【マイルチャンピオンシップ2018予想】1週前追い切り・調教分析

Pocket

今回はマイルチャンピオンシップ2018予想:1週前追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

秋のマイル王を決めるマイルCS。

昨年は当時3歳馬ペルシアンナイトが古馬エアスピネル&イスラボニータを抑えて優勝。

4角ほぼ最後方から間を縫うようにして伸びてきて、ミルコマジックがものの見事にハマったレースでしたね。

4歳になった今年は力を見せつけてねじ伏せる競馬が出来るか!?

というところに、春のマイル王モズアスコット、前走牡馬相手の毎日王冠を快勝した牝馬アエロリット、悲願を狙うエアスピネルなどなど、

多彩なメンバーが顔を揃えました。

見どころ満載の一戦。

まずは1週前追い切りから各馬の仕上がり具合を確認していきたいと思います。

それでは、マイルチャンピオンシップ2018予想:1週前追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

大変長らくお待たせしました!

今週からライン@始めます!

ブログでは書ききれない好追い切り馬を配信していきます!

是非、予想の参考にしてみてください(^^)v

☟☟友達追加はこちら☟☟

友だち追加

登録5日で900人突破\(^^)/

【マイルチャンピオンシップ2018予想】1週前追い切り・調教分析

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

マイルチャンピオンシップ 登録馬
※騎手は現時点の想定

アエロリット    ムーア
アルアイン     ??
ウインブライト   松岡正海
エアスピネル    福永祐一
カツジ       松山弘平
グァンチャーレ   古川吉洋
ケイアイノーテック 藤岡佑介
ジャンダルム    武豊
ジュールポレール  幸英明
ステルヴィオ    ビュイック
ヒーズインラブ   藤岡康太
ブラックムーン   ??
ベステンダンク   ??
ペルシアンナイト  Mデムーロ
ミッキーグローリー 戸崎圭太
モズアスコット   ルメール
レッドアヴァンセ  北村友一
レーヌミノル    和田竜二
ロジクライ     Cデムーロ
ロードクエスト   横山典弘

フルゲート18頭に20頭が登録、ベステンダンク&グァンチャーレが除外対象となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

マイルチャンピオンシップ 予想オッズ

1 モズアスコット   3.0
2 アエロリット    3.8
3 ペルシアンナイト  5.0
4 ステルヴィオ    7.5
5 アルアイン     8.6
6 エアスピネル    11.7
7 ロジクライ     18.0
8 ケイアイノーテック 23.3
9 ジャンダルム    27.7

ここまでが上位人気推されそうな馬たちです。

モズアスコット×ルメール

アエロリット×ムーア

ペルシアンナイト×Mデムーロ

ステルヴィオ×ビュイック

エリザベス女王杯と同じく強力外国人ジョッキーたちが人気を集めそうですね。

特に安田記念1着モズアスコット&2着アエロリットは実績的にも文句なしというところ。

しかしですよ!

同じ1600m戦の舞台と言えど、安田記念の結果がそのまま反映されるレースではないのです。

それの理由はコース形態。

京都外回り1600mは、向正面から3コーナーにかけて上り、4コーナーにかけて下るという特殊な形状。

直線も長い&最後に坂がある東京のマイル戦では、1800m~2000mで結果を出せる『中距離型』が優位になります。

反対に京都マイル戦では、スピードタイプで東京では力を出しきれなかった、1200m~1600m『スプリンター&マイラー』が力を出せるコース。

ということを考えれば、他の馬にもチャンスはあるんではないでしょうか!?

そして下位勢にも面白い馬が多い。

悲願を狙うエアスピネル&3歳マイル王ケイアイノーテック。

他にも今年に入ってメキメキ力を付けてきたロジクライ&ミッキーグローリーなどなど。

案外、馬券妙味も十分なレースかも!?

