【マイルチャンピオンシップ2018予想】馬場傾向・展開~本命は・・・

Pocket

今回はマイルチャンピオンシップ2018予想:馬場傾向・展開~本命は!?を中心とした記事を書いていきます。

枠順配置も確定し、土曜競馬も終了したところであとはレースを待つのみとなった今年のマイルCS。

史上7頭目の同一年春秋マイル王を目指すモズアスコット。

史上6頭目のマイルチャンピオンシップ連覇を狙うペルシアンナイト。

この2頭を筆頭に、鞍上にムーアを迎えて必勝を期すアエロリット。

牝馬マイルチャンピオンのジュールポレールや3歳マイルチャンピオンのケイアイノーテック。

悲願のGⅠ制覇を狙うエアスピネル。

などなど、マイル王の総決算の向けて相応しいメンバーが揃い踏み。

枠順・土曜の馬場傾向を踏まえて浮上してくる馬を検討していきましょう。

それでは、マイルチャンピオンシップ2018予想:馬場傾向・展開~本命は!?に入っていきます。

 

大変長らくお待たせしました。

先週よりライン@始めました。

ブログでは書ききれない好追い切り馬を配信しています!

巷で話題の追い切り予想!!

是非、予想の参考にしてみてください(^^)v

☟☟友達追加はこちら☟☟

友だち追加

登録9日間で1300人突破\(^^)/

【マイルチャンピオンシップ2018予想】馬場傾向・展開~本命は・・・

 

まずは確定した枠順を確認しておきましょう。

マイルチャンピオンシップ 枠順配置

 1- 1 ステルヴィオ    牡3 ビュイック
 1- 2 ペルシアンナイト  牡4 Mデムーロ
 2- 3 アルアイン     牡4 川田将雅
 2- 4 ブラックムーン   牡6 浜中俊
 3- 5 ヒーズインラブ   牡5 藤岡康太
 3- 6 ジュールポレール  牝5 石川裕紀人
 4- 7 ロジクライ     牡5 Cデムーロ
 4- 8 モズアスコット   牡4 ルメール
 5- 9 ウインブライト   牡4 松岡正海
 5-10 ミッキーグローリー 牡5 戸崎圭太
 6-11 ジャンダルム    牡3 武豊
 6-12 レーヌミノル    牝4 四位洋文
 7-13 レッドアヴァンセ  牝5 北村友一
 7-14 エアスピネル    牡5 福永祐一
 7-15 アエロリット    牝4 ムーア
 8-16 カツジ       牡3 松山弘平
 8-17 ロードクエスト   牡5 横山典弘
 8-18 ケイアイノーテック 牡3 藤岡佑介

上位人気が予想される、モズアスコット&アエロリット&ペルシアンナイトがキレイに中・外・内にバラけましたね。

これは馬場傾向をしっかり読み取る必要がありそうですね。

本日の予想に気合いが入ります。

枠順傾向としては特に大きな有利不利は無く、特に気にする必要はないでしょう。

詳しくはこちらで☟☟

⇒ マイルCS データ分析

単勝オッズ20倍以上は過去6年で馬券絡みゼロ。

6歳以上の高齢馬には厳しいレース。

3歳馬にも厳しいレースなどなど、分析しています。

 

続いて、前日オッズを確認しておきましょう。

マイルチャンピオンシップ 前日オッズ

08 モズアスコット   3.3
15 アエロリット    5.5
02 ペルシアンナイト  6.5
03 アルアイン     8.5
01 ステルヴィオ    8.8
07 ロジクライ     10.9
14 エアスピネル    15.2
10 ミッキーグローリー 15.5
18 ケイアイノーテック 26.9
06 ジュールポレール  36.3
11 ジャンダルム    36.7
17 ロードクエスト   44.0
13 レッドアヴァンセ  47.3
16 カツジ       148.4
09 ウインブライト   152.0
05 ヒーズインラブ   159.2
12 レーヌミノル    174.4
04 ブラックムーン   201.6

10倍を切るオッズは5頭。

それ以下も、だいたい週初めの予想オッズと大きく変わりなく、おおよそ想定通りですね。

人気馬のジョッキーが上から、

ルメール⇒ムーア⇒Mデムーロ⇒川田⇒ビュイック⇒Cデムーロ

外国人ジョッキーオンパレードです(;’∀’)

川田さんが一矢報いることが出来るか!?という感じですねww

 

