【ホープフルステークス2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向

Pocket

今回はホープフルステークス2019予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。

一昨年からGⅠに格上げされた中距離路線の2歳王者を決める一戦。

どちらかといえば、2週前に行われる朝日杯FSは完成度の高い馬たちの戦いで、このホープフルステークスは来年クラシックを見据えた素質馬の戦いというイメージ。

GⅠ昇格後も「JRA賞最優秀2歳牡馬」は朝日杯FSが優勢となっており、今年は無敗の3連勝でサリオスが優勝しています。

このレースから初の「JRA賞最優秀2歳牡馬」を手にするには『無敗』で制覇する事が条件になってきそうですね。

来年クラシックを見据えて重要な一戦を追い切り・調教観点から検討していきます。

【ホープフルステークス2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

ホープフルステークス 登録馬
※騎手は現時点の想定

オーソリティ    池添謙一
ガロアクリーク   野中悠太郎
クリノブレーヴ   齋藤新
コントレイル    福永祐一
ゼノヴァース    ??
ディアセオリー   三浦皇成
ディアマンミノル  横山典弘
ナリノモンターニュ デムーロ
ハギノエスペラント ??
パンサラッサ    坂井瑠星
ブラックホール   石川裕紀人
ブルーミングスカイ 田辺裕信
ラインベック    岩田康誠
ラグビーボーイ   北村宏司
ワスカランテソーロ 丸山元気
ワーケア      ルメール
ヴェルトライゼンデ マーフィー

フルゲート18頭に17頭が登録という事で、全馬出走可能となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

ホープフルステークス 予想オッズ

1 コントレイル    2.0
2 ワーケア      3.4
3 オーソリティ    5.3
4 ヴェルトライゼンテ 7.8
5 ラインベック    8.7
6 ブラックホール   16.0

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

想定1人気は前走東京スポーツ杯2歳ステークスを勝利し、2戦2勝のは「コントレイル」。

8頭立ての小頭数ながら素質馬が揃った一戦で1人気に推され、2歳レコードを1.4秒を短縮する衝撃的な勝ち方を見せてきました。

すでにダービー候補の呼び声高く、ここを勝利するようならクラシックはこの馬中心に回っていきそうな気配を感じますね。

しかし、そう簡単にいかないのが2歳戦。

2人気想定はこちらも2戦2勝の「ワーケア」。

ルメール騎手からも『ダービーを勝てる馬』という発言が出ており、こちらも翌春クラシックの主役を張れる器。

それ以下、無敗の「オーソリティ」・「ヴェルトライゼンテ」。

父ディープインパクト母アパパネで牡牝3冠馬という超良血馬「ラインベック」が人気を集めそうな一戦です。

 

それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

2歳世代最後の一戦という事で各馬ここが勝負仕上げになりそうな一戦。

厩舎の勝負パターンを考えつつ、どのような好走傾向がでるでしょうか。

2018年
1着 サートゥルナーリア
栗坂 52.5-37.6-23.8-11.9 末強め
2着 アドマイヤジャスタ
栗坂 52.2-37.8-24.4-12.3 末強め
3着 ニシノデイジー
美南W 70.5-55.0-39.7-13.0【7】馬なり
2017年
1着 タイムフライヤー
栗坂 52.7-38.3-25.2-12.6 一杯
2着 ジャンダルム
栗坂 52.5-37.9-24.5-12.1 強め
3着 ステイフーリッシュ
栗坂 52.9-38.3-25.2-12.6 末強め
2016年
1着 レイデオロ
美坂 54.9-40.0-26.1-12.7 馬なり
2着 マイネルスフェーン
美坂 54.3-39.3-25.5-12.5 馬なり
3着 グローブシアター
栗CW キリ不明
2015年
1着 ハートレー
美南W 68.1-52.8-39.6-13.8【8】馬なり
2着 ロードクエスト
美南W 69.6-54.2-40.4-12.7【7】馬なり
3着 バティスティーニ
栗CW 84.0-67.4-52.5-38.8-12.9【5】馬なり
2014年
1着 シャイニングレイ
栗坂 54.0-39.7-26.1-13.7 一杯
2着 コメート
美坂 55.5-40.3-26.5-13.0 馬なり
3着 ブラックバゴ
美坂 55.7-41.2-27.6-14.4 一杯

