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★

無料の3連複情報がどのサイトよりも!強烈!

重賞解析/トレセン生情報/など
勝馬の定石でしか手に入らない
詳細データがよりどりみどり!

無料で有益な情報が手に入るこのサイトはオススメ度No.1
【URL】http://katiuma-no-jyouseki.com/

――――――――――――――――――――

【第3位】競馬報道
オススメ度★★★★
もらえるポイント★★★★

今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!
【URL】http://keibahoudou.com/