それでは、本題の土曜の馬場傾向を確認していきます。

土曜の京都芝レース7レースを見ていきます。

※ペースはJRA-VANを参考にしています。

※枠番の前の数字は上がり順位となっています。

京都3R2歳未勝利 芝1600m

ペース:スローペース(勝ちタイム1.36.3)

1着馬① 8枠12番 4角6番手
2着馬  4枠 4番 4角2番手
3着馬② 5枠 6番 4角4番手
4着馬  2枠 2番 4角1番手
5着馬  7枠11番 4角6番手

勝ち馬のみ3コーナーから4コーナーにかけて大外を捲り気味に進出。

上がり最速で突き抜けました。

2着-3着-4着馬は前目に付けた馬たちの残り目。

上がり最速馬の上がり時計:34.4秒

上がり2位馬が35.0秒であることから、1着馬が抜けた上がりを使ったことが分かります。

 

京都4R2歳未勝利 芝1200m

ペース:ミドルペース(勝ちタイム1.09.9)

1着馬① 8枠18番 4角8番手
2着馬② 2枠 3番 4角3番手
3着馬  2枠 4番 4角1番手
4着馬③ 4枠 8番 4角7番手
5着馬  5枠10番 4角5番手

1着馬は馬場の真ん中どころを上がり最速馬で突き抜けました。

2着馬は上がり2位で最内を突いた馬。

3着馬は逃げ粘り。

4着馬が大外を伸びてきましたが、届かず。

上がり最速馬の上がり時計:34.0秒

上がり2位馬が34.8秒で次点より0.8秒速い上がりを使った勝ち馬がキレました。

 

京都5R2歳新馬 芝1600m

ペース:スローペース(勝ちタイム1.36.7)

1着馬① 2枠 2番 4角5番手
2着馬③ 8枠 9番 4角3番手
3着馬③ 7枠 8番 4角5番手
4着馬② 7枠 7番 4角9番手
5着馬  3枠 3番 4角5番手

上がり最速馬⇒上がり上位馬で決着。

小頭数戦ですので、さほど位置取りは気にならず。

1着馬は外目から、2着以下は馬場の真ん中から内という位置取り。

上がり最速馬の上がり時計:34.8秒

 

京都8R3歳上1000万下 芝2000m

ペース:スローペース(勝ちタイム2.00.9)

1着馬② 7枠 9番 4角2番手
2着馬① 2枠 2番 4角8番手
3着馬  3枠 3番 4角1番手
4着馬③ 6枠 6番 4角7番手
5着馬  7枠 8番 4角5番手

1着馬は道中徐々に進出し、馬場の真ん中を突き抜けました。

2着馬は上がり最速を使って外から伸びてきましたが、時すでに遅し、という感じ。

それ以下5着馬までは真ん中ら内目の位置取り。

上がり最速馬の上がり時計:34.1秒

 

京都10R比叡ステークス 芝2200m

ペース:スローペース(勝ちタイム2.14.7)

1着馬  2枠 2番 4角3番手
2着馬③ 8枠 8番 4角5番手
3着馬③ 4枠 4番 4角6番手
4着馬  5枠 5番 4角1番手
5着馬② 6枠 6番 4角7番手

小頭数戦で、ラスト4ハロンのロンスパ戦になりました。

勝ち馬長く良い脚を使って、2着以下の猛追を凌ぎました。

上位勢は真ん中から外目に持ち出して、4着までが1馬身以内の以内の接戦。

上がり最速馬の上がり時計:33.5秒

33.5秒を使った上がり最速馬は、最後方から6着が精一杯。

 

京都11Rアンドロメダステークス 芝2000m

ペース:スローペース(勝ちタイム2.00.4)

1着馬② 5枠 8番 4角4番手
2着馬  8枠14番 4角4番手
3着馬③ 4枠 6番 4角7番手
4着馬  1枠 1番 4角4番手
5着馬  7枠13番 4角1番手

勝ち馬は内を突いて、2着馬外を突いて伸びてきました。

勝敗はこの位置取りの差という感じ。

2着馬は道中、終始外々を回っていましたからね。

上がり最速馬の上がり時計:33.9秒

33.9秒を使った上がり最速馬は最後方から大外を飛んできましたが、7着が精一杯。

 

京都12R3歳上1000万下 芝1400m

ペース:スローペース(勝ちタイム1.21.2)

1着馬  6枠10番 4角2番手
2着馬③ 2枠 2番 4角9番手
3着馬  5枠 8番 4角2番手
4着馬  7枠13番 4角1番手
5着馬  5枠 9番 4角5番手