それでは、有力各馬の1週前追い切り・調教を確認していきましょう。

 

モズアスコット

助手 栗坂 良 51.1 37.0 24.3 12.2 一杯

レース間隔中2週の1週前追い切りという中でありながら、しっかり追って尚且つ好時計を叩く好追い切り。

3ハロン12.7-12.1-12.2というハイラップでまとめていることもこの追い切りの価値を高めています。

安田記念時に矢作調教師が言っていた『連闘が得意』発言もあながち強がりでもないのかもww

1週前追い切りの時点で一杯に負荷を掛けることはこの馬としては初。

ここにもこのレースに懸ける意気込みは感じるところ。

安田記念後休養を挟みましたが、この馬がしっかり休養を挟んだことは初めて。

これまでは使って使って、最後は連闘でGⅠを制したように叩き良化型であることは明白。

そして前走は、明らかに前哨戦仕上げという感じで馬体重もプラス10kgと明らかな余力残し。

さらに言えば、4コーナー追い出してからの反応も遅く、トップスピードに乗るまで時間がかかっていました。

それらを踏まえると一叩きした上積みは十分という感じですね。

そしてこの中間もしっかり負荷を掛けてきており、さらなる上積みを与えようとしている感じ。

ここまでの追い切り過程&水準は文句なし、という印象です。

 

アエロリット

調教師 美南W 稍 52.3 37.6 12.6【4】馬なり

前走と同じく1週前追い切りはウッドで半マイル追い。

水準としてはいつも通りという感じで、この馬なりに順調に来ているという印象です。

フットワークは素軽く、ここに叩いた上積みを感じるところか。

と言ってもいつも通りと言えばいつも通りなのですがww

鞍上はモレイラさんから乗り替わりになりマイナスになるかと思いきや、ここでの鞍上はムーアさん。

超一流から超一流への乗り替わりww

今年は4戦して全て4着以内という安定感。

死角は少ないですね、、、

唯一死角を挙げるとすれば、左回り【3-2-0-1】に比べて右回り【1-3-0-2】と勝ち切れていないところ。

右回りは内にモタれる癖があるのでそこをどうリカバリーするか。

そこは陣営共々ムーアさんと作戦は練ってくるでしょうけど。

 

ペルシアンナイト

助手 栗CW 良 84.4 67.7 52.8 38.9 12.3【8】馬なり

前走の1週前追い切りでは、時計的としては申し分ない時計が出ましたが、併せ馬で遅れるという内容。

そしてその後、土曜&日曜に坂路で時計を出して、最終追い切りでさらに一杯に負荷を掛ける追い切り内容。

これらを踏まえて急仕上げ感があると判断し、評価を下げました。

そして本題の今走。

間隔が詰まるとはいえ、馬なり調整には驚き。

一叩きしたからこその軽め調整では!?というパターンも考えられますが、1週前追い切り馬なり調整は大阪杯時のみ。

その時は、馬なりでも素晴らしい時計を叩いており、ラストの伸びも抜群という感じでした。

昨年は同じローテーションで一杯に追っていることを考えればやはり不安。

そして個人的になにより気になるのは、1週前追い切りの単走追いはこの馬としては初。

ここまで13戦をこなしていて、初めてですよ。

これは気になりますね。

マイナス材料でしょう。

この馬のメイチ追いとしては、〝1週前追い切り併せ馬一杯追い⇒最終追い切り併せ馬4ハロン追い〟

間違いなくこれ。

1週前追い切りからこの追い切り過程からは外れています。

この馬のメイチは連覇を狙うここなはずなのにですよ。

ここまではマイナス点しか見えない、というのが正直なところ。

最終追い切りでどこまで変わり身があるのか、そこに注目ですね。

 

ステルヴィオ

助手 美南W 稍 84.3 69.5 54.5 40.2 12.9【3】G前仕掛け

ラムセスバローズ(古馬1000万)1.0秒追走0.4秒先着

前走の1週前追い切りに比べると仕掛けられてからの反応が段違い。

これが一叩きされた効果でしょうか。

この変わり身は、2歳時のサウジアラビアロRC⇒朝日杯FSの時と酷似。

前走毎日王冠の追い切りは1週前追い切り6ハロン追い⇒最終追い切り6ハロン追い。

ここにまだ仕上がり途上感を感じましたが、まさに!という印象。

この変わり身を見せてきたという事はデキは万全か。

最終追い切りはこれまでの過程を考えると、ウッド半マイル追いで仕上げてくれば申し分なし。

時計面よりも反応を気にしたいところ。

前走毎日王冠では上がり最速33.2秒でただ一頭後方から追い込んできました。

古馬相手に十分戦えることを見せつけました。

懸念材料としては、斤量差。

古馬57kgに対して3歳馬56kg。

基本的には古馬と3歳馬は2kg差ですが、このマイルCSでは1kg差に。

これが意外と大きい負担になるんですよね。

昨年こそ、3歳ペルシアンナイト1着&サングレーザー3着と3歳馬が好走しましたが、これは例外。

今振り返ればハイレベル4歳世代トップクラスの馬になっていますからね。

基本的には過去、3歳馬はこのマイルCSでは通用していない。

詳しくはデータ分析記事でお話しますが、その過去があります。

これをブチ破れるか、ステルヴィオとっては試金石。

 