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

栗東CW仕上げ:10頭中2頭好走。

栗東坂路仕上げ:26頭中6頭好走。

美南W仕上げ:21頭中3頭好走。

美浦坂路仕上げ:13頭中4頭好走。

その他仕上げ:4頭中0頭好走。

GⅠ格上げ前と後では傾向が全く異なります。

その要因として、GⅠ格上げ後は栗東所属組の出走頭数が大幅に増えた事があります。

GⅠ格上げ後の近2年は〝栗東坂路仕上げ〟組は15頭中5頭の好走しています。

中心はこの仕上げパターンから考えるのが良いかもしれません。

そして好走した5頭の内、3頭は1週前追い切りで栗東CWを使われていました。

残り2頭の内、1頭は基本的に栗東坂路をメインに使われる矢作厩舎所属馬。

というところでは〝1週前栗東CW追い⇒栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンがこのレースの特注パターンと考えられます。

それ以前を見ると、注目できるパターンは〝美浦坂路仕上げ〟。

出走頭数が少ない中で、最も多くの好走馬を輩出しています。

2000mという距離からウッドコース優勢の印象がありましたが、このレースは坂路優勢になっているのが注目ポイントとなります。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【ターフビジョン】
オススメ度★★★★★

「毎週土日計2鞍」の厳選勝負馬券を”完全無料”で提供!

「人気馬の中からの絞り込みもまた必須!」
連を外す5割・馬券対象圏外となる4割の人気馬を排除出来れば
間違いなくあなたの馬券回収率は飛躍的に向上するはず!!

【URL】https://a.tr-vision.net/

――――――――――――――――――――

ホープフルステークス2019 まとめ

〝栗東坂路仕上げ〟が最も好走率の高いパターン。

その中で、〝1週前栗東CW追い⇒栗東坂路仕上げ〟がこのレースの特注パターンとなっています。

また、GⅠ格上げ前は〝美浦坂路仕上げ〟は優勢傾向にあり、今後どうなっていくか。

 

「コントレイル」は初戦・2戦目共に〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟となっています。

このレースの特注パターンとなっており、これを継続してくるなら好走傾向からもケチを付けるところはナシとなります。

「ワーケア」はここまで美南Wと美浦坂路の併用で本追い切りは美南Wというパターンになっています。

ここでも美南W仕上げになることが濃厚と考えられます。

好走傾向からは特に強調材料はありません。

「オーソリティ」は厩舎では美南Wと美浦坂路の併用で本追い切りは美南Wというパターンになっています。

好走傾向からは特に強調材料はないパターンですね。

「ヴェルトライゼンテ」は初戦・2戦目共に〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟となっています。

これを継続してくれば、このレースの特注パターン該当馬になりますね。

「ラインベック」は初戦栗東芝、2戦目栗東坂路、3戦目栗東P仕上げとなています。

仕上げパターンは様々。

好走傾向からは栗東坂路仕上げがベストになりますが、どの仕上げパターンでくるか、最終追い切りに注目。

 

それでは最後に、1週前時点の注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

穴になりそうな馬は特注パターンを踏まれた馬からチョイスしたいところです。

 

最近勢いに乗る口コミで話題沸騰の注目の競馬サイトを紹介!

下記サイトはメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

血統ウィナーズ
オススメ度★★★★★

競馬には様々なカテゴリーがありますがそれらの得手不得手を見分ける指標として血統があります。

・芝専用血統
・ダート専用血統
・芝ダート兼用血統
・短距離専用血統
・長距離専用血統
・オールマイティ血統

というように父系、母系の血脈から受け継がれるDNAはそのままその馬自身の得意分野に反映されます。

またこれに加え、その血統がヨーロッパ系なのか?アメリカ系なのか?はたまた品種改良を重ねた日本国内血統なのか?

↓↓↓気になる続きはこちらからの無料登録で↓↓↓
【URL】https://t-winners.jp/