【マイルグランプリ2020予想】有力馬考察と追い切り・調教分析

Pocket

今回はマイルグランプリ2020予想:有力馬考察と追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

7/29(水)大井競馬11R 20:10発走

大井競馬場ダート1600mで行なわれるSⅡになります。

昨年まで秋に行われていましたが、今年から開催時期がこの時期に変更となっています。

中央馬の地方転入が盛んに行われる近年は、年々レベルが上がっていましたが、今年は稀に見るハイレベルなメンバーが顔を揃えました。

これは開催時期の移設によって、マイラー~中距離馬の目標レースが少ない事に起因していると考えられます。

いずれにせよ、メンバーレベルが上がって面白いレースになる事は大歓迎。

見どころ満載のマイルグランプリを追い切り・調教から検討していきます。

【マイルグランプリ2020予想】有力馬考察と追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

マイルグランプリ 枠順配置

 1- 1センチュリオン   牡8 本橋孝太 浦和
 2- 2コパノジャッキー  牡5 森泰斗 大井
 3- 3カジノフォンテン  牡4 張田昂 船橋
 4- 4サクラエンパイア  牡7 岡部誠 大井
 4- 5サノマル      牡7 藤本現暉 大井
 5- 6ワークアンドラブ  牡5 笹川翼 大井
 5- 7グレンツェント   牡7 本田正重 大井
 6- 8トロヴァオ     牡7 藤田凌 大井
 6- 9ミューチャリー   牡4 御神本訓史 船橋
 7-10ヒカリオーソ    牡4 山崎誠士 川崎
 7-11リッカルド     セ9 矢野貴之 船橋
 8-12マースインディ   牡5 的場文男 大井
 8-13アンサンブルライフ 牡7 左海誠二 浦和

大井ダート1600m

ホームストレッチの4コーナー付近からスタートするコースで内回りが使用されます。

スタートから最初のコーナーまで約300mあるので枠順による有利不利はほとんどないコース。

外枠に入った先行馬はコーナーまでに前目に付けられないと外々を回されるので、ここには注意が必要です。
コーナーを4つ回るので小回り適正というのも必要になります。

大井ダートは最後の直線が長く追い込みも決まるイメージですが、1600mは内回りを使用されるので最後の直線が短く、大外一気は決まりづらい。

前々に付けられる先行馬や3コーナーから4コーナーにかけて捲っていける馬が有利なコースです。

 

それでは、有力各馬の追い切り・調教を踏まえて考察していきます。

【コパノジャッキー】

《1週前追い切り》
小林外 不 67.0 50.4 37.1 馬なり

《最終追い切り》
小林外 重 62.3 48.5 36.0 直線追

考察

基本的には5ハロン追いがベースの馬で今回も変わらず5F追いを中心に調整されています。

最終追い切りではしっかり負荷を掛けて時計を出してくるのがこの馬のパターン。

5F62.3秒~4F48.5秒という水準はあくまでもこの馬なりというイメージです。

JRAでデビューした後、園田の下級条件を勝ち切れずという経験をしています。

その後は南関東へ転入し、ようやく1勝目の勝ち星を挙げました。

その後もう1度JRAに戻りますが、結果が伴わず再度地方に転入という形となりました。

戦績を見返すとよほど南関東の水が合うのか、大井・船橋ダートでは【8-0-1-0】という好成績を残しています。

全兄にGI11勝したコパノリッキーがいる良血馬が地方で覚醒の兆しを見せています。

 

【カジノフォンテン】

《1週前追い切り》
船橋外 不 66.2 49.8 36.4 馬なり

《最終追い切り》
船橋外 不 64.9 49.4 36.4 G前仕掛け

考察

この馬としては4F50秒以下はデフォルトで、特にこれまでと変わらない時計の水準で追い切りを消化しました。

追い切りの水準としては前走:京成盃グランドマイラーズの方が高い印象で、前走と比べると見劣る部分は否めない印象です。

追い切りからはあくまでこの馬なりという印象です。

左回り7勝に対して右回りは勝ち鞍ナシ、これを考えてもやはりメイチは前走。

それでも大井では4着・3着・5着・4着・6着と大崩れがあるわけではありません。

相手候補としては押さえておくのがベターか。

 

【ワークアンドラブ】

《1週前追い切り》
小林内 不 38.8 馬なり

《最終追い切り》
小林内 不 42.0 馬なり

考察

追い切りは短いところをサッとという内容。

再調教試験明けというところでは順調さを欠く追い切りとなっています。

昨年の当レース勝ち馬で強い競馬を見せることもありますが、反面前走のようなモロさも同居するので信頼度は高くありません。

気性的な課題を克服できるかがポイント。

 

【グレンツェント】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
牧場坂 38.0 24.5 12.1 強め

考察

使いつつで、追い切りの水準もいつも通り。

良くも悪くも変わり身はありません。

2走前に南関東では初のタイトル奪取。

しかし、2走前は全てが上手くいった感もあり、3走前は同距離のオープンで今回よりメンバーが軽い中で着外に敗れています。

粗を探せばいくつもあり、信頼度は高くない印象です。

 

【トロヴァオ】

《1週前追い切り》
小林坂 不 67.7 51.9 38.1 馬なり

《最終追い切り》
小林外 不 63.4 48.8 36.2 馬なり

考察

前走は約2年半ぶりの勝利。

その前走は中間の乗り込み量も、豊富で最終追い切りでは6F長めをを追われつつも自己ベストに迫る好時計を叩いていました。

そういう面からも前走は勝負仕上げだったと考えられます。

その点を踏まえると今回は多少手控えられている印象は受けます。

休み明けでもありますし、攻めを強化していい場面ですが馬なり調整中心。

本調子になるのは叩いた次以降かも。

 