アルアイン

助手 栗坂 良 54.2 38.8 24.7 12.4 馬なり

ヴェルテアシャフト(古馬1000万)0.1秒追走同入

中2週になるので、金曜日&日曜日に軽めを1本ずつとなっています。

この馬としての本当の目標は天皇賞秋だったのか、このマイルCSだったのか。

ここが焦点になりそうですね。

毎日杯を勝ったことで皐月賞に出走し、皐月賞を勝ったことで中距離路線を歩んでいますが、それまではマイル路線を歩もうとしていた馬。

実はマイラー説、、、大いにありそうな雰囲気。

気性を考えてもこの距離短縮はプラスに働きそう。

久しぶりのマイル戦でもデキさえ良ければ好勝負可能でしょう。

そのデキに関して言えば、過去中2週で出走だった3歳春:毎日杯⇒皐月賞時は最終追い切り一杯に負荷を掛けています。

中3週の4歳春:大阪杯⇒クイーンエリザベスⅡ世カップ時、海外遠征前の最終追い切りでも一杯に負荷を掛けていました。

というわけで、最終追い切り一杯に負荷を掛けてくることが最低条件になってくると考えています。

 

エアスピネル

助手 栗CW 良 83.2 67.9 53.6 39.5 12.6【7】馬なり

キャノンストーム(古馬500万)1.4秒追走0.3秒遅れ

1週前の火曜日に微熱が出たとのこと。

それにより1週前追い切りが敢行できず。

この時計は日曜日の追い切りでのもの。

影響が全くないという事はないか。

最終追い切りはしっかり負荷を掛けてくるとのことですが、、、

それ次第でしょうか。

ちなみに昨年は同ローテーションで、

1週前追切 栗坂 良 53.5 38.6 25.1 12.4 一杯
併せ馬0.4秒アタマ遅れ

最終追切 栗坂 稍 51.3 37.5 24.7 12.3 一杯
併せ馬0.5秒追走0.2秒先着

という内容でした。

これを加味すると、最終追い切り好時計が最低条件でしょうか。

 

マイルチャンピオンシップ2018 まとめ

長くなるので一旦ここで打ち止めますww

続きは最終追い切りの時に分析していきます。

上位勢の1週前追い切りですが、モズアスコットが抜群に良い印象ですね。

鞍上はエリザベス女王杯で5週連続GⅠ勝利こそなりませんでしたが、4週連続GⅠVを決めた絶好調ルメールさんですし、、、

逆らいようがないかww

反対に、全く良くないと感じたのがペルシアンナイト。

叩いた上積みというのを感じないというのが本音なんですよね。

昨年絶好調だったミルコデムーロさんが今年調子を落とし気味なのもプラスには映らない場面、、、

個人的には、ここで全力で狙いたかったエアスピネルが調整不順ということで少し尻すぼみ(;´・ω・)

 

というわけで最後に、1週前追い切りからの急浮上馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ロジクライ)

Cデム 栗坂 良 51.4 37.6 24.1 12.2 一杯

アドマイヤランディ(古馬オープン)0.5秒追走1.4秒先着

素晴らしい反応で僚馬をブッちぎる超内容。

ラスト2ハロン11.9-12.2という超ハイラップを叩いており、時計の水準としても文句なし。

骨折による1年11ヶ月の休養挟んだこともあり、5歳のこの時期に本格化を迎えていても不思議ない。

近走の充実度から一気に頂点まで駆け抜けてほしいですね(。>﹏<。)

 

本物の情報だけに拘る〝厳選勝負馬券〟

グリーンチャンネルの元パドック解説者
元ダービーニュース専属トラックマン

「柴崎幸夫」 監修

徹底した情報で馬券的中に繋げるからこそ
絶大な指示を誇るサイト!

それがHIGH VOLTAGE

一般には出回らない厳選された情報が
今ご登録頂くと完全無料で受け取れる!

「マイルCS」
【3連複7点勝負】の厳選勝負情報

⇒ 無料登録はこちら

週二回更新される柴崎さん本人が綴る「柴ブロ」が大人気!

ここの情報だけでも登録する価値があると思いますよ!