上位勢は全て馬場の真ん中~内の位置取りの馬が伸びてきました。

3着&4着馬は内から前残り。

上がり最速馬の上がり時計:33.6秒

33.6秒を使った上がり最速馬は、最後方から8着が精一杯。

 

という、土曜日の結果。

今週からCコース替わりということもあって、やや内優勢~フラットという印象ですね。

位置取りの差で内の方が有利という感じですかね。

これまで通り、時計が掛かる馬場でタフな馬場と考えていいでしょう。

速い時計を必要ないという感じ。

上がりの脚も究極のキレ勝負という感じではなく、3コーナー途中からの下りを利してそのスピードを維持するイメージ。

逃げた馬は掲示板の下の方に収まっており、不利という訳ではないですが、目標にされる分最後に捕まる形になっていますね。

 

マイルチャンピオンシップ2018 まとめ

展開を考えると、、、

やはり逃げるのはアエロリットになるでしょうか。

内枠に入った川田×アルアインが強気に逃げる可能性も。

土曜の傾向上は逃げるより、番手につけた方が良いというハッキリした傾向が出ていますからね。

その辺りの駆け引きもあるかもしれません。

番手にはロジクライ・エアスピネル。

馬場傾向通りなら、この2頭には要注目という感じですね。

モズアスコット・ペルシアンナイト・ステルヴィオは後方から。

後方大外一気は間違いなく届かない。

ですので、3コーナーから4コーナーにかけてどこまで前目に進出できるかが勝負の分かれ目。

内でジッとして、4コーナー馬群がバラけたところの内を掬うというパターンもありですね。

 

※ここで妄想コーナー※

Mデムーロさん&ルメールさんについて。

この2人が目先として一番勝ちたいのは次週ジャパンカップなのでは!?というのが議題。

ルメールさんは、ウオッカを超える発言や日本で1番強い発言をしたアーモンドアイでジャパンカップ勝つことが至上命題。

デムーロさんもスワーヴリチャードには付きっ切りで調教を付けており、これまでの最終追い切りで全て跨っています。

こんなこと今までなかったはず。

そして、天皇賞秋での巻き返しにも燃えていることでしょう。

スタートで天皇賞秋は諦めてジャパンカップに目標を変えたはず。

とすれば、マイルCSを含めて全騎乗で、騎乗停止や落馬負傷になることは絶対に避けたいはず。

そうなれば、馬群に無理に突っ込むなんてことはしないのでは!?

土曜の東京での騎乗を見ていると、まさにそんな感じ。

デムーロさんは5騎乗の内、2走が2番手からの競馬、2走が外回しという競馬、1走が勝負圏外。

ルメールさんは8騎乗の内、3走が逃げ、1走が2番手からの競馬、2走が外回し、1走のみ内を突いた競馬。

これを見る限り、やはり今週は気を付けて乗っている感があるんですよね、、、

とすれば、マイルCSのモズアスコット&ペルシアンナイトでは大外ぶん回しになるとすれば・・・取りこぼしは大いにあるはず!

1着賞金で考えても、マイルCS1億1千万円に対してジャパンカップは3億円。

この2人の勝負は次週!!

という妄想もあながち間違っていないかも、、、(*´ω`*)

特にペルシアンナイトは個人的に追い切りから嫌いたい要素も重なっています。

詳しくはこちら☟☟

⇒ マイルCS 追い切り分析

 

というわけで最後に、本命馬&人気の盲点になっている馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ロジクライ)

やはりベストは後ろ過ぎない位置から、先行抜け出しを図れる脚質の馬。

能力の裏付けもありますし、この2頭には注目( ✧Д✧)

無料メルマガ情報

土曜推奨馬【1-1-1-1】

東京9R アルドーレ6人気1着1,310円推奨!!

平場戦・特別戦などの好追い切り馬をピックアップしています。

マイルCSフル予想もメルマガにて行いますので、是非活用してください。

⇒ 無料メルマガ登録はこちら

 

【今話題沸騰中のサイト!『競馬学会』がアツイ】

担当の馬券師が昼夜問わず
駆けずり回った情報を公開!
だからこそ得られる万馬券の数々!

先日も3連単16点という小点数で高額回収!

更に帯封回収も実際に的中しているわけですからさすがです。

まだ立ち上がってから間もないサイトであるにも関わらず、
飛ぶ鳥を落とす勢いで的中を連発しています!
まずは無料情報から使ってみてはどうでしょう?

>>無料情報はこちら<<