【ミューチャリー】

《1週前追い切り》
船橋内 不 66.2 49.4 36.6 一杯
サクセッサー(A2)同入

《最終追い切り》
船橋内 不 65.9 49.1 36.2 一杯
ハクサンペリー(B2)2.8秒先着

考察

これまで外コースで追い切りを行っていましたが、今回は内コースでの追い切り。

1週前・最終追い切り共にビッシリ負荷を掛けて好時計を記録という内容になっています。

休養明けになるので、しっかり負荷を掛けて馬体を調整している印象です。

最終追い切りでは格下相手ではありますが、僚馬を置き去りにしてほぼ単走という内容になっています。

これで絞れてくれば一発があっても。

昨年のジャパンダートダービーでは現・ダート王者クリソベリルと0.6秒差である事を考えても地方馬同士であれば能力は最上級。

 

【ヒカリオーソ】

《1週前追い切り》
川崎調教場 不 68.2 51.9 37.8 馬なり

《最終追い切り》
川崎調教馬 不 63.3 48.7 36.1 強め

考察

追い切りは川崎調教馬で馬なり中心に淡々と乗り込まれる内容となっています。

この馬としては最終追い切りではしっかり負荷を掛けて、好時計を叩くのが好走パターンとなっています。

そういう面では最終追い切り馬なりでまとめられたのは少なからずマイナシでしょう。

ベターではあってもベストではないというイメージです。

スピードはある馬なので初のマイル戦にも対応は出来そうですが、他の速い馬との兼ね合いがカギになりそうです。

 

【リッカルド】

《1週前追い切り》
船橋外 不 52.6 39.0 馬なり

《最終追い切り》
船橋外 不 64.7 48.9 36.3 一杯

考察

最終追い切りはビッシリ負荷を掛けられて、叩き3戦目の追い切りの内容は順当に良化というイメージ。

2走前は休み明けで厳しいペースを追い掛けての2着なら負けて強し。

前走はその2走前の反動が出たという感じ。

結果的に9歳という年齢から詰めて使われると疲れが残るというのを露呈した形になるのかも。

今回は前走よりも追い切りが良化しているという事を考えると、走り頃かもしれません。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

新サイト入稿しました!!

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【P4】

P4だけの無料情報、独占情報で精度の高い小点数の買い目が魅力。

情報の根拠や裏付けを徹底調査しており、「結果」を出す事にこだわって情報を提供しています。

今現在、情報サイトは多数ありますが、その中でも信頼度は高い。

その理由は有料情報に対する、全額分安心保障が付いている事からも見て取れます。

メールアドレスのみで無料情報を閲覧できるので、まずはお試ししてみてはどうでしょう。
【URL】https://research55.tokyo/

――――――――――――――――――――

マイルグランプリ2020 まとめ

過去10年の所属別データでは、

大井 【6-6-8-74】
船橋 【1-2-1-31】
川崎 【2-1-1- 9】
浦和 【1-1-0-14】

過去10年の人気別データでは、

1人気【3-1-2-4】
2人気【1-2-1-6】
3人気【1-1-2-6】
4人気【2-1-0-7】
5人気【2-1-2-5】
6人気以下【1-4-3-100】

人気薄からの好走もあって、波乱も起こるレースとなっています。

過去10年の年齢別データでは、

3歳  【1-0-1- 4】
4歳  【2-2-2- 9】
5歳  【1-3-3-16】
6歳  【4-2-1-30】
7歳以上【2-3-3-69】

競走馬として脂がのっている4歳・5歳世代が好成績を残すレースです。

年齢が若くなればなるほど好走率が上がる傾向となっています。

過去10年の枠順データでは、

1枠【1-1-3-14】複勝率26.3%
2枠【0-4-1-14】複勝率26.3%
3枠【2-0-3-15】複勝率25.0%
4枠【4-3-1-12】複勝率40.0%
5枠【0-1-1-18】複勝率10.0%
6枠【3-0-0-17】複勝率15.0%
7枠【0-1-1-18】複勝率10.0%
8枠【0-0-0-20】複勝率0%

内枠~中枠が優勢傾向となっており、外枠は不利な傾向となっています。

 

それでは最後に狙いたい本命・対抗馬・穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

本命は本格化を窺わせるこの馬から。

対抗馬は右回り不振の成績から不当に人気を落としそうなこの馬。

穴馬は距離不足・デキの面で不安が否めないものの能力は一級品の馬をチョイス。

あとは当日の人気を見ながら馬券を組んでいきたいと思います。

 

本当にできるオススメ競馬予想サイトを紹介!

最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」
「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。
確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。
そんな皆様のために、今回は

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる!」
「信頼して長く使える!」

おすすめ予想サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】競馬報道
オススメ度★★★★★

無料登録で約5万円分のポイント、500ポイントが受け取れます。

今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!
【URL】http://keibahoudou.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】馬生
オススメ度★★★★

根拠をある極秘情報を無料で届けてくれる競馬予想サイト。

■生情報だからこそどこよりも速く情報を入手し提供できる
■各メディアの注目箇所でも間違えた情報を見極める
■騎手の乗り替わり情報、移動でのコンディションなど

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で競馬のすべてを最初から最後まで全面サポート!
【URL】http://umanama.com/